エピフォンの高評価の理由とおすすめ5選!レスポールからカジノまで

エピフォンの歴史や特徴、愛用しているミュージシャン、SG、レスポール、ハミングバード、ファイヤーバードなど数あるモデルを紹介。初心者や中級者におすすめしたいエピフォンのギターについても掲載しました。

安価なギター エピフォンってどんなメーカー?
エピフォンの有名なギターは?その評価とは?
初心者におすすめのエピフォンギター
中級者におすすめのエピフォンギター
エピフォンの人気ランキングもチェック!
おわりに
この記事に登場した専門家

安価なギター エピフォンってどんなメーカー?

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん

エピフォンの歴史、メーカーの位置づけ

エピフォンは現在ではギブソン傘下の廉価版メーカーというイメージを持たれることがほとんどですが、本当は歴史の長い伝統的なメーカーです。源流は1900年代初頭のニューヨーク。当初はバイオリンやマンドリンなどの製作がメインの小さな工房でしたが、バンジョーの製作で一躍名声を高めます。

この工房は1930年前後に「エピフォン」という社名がつけられ、同時にギターの製作がスタート。多くのモデルを発表し、1957年、ギブソン傘下に入ります。

エピフォンを使う有名ミュージシャン

エピフォンを愛用するミュージシャンは多く、ビートルズのジョンレノン、オアシスのノエルギャラガー、日本だと奥田民生さん、片平里菜さんなど、特にシンガーソングライターやギターを弾きながらボーカルを担当するスタイルのミュージシャンに人気があります。

カジノに代表されるように、特に人気が高いのはアコースティックスタイルやセミアコースティックスタイル、フルアコースティックスタイルなどのホロウボディを持つギターです。

エピフォンギターの特徴は?

エピフォンは主にギブソンのモデルの廉価版を手がけ、レスポールやSGはもちろん、フライングV、ESシリーズなど一通りのモデルをラインナップ。安価ながらも伝統的なデザインを用い、高いコストパフォーマンスを誇ります。

その他に、ギブソンからは出ない古いモデルをリイシューすることも多くあり、当時のスペックに忠実なクラシックなデザインのサンダーバードや、エンバシーベースなど、ビンテージ好きの心をくすぐるモデルを多数リリースしています。
ギブソン・エレキギターの種類と特徴の解説とおすすめギター8選 - PICUP(ピカップ)
ギブソン・エレキギターの種類と特徴の解説とおすすめギター8選 - PICUP(ピカップ)>>
Gibson(ギブソン)はエレキギターの代表的なモデル「レスポール」や「SG」シリーズの開発で、一躍ギターの人気ブランドとなりました。今回はギブソンのギターの主な種類と特徴、おすすめのギターをご紹介します。

エピフォンの有名なギターは?その評価とは?

エピフォンカジノ

エピフォンのフラッグシップモデルと呼べるほど、高い人気を誇るのがカジノです。ギブソンES335に非常によく似ていますがその実、中身は全くの別物。335はセンターブロックを内蔵したセミアコースティックギターですが、カジノはセンターブロックを使わないフルアコースティックギター。より軽量で、ボディが鳴りやすく、シングルコイルピックアップであるP90によって乾いたサウンドを響かせます。ジョンレノンが愛用したのもカジノです。
エピフォンカジノ
出典:Amazon

シェラトン

カジノがフルアコースティックギターであるのに対し、シェラトンはセミアコースティックギターのスタイルを持ちます。ブロックインレイ、バインディングなどの装飾が施された豪華なインレイとセンターブロックを使ったセミアコらしいソリッドなサウンドがブルースギターと相性が良く、ブルースギタリストに特に人気のあるギターです。カジノよりタイト、レスポールよりエアでソフト、まさにいいとこ取りなギターと言えるでしょう。
エピフォンシェラトン
出典:楽天

ハミングバード

文字通り、ハミングバードがピックガードに描かれた、実にキュートなルックスを持つアコースティックギター。スプルーストップにマホガニーサイド、バックというトラディショナルなウッドマテリアルにより構成されるボディと、少し短いスケールが相まってミドルレンジが豊かでウォームなサウンドが特徴的です。これはギブソンの名作J-45にも似た特徴ですね。ギブソンらしくローエンドからミドルレンジにかけてが迫力のある、特にコードストロークと相性のいいギターです。
エピフォンハミングバード
出典:Amazon

ファイヤーバード

ファイヤーバードが登場したのは1960年代の頃ですが、この頃までのギターと比べると随分と先進的なデザインが施されています。最大の特徴はやはりスルーネックによるネックジョイントでしょう。ギブソン(エピフォンも同様に)は伝統的にセットネックでのネックジョイントを採用してきましたが、ファイヤーバードはスルーネック。ペグからピックアップ、ブリッジまでが同じ木材の上に置かれることで格段に優れたサスティーンよりスムースなヒールがスルーネックの特徴です。
エピフォンファイヤーバード
出典:楽天

