予算10~20万円以内で買える高コスパギター・アコギおすすめ5選

ステップアップのために10~20万円以内の予算でおさまるエレキギターやアコースティックギターをおすすめしたい理由について解説します。10万円台と前半と後半それぞれでおすすめのモデルを紹介しました。

10万円台のエレキギターがおすすめな理由
10万円前半台で買えるおすすめエレキギター
10万円後半台で買えるおすすめエレキギター
10万円台のアコースティックギターがおすすめな理由
10万円前半台で買えるおすすめアコースティックギター
10万円後半台で買えるおすすめアコースティックギター
この記事に登場した専門家

10万円台のエレキギターがおすすめな理由

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん

良質な国産ギターが豊富に揃う

ギター工場
momoseやBacchus、Tokai、Ibanez、fenderといった良質なギターを製造、販売しているメーカーの国産のラインナップが豊富になるのが10万円台からです。ステップアップのためにある程度クオリティの高いものを買おうと思った時には国産ギターブランドは非常におすすめです。

その理由は
  • 演奏性が確保されているものが多い
  • ハードウェアの面においても1段上のグレードのパーツが使われ始める価格帯である
といったものが挙げられます。

セミアコ、フルアコのラインナップが豊富に揃う

セミアコースティックギター
セミアコースティックギターやフルアコースティックギターなど、ソリッドギターに比べるとニーズが少なくまた製造コストの高いギターについては安価なモデルがあまり多くはありません。これらのスタイルである程度のクオリティを有したギターが増えるのは10万円台からです。具体的なブランドとしてはディバイザーのセブンティセブンギターズ、ギルド、フジゲン、エドワーズなどがこの価格帯でセミアコ、フルアコを製造しています。

10万円前半台で買えるおすすめエレキギター

Edwards E-CY-165CTM

ダンカンピックアップでワンランクアップのサウンド

フロントにはシングルサイズのハムバッキングピックアップ、リアには通常のハムバッキングピックアップを搭載した最大27フレットのモダンギター。ピックアップはESPグループが輸入代理店を務めるセイモアダンカンの製品が採用されています。ブリッジにはロック式のフロイドローズが使われており、激しいアーミングでもチューニングはキープ。テクニカルな演奏を得意とするギタリストにおすすめしたいギターです。
【ギターを変えずにピックアップ交換でグレードアップもおすすめ】セイモアダンカンのギターピックアップおすすめ4選! - PICUP(ピカップ)
【ギターを変えずにピックアップ交換でグレードアップもおすすめ】セイモアダンカンのギターピックアップおすすめ4選! - PICUP(ピカップ)>>
セイモアダンカンのピックアップの特徴や概要、組み合わせ、選び方について解説。レスポール、ストラトキャスター、テレキャスター、それぞれにおすすめのピックアップや自分でピックアップを交換するときに役に立つアイテムを紹介しています。

Fender MIJ Hybrid Stratocaster®, Maple Fingerboard, Indigo

ハイクオリティなモダンヴィンテージ

長らく日本製のフェンダーとして高い人気を誇ったフェンダージャパンが廃止され、”フェンダー”のジャパンメイドシリーズとして発売されているのがこちら。2点支持のトレモロブリッジ、ロック式のペグ、サテンフィニッシュのネックなど、モダンなスペックをヴィンテージのスタイルに融合させたモデルです。ユニークなカラーは藍色をモチーフにしたインディゴ。エレガントなルックスに仕上げられています。

Fender MIJ Hybrid Stratocaster®, Maple Fingerboard, Indigo

フェンダージャパンのおすすめ人気ギター7選 - PICUP(ピカップ)
フェンダージャパンのおすすめ人気ギター7選 - PICUP(ピカップ)>>
エレキギターメーカーの中で最も人気と言っても過言ではないフェンダー社。同社の代表的なモデルには、多くのアーティストも愛用するストラトキャスターとテレキャスターがあります。そのフェンダー社の日本版「フェンダージャパン」と、フェンダージャパンを引き継いだ現行の「Japan Exclusive(ジャパンエクスクルーシブ)」について、背景やおすすめのギターをご紹介します。

