初心者おすすめのベースの種類、人気メーカーをプロが解説!

ジャズベースやプレシジョンベース、5弦ベースやフレットレスベースなどのエレキベースの種類のほか、初心者におすすめの弾き方やモデル、選び方について徹底解説!エレキベース初心者の方にはもちろん、1歩先に進みたい脱初心者ベーシストは必見!

ベースってギターとどう違うの?
ベースの役割は楽曲の骨や土台になること
初心者にもベースをおすすめできる理由
主なエレキベースの種類と選び方
最初は好みの形で選んで大丈夫。迷ったら定番モデルがおすすめ
指、ピック、スラップ…ベースの弾き方は様々
初心者におすすめできるメーカーはこれだ!
信頼できるお店があれば、中古での購入もアリ!
エレキベースの人気ランキングもチェック!
この記事に登場した専門家

ベースってギターとどう違うの?

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
「ベースってどんな楽器?」と聞かれると、音楽に詳しくないとなかなかその違いが分からなかったりしませんか?

ベースとは、音楽のいちばん低い音域を担当する楽器で楽曲の骨や土台に例えられる楽器です。クラシック音楽ではコントラバスやチューバ、伝統的なジャズではウッドベース(コントラバスと同じです)を用いて、楽曲の基音となる音とリズムを出す役割を担っています。

また、ギターよりも1オクターブ下の音域を担うため、低音が出るように太い弦を張ってあり、楽器自体の長さ(スケール)もギターより大きく長くなっています。
ベース

ベースの役割は楽曲の骨や土台になること

ベースの音は低音を担っているので、フレーズ自体が明瞭に聴き取りにくいこともあり、ベースという楽器の役割や立場が上手く理解されない要因のひとつになっています。

しかし、ベースは楽曲を構成するリズムや、ハーモニー(和音)の基準となる音を提示する役目を担っているため、ベース奏者の腕前が、全体のアンサンブルの出来を左右するくらい重要な楽器と言われています。

その立場はメロディーやギターの音色などに比べて「地味」という印象を持たれがちですが、人間の耳は低音域を非常に拾いやすく、理解しやすい構造になっているという研究結果があります。
Superior time perception for lower musical pitch explains why bass-ranged instruments lay down musical rhythms(英文)>>
また、ベースの音を聴いた人は「力と自信がわいてくる」という別の研究結果もあるほどで、楽曲のノリや高揚感など、音楽の重要な部分を担っているものはベースという楽器です。ライブで観客のノリを左右できる役割なんて、考えただけで楽しそうですね。
Pump up the music -- especially the bass -- to make you feel powerful(英文)>>

初心者にもベースをおすすめできる理由

人によっては「そんな難しそうな役割、大変そう……」と思ってしまう方もいるかもしれません。しかし、ベースパートは和音の基となる音を提示するため、演奏のほとんどが単音で構成されていることが多くなっています。

そのため、複数の音を同時に押さえることの多いギターに比べると、いちばん最初のハードルは比較的低くなっています。もちろん、突き詰めていけば簡単な楽器ではないのですが、音を出すまでのハードルはギターやピアノに比べると圧倒的に易しいため、まずは気軽に始めてみましょう。バンドのアンサンブルの中で一度ベースを弾いてみれば、その楽しさに気づけると思いますよ。
バンド

主なエレキベースの種類と選び方

ポップスやロックの世界では、エレキギターと似たような構造を持つエレクトリックベースを用いられることが多くなっています。そのため、エレクトリックベースはベースギターという呼び方をされることもあります。

エレクトリックベースの歴史は2017年の時点で、まだ70年に満たないものですが、その間に様々な種類のベースが開発、普及しています。

4弦ベース

一般的に多く出回っているエレクトリックベースの弦は4本です。音の並びは一般的なレギュラーチューニングという調弦を行った場合、エレクトリックギターの低い弦(6弦~3弦)と全く同じです。バンドの中でベースの役割を果たすということであれば、4弦のベースの音域で十分でしょう。

プレジションベース

フェンダー社によって1951年から発売された、量産のエレクトリックの中では長い歴史を持つベースです。それまではオーケストラなどで見られるような、コントラバスを使われることがほとんどでしたが、このベースの登場によって、アンプを使って音を増幅して出す、というエレクトリックベースの歴史が始まりました。

コントラバスは指板の上にフレットラインがなく、耳で音を取りながら弾くもので、正しい音を出すまでに鍛錬が求められる楽器でしたが、このベースには金属のフレットラインが打ち付けられ、正確な音程が誰にでも取れるようになったことから「プレジション(=正確な)」という名称がつけられました。

プレジションベースは、ピックアップをひとつだけ搭載し、太いネックやシンプルな1ボリューム、1トーンのコントロールを持っており、中音域の強い太い音と形容されることが特徴です。細かなスペックはマイナーチェンジを繰り返しながら、フェンダー以外のコピーモデルも多く生み出しつつ60年以上に渡って世界中で使用されている楽器です。
プレジションベース
一度は弾きたい!プレシジョンベースおすすめ5選 - PICUP(ピカップ)
一度は弾きたい!プレシジョンベースおすすめ5選 - PICUP(ピカップ)>>
プレシジョンベースの歴史、サウンドやデザインの特徴、使用アーティスト、初心者向けから本格派までのおすすめモデルについてまとめました。プレシジョンベースの素晴らしさについて再確認してみましょう!

ジャズベース

同じくフェンダーから1960年に発売されたエレクトリックベースがこのジャズベースです。

プレジションベースを元に、さらに多彩な音が出せるようにピックアップを2つ搭載させていることが特徴で、プレジションに比べるとネックの握りがやや細く扱いやすくなっており、明るく繊細な音とよく形容されます。

プレジションベースと同じく、世界中に広く普及し、多くのコピーモデルが生まれました。現代まで続いているエレクトリックベースの多くは、このジャズベース、またはプレジションベースの影響を受けていることが多く、基本形とも呼べる楽器です。
ジャズベース
超定番!ジャズベースおすすめ5選 - PICUP(ピカップ)
超定番!ジャズベースおすすめ5選 - PICUP(ピカップ)>>
1960年にフェンダーから発表され、現代に至るまで半世紀以上愛されているジャズベース。本記事ではその歴史や特徴、年代による違いやおすすめのモデルについてまとめています。

スティングレイ

1971年にフェンダーを退社したフォレスト・ホワイトとトム・ウォーカーという2人の人物が、フェンダーの創始者であるレオ・フェンダーとともに開発したベースです。

スティングレイの特徴はジャズベースに搭載されているシングルコイルピックアップを2つつなげた「ハムバッカー」というピックアップを搭載していること、そして楽器の内部に電池駆動のアクティブプリアンプを内蔵し、ベース本体のみで高音域、低音域の加減ができることが大きな特徴です。
スティングレイ
スティングレイの特徴から音作りまで解説!専門家おすすめの4選 - PICUP(ピカップ)
スティングレイの特徴から音作りまで解説!専門家おすすめの4選 - PICUP(ピカップ)>>
ミュージックマンスティングレイの歴史や特徴、ミュージックマンが製造するスターリンやボンゴなどのモデル、傘下ブランドであるスターリンの廉価版スティングレイについて紹介。初心者から上級者まで、カテゴリー別におすすめのモデルを掲載。

多弦ベース

世の中に多く普及しているベースは弦が4本ですが、時代に応じて必要性が生じた結果、弦が増やされた多弦ベースと呼ばれる楽器も存在しています。

5弦ベース

1970年代頃からシンセサイザーが普及し、それまでのベースでは出せない低音域を含んだ楽曲が生まれていきました。そういった楽曲を生演奏で再現することを求められたベースプレイヤーと楽器メーカーの共同開発によって、4弦ベースに低い弦をさらに1本足した5弦ベースが生まれ、普及していきました。ヘヴィなサウンドを出したい、横移動の運指を少なくしたい、といった場合に選ばれます。
5弦ベース
時代は多弦!5弦ベースおすすめの5本 - PICUP(ピカップ)
時代は多弦!5弦ベースおすすめの5本 - PICUP(ピカップ)>>
5弦ベースは今やベーシストのスタンダード! 多くのプロミュージシャンが5弦ベースを使う理由やそのメリットについて解説します! 初心者でも安心して長く使える5弦ベースのモデルもいくつか紹介します。

6弦ベース

また、1970年代後半頃になると、5弦ベースを元にさらに高い音域に弦を1本足して表現力を上げた6弦ベースも登場し、ジャズ・フュージョンのベースプレイヤーを中心に愛用されるようになりました。ギターに迫る高音でのソロやコードプレイを活用したいプレイヤーに好まれます。
6弦ベース
6弦ベースの特徴・歴史からおすすめモデルまで徹底解説! - PICUP(ピカップ)
6弦ベースの特徴・歴史からおすすめモデルまで徹底解説! - PICUP(ピカップ)>>
6弦ベースの歴史や特徴、メリット、チューニングについて解説します。初心者・中級者それぞれにおすすめの6弦ベースや、人気アーティストが愛用している6弦ベース、6弦ベースを愛用する人気プレイヤーの参加するCDも紹介しています。

フレットレスベース

そもそもエレキベースの元となったウッドベースにはフレットは打たれていません。そのためにエレキベース創世記からフレットレスベース自体は珍しいものではありませんでした。

通常のベース(フレッテッドベース)の場合、弦にはフレットが接することになりますが、フレットレスベースの場合は木材である指板と指が接し、素材が柔らかいために、ウォームで深い音が特徴です。

また、フレットという境目がないために正確なピッチで演奏するのにはプレイヤーに高い能力が求められます。その分豊かな表現力をもち、歌心溢れる自由な演奏が可能になるのがフレットレスベースの魅力です。
フレットレスベース
おすすめのフレットレスベース6選!特徴や弾き方を解説 - PICUP(ピカップ)
おすすめのフレットレスベース6選!特徴や弾き方を解説 - PICUP(ピカップ)>>
特殊な構造を持ったフレットレスベースの特徴や歴史、ジャコパストリアスや今沢カゲロウなどの代表的なプレイヤーについて解説。初心者におすすめのモデルや5弦仕様のおすすめモデルも紹介しています。

エレクトリックアコースティックベース

一般的なエレキベースはボディに空洞のないソリッドボディを持ちますが、エレクトリックアコースティックベースは空洞を持つ箱のようなボディを持ちます。共鳴するボディは豊かなハーモニクスを作り出し、サウンドに大きな影響を与えます。アコースティックギターとのアンサンブルは相性抜群です。
エレクトリックアコースティックベース
プロがおすすめ!アコースティックベース3選 - PICUP(ピカップ)
プロがおすすめ!アコースティックベース3選 - PICUP(ピカップ)>>
トラッドな見た目やウォームなサウンドが魅力のアコースティックベース。アコースティックミュージックには欠かすことができません。本記事ではその特徴や種類、おすすめのモデルについて解説しています。

ウクレレベース

近年ではウクレレの形をしたベースも登場し、ウッドベースのニュアンスに近いサウンドと取り回しの良い小型ボディが注目を集めています。
アリアウクレレベース
話題のウクレレベースおすすめ3選! - PICUP(ピカップ)
話題のウクレレベースおすすめ3選! - PICUP(ピカップ)>>
大流行中のウクレレベースについて、その概要や特徴、チューニングなどについて解説。ARIA、KALA、Big Island Ukuleleのオススメのウクレレベースやオススメの弦について紹介しています。

アップライトベース

従来のウッドベースは大きな音量を得るためにボディサイズが大きく重量もあり、持ち運びに難点がありました。近年盛んに製造され、ミュージシャンの使用率も上がり続けているエレクトリックアップライトベースは、単体で音量を稼ぐ必要がないためにコンパクトなサイズでデザインされているのが最も大きな特徴のひとつです。 長い弦長は豊かな低音を含んだサウンドを生み出し、バラードやジャズで重宝されています。
アップライトベース
おすすめアップライトベース5選!【専用スタンドと弦も紹介】 - PICUP(ピカップ)
おすすめアップライトベース5選!【専用スタンドと弦も紹介】 - PICUP(ピカップ)>>
ウッドベースのような弾き心地でエレクトリックベースのようなポータビリティを持つアップライトベースについて、その概要や特徴、アルコでの演奏、使用しているアーティストについて解説しました。アイバニーズやヤマハからオススメのモデルや周辺機器についてオススメのモデルを紹介。

最初は好みの形で選んで大丈夫。迷ったら定番モデルがおすすめ

代表的なベースを紹介しましたが、初めて買うベースは見た目の好みや、好きなバンドのベースプレイヤーが使っているもの、という選び方をして問題ありません。手に取りたくなるベースであれば、練習する意欲も起きやすいでしょうし、何より見ていて気分も上がります。

それでも、どれを選んでいいか迷うのであれば、エレクトリックベースの中でも歴史の長いジャズベースタイプ、プレシジョンベースタイプのどちらかを選べば間違いないでしょう。
予算がある人は候補にしてほしい、5万円前後で買えるおすすめベース6選【初心者必見】 - PICUP(ピカップ)
予算がある人は候補にしてほしい、5万円前後で買えるおすすめベース6選【初心者必見】 - PICUP(ピカップ)>>
5万円前後で購入できるベースについて、1本目や2本目、またはサブベースや改造用としてオススメしたい理由などについて解説。バッカスやアイバニーズ、ヤマハなどの一流メーカーからオススメのベースを紹介しています。

指、ピック、スラップ…ベースの弾き方は様々

エレキベースの奏法としては大きく分けてフィンガー奏法、ピック奏法、スラップ奏法と3つの奏法が存在します。

フィンガー奏法

最もオーソドックスな奏法。人差し指と中指を基本にして指の腹でなでるように弦を振動させます。太さと柔らかさを持ったサウンドで、あらゆるジャンルにスムーズに溶け込みます。特に初心者の方はまずはこの弾き方に慣れるのがおすすめです。

ピック奏法

指よりも硬質なピックで弦を弾く奏法。派手なアタック感を持ち、強いビート感を持った演奏に最適です。ロックやパンクには欠かせません!

スラップ奏法

親指で弦を押し出すように弾き、人差し指や中指で引っ張るように弾く奏法。強いアタック感と鋭く硬質なサウンドが特徴的です。

昨今スラップ奏法を全面に押し出した派手なベースプレイヤーが急激に増加しました。歴史の短い奏法のため現在進行形で発展をし続け、日々新しいスラップ奏法を使ったベースプレイが生まれています。

初心者におすすめできるメーカーはこれだ!

Bacchus BJB-1R

Bacchusは長野に工場を持つ日本のメーカーです。本機はBacchusブランドではあるものの中国で生産することで価格を大幅に抑えたUniverseシリーズ。

低価格ながらも非常に高いクオリティをもったベースとして高く評価されています。最初の1本であってもある程度弾きやすく、良い音で始めたい方には非常におすすめの1本です。
初心者におすすめのバッカスベース!高評価の理由とおすすめ8選 - PICUP(ピカップ)
初心者におすすめのバッカスベース!高評価の理由とおすすめ8選 - PICUP(ピカップ)>>
非常に高い評価を得るバッカスのベースについて、ユニバースシリーズやグローバルシリーズ、ハンドメイドシリーズ、それぞれの特徴や初心者、上級者、それぞれにおすすめしたいバッカスベースについてご紹介!

Squier SQ VM JAZZ BASS '70S NAT

Squierは最もポピュラーなエレキベースメーカー、フェンダー傘下のブランドです。ヴィンテージモディファイドシリーズはクラシックとモダンをミックスしたデザインが施され、Squierの中で高いグレードに位置しています。

こちらのモデルは1970年代のフェンダージャズベースを意識しながらも、指板Rを緩くして大きめのフレットを採用することで現代のベーシストにフィットするように再設計されたモデルです。

Squier エレキベース SQ VM JAZZ BASS '70S NAT

Sago Seed Kanderbird Dress White

ロックバンド「鶴」のメンバー、神田雄一郎氏のシグネイチャーモデルです。フェンダーの流れを汲んだボディにギブソンらしさを感じるハムバッカーピックアップを組み合わせた、両者のいいとこ取りな1本。

ハムバッカーピックアップを採用することでノイズを劇的に抑えることに成功。低音の太さと高音のメロウさを持ったサウンドが特徴的です。馴染みのあるボディシェイプが採用されたおかげで普段フェンダー系のベースを弾いているプレイヤーでも違和感なく持ち変えることができるでしょう。

Sago サゴ エレキベース Seed Kanderbird Dress White

YAMAHA TRBX505 TWH

ヤマハの定番モデル、TRBXの5弦ベース。ウォームで繊細なパッシブモードとクリアではっきりしたサウンドのアクティブモードを切り替えるスイッチを搭載。

この価格帯の5弦ベースには低い弦の音が十分に再生できないという問題がつきまといますが、本機は強力なプリアンプとメイプルとマホガニーをウッドマテリアルにした強固な5ピースネックによりクリアな低音を実現しています。初めての5弦ベースにはぴったりな1本ではないでしょうか。

ヤマハ エレキベース 5弦 TRBX505 TBR

ヤマハベースの特徴、評価とおすすめ4選 - PICUP(ピカップ)
ヤマハベースの特徴、評価とおすすめ4選 - PICUP(ピカップ)>>
日本のギブソンと称されるヤマハのベースの歴史や特徴、音の評価、BB、TRB、SBVといった代表的なモデルの概要について解説。BBやTRBX、TRBなどのおすすめ商品をプレイヤーのレベル別に紹介します。

Aria FEB-FL/F N

アコースティックスタイルには深い歴史を持つAriaが販売する低価格のエレクトリックフレットレスアコースティックベース。空洞を持った大きなボディデザインにより、アンプを使わなくてもある程度大きい音量が得られます。

高性能のピエゾピックアップとプリアンプを搭載。チューナー、イコライザー、ノッチフィルターを搭載しているためこれ1本で十分な音作りが可能。

塗装はサラサラとしたマットな質感。引っ掛かりが少なく、フレットレスらしさを生かした伸びるようなベースプレイにピッタリでしょう。

Aria アリア フレットレス Fホール エレアコベース フレイムトップモデル 4バンドイコライザー チューナー搭載 ナチュラルカラー FEB-FL/F N ソフトケース付属

プロがおすすめ!アコースティックベース3選 - PICUP(ピカップ)
プロがおすすめ!アコースティックベース3選 - PICUP(ピカップ)>>
トラッドな見た目やウォームなサウンドが魅力のアコースティックベース。アコースティックミュージックには欠かすことができません。本記事ではその特徴や種類、おすすめのモデルについて解説しています。

信頼できるお店があれば、中古での購入もアリ!

初心者の方には知ってもらいたいエレキベースの知識や選び方、種類について解説してみました。知識があれば自分が新しいベースに何を求めているのか、どれくらいの予算を用意すればそれが手に入るのかがわかるのではないでしょうか。

また、信頼できるお店があるのならば中古のエレキベースもおすすめです。新品では高価なモデルも安価に手に入る他、すでに弾き込まれているために楽器がよく鳴る状態になっている場合があるからです。自分にピッタリとあった相棒を手に入れて幸せなベースライフを。

エレキベースの人気ランキングもチェック!

Amazonの売れ筋ランキング>>

この記事に登場した専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら