スノボウェアのレディースの人気ブランドと2018年最新モデル

レディースのスノボウェアの選び方から、ロキシー・バートン・ボルコムといった人気ブランドの2018年新作ウェアなどをご紹介していきます。レディースのウェアは明るいカラーの可愛いデザインのものがたくさんありますが、機能面・性能面も忘れずチェックしたいところです。どこをチェックすればいいかもきちんとお伝えしていきます。ウェアを買う前に押さえておきましょう!

レディースのスノボウェアの選び方

アルペン練馬関町店 スノーボードエキスパートアドバイザー
中村さん

ジャケットの選び方

ジャケットの機能ラインナップ

レディースのスノボウェア選びには、搭載機能のチェックが欠かせません。実用的な機能がいろいろあり、快適にスノボを楽しむためにも、これからご紹介する機能が付いているかをチェックしてみてください。

  • パウダースカート(パウダーガード):ジャケットの裾をゴムで絞って、ウェア内部に雪が入らないようにする機能です。同様の機能で、ドローコードという紐を引いて裾周りを絞るタイプもあります。
パウダースカート
  • ハンドゲーター:袖口からの雪の侵入を防ぐもので、袖周りがストレッチ素材になっています。親指に引っ掛けて使います。

  • ベンチレーション:脇の下に小さなチャックが付いていて、開けておくことで、ウェア内部の体温調節ができます。暑くなってもいちいちジャケットを脱ぐ必要がないのは便利ですね。
ベンチレーション
  • パスケース:腕にリフト券を入れておくポケットが付いていて、リフト券を都度呈示する必要があるスキー場ではとても重宝します。

  • ゴーグルポケット:ゴーグルが入る大きさのポケットがウェア内部に付いています。このポケットは、メッシュ素材のものが多く、ゴーグルがくもった時に入れておくと体温で温まって、くもりが取れます。
ゴーグルポケット
  • イヤホンコード用の穴:イヤホンのコードを通せる小さい穴がジャケットに付いています。音楽を聴きながら滑りたい人などは要チェックの機能です。
イヤホンコード用の穴

ジャケットのサイズの選び方

スノボウェアを購入する際は、動きやすさも重要なチェック項目です。サイズは、普段着る洋服よりワンサイズ大き目を選んで、試着してみてください。

両手を横に広げて手首が出ない程度、両手を体の前で交差させて背中の突っ張りを感じない大きさ、両手を上に挙げてバンザイをした時に裾がズリ上がらない程度が、ちょうどいいサイズになります。

パンツの選び方

パンツのタイプ

パンツのタイプは大きく分けて、普通のパンツタイプ、ビブパンツと呼ばれるオーバーオールのようなタイプ、サスペンダータイプに分かれます。

ビブパンツは胸元まで覆ってくれるので、腰周りから雪が入り込む心配がないことと、上半身も温かいことがメリットして挙げられます。メンズでは人気ですが、女性の場合はお手洗いに行く際、少し面倒かもしれません。
ビブパンツ
サスペンダータイプもずり落ちてくる心配がないものの、お手洗いの際、脱ぎ着するのに少し手間がかかるかもしれません。

よくある普通のパンツタイプは、ウェスト部分に雪が入り込まないようにパウダーガードが付いているものもあります。ジャケットとパンツを同じメーカーでそろえると、上下を連結できるボタンが付いていたりもします。
パウダーガード
その他、パンツによくある機能としては、ジャケットと同じく、体温調節ができるようにベンチレーションが内腿部分に付いていたりします。

パンツのサイズの選び方

まずウェストは、動きやすさを確保するために、こぶし1個分のゆとりを持たせておいてください。

丈については、タイツやお尻用のパッド・膝用のプロテクターなど、パンツの下に着けるものを装着した状態で、屈伸しても突っ張りがないことを確かめましょう。くるぶしが隠れるくらいが、丈の目安となります。

上下が一体化したつなぎタイプも人気!

つなぎのボードウェア
レディースのスノボウェアとしては、つなぎタイプも根強い人気があります。トイレが不便という声もありますが、雪が入りにくいのはいちばんの強みです。

スノボウェアは防水性・透湿性・保温性も要チェック!

レディースであれメンズであれ、スノボウェアの性能として重要なものが3つあります。これらもウェアを購入する際にチェックしましょう。

防水性

防水性は、水がウェアの中に侵入してくるのを防ぐ能力です。「耐水圧」という指標で示されます。

耐水圧は、JIS規格によって試験方法が決められていて、1cm四方の筒の底に生地を張り、筒に水を注いでいき、生地から水滴が3滴漏れ落ちた時点での筒の中の水位を計測したものです。単位はmm(ミリメートル)で表されます。

5,000mm以上であれば合格ラインと言えます。10,000mmを超えているとウェアに水分が染み込んでくることを心配しなくていいレベルです。
女性スノーボーダー

透湿性

透湿性はウェア内部の湿気を外に排出する力で、「透湿度」という指標で示されます。生地1m四方当たり、24時間で何gの水分を押し出せるかを測定したものです。

目安としては、5,000~8,000gあると合格点となり、10,000gを超えると汗をかいても蒸れたりせず、快適なレベルとされています。

保温性

熱を逃がさず、温かさを保つ力が「保温性」と呼ばれるものです。保温性を支える最新のテクノロジーには主に2タイプあります。1つは、体が発する汗などの水分に反応して発熱する素材。もう1つは、ウェアの内側にアルミ素材が貼ってあったりして、体からの熱を反射して温かさを閉じ込める素材です。

後者の熱を反射して保温するタイプは、コロンビアでは「オムニヒート」、アルペンでは「iHEAT PACK(アイヒートパック)」という名称で、各ブランド独自に研究・開発した素材が使われています。
オムニヒート

レディーススノボウェアの人気ブランドと2018年新作

スノボウェアは、毎年モデルチェンジが行われます。アルペンの中村さんによると、レディースのスノボウェアの2018年シーズンも、引き続きRoxy(ロキシー)が人気だそう。ロキシーには、パステルカラーのものや、女の子らしいピンク系のウェアが多く、雪山で映えるのも人気の理由のようです。

Roxy(ロキシー)

Roxy(ロキシー)は、1990年に女の子のためのビーチウェアブランドとして誕生しました。フェミニンなファッション性と女性アスリートのアクティビティを同時にサポートするブランドとして、カリフォルニアを中心に広がりました。ビーチ、タウン、スノーシーンまで幅広くカバーしてくれるブランドです。

Jetty NP JK

Jetty NP JKは、カラフルなデザインがまず目を引く人気のジャケットです。キークリップ、ゴーグルポケット、パスポケット、パウダースカートなどが付いていて、機能性も◎です。

Essence 2L Gore-TEX

デザインもさることながら、耐水性に優れたゴアテックス素材や、シームテープ、パウダースカート、ハンドゲイターなど防水性・保温性にも充分配慮されています。ヘルメット装着可能フード、ゴーグルポケット、ベンチレーションなど、便利な機能を漏れなく搭載した、何とも欲張りなウェアです!

MIKA NINAGAWA X SNOWHOLIC PT

MIKA NINAGAWA X SNOWHOLIC PTは蜷川実花さんがプロデュースしたスノーパンツです。パウダーガードやウエスト部に鮮やかな花柄がデザインされており、目を引きます。ジャケットとのコーディネートがしやすいネイビーがベースカラーとなっているのもうれしいポイントです。

BURTON(バートン)

1976年、アメリカのジェイク・バートンによって誕生したスノボの先駆的ブランドがBURTON(バートン)です。シックで落ち着いたデザインは、世界中のスノーボーダーの人気を集めています。

Zinnia Jacket

DYRIDE 2レイヤー素材の防水性や、THERMOLITEと名付けられた断熱素材の保温性により、快適さを追求したウェアです。カラーバリエーションは、シンプルなアースカラーが多いものの、フードにはファーが付いていて、女の子らしい印象も与えてくれます。

Society Pant

Society Pantは防水性に優れたDRYRIDE 2レイヤー素材を使用している、バートンのベストセラーと言われるレディース用スノボパンツです。THERMOLITEという断熱素材や、メッシュライナー付きベン地レーションなどの働きで、パンツ内部の温度管理機能もバッチリです。

One Peace One Piece

One Peace One Pieceは上下が一体化したつなぎタイプのスノボウェアです。腰から雪が入り込む心配がないので、アクティブに動き回れます!胸部分など、ポケットがたくさん付いていて便利&デザイン的なアクセントにもなっています。

ONEPEACE ONE PIECE HICKORY BONDEDANA

VOLCOM(ボルコム)

ボードスポーツのアパレルブランドとして、1991年にカリフォルニアで誕生したVOLCOM(ボルコム)。スノボだけでなく、サーフィン、スケートにも対応するマルチブランドです。デザイン性の高さが目立つウェアを、多数揃えています。

MISSION INS JKT

ボルコムのレディース用スノボウェアは、全体的にスリムなシルエットが特徴で、MISSION INS JKTもそのひとつ。フードには取り外し可能なファーが付いて、女の子らしさも演出してくれます。雪の侵入を防ぐジャケットとパンツを連結するZip-Tech、ベンチレーション、パウダースカート、ドローコードなど便利な機能が付いていて、デザイン性も機能性も◎なウェアです。

VOLCOM レディース MISSION INS JKT

W GORE-TEX JKT

上でご紹介したジャケットとデザイン的には似ていますが、こちらのジャケットはゴアテックスを使用しているので、より防水性と透湿性に優れています。このウェアもジャケットとパンツを連結するZip-Techが付いているので、雪が侵入する心配がありません。

FROCHICKIE INS PNT

ベーシックなデザインなので、どんなジャケットにも合わせやすい1本です。ボルコムのパンツは4万円代から上の価格帯のものが多いので、2万円前後で購入できるのはうれしいですね。手頃な価格ながら、ヒップ部分が3ステッチで強化されていたり、通気性を高める機能が付いていたり、機能面も妥協がありません。

VOLCOM レディース スノーボードウェア パンツ H1251802

THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)

THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)は、1966年にサンフランシスコのノースビーチで、スキー用品とバックパックの販売店としてスタートしました。アメリカのみならず、イタリア、カナダ、日本など数多くのトップアルペンクライマーに支持されているブランドです。

Mountain Jacket

THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)のMountain Jacketは山岳用のアウターシェルで、ゴアテックスが素材として使用されています。中にフリースなどを着こんでも、動きやすさが損なわれないよう、ゆとりを持たせたジャケットです。

Aboutaday Pant

Aboutaday Pantはユニセックスタイプのウィンターシェルパンツです。登山、トレッキングからスキー、スノボ、タウンユースにまで使えるオールラウンダー。2層構造のハイベントは天候の変化にも柔軟に対応可能できます。

THE NORTH FACE ABOUTADAY PANT

初心者におすすめ!お手頃価格のレディーススノボウェア

スノボウェアも決して安い買い物ではありません。ウェアは毎年モデルチェンジがあるので、常に新作を追いかけていると結構な負担になるでしょう。新作にこだわりがない人なら、型落ちのモデルを狙うのがおすすめです。例えば新作が3万円以上するのに、昨シーズンのモデルなら2万円以下で入手できたりしてお得ですよ!

また、量販店などのオリジナルブランドも手頃な価格で、機能的にも優れたウェアがそろっています。アルペンのオリジナルブランドには、kissmark(キスマーク)などがあり、このあたりを狙うのもおすすめです。

kissmark(キスマーク)

レディース スノーボード ジャケット

キスマ―ク レディーススノーボード ジャケット

レディース スノーボード パンツ

キスマーク レディース スノーボード パンツ

ESTIVO(エスティボ)

NATIVE JKT

ESTIVO レディース スノーボード ジャケット EVW1529

  • 耐水圧: 10,000mm以上
  • 透湿性: 8,000g/m2・24h以上

COOLSTAR PNT

ESTIVO レディース スノーボード パンツ

  • 素材【表地】ナイロン:98% ポリウレタン:2% 【中わた】ポリエステル:100% 【裏地】ポリエステル ナイロン 【皮革部分】合成皮革 【表地・裏地】コーディング等樹脂加工
  • 耐水圧:10,000mm
  • 透湿性:8,000g/m2

ウェア以外のマストアイテム

スノボにはウェアも重要ですが、ウェア以外にも用意すべきアイテムがたくさんあります。グローブ、ゴーグル、ウェアの中に着るインナー、ジャケットの中に着るパーカーなどのミドルレイヤー、厚手のソックス、特に寒さに弱い人や吹雪の時はフェイスマスク、ネックウォーマーなども必要となるでしょう。

リフト券を都度呈示するパターンのスキー場では、ウェアにパスケースが付いていなければ、パスケースなども必要になります。
おしゃれでおすすめのスノボ用グローブ12選とグローブの選び方 - PICUP(ピカップ)
おしゃれでおすすめのスノボ用グローブ12選とグローブの選び方 - PICUP(ピカップ)>>
スノーボード用のグローブの選び方を、ミトンタイプ・5本指タイプの違いからわかりやすく解説します。バートン、ボルコム、ロキシー、アシュラム、グレネードといった人気ブランドの、おしゃれで機能性にも優れたグローブもピックアップ!きっとぴったりのグローブが見つかりますよ!
スノボ・スキーのおすすめインナー&セカンドレイヤー16選 - PICUP(ピカップ)
スノボ・スキーのおすすめインナー&セカンドレイヤー16選 - PICUP(ピカップ)>>
スノボやスキーのウェアの下って何を着ればいいの?という疑問にお答えします。インナーと言っても、肌着のような役割のファーストレイヤー、パーカーやフリースなど寒さ対策用のセカンドレイヤーなどいろいろあります。メンズ・レディースごとに、人気ブランドのおすすめインナーと、パンツの下に履くタイツについてもご紹介していきます。
スノボパーカーの人気ブランド&おすすめコーデ - PICUP(ピカップ)
スノボパーカーの人気ブランド&おすすめコーデ - PICUP(ピカップ)>>
スノーボードのウェアの中にパーカーなどを重ね着するスタイルが人気を集めています。バートンやボルコム、ロキシーなど人気ブランドの、メンズ・レディースそれぞれのおすすめパーカーと、ジャケットとのコーデ、おしゃれな着こなしまで、詳しく紹介します。
スキー・スノーボードの靴下の選び方とおすすめのソックス15選 - PICUP(ピカップ)
スキー・スノーボードの靴下の選び方とおすすめのソックス15選 - PICUP(ピカップ)>>
スキーにもスノーボードにも使える靴下の選び方と、メンズ・レディース・キッズ、それぞれにおすすめの靴下をご紹介します。スキー・スノボ用ソックスにも足袋タイプや5本指タイプなどのバリエーションがあり、薄手・厚手など厚さもいろいろあるので、それぞれの効果までしっかり見ていきます。
スキー・スノボ用ゴーグルの選び方とおすすめゴーグル12選 - PICUP(ピカップ)
スキー・スノボ用ゴーグルの選び方とおすすめゴーグル12選 - PICUP(ピカップ)>>
スキー・スノーボード用ゴーグルの役割から、選び方、オークリー・スワンズ・ドラゴンといった人気ブランドの機能性に優れたおすすめゴーグルまでご紹介します。ゴーグルのレンズには、雪面の凹凸が見やすい偏光レンズ、曇りにくいダブルレンズなどいろいろな種類があるので、ゴーグルを購入する前に要チェック!
スキー・スノボ用ヘルメットの選び方・おすすめモデル・かぶり方 - PICUP(ピカップ)
スキー・スノボ用ヘルメットの選び方・おすすめモデル・かぶり方 - PICUP(ピカップ)>>
スキー・スノーボードのヘルメットの必要性、搭載されている機能、選び方、かぶり方などの基本的な情報をお伝えします。bern、GIRO、スワンズ、サロモンなどの人気ブランドのおすすめのモデルもご紹介します。
ストレスなく快適にスノーボードを楽しむためには、ここまでお伝えしてきたように、デザインだけでなく、パウダースカートやベンチレーション、パスケースなどが付いているか、防水性・保温性・透湿性などもしっかりチェックして選んでくださいね。

レディースのスノボウェアは、パステルカラーやピンク系など、かわいいカラー・デザインのものが多く、お店に行っても迷ってしまうかもかもしれません。取材したアルペンでは試着もできて、中村さんをはじめ、専門知識を豊富に持ったスタッフの方がいろいろアドバイスしてくれるので、気軽に相談してみるといいですよ!

スノボウェアレディースの人気ランキングもチェック!

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: レディーススノーボードウェア の中で最も人気のある商品です>>
【楽天市場】レディースウェア | 人気ランキング1位~(売れ筋商品)>>

この記事に登場した専門家

アルペン練馬関町店 スノーボードエキスパートアドバイザー
中村さん
アルペングループの原点、ウィンタースポーツ商品販売の専門店として1972年に設立。現在ではウィンタースポーツ用品だけでなく、野球・サッカー・フィットネスなどあらゆるスポーツ用品や、アパレル、シューズなどのファッション用品など幅広い商品をお値打ち価格で販売している。アルペン練馬関町では、スキーアドバイザー・スノーボードアドバイザーが商品選定からお悩み解決まで、ウィンターライフをサポートしてくれる。
詳しくはこちら