レスポール

ギターの王様、レスポール。あえて今最大の特徴をあげるなら大きな体積を持ったボディでしょう。通常のギターに比べると格段に厚いボディ厚を持ち、そのトップは美しいカーブドトップにシェイピングされています。ミドルレンジが豊かなマホガニーをバックに美しく硬さのあるメイプルをトップに合わせるコンビネーションは今では定番のものですが、これは間違いなくレスポールに準じたものです。フェンダー系にはない長いサスティーンとズシンと響く低音はレスポールならでは。
エピフォンレスポール
出典:Amazon
エピフォンレスポールの評価とおすすめギター5選 - PICUP(ピカップ)
エピフォンレスポールの評価とおすすめギター5選 - PICUP(ピカップ)>>
エピフォンのレスポールについて、その特徴や評価の高さについて解説。また、初心者や中級者に向けて美しいチェリーサンバーストやゴールドトップを持った様々な価格帯のレスポールを紹介しています。

SG

レスポールと並ぶギブソンのスタンダードギターがSG。レスポールに比べると格段に薄く、コンパクトで軽量なボディを持ちます。物によっては3kgを切るほどに軽量なボディですが、だからこそヘッド落ちが弱点ではあリます。しかし、その分取り回しの良さはレスポールに比べて格段に優れ、激しいライブパフォーマンスにも適したギターです。軽いからこそ、ボディが鳴りやすくミドルレンジが分厚いサウンドが特徴的です。
エピフォンSG
出典:Amazon

初心者におすすめのエピフォンギター

Hammingbird ハミングバード

エピフォンの定番アコースティックギター、ハミングバード。ピックガードに"ハミングバード"は描かれていませんが、17,388円(2017/12/23時点・Amazonでの販売価格)と劇的に安く、この値段は驚異的。フィニッシュはハニーバースト。このカラーはレスポールのカラーとしては定番で、人気のあるフェードカラーです。現在のエピフォンはクオリティが確保されており、初心者が最初に手にするギターとしてもおすすめできます。

Epiphone Limited Edition Hammingbird Artist Honey Burst アコースティックギター

Slash AFD Les Paul Special-II Guitar Outfit Appetite Amber

伝説的ハードロックバンド、ガンズアンドローゼスのメンバーで、永遠のギターヒーロー、スラッシュのシグネイチャーモデルです。非常に特徴的なのがそのコントロール。トグルスイッチはボディ下部に配され、通常2ボリューム2トーンのエレクトロニクスは、マスターボリュームマスタートーンとよりシンプルに。シンプルになることでよりサウンドはロスなく出力され、ストレートな音質になります。サウンドとライブパフォーマンスへのこだわりを感じるスペックですね。

Slash AFD Les Paul Special-II Guitar Outfit Appetite Amber

Limited Edition Les Paul Special I Humbucker

いくつかの加工工程や要素を省くことで劇的なコストカットに成功したレスポールスペシャルモデル。通常のレスポールよりもボディは格段に薄く、ボディトップのアーチも省略されています。ボルトオンジョイントに変更されたネックジョイントと相まって、よりアタッキーでカッティングに適したサウンドが特徴的。

ボディの体積が減ったぶん重量は軽量で、初心者でも余計な力を入れずに練習ができる高いプレイヤビリティを持ちます。本体が手頃な価格なので、これをベースにしてカスタマイズしていくのも楽しいかもしれません。

Limited Edition Les Paul Special I Humbucker Worn Black

中級者におすすめのエピフォンギター

Epiphone CASINO

やっぱりエピフォンといえばこれ。ジョンレノンが愛用したことで有名なカジノです。フルアコースティックスタイルのカジノは非常に軽量で、まるでアコースティックギターのようにプレイヤーのピッキングに応えます。ドッグイヤーと呼ばれる耳付きのP90ピックアップはシャキッとしたアタックを持ちながらもミドルレンジが豊かで、ハムバッキングピックアップとシングルコイルピックアップの中間のようなサウンドが特徴的。ブランコスタイルのブリッジと相まってクラシックなルックスですね。

Epiphone エピフォン / CASINO Vintage Sunburst

Les Paul Standard Plus Top Pro

セットネックにアーチドトップ、2発のハムバッカーを搭載したトラディショナルなレスポールを完全にリイシューしたレスポール。本機はボディトップのメイプルのグレードが高く、ハムバッキングピックアップをシングルコイルピックアップに切り替えるタップスイッチを搭載した、Plus Topというモデルです。このようなフレイムメイプルはトラ杢(とらもく)と呼ばれ、見る角度によって木目の異なるエレガントなルックスを持ちます。

Epiphone エピフォン Les Paul Standard Plus Top Pro HS

エピフォンの人気ランキングもチェック!

楽天市場の売れ筋ランキング>>

おわりに

レスポールを作れるのはギブソン、オービル、エピフォンのみ。本物のレスポールをこの価格で手に入れられるのは間違いなく魅力的です。ギブソンの廉価版以外にもカジノやシェラトンなどのエピフォンならではのギターはプロからの支持も厚く、上級者にもおすすめしたい特徴的なモデルです。

最近はギブソンでは出していないマニアックな仕様のモデルも多く販売しており、再度評価を高めています。初心者向けのギターと思わず、エピフォンの動向にも気を配ってみるのも悪くないでしょう。

この記事に登場した専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら