人気ブランド別サイクルウェアのおすすめ12選【2018春夏版】

ロードバイクに乗る際には、吸湿速乾性に優れたサイクルウェアを着ることでより快適な走りを楽しむことができます。今回は人気ブランド別におすすめのサイクルウェアをご紹介します。ウェア選びの参考にしてくださいね。

サイクルウェアの選び方

サイクルパラダイス バイヤー
松永 弘樹さん
ロードバイクは想像以上に汗をかくスポーツです。Tシャツなど普段の服装で走行していると、かいた汗によって衣服が肌にべたついたり、汗が乾くと急激に体が冷えてしまうことも少なくありません。サイクルウェアはこれらの問題を解決するため、吸湿速乾性に優れた素材で作られているものがほとんどです。

サイクルウェアを選ぶ時は、まず一度試着してみるのがおすすめです。サイズ表記上では問題がなくても、実際に着てみると首周りがきつかったり、逆に大きすぎて走行中にバタつきが気になったりすることがあります。自分の体にぴったりフィットするサイズ感のサイクルウェアを着ることが、より快適なライドに繋がります。

SHIMANO(シマノ)

ESCAPE ジャージ

ベーシックなシマノの春夏モデルサイクルウェア。吸湿速乾効果の高い素材を使用しており、長距離ライドでかいた汗もすぐに乾き、不快感を軽減してくれます。UPF 40+とUVカット効果もばっちり。

EVOLVE ジャージ / EVOLVE ビブショーツ

快適に走ることを目的として作られているEVOLVEシリーズ。肌触りの良い素材をシームレスで仕上げているため、ごわごわ感もなく着心地抜群です。真夏の炎天下でもしっかりと紫外線をカットするUPF 50+仕様。

シマノ(SHIMANO) Evolve ビブショーツ

コンパクト ウィンドブレーカー

自らのポケットにしまえるくらいコンパクトな設計で、持ち運びも邪魔になりません。はっ水防風素材で、急な雨風にも対応OK。1枚持っておくと便利です。

SHIMANO(シマノ) コンパクト ウィンドブレーカー

Mavic(マビック)

コスミックジャージ

ジャージ側面の素材にエアーメッシュパネルを取り入れることで通気性を良くし、炎天下でも快適に走ることができます。フィット感に優れており、走行中の気になるバタつきを防止。マビックらしいイエローがポイントのサイクルウェアです。

MAVIC(マヴィック) CYCLE WEAR 17’コスミック ジャージ

コスミック プロ ビブショーツ

超軽量メッシュバック構造により、上昇した体温やかいた汗をすばやく外に逃がして快適さを保ってくれるビブショーツ。わずか180gと着ていることさえ忘れそうな軽さは、毎日のライドやレースを意識している方におすすめです。

MAVIC(マヴィック) CYCLE WEAR 17’コスミック プロ ビブショーツ

mont-bell(モンベル)

モンベルのサイクルウェアは、優れたクールダウン効果と高い速乾性を備える、独自の二層構造素材・ウイックロン®クールを使用しています。さらさらとした肌触りで着心地もよく、汗をかいてもべたつきにくいのがポイントです。さらに、光に当たることで気になるニオイを消臭してくれる「光触媒効果」を採用。洗濯繰り返してもこの効果は半永久的に残るので安心です。

WIC.クール サイクルジャージ

mont-bell(モンベル) WIC.クール サイクルジャージ

サイクール ショートスリーブジップシャツ Men's

mont-bell(モンベル) サイクール ショートスリーブジップシャツ

Pearl Izumi(パールイズミ)

イグナイトジャージ

他の半袖サイクルウェアと比べると長めの袖丈・細身のシルエットが特徴のイグナイトジャージ。ストレッチ性に優れているため、細身でもしっかりと身体にフィットしてくれます。バックポケットについた再帰反射により、暗い夜道でもしっかりと存在をアピールすることができます。

PEARL IZUMI(パールイズミ) イグナイトジャージ

コールドブラックレーサーパンツ

シームレスな作りでスムーズなペダリングや動きやすさを可能にしたコールドブラックレーサーパンツは、レースを目的としている方や長距離ライドを頻繁に行う方に最適です。直射日光を反射する生地と空気抵抗を軽減する素材を使うことで、より速いタイムが期待できそうです。

さらに、お尻の痛みを和らげるパッドにもこだわっており、まさにレーサーにとって嬉しいサイクルパンツです。

PEARL IZUMI(パールイズミ) コールドブラックレーサーパンツ

Bianchi(ビアンキ)

レパルトコルサ S/Sジャージ

ビアンキらしいチェレステカラーがおしゃれなレパルトコルサシリーズのサイクルウェアです。歴史の長いビアンキは周年によって、特別なデザインの記念ジャージを出していることも。ビアンキファンの方は合わせてチェックしておくと良いでしょう。

BIANCHI (ビアンキ) レパルトコルサ SSジャージ

le coq sportif(ルコックスポルティフ)

3D エンデューロジャージ&ビブパンツ

人やシーンを選ばず、どんな時でも快適に着ることができるルコックのサイクルウェア。カジュアルなデザインはシンプルながらファッショナブルで、様々なシーンで映えそうです。もちろん、3バックポケット・キーポケットなどのライダーにとって嬉しい機能を備えています。

(le coq)ルコック 3Dエンデューロジャージ&ビブパンツ 上下セット

サイクルウェアはトレンドによってデザインが大きく変わってきます。近年は海外のレースシーンでも体にフィットしたぴたぴたなウェアが流行っており、ロードバイクの機能性を考えても非常に合理的なデザインと言えるでしょう。

また、どのメーカーを見てもカジュアルなものやおしゃれなデザインのものが増えてきています。自分に似合うウェアを探して、いつものライドをより楽しいものにしていきましょう!

この記事に登場した専門家

サイクルパラダイス バイヤー
松永 弘樹さん
サイクルパラダイスは、自転車の製造・販売・中古・買取までを行っている自転車の専門店。ロードバイク、クロスバイク、ミニベロなど各種スポーツ自転車・ブランド自転車を幅広く取り扱っている。また、自転車の高額買取りと即日出張買取も実施。しかも買取価格保証で安心。もちろん、査定・買取・出張・宅配は完全無料。
詳しくはこちら