電気フライヤーの人気ランキングベスト5!揚げ物を安全&簡単に

自宅で調理するのは面倒な揚げ物。そんな揚げ物を簡単かつ安全に、そして楽しさをプラスしてくれるのが電気フライヤーです。ノンフライヤーのものなら油不要でヘルシーな仕上がりに♡人気の電気フライヤーをランキング形式でご紹介します。

電気フライヤーのメリット・デメリット
電気フライヤーの人気ランキングベスト5
電気フライヤーの人気ランキングもチェック!

電気フライヤーのメリット・デメリット

今回、自宅で電気フライヤーを使っている全国の20~70代の男女約100人にアンケートを実施し、人気の電気フライヤーについて調査しました。その際にお聞きした、電気フライヤーのメリット・デメリットを紹介します。
電気フライヤー

メリット

実際に使っている方々は、

  • 火を使わずに揚げ物ができるから安全
  • 食卓で囲みながら揚げたてが食べられる
  • 温度調整が簡単で、タイマーをセットすれば“ながら”調理でOK

この辺りを特にメリットと感じているようです。ガスコンロでの揚げ物はずっと見ていなければならず、温度調節も大変。引火の危険も伴います。しかし、電気フライヤーではそれらの心配がないので、「自宅で揚げ物をする機会が増えた」「ホームパーティーにも活躍しそう」という声が多数。面倒な揚げ物が簡単にできるのは嬉しいポイントですよね。

デメリット

一方で、

  • 大量の油を使う
  • 丸洗いできないので後片付けが少し大変

という声も。確かに、フライヤーの大きさによってはかなりの油を使うため、準備は大変そうです。しかし、油を使わないノンフライヤーを使えば、油を準備する必要がないなど、製品を上手く選ぶことで解決できる場合もあります。内鍋を外して洗えるタイプもあるので、選ぶ際に比較してみて下さいね。

電気フライヤーの人気ランキングベスト5

第4位:フィリップス HD9227/52

第4位はフィリップス HD9227/52がランクイン。こちらはノンフライヤーで、油を使わずにカラッとした揚げ物が楽しめます。新しくなったクッキングネット・バスケットカバーは取り外して丸洗いOK!後片付けも簡単です。

フィリップス 電気フライヤー 白PHILIPS ノンフライヤー HD9227/52

  • 消費電力:1425W
  • 温度調節:80~200℃
  • タイマーセッティング:1~30分
  • 容量:2.2L/800g
  • 本体寸法(WxDxH):28.7×38.4×31.5cm
京都府・30代・男性・会社員
ダイヤル式で誰でも使い勝手が良いと思います。そのためか、同居しているうちの祖母までこれで唐揚げなどを作ってくれたりします。これはノンオイルの電気フライヤーですが、味は実際に油を使って揚げた感じに近く、しかもヘルシーなので家族全員気に入っています。

第4位:フィリップス HD9531/22

同じく第4位はフィリップス HD9531/22。こちらもノンフライヤーでヘルシーな仕上がり。更に、付属のダブルレイヤーを使えば1度で2倍の揚げ物を作ることができます。ホームパーティーをしたい方や家族の人数が多い方におすすめです。

フィリップス ノンフライヤープラス(ダブルレイヤーセット) ブラック HD9531/22

  • サイズ:31.5×28.7×38.4cm
  • 本体重量:5.8Kg
  • 電源:AC100 50/60Hz
  • 消費電力:1425W
  • 保証期間:2年
  • 温度設定:60~200℃(5℃刻みで設定可能)
  • タイマーセッティング:0~60分(1分刻みで設定可能)
  • 材料容器の大きさ:2.2リットル/800g
北海道・40代・男性・会社員
この電気フライヤーは油を少ししか使わないのでヘルシーです。ガスで揚げていると、来客がある度に火を止めなければならず、なかなかカリッといきませんでした。これは電気式なのでその心配もなく、タイマーがついているので、見ていなくても最適な状態で揚がってとてもおいしいです。

第3位:フィリップス HD9220/27

第3位はフィリップス HD9220/27でした。こちらは第4位にランクインしたHD9227/52とほぼ同じ仕様になっています。温度調節やタイマー部分がHD9227/52と比べると少し簡易な作りになっていますが、その分お値段も少々ダウン。お手頃価格でノンフライヤーを体験できます。

