「フェンダー」ベースアンプの評価と特徴、おすすめモデル5選!

フェンダーのベースアンプについて、その特徴や評価、BASSMANシリーズやRUMBLEシリーズについてその概要を解説。BASSMANシリーズ、RUMBLEシリーズ、BRONCOシリーズからヘッドアンプやキャビネット、コンボアンプのオススメを紹介しています。

フェンダーのベースアンプの特徴・評価
BASSMANシリーズのおすすめ
RUMBLEシリーズのおすすめ
BRONCOシリーズのおすすめ
この記事に登場した専門家

フェンダーのベースアンプの特徴・評価

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
フェンダーはご存知の通りエレクトリックギター、エレクトリックベースの生みの親として知られていますが、ギターアンプ、ベースアンプについても古くから多くのレジェンドミュージシャンに愛用されてきました。ファットで味のあるトラディショナルなモデルはもちろん、最近のアンプらしく最新技術を大胆に取り入れたモデルも多くラインナップしており、ギターやベース本体同様確信的なデザインを積極的に取り入れるメーカーとして知られています。

BASSMANシリーズのおすすめ

フェンダーのベースマンは世界で最もトラディショナルなエレクトリックベース用のアンプだといえます。レオフェンダーが開発したプレシジョンベースはご存知の通り世界初のソリッドエレクトリックベースであったわけですが、その時点では当然ながらベースアンプが存在しませんでした。そこでフェンダーが自社で開発したものが"BASSMAN"です。ただし、これが大きく評価されたのはギターアンプとしての能力です。現在はベースマンとしてベースアンプもリリースされているので、そちらについて紹介します。

Fender Bassman 800 Head

わずか約7.7kgの筐体に800Wもの出力を閉じ込めたモンスターアンプ。音量を増幅してキャビネットをドライブさせる動作部分、つまりパワー・アンプはソリッドステートで作られているので強度は抜群です。トラディショナルなアンプではありますが、現代のモダンなサウンドメイクを求める様々なジャンルのミュージシャンに高く評価されており、十分にプロステージで使えるクオリティを備えた製品です。

Fender BASSMAN 115 NEO

BASSMANシリーズのモンスター級のアンプの出力に応えるのがこちらのキャビネット。最大700Wの出力に耐えるスピーカーキャビネットで、特別にデザインされた15インチのエミネンス製ネオジウムマグネットスピーカーを搭載しています。ルックスもトラディショナルなフェンダーアンプをモチーフにしており、ステージの上でこれがおかれているとベーシストとしては「おっ」と驚きと関心を示さざるを得ないものです。

RUMBLEシリーズのおすすめ

ランブルシリーズはフェンダーが提案する自宅練習や小規模なリハーサルのためのモダンアンプシリーズです。他の音楽再生機器との連携やヘッドホンへの出力、キックバックによって角度をつけられるなど、ライブでのメインアンプとは異なる特性を多く備えており、練習のためのアンプとしては最適なものになっています。自宅での練習環境を整えて、良い音で練習をしたいベーシストにはとてもオススメのシリーズです。

Fender RUMBLE 15 V3

フェンダーが提案するコンパクトでトラッドな練習、室内向けのアンプがこちらのRUMBLE15です。ルックスとしてはトラディショナルなモデルをモチーフにしています。コントロール類についても3バンドのイコライザーを装備し、必要にして十分。また、AUX inを搭載しているために自身の音楽プレイヤーの信号を入力して、任意のファイルとのセッションが可能。もちろんヘッドホンアウトも搭載しているので、あらゆるシチュエーションでの練習が可能です。

Fender Rumble 30

既にあげたRUMBLE15の少しサイズの大きいバージョンです。スピーカーで音を聞いたときにその質は全く異なって聞こえ、大きいサイズのものの方がベースらしいサウンドを楽しめると思います。それぞれで価格も違うので一概にはいえませんが、僕個人的には少し高めの出力のものを選ぶ方がオススメです。自宅でもいい音で練習できるとさらに成長できると思います。

Fender Rumble 30

BRONCOシリーズのおすすめ

Fender BRONCO 40

40Wの出力と10インチのスピーカーユニットを搭載したコンボアンプ。出力とスピーカーサイズは小型のコンボアンプとしては大きめに設定されています。特徴的なのは8種類のアンプモデリング。RUMBLE、59' BASSMAN、といった聞き慣れたフェンダーアンプをはじめとして様々な特性のアンプの違いを楽しみながら選べます。また、エフェクト類も搭載されており、オーバードライブ、ファズ、コーラス、フランジャーなど12種類を自在に楽しむことができます。
ギターやベースにおけるパイオニアとして知られるフェンダーは、それらのアンプの開発にも力を入れており発売直後から多くのミュージシャンの信頼を獲得し続けています。クラシックなラインナップの良質なサウンドや性能の高さは言わずもがな、現代的なミュージシャンのために作られているRUMBLEシリーズやBRONCOシリーズもその性能は優れており、様々な環境に合わせてチョイスができるようになっています。最もトラディショナルなベースアンプを作ったフェンダーですから、可能なら試したいメーカーです。

この記事に登場した専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら