話題のウクレレベースの特徴とチューニング、おすすめ3選!

大流行中のウクレレベースについて、その概要や特徴、チューニングなどについて解説。ARIA、KALA、Big Island Ukuleleのオススメのウクレレベースやオススメの弦について紹介しています。

ウクレレベースとは?
ウクレレベースの特徴
ウクレレベースのチューニング
おすすめのウクレレベース
一緒に揃えたい!周辺アクセサリー
この記事に登場した専門家

ウクレレベースとは?

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
ウクレレベース
ウクレレベースとは、ウクレレのように小さいスケール、コンパクトなホロウボディに4本の弦を張り、ベースの音域をカバーする楽器です。近年大きな流行を見せ、その数も大きく増えましたが、人気の理由はまるでウッドベースかのようなサウンド! コンパクトなサイズも手伝い、セッションなどの気軽な演奏の場に持ち出すにはぴったり。

実際にセッションでウクレレベースを使用している人を見かけたことがありますが、アンサンブルを作り出し、楽しむには十分なクオリティを有していると感じました。

ウクレレベースの特徴

短いスケールと独特の弦でウッドベースのようなサウンドに

ウクレレベース
ウクレレベースは見ての通り非常に短いスケールを持ちます。また、弦は特殊な素材を用いたゴムのような触り心地です。テンション感は非常にゆるく、一般的なエレキベースに比べると”だるだる”であると言えるかもしれません。

しかし、だからこそ生まれるのがウッドベースのようにファットでビッグなサウンド。そのサウンドは驚くほどに似通ったもので、多くのミュージシャンがそれに驚き、衝動的に手にしているのが現状です。

ピッチを取るのが難しい

前段で、「短いスケールを持ちます」、「テンション感が非常に緩く、一般的なエレキベースに比べると”だるだる”である」、と書きましたがそれはピッチを取る難しさにつながりかねないことでもあります。

多くのウクレレベースはウッドベースのようなサウンドを得るためにフレットは打たず、フレットレスの構造を取っていますが、それと短いスケール、ゆるいテンションがあいまってピッチを取るのが非常に難しいです。ただし、ナローなレンジでファットなサウンドのためにピッチのゆるさが大きくは目立たないとも言えるかもしれないですね。いずれにせよ、耳が鍛えられることには間違いありません。

エレキベースよりも格段に小さいサイズ

ウクレレベースの最大にして最もユニークなポイントは圧倒的にコンパクトなサイズとそれによるポータビリティです。ウクレレとほぼ同様のサイズのためにエレキベースやウッドベースに比べると圧倒的にサイズがコンパクトです。

そのために、ちょっとしたセッションに持ち出すのにも気軽で、保管にも場所を取らず、さらに物珍しく手を出しやすい価格、あらゆるベースプレイヤーを取り込む多くの要素を持ち合わせた楽器だとおもいます。

ウクレレベースのチューニング

ウクレレベースのチューニングは一般的なエレキベースと同様にすることがほとんどです。つまり、低い弦からE、A、D、Gとなります。Aは440Hzに合わせます。ピアノと合わせるときなどには441Hzにすることもあるかもしれませんが、ウクレレベースのように曖昧なピッチを持つ楽器においては1Hzの違いは大きくはないかもしれませんね。

おすすめのウクレレベース

ARIA ウクレレベース AUB-CE/FL

EQ、チューナー内蔵。エレアコのような完成度の高さ

ARIAは大手代理店、荒井貿易が所有するアコースティック系の楽器メーカーで、特に低価格帯でのアコースティックスタイルの楽器の製造については高い評価を獲得しています。近年製造を開始したこちらのウクレレベースはあえて表現すると後発組となりますが、だからこその高い完成度が持ち味。チューナーもついた3バンドEQプリアンプを搭載しており、単体でフレキシブルなサウンドメイクが可能です。

ARIA ウクレレベース AUB-CE/FL

参考価格: 31,086
31,086 (税込)
31,086 (税込)
31,086 (税込)
31,143 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2020年4月5日 12:30時点 rakuten.co.jp: 2020年4月7日 15:32時点 shopping.yahoo.co.jp: 2020年4月7日 09:55時点 paypaymall.yahoo.co.jp: 2019年12月25日 14:09時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

KALA ウクレレベース U-BASS SOLID SURUCE TOP モデル フレッテッド UBASS-SSMHG-FS

ウクレレベースブームの世界的な火付け役

ウクレレベースという楽器を大きく広めたパイオニアは間違いなくKALAでしょう。彼らのベースはNAMM showにおいて大きな話題となり、試奏動画やレビュー動画は世界中のベーシストがアップロードしています。

ウッドベースのようなサウンドを志向するものが多いのでフレットレスデザインを取り入れるモデルが多い中、本機はフレッテッドのデザインを採用。ピッチの不安を軽減し、エレクトリックベースをメインに演奏しているベーシストであっても容易に演奏できるのが最大のメリットでしょう。

KALA ウクレレベース U-BASS SOLID SURUCE TOP モデル フレッテッド UBASS-SSMHG-FS

参考価格: 108,190
108,190 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2020年4月5日 12:29時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

Big Island Ukulele HONU Electric Bass Ukulele Series アカシアトップ EBU-ACA-N

ソリッドボディのウクレレベースならこれで決まり

ウクレレベースは一般的に、ウクレレ同様にホロウボディを採用していますが本機はソリッドの構造を採用しています。そのメリットはなんといってもハウリングへの耐性。アコースティックギターやベースの天敵とも言えるハウリングを問題にしない特性はミュージシャンにとっては心強いポイントでしょう。

マグネティックピックアップを搭載してボルトオン構造、どちらかというとエレクトリックベースよりなウクレレベースですね。

Big Island Ukulele HONU Electric Bass Ukulele Series アカシアトップ EBU-ACA-N

参考価格: 50,112
50,112 (税込)
52,800 (税込)
48,800 (税込)
48,460 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2018年7月19日 17:27時点 rakuten.co.jp: 2019年12月18日 19:13時点 shopping.yahoo.co.jp: 2020年4月7日 09:55時点 paypaymall.yahoo.co.jp: 2019年12月25日 14:09時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

一緒に揃えたい!周辺アクセサリー

KALA ベース弦セット ウクレレベース ワウンドタイプ KA-BASS4 U-BASS

弦はこれを買っておけば間違いなし

ウクレレベースのパイオニア、KALA自らが販売するウクレレベース専用弦。束ねたナイロンをコアにして銀メッキの銅を巻きつけることで、しなやかさ、柔らかさ、倍音の多さ、アタックの明瞭さを持たせることに成功しています。

正直なところ、ウクレレベース用の弦ってあまり多くはないのが現実ですが本商品が必要にして十分なクオリティを有しているために、あまり大きな問題ではないかもしれませんね。

KALA ベース弦セット ウクレレベース ワウンドタイプ KA-BASS4 U-BASS

参考価格: 4,600
4,600 (税込)
4,780 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2020年4月5日 12:29時点 shopping.yahoo.co.jp: 2020年4月7日 09:55時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
近年ベーシストの間で大きな流行を見せたウクレレベース。今では以前に比べて製造するメーカーも増え、選択できるモデルの数は格段に多くなりました。

だからこそ、その特性を理解してより自分にマッチしたモデルを探せるといいと思います。今回紹介したい靴化のモデルは既にある程度の定評を獲得しており、それなりのクオリティは保証されているものです。これらを中心に、自分にぴったりのウクレレベースを探してみてください。

この記事に登場した専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら
あなたにおすすめの記事
関連記事