【2019年版】スキーブーツおすすめ17選|フレックスやサイズで選ぼう!人気のケースも一緒に紹介!

スキーをするときに必ず用意しなくてはいけないスキーブーツ。ですが一概にスキーブーツと言っても実は、さまざまな用途に合ったものがあり、さまざまな特長のある商品があります。そこで今回はそんなスキーブーツの特長や、使いたい用途別の種類、おすすめの商品などを紹介します。ぜひこの記事を参考にし、自分のスキーにぴったりのものを見つけてください。

スキーブーツ選びで必ず確認したい項目

スキーブーツ選びで必ず確認したい項目
スキーブーツをいざ購入しようと思っても、あまりスキーの経験をしたことのない方にとっては、どれを選べば良いのかわからなくなることが多いです。そこでここではスキーブーツの選び方を簡単にどこを見れば良いのかを説明します。よく確認して、自分の使いたい用途のものを見つけましょう。

サイズ|普段の靴サイズを参考にフィットするものを選ぶ

サイズ|普段の靴サイズを参考にフィットするものを選ぶ
普通の靴などと同様に、スキーブーツもまずサイズを確認しましょう。スキーは特に足に負担が大きくかかるスポーツなので、自分の足にフィットしたものを見つけて履くようにしましょう。

シェル硬度(フレックス)|スキーブーツの使用目的に合わせて硬さを選ぶ

シェル硬度(フレックス)|スキーブーツの使用目的に合わせて硬さを選ぶ
シェル硬度とはフレックスとも呼ばれていて、スキーブーツの外側のプラスチック部分の硬さを表します。店頭などでは数値で表示されていて、低いものはより柔らかく、高いものはより硬くなる仕様です。使いたい用途によって、この硬さを変えて選ぶ必要があるので、スキーブーツを選ぶときは自分の使用したい用途を明確にして、それに適応したものを選ぶようにしましょう。

インナー|クッション性の高い「ルーズ」、初心者向け「タイト」

スキーブーツは、中のインナーにも種類があります。大きく分けると保温性とクッション性の高い「ルーズインナー」と、足にぴったりとフィットする初心者におすすめな「タイトインナー」です。この二種類があるので、自分のレベルや使いたい用途に合わせて自分にぴったりのものを見つけましょう。

バックルの形状|目的に合わせて2種類から選ぶ

スキーブーツのバックルには、前についてるものと、後ろについているものがあります。この二つの違いを理解して自分に合ったものを見つけましょう。

フィット感のあるフロントバックル

フィット感のあるフロントバックル
出典:Amazon
スキーブーツのフロント部分にバックルのついたものは、しっかり足が固定され、フィット感があり、おすすめです。ただし、複数のバックルがついているものがほとんどのため、脱ぎ履きが少し面倒かも知れません。

簡単に脱ぎ履きできるリアエントリー

簡単に脱ぎ履きできるリアエントリー
出典:Amazon
スキーブーツの後ろ部分にバックルのついた、リアエントリーモデルのものは、脱ぎ履きが簡単にできます。締め付けも優しいので、足に窮屈感がなく、お子さんなどにはおすすめのタイプです。

目的別!スキーブーツの選び方

自分の使用したい用途によってサイズとフレックスを選ぼう!
スキーブーツの柔らかさや、サイズ感は、自分の滑りたいスキーのスタイルによっても何を使えば良いのかが変わってきます。それぞれに応じたものを紹介しますので、この項目を参考に選びましょう。

競技スキーには硬めで細めのブーツがおすすめ!

競技スキーには硬めで細めのブーツがおすすめ!
競技スキーには、硬めで細いブーツがおすすめです。フレックス数値も120~150程度のものを選ぶと良いでしょう。スキー競技は、繊細な足の動きが特に重要になってきます。そのためスキーブーツも硬めでタイトなものを選ぶことによって、よりコントロールしやすくなり、競技での使用をお考えの方はかなり硬めで細いブーツを選ぶようにしましょう。

基礎スキーや検定などにはやや硬めで細めのものがおすすめ!

基礎スキーや検定などにはやや硬めで細めのものがおすすめ!
スキー検定などの技術志向のスキーを滑りたい方は、競技用のものより、やや柔らかめのものを選ぶようにしましょう。フレックスも100~130程度のものがおすすめです。フレックスが低いと、滑走時のスピードもスキーブーツにかかる力も低くなり、より自由な動きができます。よりスキーの技術を磨きたい方は参考にしてみてください。

フリースキーには普通めの硬さで幅広がおすすめ!

フリースキーには普通めの硬さで幅広がおすすめ!
フリーライドやモーグルなどを滑走する方は、フレックス80~100程度の硬くも柔らかくもない、スキーブーツを選ぶと良いでしょう。このくらいのものだと、足の曲げ伸ばしも簡単で、さまざまな動きにも対応できるため、さまざまなコースを滑るフリースキーの時にはおすすめです。

レジャースキーには柔らかめで幅広がおすすめ!

レジャースキーには柔らかめで幅広がおすすめ!
レジャーでスキーを滑りたい方には、フレックス低めの柔らかく、幅広なブーツがおすすめです。フレックスも70~100程度のものを目安にすると良いでしょう。レジャーなどでスキーを滑るときに優先したいことは、長時間の着用でも、足が痛くならずに快適に過ごせるかです。柔らかく、幅広のものを選ぶことで、圧迫感も少なく長時間の滑走でも快適です。

フレックスやサイズって?簡単に動画で確認しよう!

スキーブーツのおすすめブランド・メーカー4選

スキーブーツにもスキーと同様に、有名なメーカーやブランドがあります。ここでは数多い有名ブランドの中でも4つほど紹介するので、迷ってる方はこの項目のブランドのものを選ぶのが良いでしょう。

・サロモン(SALOMON)

・サロモン(SALOMON)
出典:Amazon
スキーよりもスノーボード市場での人気が高いサロモンですが、スキーブーツやスキー用品も高い人気を持っています。サロモン製品は、フィット感が優れている商品が多く、さらに日本人向けのジャパンフィットというラインもあり、スキー板のコントロールに不安を感じてる方は、サロモン製の足にフィットするモデルを選ぶのが良いかも知れません。

・ラング(LANGE)

・ラング(LANGE)
出典:Amazon
スタイリッシュなデザインが特徴的なラングのスキーブーツ。速いスピードで滑ることを目的に設計されたレース向けのスキーブーツが多く、その機能性の高さは申し分なしです。少し足が窮屈に感じる製品も多いですが、コントロールのしやすさは業界一と言われています。レーシングスキーに使うスキーブーツを探してる方は、ラングの製品で間違いありません。

・レグザム(REXXAM)

・レグザム(REXXAM)
出典:Amazon
日本国内のメーカーで、機能性の高さが評判のレグザムです。高級な製品が多く、多くのスキーヤーの憧れのブランドでもあります。高品質・高機能を守り続けているブランドなので、初心者の方よりも長くスキーを滑っている方におすすめのブランドです。

・ヘッド(HEAD)

・ヘッド(HEAD)
出典:Amazon
さまざまなスポーツ用品を開発・販売を行っているヘッドは、スキー用品でも大人気のブランドです。全体的に幅の広いラインナップで商品が展開されていて、初心者から、上級者まで、幅広く使えるものが多く販売されています。知名度も高く、スキーのブランドについて知らない方でも、このヘッドのロゴやブランドは知っている方が多いのではないでしょうか?

スキーブーツおすすめ人気ランキング8選

ここからは人気スキーブーツのランキングを紹介してきます。さまざまなブランドのさまざまな商品が登場するので、自分のレベルや、用途に合ったものを見つけましょう。

ラング(LANGE)
スキーブーツ

40,800(税込)
2019年9月17日 14:15時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ミディアムフレックスと97mmラスト仕様はレースに最適

展開サイズは23.5~28.5cm(0.5cm刻み)で、女性から男性まで幅広く対応。フレックス硬度は110、さらに97mmのラストはレースやゲレンデクルージングに最適です。ショートカフ採用モデル。フレックス強度調整で自分の足や好みに合わせて自由に調整可能。色は鮮やかなブルーでゲレンデでも目を惹きます。
重量
フレックス 110

アトミック(ATMIC)
レッドスター クラブスポーツ

51,100(税込)
2019年11月8日 2:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ナロータイプのラスト(足幅)で上級者向き

ナローラスト(95ミリ~98ミリ)とハードフレックスを採用した上級者向けモデル。ナローラストは足幅にゆとりがありますが、その分ブーツが大きくなり足が動いてしまいます。上級者が滑るには最適ですが初心者向けではないので要注意です。ブーツ自体がかなりしっかりしており、雪質が少々悪くてもスムーズに滑ることができます。
重量 2330
フレックス HARD

ノルディカ(NORDICA)
スキーブーツ GRANTOUR S

39,800(税込)
2019年11月8日 2:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

リアが開き足入れが楽々のリアエントリーブーツ

3点締めを採用し、レバーのスライド幅でふくらはぎ調整、さらにダイヤル部分で甲の締め付けが調整できる履きやすいモデル。ブーツ脱却時もレバーを調整すればブーツが開き足の出し入れが楽なのが大きな特徴です。初心者向きのスノーブーツで徹底的に履きやすさにこだわっています。ブーツケース付で持ち運びも楽。
重量 約1660g(23.5cm)
フレックス
型番:RBH8150

ロシニョール(ROSSIGNOL)
スキーブーツ オールマウンテン

26,019(税込)
2019年9月17日 14:21時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

初心者向けの履きやすいエントリーモデル

軽量タイプで履きやすく、足の動きもしやすい初心者向けモデル。スキーに慣れない方のために広めのフィット感で窮屈さを感じません。フレックスは70と相当に柔らかく、履き心地は上級者のものよりもかなり良いです。104mmのリラックスフィットで快適性向上。3バックル構成のため足の出し入れがしやすく扱いやすい商品です。
重量
フレックス 70

レグザム(REXXXAM)
POWER REX M95

52,800(税込)
2019年10月22日 2:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

中・上級者向けのスキーブーツ

スポーツスキープレイヤーなどにはおすすめの商品です。新設計のBX-Sインナーが足にしっかりとしたフィット感をもたらせ、抜群のスキーコントールを実現します。あらゆる斜面を気持ちよく、快適に滑る爽快感を実現した中・上級者向けのスキーブーツです。
重量 2140g(26.5cm片足)
フレックス 95
型番:L39937000

サロモン(SALOMON)
スキーブーツ GHOST

39,354(税込)
2019年11月8日 2:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ゴーストFSの上位機種が初心者でも使えるモデルに

フレックス80とラスト100に設定されたスキーブーツ。初心者でも履きやすいのに、多機能で扱いやすいモデルです。種類の違うシェルを連結させることで優れたスキーコントロールを実現し、インナーレイヤーが足をしっかりホールド、さらにアウターレイヤーがパワーを伝達。イメージ通り滑りやすいモデルです。
重量 2090g(26.5cm)
フレックス 80
型番:608226

ヘッド(HEAD)
ADVANT EDGE 75

19,800(税込)
2019年11月8日 2:04時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

低いフレックス設計で、初心者の方にばっちりのスキーブーツ

柔らかめのフレックスで、足に抜群のフィット感をもたらせてくれる商品で、初心者の方のスキーコントールを優しくサポートしてくれます。デザインも赤と黒の対比が目立つデザインで、ゲレンデでも一目置かれること間違いなしのスキーブーツです。
重量
フレックス 75

ダルベル(DALBELLO)
フリースタイルスキーブーツ

42,930(税込)
2019年9月17日 14:27時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

衝撃吸収材採用で快適性とクッション性を発揮

ジャンプ着地の際などにバックルがヒットすることを防ぐため、シェルの真上で締める第一バックルに大きな特徴があります。また着地の際に足にかかる衝撃を吸収するために吸収材を配置。最大限の快適性やクッション性を発揮し、長時間のスキー滑走でも足への衝撃をやわらげてくれます。
重量
フレックス 110

スキーブーツおすすめ人気商品比較表

商品画像
ダルベル(DALBELLO)
ヘッド(HEAD)
サロモン(SALOMON)
レグザム(REXXXAM)
ロシニョール(ROSSIGNOL)
ノルディカ(NORDICA)
アトミック(ATMIC)
ラング(LANGE)
商品名 フリースタイルスキーブーツ ADVANT EDGE 75 スキーブーツ GHOST POWER REX M95 スキーブーツ オールマウンテン スキーブーツ GRANTOUR S レッドスター クラブスポーツ スキーブーツ
特徴 衝撃吸収材採用で快適性とクッション性を発揮 低いフレックス設計で、初心者の方にばっちりのスキーブーツ ゴーストFSの上位機種が初心者でも使えるモデルに 中・上級者向けのスキーブーツ 初心者向けの履きやすいエントリーモデル リアが開き足入れが楽々のリアエントリーブーツ ナロータイプのラスト(足幅)で上級者向き ミディアムフレックスと97mmラスト仕様はレースに最適
価格 42,930(税込) 19,800(税込) 39,354(税込) 52,800(税込) 26,019(税込) 39,800(税込) 51,100(税込) 40,800(税込)
重量 2090g(26.5cm) 2140g(26.5cm片足) 約1660g(23.5cm) 2330
フレックス 110 75 80 95 70 HARD 110
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる

スキーブーツ【レディース用】おすすめ人気ランキング3選

ここからレディースのスキーブーツの人気ランキングを紹介していきます。レディースはフレックスの低いものの人気が高く、さらにデザインにもこだわったものが多く販売されています。このランキングを参考に自分の気に入ったものを見つけましょう。
型番:L40551900

サロモン(SALOMON)
スキーブーツ レディース

52,800(税込)
2019年11月8日 2:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ふくらはぎの太さによって調節できるバックル搭載

フレックスは80と柔らかめで初心者にも履きやすいスキーブーツ。柔らかなアッパーシェルと強いロワシェルの異素材を組み合わせ、柔軟性とパワー伝達を向上させたモデル。スキーコントトール性がアップしています。ふくらはぎの太さにより調整できるバックルも搭載し、使いやすい商品となっています。
重量 1935g (24.5cm)
フレックス 80

ロシニョール(ROSSIGNOL)
レディースカービングブーツ

14,973(税込)
2019年11月8日 2:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

フレックス50で柔らかく初心者向き

女性用スキーブーツとして一番重視される「快適性」を追求するために、フレックスは50と抜群の柔らかさ。初心者でも履きやすく滑りやすいブーツです。ワイズは104mmと幅広で、一日中履いても足が痛くならず快適。センサーシェル採用で通気性と保温性が高く、誰でも使いやすい万人向けモデルです。
重量
フレックス 50
型番:RBF8260

ロシニョール(ROSSIGNOL)
KIARA 60

35,614(税込)
2019年11月8日 2:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

快適なオールマウンテンパフォーマンス用ブーツ

スキーブーツの柔らかさを表すフレックスは60とかなりソフトで、初心者にも履きやすいスキーブーツ。104mmラストのセンサーシェル搭載で長時間履いても快適。さらにPOLAR FLEECEと呼ばれる羊毛の代替品をブーツ内に採用。軽量で柔らかく、水分がついても乾きやすいため使いやすい商品となっています。
重量
フレックス 60

スキーブーツ【レディース用】おすすめ人気商品比較表

商品画像
ロシニョール(ROSSIGNOL)
ロシニョール(ROSSIGNOL)
サロモン(SALOMON)
商品名 KIARA 60 レディースカービングブーツ スキーブーツ レディース
特徴 快適なオールマウンテンパフォーマンス用ブーツ フレックス50で柔らかく初心者向き ふくらはぎの太さによって調節できるバックル搭載
価格 35,614(税込) 14,973(税込) 52,800(税込)
重量 1935g (24.5cm)
フレックス 60 50 80
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる

スキーブーツ【ジュニア用】おすすめ人気ランキング3選

ここではジュニア向けのスキーブーツの選び方やおすすめの商品を紹介します。自分のお子さんにぴったりのものを見つけましょう。

普段より0.5~1cmほど大きいものを!

普段より0,5~1cmほど大きいものを!
お子さんのスキーブーツを購入するときに、足の成長に気を使って普段よりかなり大きめのものを購入してしまう方が多くいます。ですが、あまり大きすぎるスキーブーツを用意してしまうと、スキーの操作に影響がでて、スキーをしているときの転倒やケガなどにつながることも多くあります。そこで、お子さんに用意するスキーブーツは普段より若干大きめのものを用意するくらいが良いでしょう。目安の数字としては、普段より0.5cm~1cmまでの大きさのものを選ぶようにしましょう。

アトミック(ATMIC)
HAWX JR 3

15,899(税込)
2019年9月17日 14:38時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

成長に合わせて長く使えるアジャスター搭載

ジュニア用ブーツは成長に合わせて長く使える工夫を搭載。アジャスター採用で成長に合わせてサイズを拡張できる仕組みを搭載し、さらにカフのサポートレベルを調整できます。ジュニアブーツには3MシンサレートTM高機能中綿素材を使用し、暖かさをキープ。シンサレートは繊維が細いのでブーツが厚くならず動きやすい商品です。
重量 1120g(22cm)
フレックス
型番:RBF5100 HERO J3

ロシニョール(ROSSIGNOL)
HERO J 3

14,960(税込)
2019年10月22日 2:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

パワー伝達に優れた構造採用で正確な滑走を実現

ジュニア用スキーブーツですが、SENSOR INSIDE機能を搭載しパワー伝達、俊敏性に優れた構造を採用。これにより、さらに正確な滑走が可能になりました。フレックスは40と非常に柔らかく、子供の柔軟性の高い足にもフィット。安全性も高くしっかりした作りのスキーブーツで、お子さんにも安心して使用できます。
重量
フレックス 40

グローヒル(GROWHILL)
ジュニアスキーブーツ10K

8,800(税込)
2019年9月17日 14:42時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

軽量で履きやすいリアエントリーモデル

1バックルタイプのリアエントリーモデル。足の出し入れが簡単でお子さんでも楽々装着できます。無理にふくらはぎなどを締め付けることがなく、ゆとりある装着感が特徴です。価格も一般的なスキーブーツに比べてリーズナブル。まずはお手頃モデルから練習を始めるのがおすすめです。
重量 1800g(23cm)
フレックス

スキーブーツ【ジュニア用】おすすめ人気商品比較表

商品画像
グローヒル(GROWHILL)
ロシニョール(ROSSIGNOL)
アトミック(ATMIC)
商品名 ジュニアスキーブーツ10K HERO J 3 HAWX JR 3
特徴 軽量で履きやすいリアエントリーモデル パワー伝達に優れた構造採用で正確な滑走を実現 成長に合わせて長く使えるアジャスター搭載
価格 8,800(税込) 14,960(税込) 15,899(税込)
重量 1800g(23cm) 1120g(22cm)
フレックス 40
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる

動画で確認しよう!ジュニア向けのスキーブーツの選び方!

スキーブーツを履いて痛く感じたときは?

スキーブーツを履いて痛く感じたときは?
スキーブーツは一人一人個人のために作れているわけではないので、どうしても人それぞれの足の形によって合う、合わないが出てきてしまいます。スキーブーツを購入したのはいいけど、長時間の滑走には足が痛くなるなどの問題が生じた場合には、すぐ「チューンナップ」「カント調整」を行いましょう。

よく聞く「チューンナップ」や「カント調整」とは?

よく聞くチューンナップやカント調整とは?
簡単に説明するとチューンナップやカント調整とは、スキーブーツ自身をその人の足に合わせる調整です。さまざまなスキー用品店で実施しているサービスで、店舗によってやり方に違いはありますが、基本的にはその人の足の形を計測し、それに合わせてスキーブーツの型を調整していきます。この作業一つでスキーブーツを履いた時の違和感や痛みなどが解消される場合もあるので、履いた時に少し痛いと感じる方は、チューンナップをするのがおすすめです。

チューンナップについて動画でも簡単に確認しよう!

スキーブーツの寿命はどれくらい??

スキーブーツの寿命はどれくらい??
スキーブーツの寿命は一般的には5年ほどと言われています。5年以上同じスキーブーツを使っていると、スキーの滑走中にスキーから外れてしまったり、割れてしまうことあり、危険です。スキーブーツは安いものではないですが、5年ほどを目安に買い替えるようにしましょう。

買い替えるときはここを見よう!

スキーブーツは、プラスチックでできているため、滑走中の雪などによる水分で、劣化していくことがほとんどです。シーズン期間が終わり、しまっておいても、水分による加水分解などの影響で次のシーズンに使うときにダメになってしまっているときがあります。毎回シーズンの始まりと終わりには、次のポイントを確認してから使用するようにしましょう。

  • スキーブーツに色褪せているところはないか?
  • 本体にひび割れなどの箇所はないか?

この二点の他にも何か履いた時に違和感などを感じたら、チューンナップを頼むか、買い替えた方が良いかもしれません。

スキーブーツケースもチェック!リュック型のものが便利

スキーブーツのなかには、ケース付きのものもありますが、スキーブーツとケースを別で用意しなくてはいけない場合も多くあります。そこでここでは持ち運び時に便利なスキーブーツケースも紹介します。自分のスキーブーツにマッチするものを見つけましょう。リュック型のものが便利で人気が高いです!
型番: VA-3254

バックスポット(VAXPOT)
ブーツケース

1,299(税込)
2019年11月8日 2:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

巾着タイプで出し入れ楽々

巾着タイプで出し入れするための口が大きく開き、スキーブーツやスノーボードブーツが収納可能。一部メッシュ生地採用で湿気がたまりにくく通気性も抜群です。ケースの型崩れを軽減するため、底部に底板を入れて補強しています。未使用時には折りたたんでコンパクトに収納。持ち運びに便利なベルト付き。
重量
フレックス

Amazonベーシック(AmazonBasics)
スキーブーツバッグ

2,880(税込)
2019年11月8日 2:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ダブルステッチ、裏地付きで丈夫なケース

スキーブーツなどを入れてリュックのように背負うことができる便利なケース。ジッパー付きの小物入れには手袋やゴーグルなどを収納できて便利です。防水裏地付きで濡れたスノーブーツを収納してもバッグ全体が濡れることはなく、高密度ポリエステル製で強度もあります。バッグ上部のハンドルはグローブをしていても持ちやすく使いやすい商品。
重量
フレックス

リュック型のケースは持ち運び時にかなり楽!

型番:LKFB107

ラング(LANGE)
ブーツバッグ

7,500(税込)
2019年11月8日 2:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

軽量で扱いやすいスキーブーツケース

スキーブーツを入れるメインコンパートメントと、ゴーグルやグローブを収納するポケット(ジップ付き)で構成されているスキーブーツケース。容量74Lとたっぷりの荷物が入り、リュック式なので背負っての移動も楽です。ポリエスター600Dは高強度で破れにくく、形もシンプルで一般的なリュックと同様に扱える商品です。
重量
フレックス

ブーツと一緒に揃えたいスキー用品

スキーを楽しもうと思ったとき、スキーブーツ他にもまだ用意しなくてはいけないものがたくさんあります。ここでは用意した方が良いものや、おすすめのスキー板、さらには、おすすめのスキーストックなどを紹介しますので、自分の欲しいものを見つけてください。
スキー板おすすめ人気商品13選|選び方からワックスがけなどのメンテナンス、長さや種類までを徹底紹介! - Best One(ベストワン)
スキー板おすすめ人気商品13選|選び方からワックスがけなどのメンテナンス、長さや種類までを徹底紹介! - Best One(ベストワン)>>
冬になると一度はやりたいと思えるスキー。ですが、一度もやったことがない方も多くいて、いざスキーを始めようにも、どのスキー板を購入すれば良いのかわからなくなってしまう方が多くいます。そこで今回はこの記事で、スキー板の選ぶときに何に注目すれば良いのかや、おすすめ商品などを中心的に紹介してきます。ぜひ今年の冬はスキーを楽しみましょう。
スキーストック人気おすすめ16選|長さ調節できる伸縮式!シナノなどメーカーや使い方も - Best One(ベストワン)
スキーストック人気おすすめ16選|長さ調節できる伸縮式!シナノなどメーカーや使い方も - Best One(ベストワン)>>
スキー場を滑るのに必要なスキーストック。ストックを購入する際は、長さやメーカーなど何から選べばいいか悩む人もいるのではないでしょうか。この記事では、ストックの失敗しない選び方やストックの人気ランキング、使い方を紹介します。この記事を参考にして、自分に合ったスキーストックを見つけて冬のスキーを楽しみましょう。
スノボ・スキー用ゴーグルのブランド別おすすめ20選|人気のオークリー・スミス・ドラゴンやキッズ用も! - Best One(ベストワン)
スノボ・スキー用ゴーグルのブランド別おすすめ20選|人気のオークリー・スミス・ドラゴンやキッズ用も! - Best One(ベストワン)>>
スノーボード・スキー用ゴーグルの役割から、選び方、オークリー・スワンズ・ドラゴンといった人気ブランドの機能性に優れたおすすめゴーグルまでご紹介します。ゴーグルのレンズには、雪面の凹凸が見やすい偏光レンズ、曇りにくいダブルレンズなどいろいろな種類があるので、ゴーグルを購入する前に要チェック!
ここまでスキーブーツの選び方や、おすすめの商品のランキングなどを紹介してきました。この記事を参考にし、自分のスキーのスタイルに合ったものを見つけ、楽しくスキーをしましょう。冬にしかできないスキーを思いっきり楽しんで、冬の厳しい寒さを乗り越えましょう。
あなたにおすすめの記事
スキー・スノーボードランキング
関連記事