キッズ・ジュニア用スキーウェアのおすすめモデル16選

本格的にスキーをするお子さんはもちろん、まだ雪遊びをする程度の小さいお子さんも、ゲレンデに行くならスキーウェアはマストです。キッズ・ジュニア向けのスキーウェアの特性、選び方、おすすめのブランドと最新モデル、お手頃価格のモデルなどを紹介します。

キッズ・ジュニアのスキーウェアの選び方

アルペン練馬関町店 スノーボードエキスパートアドバイザー
中村さん

小さいお子さんにはつなぎタイプがおすすめ

つなぎのジュニア用スキーウェア
出典:楽天
キッズ・ジュニアのスキーウェアは、つなぎタイプとセパレートタイプとに分かれます。大まかな目安ですが、100cm以下の子はつなぎタイプ、それ以上大きくなるとセパレートタイプを着せるのがおすすめです。

100cm以下となるとだいたい3歳以下になりますが、スキーを滑るよりも、ソリで滑ったり、雪合戦をしたり、雪遊びをしていることが多いので、雪が入らないつなぎタイプを着せてあげるのが安心です。滑れるようになると上下セパレートのタイプ選ぶようになります。

セパレートタイプでもキッズ・ジュニア用のパンツは、ずり落ちてこないようにサスペンダーが付いているものが多くなっています。

サイズの選び方

子供用のスキーウェア選びでいちばんネックになるのがサイズ。どんどん成長して、毎シーズンウェアを買い替えていると大変ですよね。でもご安心を。

キッズ・ジュニアのウェアには、袖と裾にアジャスターが付いていて、サイズ調整ができるようになっているものもあります。こういったタイプであれば、実寸より10cm程度大きめのものを選んであげてください。身長が100cmであれば、110cmのサイズのものを選ぶのがいいでしょう。

少し大きめを買って、今シーズンはアジャスターを絞って裾・袖を短くし、来シーズンはアジャスターをