クロスバイク サドルおすすめ人気ランキング10選|お尻の痛みを軽減

クロスバイクを乗る際、快適な走行を実現するにはサドル選びが重要にあります。しかしサドルと一言にいっても多種多様な製品があり、FengNiaoやVANGOGOといったブランドの中からどれを選べばいいのか悩んでしまうものです。そこで今回はおすすめの人気製品をランキング形式で紹介します。

失敗しない!これだけチェック!

クロスバイクのサドル選びで失敗しない製品の選び方とタイプ別の特徴

溝無しタイプ|ポジション調整しやすく長距離走行したい方向け

溝無しタイプとは、クロスバイクだけでなく一般的なシティサイクルでも使用されている製品です。座る時のポジション調整がしやすく、内部にスポンジが入っているおかげで長時間走行をしていてもお尻に痛みを感じにくいという特徴があります。自転車ショップやホームセンターでも販売されていて、比較的購入しやすいです。

溝有りタイプ|強度を保持しつつ、股間への圧迫を軽減したい方向け

溝有りタイプ|強度を保持しつつ、股間への圧迫を軽減したい方向け
クロスバイクに多く用いられているのが溝有りタイプになります。強化プラスチック製になっており、表面積が小さいことから軽量でスタイリッシュな見た目になっているのが特徴です。股間への圧迫が軽減できるという良さもあり、男性に特に人気がある製品です。クッションが無いため、長時間走行時はお尻に痛みを感じるというのがデメリットです。

穴あきタイプ|軽量かつ通気性を保ち、ムレをなくしたい方向け

穴あきタイプは、溝有りタイプに併用される形で製品化されているものが多いです。こちらも溝有りタイプと同様で、強化プラスチック製になっており通気性に長けているのが特徴です。春・夏に長時間走行をしていてもムレにくいので、季節を限定して用いている方もいらっしゃいます。

厚み|サドルに厚みがあると圧迫を軽減し、快適に走行可能

ウレタンやスポンジが内部に入っていると厚みと重みが増しますが、お尻に掛かる体重負荷を緩和してくれるので長距離走行をする際に快適になります。厚みが薄いとサドルの素材がダイレクトにお尻に当たってしまいますが、緩衝材があることで座り心地も良くなるので購入時はよく吟味をした方がいいポイントです。

幅|サドルの幅は片側に+10cm程度が快適性向上のための目安

サドルの幅も多様な製品が多く、クロスバイクだと表面積の小さな製品が目立ちます。しかし、お尻の大きさは人それぞれ違うので軽量を重視して幅が狭いものを用いると、疲れやすくなったりバランスを崩して転倒する恐れもあります。購入する際は、お尻の片側に+10cmほど余裕があるものを選びましょう。

クロスバイク サドルの人気ランキング

いよいよここからは、おすすめクロスバイクサドルのランキングです

COOWOO
自転車サドル 超肉厚 低反発サドルクッション

肉厚クッションで痛みを軽減

肉厚な低反発クッションを用いているので、長時間走行をしていてもお尻が痛くならないのが特徴です。表面は高品質レザーになっており、耐久性にも長けていて快適な座り心地を実現しています。サドル後方の面積が広く、体重を分散すると共にしっかりと密着させてバランスが保てる効果もあります。
形状 溝有り
型番:BS03

VANGOGO
転車サドル バイクサドル クッション

衝撃吸収で抜群の座り心地

スチール素材を用いて作られているので、耐久性に長けています。後方にはバネが2個備わっており、舗装されていない道であってもその衝撃を緩和してくれます。座面に溝があるため、股間の圧迫を防いで結構を妨げず痺れを起こしにくいです。柔らかいクッション入りで快適な走行が出来るアイテムです。
形状 溝有り

FengNiao
自転車 サドルカバー 超肉厚な記憶スポンジ

滑り止め強化でズレにくい

形状記憶スポンジとシリカゲルが内部に入っているため、優しくお尻を包み込んでくれます。表面には滑り止め用のラバーが備わっており、狭いサドルであってもズレにくくて快適に走行することが可能です。ムレが発生することを想定したメッシュ生地が溝にあるので、通気性にも長けているのが特徴です。
形状 溝有り

Cat Hand
穴あき スポーツサドル

人間工学に基づいたスタイリッシュな形状

人間工学に基づいて設計されており、クロスバイクと身体が一体になって走行できるように計算されています。表面積がとても狭くなっていますが、両側にあるくぼみが太ももと密着するのでバランスを崩す心配がありません。流線形でスタイリッシュな形状をしており、飽きがこないアイテムです。
形状 溝有り

Oture
低反発クッション 革新的なテープクロス式

肉厚クッション入りで安定感抜群

スポンジとシリカゲル入りの肉厚クッションで、衝撃を緩和してくれます。座面が大きく、安定感も抜群にあっており長時間運転していてもお尻に痛みを感じにくい仕様です。表面には滑り止め用のマジックテープが2つ備わっていますが、着脱可能で洗う事も出来るため衛生的に保てます。
形状 溝無し

VELO
Plush VL3147

大きな溝で圧迫感を感じない

強化プラスチック製で、真ん中と後方部に溝があるため股間の圧迫を軽減する効果があります。取り付け用工具が備わっており、六角レンチだけでポールに固定することが可能です。細身のデザインになっているので走行時に太ももが擦れる心配もなく、男性は快適に用いられるアイテムといえます。
形状 溝有り

PiDiEn
高反射性 ソフトサドル

高反射性ステッカー付で安全走行

高密度パンチングフォームを採用しているので、スポーティーさを保ちながら抜群のクッション性も備えています。通気性もよく、長距離のサイクリングでも蒸れないので快適に走行することが可能です。後方に反射性に長けているステッカーが付いていて、夜間走行時も安全確保をすることが出来ます。
形状 溝有り

BROOKS
フライヤー サドル

本革の高級感と機能性の良さが魅力

フレームはスチール製になっており、耐久性に長けているのが特徴です。表面すべてが本革で作られていて個性的でいて高級感を醸し出すアイテムです。座面の下に3つの大きなバネが仕込まれているおかげで、衝撃を吸収してお尻への負担を軽減する機能性の高さもあります。クロスバイクだけでなく一般車に取り付けることも可能です。
形状 溝無し
型番:MNI-738

monoii
防水 スポーツサドル

防水仕様でフィット感も抜群

防水性のあるレザー素材を使用しているので、防水に長けているだけでなく耐久性にも優れています。スッキリとしたフォルムのスポーツデザインでフィット感も良く、クロスバイクで長時間走行をしていても太ももが擦れる心配もありません。溝が真ん中に備わっており、股間への圧迫も軽減してくれます。
形状 溝有り

YOUNGDO
サドルクッション

立体設計で長距離走行をサポート

中央部と後方2か所に溝があり、お尻がすっぽりと入る立体設計になっているのが特徴です。低反発クッション内蔵で、長時間走行をしていてもお尻に痛みを感じません。表面は高品質な革製で耐久性にも長けており滑りにくいのも特徴です。座面の面積も広く、女性が用いても安定感を得られます。
形状 溝有り

商品比較表

商品画像
YOUNGDO
monoii
BROOKS
PiDiEn
VELO
Oture
Cat Hand
FengNiao
VANGOGO
COOWOO
商品名 サドルクッション 防水 スポーツサドル フライヤー サドル 高反射性 ソフトサドル Plush VL3147 低反発クッション 革新的なテープクロス式 穴あき スポーツサドル 自転車 サドルカバー 超肉厚な記憶スポンジ 転車サドル バイクサドル クッション 自転車サドル 超肉厚 低反発サドルクッション
特徴 立体設計で長距離走行をサポート 防水仕様でフィット感も抜群 本革の高級感と機能性の良さが魅力 高反射性ステッカー付で安全走行 大きな溝で圧迫感を感じない 肉厚クッション入りで安定感抜群 人間工学に基づいたスタイリッシュな形状 滑り止め強化でズレにくい 衝撃吸収で抜群の座り心地 肉厚クッションで痛みを軽減
形状 溝有り 溝有り 溝無し 溝有り 溝有り 溝無し 溝有り 溝有り 溝有り 溝有り
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
以上、おすすめの人気クロスバイクサドルのランキングでした。サドルはクロスバイクの要といえるアイテムです。見た目だけでなく、機能性や製品の特性等をよく把握することが大切といえます。快適なサイクリングを実現するためには、厳選した製品を装着しましょう。