10万円後半台で買えるおすすめエレキギター

Gibson USA/Les Paul Traditional 2017 T Heritage Cherry Sunburst

この価格帯なら憧れのギブソンも

10万円台ギリギリではありますが、ギブソンのレスポールトラディショナルを購入することも可能です! 美しくシェイピングされたカーブドトップは伝統のチェリーサンバーストでフィニッシュされています。ピックアップにはバーストバッカーを搭載。激しく歪ませても芯が残った抜けるサウンドが特徴的。ロックのギターサウンドといえばやはりレスポール、一度は手に入れたいギターです。

Gibson USA/Les Paul Traditional 2017 T Heritage Cherry Sunburst

ギブソンギターおすすめ8選【ブランドの歴史と種類別解説も】 - PICUP(ピカップ)
ギブソンギターおすすめ8選【ブランドの歴史と種類別解説も】 - PICUP(ピカップ)>>
Gibson(ギブソン)はエレキギターの代表的なモデル「レスポール」や「SG」シリーズの開発で、一躍ギターの人気ブランドとなりました。今回はギブソンのギターの主な種類と特徴、おすすめのギターをご紹介します。

10万円台のアコースティックギターがおすすめな理由

見た目、パーツ…自分のこだわりに合った個性的でニッチな仕様を選べる

ピックアップ搭載のアコースティックギター
安価なモデルは大量に生産して大量に販売しなければならないために、高い汎用性や万人に受け入れられるデザインが必要になります。そのため、ともすると没個性的な製品が多くなってしまうことは避けられません。

ところが、10万円台の価格帯ではその傾向が薄まり、より個性的でニッチなニーズを満たす製品が増えてきます。ギターを弾き始めてよりマニアックに、こだわりが出てきた方にとっては魅力的な製品が増える価格帯でもあると思います。

パーツのグレードが上がり、ワンランク上のサウンドを手にできる

アコースティックギタープレイヤー
当然のことではありますが、10万円以下の価格帯よりも10万円台の価格帯のギターの方が音が良いです。一般的に、価格に比例してサウンドの質が向上しますが、特に20万円以下においてその傾向はより強いものだと言えます。

アコースティックギターの場合、楽器のアコースティックな部分はもちろんのこと、ピックアップなどのエレクトロニクスもダイレクトにサウンドの質に影響します。ハードウェアの質は値段に従って向上する傾向があるため、ここは明確に違うものだと言えます。もっとも、ここはエレアコと呼ばれるタイプに限った話ではあるので、逆説的にエレクトロニクスを持たないアコースティックギターの方が質の面では上をいくと考えるのは自然なことです。

10万円前半台で買えるおすすめアコースティックギター

ヤマハ LL-TA VT

高品質のヤマハも選択肢に

バイク、クルーザー、ギターなど、あらゆる製品を製造するメーカーとして日本を代表するヤマハ。彼らの製作したアコースティックギターは世界中のあらゆるギタリストに高く評価されています。大きな特徴として、加振器を利用したリバーブ、コーラスエフェクトを搭載していること。本来アンプを通さなければエフェクトはかけられませんでしたが、弦から得た振動を加振器によって加工し、アコースティックな部分にフィードバックします。

10万円後半台で買えるおすすめアコースティックギター

Martin 16 Series 000-16GT Natural

アコースティック弾きなら一度は持ちたい

キングオブアコースティックギター、マーチンの製品です。ハイブリッドスキャロップドXブレーシングと呼ばれる特殊なブレーシングが採用されており、OOOサイズのボディと相まってクリアでパワフル、透明感あふれるサウンドが特徴的です。これはトップのみグロスフィニッシュ、サイドとバックはサテンフィニッシュのGTモデル。各価格帯のマーチンは新しいアコースティックギターを探すときには絶対に試したいですね。
ギターのサウンドは値段ではない、とはよく言いますし私もそう思いますが、こと新品に限って言うと明確に高品質なものが増えていく傾向があるのは確かで、特に10~20万円台のギターにおいてはその傾向は特に強くあります。もしも今2本目のギターを探しているのなら、この価格帯のギターは魅力に溢れ、様々なラインナップがあることは強く感じるでしょう。今回紹介したものは比較的スタンダードな仕様でニーズの多い傾向の商品を紹介しましたが、以外にも同じ価格帯で魅力的なギターは多くあるので、自分にぴったりの1本を探し出してください。

この記事に登場した専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら