G&Lベースの評価や特徴とおすすめ2選

レオフェンダーが在籍した最後のブランド、G&L。本記事ではその歴史や特徴、評価、Lシリーズ、SBシリーズといった代表的なシリーズについて解説。USAシリーズ、TributeシリーズからおすすめのG&Lベースを紹介しています。

G&Lの歴史
G&Lベースの音の特徴と評価は?
G&Lベースの代表的シリーズはこれだ!
初心者におすすめのG&Lベース
G&Lベースの人気ランキングもチェック!
おわりに
この記事に登場した専門家

G&Lの歴史

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
エレキベースの父、レオフェンダーがフェンダー、ミュージックマンの次に創設したのがG&Lです。G&LのLはLeo FenderのL、GはGeorge FullertonのG、つまりG&Lはレオとジョージ2人によって創立されたメーカーです。

始まりは1972年、製造を開始したのは80年のことです。創立当初に発表したLシリーズは圧倒的に多彩なオプションを持つエレクトロニクスを有し、瞬く間に多くのミュージシャンに支持されるメーカーに成長しました。

G&Lベースの音の特徴と評価は?

最大の特徴はオリジナルハムバッキングピックアップと、それを操るコントロール、アクティブサーキット。一般的なピックアップよりもパワフルなデザインが施されたオリジナルピックアップは、オリジナルの堅牢で質量の大きいブリッジと相まって、激しいロックアンサンブルの中でも埋もれることなく主張するサウンドキャラクターを形成します。
G&L / L-2000 Tribute Blue Burst
出典:Amazon
Lシリーズに代表される複雑なエレクトロニクスにより、ピックアップのチョイス、ワイヤリング、プリアンプの有無、トレブル・ベースのイコライジングを行うことが可能。あらゆるサウンドを網羅し、その場その場で適切なサウンドキャラクターをチョイスすることができます。

また、USAモデルについてはほぼ全てのモデルがすっと目の通った柾目のネックが使われています。このような点から、エレクトロニクスだけではなくウッドマテリアルにもこだわりを感じます。

G&Lベースの代表的シリーズはこれだ!

Lシリーズ

G&L Tribute Series L-2000
出典:Amazon
G&Lのフラッグシップモデルといえば、L2000に代表されるLシリーズ。一般的に、ベースには基本のキャラクターがあり、そのサウンドを微調整するためにエレクトロニクスが搭載されていますが、Lシリーズの場合は1本の中に様々なキャラクターをもち、そのキャラクターを切り替え、音色を調整するためのエレクトロニクスが搭載されています。総じて華やかで目立つ音色が多いので、激しいロックやヘヴィなアンサンブルの中でも主張するサウンドを作りたいベーシストにはピッタリなモデルでしょう。

ちなみにLシリーズにはL2000の他にL1000、L1500など、ピックアップのレイアウトやエレクトロニクス、弦の数によっていくつかのモデルが存在します。(廃盤のものも多数あります)

SBシリーズ

G&L Tribute SB-2
出典:楽天市場
ハムバッキングピックアップを搭載するLシリーズに対し、SBシリーズはプレシジョンベースタイプのスプリットコイルピックアップ、ジャズベースタイプのシングルコイルピックアップを搭載しています。これらはスタイルこそフェンダーのものですが、その中身はG&Lらしさ100%の純度。セラミックマグネットを使用し、ハイレンジ、ハイパワーながらもローノイズなデザインになっています。

少しフラットな指板やミディアムジャンボのフレットは非常に現代的で、高いプレイヤビリティを持ちます。この点はトラッドなフェンダースタイルとは全く異なった点ではないでしょうか。

初心者におすすめのG&Lベース

G&L Tribute L-2000 (Blue Burst/M)

G&Lの廉価版ライン、Tributeから発売されるブルーバーストカラーのL2000です。G&Lには現在アメリカ製のライン「USAシリーズ」と、インドネシア製のライン「Tributeシリーズ」があります。以前はPremiumやTribute Customというシリーズもありましたが、現在は絞られたラインナップになっていますね。

USAに比べて安価なTributeですが、その機能に違いはなく、同様の豪華なピックアップ、サーキットを持ちます。G&L最大の特徴であるエレクトロニクスがそのまま搭載されている点は特筆すべき点であり、この価格帯でも十分に有用なサウンドです。

G&L / L-2000 Tribute Blue Burst

参考価格: 44,000
44,000 (税込)
105,600 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2019年11月11日 17:33時点 shopping.yahoo.co.jp: 2020年2月22日 05:56時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

G&L USA L-2000 3TS/Maple

アメリカ製のL2000。これこそがG&Lのフラッグシップモデルであり、多くのミュージシャンが信頼を寄せる所以でしょう。

ピックアップのレイアウト、ワイヤリングのアレンジを切り替えるミニスイッチを駆使することで、ジャズベース風、プレシジョンベース風、ミュージックマン風など、様々な音色をカバーする1本。しかしそのどれもにG&Lらしい骨太で無骨なキャラクターを確かに感じさせる確かな"BASE"を持ちます。

G&L Tribute Series L-2000 (3Tone Sunburst/Maple)

参考価格: 123,200
123,200 (税込)
99,000 (税込)
85,800 (税込)
99,000 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2020年2月22日 04:16時点 rakuten.co.jp: 2020年2月22日 03:36時点 shopping.yahoo.co.jp: 2020年2月22日 05:56時点 paypaymall.yahoo.co.jp: 2019年12月25日 14:09時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

G&Lベースの人気ランキングもチェック!

【楽天市場】G&L | 人気ランキング1位~(売れ筋商品)>>

おわりに

昨今ロックミュージシャンを中心に人気が再燃しつつあるG&L。最初のベースがリリースされたのは1980年ですが、そのオリジナリティあふれる骨太サウンドは現代の音楽に問題なくフィットします。

30年以上にわたって変わらぬ形でフラッグシップモデルとして人気を博すLシリーズの完成度は言わずもがな、シンプルなSBシリーズ、LシリーズをカスタムしたMシリーズ、さらにはトラッドなジャズベースのスタイルを採用したJBシリーズなど、常にG&Lは新たなプロダクトの開発を続けています。

これからも彼らのリリースするプロダクトには注目する必要がありそうです。

この記事に登場した専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら
あなたにおすすめの記事
関連記事