ボリュームペダルのおすすめ人気ランキング9選|ギタリストに!素材・機能を解説

ギターの音量を操作できるボリュームペダルを使うと、ギター演奏の幅を広げることができます。音を消したり、音質を変えたりと様々なことが行えるアイテムですが、種類も多く、どれを選べばいいのか迷ってしまうことも。今回は、ボリュームペダルの人気商品をランキング形式でご紹介します。

失敗しない!これだけチェック!

それではまず、ボリュームペダルの選び方のポイントを解説します。サイズや材質、インピーダンスなど、しっかりと要点をおさえて自分にぴったりな商品を選んでいきましょう。

材質|頑丈でサビに強い「金属製」軽量で細かい操作も可能な「樹脂製」

「金属製」のボリュームペダルは、しっかりとした重さがあるため、安定感があり頑丈です。アルミ素材ならサビにも強く、耐久性も抜群。「樹脂製」のボリュームペダルは、軽いため、足に負担をかけることなく操作できるのが特徴です。踏み心地を変えれば細かな操作も可能になり、幅広い演奏に活躍します。

サイズ|踏みやすさ重視なら「大型タイプ」がおすすめ!

踏みやすく、ペダルが動く範囲が広い大型タイプは、プロも使用しているアイテム。ボリューム操作を細かくできるため、演奏中の急激な音量の変化を防ぐこともできます。一方小型タイプのボリュームペダルは、携帯しやすい反面、細かな調整が難しく、使うのには慣れが必要になってきます。

インピーダンス|使用機材に合わせてハイ・ローをチェック

ボリュームペダルには、ハイインピーダンス仕様とローインピーダンス仕様があります。使用機材や場所に合わせて選ぶようにしましょう。ハイインピーダンスは、電池を使用しないギターやベースからダイレクトに繋ぐときに使用するもので、ローインピーダンスは、電池使用のアクティブギターやベースに使用します。

機能①|チューナーアウト装備モデルは無音状態でもチューニングOK

機能①|チューナーアウト装備モデルは無音状態でもチューニングOK
出典:Amazon.co.jp
ボリュームペダルに入力された信号を、アウトプットジャック以外の端子から発生させることができるのがチューナーアウト機能です。パラレルアウト端子のひとつということになります。ボリュームペダルで音を絞っていても、チューナーアウトからは信号がでるため、演奏中にボリュームを絞りながらチューニングが可能になる便利な機能です。

機能②|ボリューム設定が可能なモデルでソロもバッキングもワンタッチで!

かかとで踏むことにより、音量をどれだけ残すことができるか設定できる機能やミニマム設定機能があれば、ソロやバッキングの音量もワンタッチで切り替えることができ、大変便利です。音量の操作をするときの音の微調整もできるため、効果的にさまざまな使い方をすることができるようになります。

ボリュームペダルの人気ランキング

いよいよここからは、ボリュームペダルの人気ランキングをご紹介します。さまざまな項目を比較しながら、あなたに合ったとっておきのボリュームペダルを見つけましょう!
型番:6181

ERNIEBALL
ボリュームペダルJR.25K

10,278(税込)
2019年10月6日 4:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

アクティブタイプの機材に最適!

25Kオームのポットを使用した、アクティブタイプの楽器におすすめなボリュームペダル。機能や耐久性はそのままに、コンパクトサイズにしたジュニアシリーズは、エフェクトボードにも収納しやすく、持ち運びにも便利です。チューナーアウト機能も装備されており、音を出さずにチューニングもできます。
材質 アルミニウム
サイズ(幅×奥行×高さ、cm) 8.9×25.4×5.3cm
重さ(g) 1031g
インピーダンス ローインピーダンス
チューナアウト
機能 チューナーアウト

JIM DUNLOP
DVP4 Volume(X)Mini Pedal

14,796(税込)
2019年11月9日 2:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

使いやすい定番の「DVP3」を小型化

「ジムダンロップ」の人気定番ボリュームペダル「DVP3」を小型化し、使いやすくしたボリュームペダルです。AUX端子も搭載されており、入力のパラ出力・エクスプレッション出力へ内部スイッチで簡単に切り替えが可能です。また、ミニマム設定もでき、さまざまな演奏を楽しめます。
材質
サイズ(幅×奥行×高さ、cm) 7.6×15.3×6.5cm
重さ(g) 2000g
インピーダンス
チューナアウト
機能 AUX端子・トルク調整
型番:FV-30L

BOSS
Foot Volume

9,350(税込)
2019年11月9日 2:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

アルミダイキャスト製の頑丈なボディ

やや小さめの作りのボリュームペダルですが、ペダルの角度維持がしやすいのが魅力。ペダルの溝により、靴の底とフィットしやすくなっています。細かい操作もしやすいと好評。アルミダイキャスト製のため、かなり頑丈で耐久性にも優れています。シンプルで操作しやすいモデルを探している人にぴったりです。
材質 アルミダイキャスト
サイズ(幅×奥行×高さ、cm) 8×19.2×8.5cm
重さ(g) 840g
インピーダンス
チューナアウト
機能 チューナーアウト
型番:XVP-20

KORG
エクスプレッションボリュームペダル

12,545(税込)
2019年11月9日 2:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

機能性◎プロも愛用する人気ブランド

踏みやすくて使いやすいと大人気の「KORG」は、多くのプロも使用している信頼度の高いブランドです。こちらのボリュームペダルは、ステレオインアウト端子とエクスプレッションアウトを装備した、ローインピーダンスタイプ。また、トルク調整により踏み心地が変えられ、ミニマム設定も簡単です。
材質 アルミ
サイズ(幅×奥行×高さ、cm) 9×26.8×6.2cm
重さ(g) 1300g
インピーダンス ローインピーダンス
チューナアウト ×
機能 ミニマム設定・トルク調整
型番:FV-500L

BOSS
ボリュームペダルフット

10,450(税込)
2019年11月9日 2:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ペダルが滑らないラバーパッド採用

操作性と耐久性に優れた使いやすいボリュームペダル。アルミダイキャスト製にラバーパッドを採用し、滑りにくく、確実に操作できるようになっているのが特徴。また、ペダルフィール機能により、ペダル・トルクの調整も可能です。エクスプレッションアウトも搭載しており、はじめてのボリュームペダルにおすすめです。
材質 アルミダイキャスト
サイズ(幅×奥行×高さ、cm) 11×28.9×12cm
重さ(g) 1600g
インピーダンス ローインピーダンス
チューナアウト
機能 チューナーアウト・トルク調整・エクスプレッションペダル
型番:EX-P

M-Audio
エクスプレッションペダル

1,469(税込)
2019年11月9日 2:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

極性スイッチ内蔵で色んなメーカーに対応

軽量でコンパクトサイズのボリュームペダルは、持ち運びもしやすく便利。ペダル部分はモールド加工が施されており、耐久性も抜群です。極性スイッチを内蔵しているため、さまざまなメーカーのどんな機器にも使用することができます。パフォーマンスを向上してくれる頼もしいアイテムです。
材質
サイズ(幅×奥行×高さ、cm) 9×21×5.4cm
重さ(g) 524g
インピーダンス
チューナアウト ×
機能 極性スイッチ
型番:FV-50H

ローランド
ボリュームペダル

5,500(税込)
2019年11月9日 2:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

出力インピーダンスの高い機器の接続に

ギターなどの出力インピーダンスが高いものを直接繋ぐのにぴったりなボリュームペダル。ミニマムボリューム設定機能により、音量が自由に調整できます。また、ペダルの音量コントロールの範囲も演奏に応じて変えることができ、さまざまなプレイを披露することが可能。ライブ中のチューニングもスムーズに行えます。
材質
サイズ(幅×奥行×高さ、cm) 8.6㎝×20㎝×5.4㎝
重さ(g) 400g
インピーダンス ハイインピーダンス
チューナアウト
機能 チューナーアウト・ミニマムボリューム
型番:FV-50L

BOSS
ボリュームペダル

5,500(税込)
2019年11月9日 2:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

小型ボリュームペダルの超定番!

ステレオIN・OUT、チューナーアウト、ミニマムボリューム機能を搭載した、小型タイプのボリュームペダルの定番です。多くのミュージシャンが使用している人気モデル。踏み込みにしっかりとした重さがあり、音量変化もスムーズです。エフェクターとの相性も抜群!安定感のある使い心地で、幅広い人から親しまれています。
材質
サイズ(幅×奥行×高さ、cm) 8.6×20×5.4cm
重さ(g) 400g
インピーダンス ローインピーダンス
チューナアウト
機能 ミニマム設定・チューナーアウト
型番:EXP-2

KORG
ボリューム・エクスプレッションペダル

5,164(税込)
2019年11月9日 2:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

使い方は無限大!

軽量でコンパクトなボリュームペダル・エクスプレッションペダルとして使用できるフットコントローラーです。ボリュームを調整したり、パラメーターを可変させたりするのにも使え、大変便利です。ペダルの表面はすべりにくくなっており、微妙な操作もしやすいのがうれしいポイント。初めてのボリュームペダルとしてもおすすめです!
材質
サイズ(幅×奥行×高さ、cm) 8.7×9.1×20cm
重さ(g) 460g
インピーダンス
チューナアウト ×
機能

商品比較表

商品画像
KORG
BOSS
ローランド
M-Audio
BOSS
KORG
BOSS
JIM DUNLOP
ERNIEBALL
商品名 ボリューム・エクスプレッションペダル ボリュームペダル ボリュームペダル エクスプレッションペダル ボリュームペダルフット エクスプレッションボリュームペダル Foot Volume DVP4 Volume(X)Mini Pedal ボリュームペダルJR.25K
特徴 使い方は無限大! 小型ボリュームペダルの超定番! 出力インピーダンスの高い機器の接続に 極性スイッチ内蔵で色んなメーカーに対応 ペダルが滑らないラバーパッド採用 機能性◎プロも愛用する人気ブランド アルミダイキャスト製の頑丈なボディ 使いやすい定番の「DVP3」を小型化 アクティブタイプの機材に最適!
価格 5,164(税込) 5,500(税込) 5,500(税込) 1,469(税込) 10,450(税込) 12,545(税込) 9,350(税込) 14,796(税込) 10,278(税込)
材質 アルミダイキャスト アルミ アルミダイキャスト アルミニウム
サイズ(幅×奥行×高さ、cm) 8.7×9.1×20cm 8.6×20×5.4cm 8.6㎝×20㎝×5.4㎝ 9×21×5.4cm 11×28.9×12cm 9×26.8×6.2cm 8×19.2×8.5cm 7.6×15.3×6.5cm 8.9×25.4×5.3cm
重さ(g) 460g 400g 400g 524g 1600g 1300g 840g 2000g 1031g
インピーダンス ローインピーダンス ハイインピーダンス ローインピーダンス ローインピーダンス ローインピーダンス
チューナアウト × × ×
機能 ミニマム設定・チューナーアウト チューナーアウト・ミニマムボリューム 極性スイッチ チューナーアウト・トルク調整・エクスプレッションペダル ミニマム設定・トルク調整 チューナーアウト AUX端子・トルク調整 チューナーアウト
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる
今回は、おすすめのボリュームペダルをランキング形式でご紹介しました。それぞれの機種に特徴があり、搭載している機能もさまざまです。ご紹介した選び方やおすすめ商品を参考に、あなたの欲しい機能を備えたボリュームペダルを手に入れて、パフォーマンスの幅を広げてくださいね!
あなたにおすすめの記事
関連記事