フィリップス ノンフライヤー HD9220/27

  • カラー:ブラック
  • 本体サイズ(約):幅287×奥315×高384mm
  • 重量(約):7kg
大阪府・30代・女性・専業主婦
結婚の内祝いとしてプレゼントされました。主に、フライドポテトや、とんかつ、オニオンリングを食べる時に使っています。

油を使うと、部屋中ににおいが充満して、換気扇では追いつかなくて気分が悪くなることもあり、次第に揚げ物は惣菜を買うようになっていました。しかし、ノンフライヤーをいただいてからは、できたてのサクサク感を感じることができますし、何よりにおいもほとんどなく快適に使用できています。

タイマーをセットしている間の音が少し大きい感じがしますが、ダイヤルを回してセットするだけで使えるし、洗うのも簡単で清潔に使う事が出来ます。大満足です。

第2位:タイガー CFE-A100-T

第2位にランクインしたのは、タイガーの電気フライヤー<はやあげ>CFE-A100-T。鍋を取り外して丸洗いできるので、いつでも清潔に揚げ物ができます。付属のコードは3.0mと長めの仕様。使う場所を選びません。

タイガー 「はやあげ」 電気フライヤー CFE-A100-T

  • 油の実使用料:1.0L
  • お部屋のどこでも使える「ゆとりの3mコード」
  • 本体サイズ(約):幅26.4×奥行き21.1×高さ22.4cm
  • 本体質量(約):2.1kg
  • 消費電力: 905W
大阪府・50代・男性・会社員
コンパクトな大きさが場所を取らず、少人数の揚げ物に重宝してます。ついつい億劫になっていた揚げ物。中華の食材の油通しが気にならなくなりました。我が家では鶏の唐揚げや串揚げが手軽に食卓に並ぶようになり、手入れの楽さが気に入ってます。
埼玉県・20代・男性・会社員
我が家ではフライヤーを買うまで、揚げ物料理を滅多に作ってもらえなかったのですが、フライヤーを購入すれば作ってもらえるのではないかと思い購入しました。すると私の思惑通りに、我が家の食卓にも揚げ物が登場。さらには、テーブルの上でも揚げられるので、家族でフライヤーを囲んで串揚げパーティーができたりします。後片付けもとても楽なので、おすすめです。

第1位:象印 EFK-A10-TJ

第1位は、象印の電気フライヤー・あげあげ EFK-A10-TJでした!温度調節設定も簡単で、様々なメニューの温度目安記載があるのも人気のポイントです。また、19cmの大きなエビも丸ごと調理できる幅がありながら、テーブルに置いてもあまり邪魔にならないサイズ感が嬉しいですね。

象印 あげあげ 電気フライヤー メタリックカカオ EFK-A10-TJ

  • サイズ:幅30×奥行17×高さ18㎝
  • 本体重量:2.1㎏
  • 電源:100V
  • 消費電力:1000W
  • 保証期間:1年間
千葉県・30代・女性・専業主婦
設定も簡単で揚げ物がカラッと揚がり、とっても重宝しています。これからは一家に1台ですね。プレゼントでもらったものでとても感謝してます。子供たちも最近食欲旺盛で揚げ物が大好きです。とっても便利なのでおすすめです。
東京都・40代・女性・会社員
中型の大きさなので、大きめの食材にも使用できます。コンセントも取り外しが簡単です。卓上でも使用でき、その場で揚げられるので、冷めずにできたてが、美味しく食べられます。お店に行かなくても串揚げなども家で楽しくできます。
新潟県・20代・男性・会社員
個人的にちょうどいい大きさでお洒落な見た目も気に入ってます。電気で揚げ物が簡単にできるので重宝しています。本体に様々なメニューの温度の目安があり、助かります。大きなエビも贅沢にエビフライにして食べられるので満足しています。

電気フライヤーの人気ランキングもチェック!

【楽天市場】電気フライヤー | 人気ランキング1位~(売れ筋商品)>>
電気フライヤーは自宅での揚げ物調理が楽になる魔法のようなアイテムですが、メリットだけでなくデメリットももちろんあります。ただ、デメリット部分は製品選びで解決できることがほとんどです。製品それぞれの特徴を比較し、自分の好みにいちばん合うものを選びましょう。

電気フライヤーを使って、今まで避けていた揚げ物にチャレンジしてみませんか?その手軽さに面倒だと感じていたものが楽しく感じられますよ!