ギター初心者おすすめエフェクター3選+一緒に買うべき2のアイテム

エフェクター初心者のために、その概要やエフェクターを使うために必要な知識、並べる順番、つなぎ方、選び方について解説。オーバードライブやディレイなどの初心者におすすめしたいモデルを紹介します。

エフェクターって何?
エフェクターのつなぎ方
何を買えばいいかわからなければこう選ぶ!エフェクターの選び方
ギター初心者におすすめのエフェクター
エフェクターだけじゃない!そのほかに必要なアイテム
エフェクター初心者の人気ランキングもチェック!
この記事に登場した専門家

エフェクターって何?

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
エフェクターとは、エレキギターのサウンドを電気的な処理によって加工する機材です。英語圏では「エフェクトペダル」と呼びます。

アンプを歪ませたようなサウンドにするオーバードライブ、ディストーションなどの歪み系やホールで演奏しているかのような響きを作るディレイ、リバーブなどの空間系、周波数別に音を増減させるイコライザーなどの種類があります。

現代においてはエフェクターはギタリストの必需品であり、初心者であってもエフェクターを試してみるのは悪いことではありません。むしろ積極的に使って、その使い方やサウンドを学ぶことは将来的にいい経験になるはずです。

エフェクターのつなぎ方

接続方法、電源の供給方法

エフェクターは通常のシールドケーブルの1/4フォン端子に対応した入出力端子を持つため、例えば1つのエフェクターを使いたければシールドケーブルを2本、エフェクターを2つ、3つと使うときには短いシールド、パッチケーブルによってエフェクター同士を繋ぎます。

また、エフェクターを使うには電源が必要なため、電池、もしくは電源用の入力端子から電源を供給します。いくつものエフェクターを使うのであれば、複数のエフェクターに電源を供給できるパワーサプライという機材を使うのがおすすめです。

並び順について

複数のエフェクターを使うときには、その順番についてよく考えたほうがいいでしょう。例えば、AとBのエフェクターを使う場合、AのエフェクトのかかったサウンドにBのエフェクトをかけるのか、BのエフェクトのかかったサウンドにAのエフェクトをかけるのかでサウンドは変わります。

あくまで一般的なセオリーですが、エフェクターをつなぐ順番は以下の通りです。

ピッチ検出が必要なエフェクター(ピッチシフター、シンセサイザー、オクターバーなど)
リミッター系(コンプレッサー、リミッターなど)
歪み系(オーバードライブ、ディストーションなど)
モジュレーション系(コーラス、トレモロなど)
空間系(ディレイ、リバーブなど)

何を買えばいいかわからなければこう選ぶ!エフェクターの選び方

初めてのエフェクターには

初めてのエフェクターにはオーバードライブやディレイ、ワウなどのスタンダードな種類から選ぶのがおすすめです。好きな曲をコピーしていると、おそらくこれのどれかが必要になる場面がいくつも出てくるでしょう。

また、コンパクトエフェクターはもちろんですが、マルチエフェクターもおすすめです。マルチエフェクターは1台にいくつもの種類のエフェクターを内蔵したデジタルエフェクターです。これを使えば、どのエフェクターがどんな効果を生むのか、どんな使い方ができるのか、などについて勉強できます。初心者にはうってつけなのではないでしょうか。

ギター初心者におすすめのエフェクター

BOSS Blues Driver BD-2

定番エフェクターメーカー、BOSSのロングセラーオーバードライブです。プロにも多数の愛用者がいるほど定番のモデルで、そのドライブの品位の高さは高く評価されています。

このエフェクター自体でメインのドライブサウンドを作るのはもちろん、アンプへの入力ゲインをこのペダルでブーストして、アンプで作ったひずみをさらに1段深くするような使い方においてもグッドサウンドを作ってくれる優れもの。

BOSS Digital Delay DD-7

こちらも同じくBOSSの定番デジタルディレイです。通常のデジタル制御のロングディレイの他に、アナログ、モジュレーション、リバース、ホールドといった多彩なモードを搭載。一般的なディレイは全てこの1台で網羅できると考えて間違いありません。プロにも多数の愛用者がいる、名作デジタルディレイです。

電池でも作動はしますが、消費電力が少し大きめのため、1.5~6時間ほどしか持ちません。もしも電池で作動させようと考えている場合には気をつける必要があります。
BOSSエフェクターの歴史とおすすめ機種・周辺機器10選 - PICUP(ピカップ)
BOSSエフェクターの歴史とおすすめ機種・周辺機器10選 - PICUP(ピカップ)>>
日本を代表するエフェクターメーカー「BOSS」の歴史や評価について解説します。歪み系、空間系、モジュレーション系やベース用について、おすすめのエフェクターや周辺機器についても紹介します。

VOX StompLab SL1G

ブルース、メタル、フュージョンなどの音楽ジャンルによってカテゴリが分けられたプリセットプログラムはトータルで100にも及びます。多くのエフェクトが内蔵されており、それぞれは綿密なセッティングが可能です。

この価格でこれだけのエフェクターを体験できるのは驚異的ですね。VOXは昔から多くのギタリストに愛用されているトラディショナルなアンプメーカーで、そのブランドによる安心感も非常に魅力的です。

VOX ヴォックス ギター用・コンパクト・マルチエフェクター StompLab SL1G

エフェクターだけじゃない!そのほかに必要なアイテム

FIREGLOW PPS-01

エフェクターに電源を供給するためのパワーサプライという機材です。このアイテムはそれぞれの出力端子が影響しあわないアイソレーテッドモデルで、12V、18Vの出力も可能。これによって安定した電源を、あらゆる種類のエフェクターに供給できるようになっています。

このパワーサプライのためのアダプター、エフェクターとつなぐためのDCケーブルもセットになって1万円を切るという驚異的なコストパフォーマンス。このアイテムが出た時は、もはや他のパワーサプライは対抗しようがないじゃないか、と思いました。実際に私の店でも取り扱っており、お客様には概ね好評です。

FIREGLOW オールアイソレーテッド ペダル電源供給ユニット PPS-01

BELDEN #8412 3M SS

エフェクターを使う場合、絶対にシールドは2本必要です。そこでおすすめしたいシールドがこちらのBelden 8412です。低音の太さに定評があり、ノイズも少なく抑えられます。コストパフォーマンスも驚異的で、現在(2018年3月)のAmazonでの販売価格は2,740円。このクオリティでこの価格は驚異的であると言えます。

Beldenのケーブルはこのほかにもいくつかの種類があり、それぞれ特性が異なります。8412はその中でも特に低音を扱うのが得意なモデルで、ギターはもちろんベースにもおすすめのモデルです。
エフェクターは膨大な数が存在しており、特に最初の1台を選ぶのには少し苦労するかもしれません。もしも選ぶのに迷ったときは、憧れのギタリストの使っているエフェクターをチェックしてみるのもおすすめです。情報の少なかった昔と比べ、いまでは著名なギタリストの機材の情報はウェブ上に多く存在します。憧れのギタリストの機材やセッティングをマネしてみるのはシンプルに楽しいことだと思います。

エフェクター初心者の人気ランキングもチェック!

Amazonの売れ筋ランキング>>

この記事に登場した専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら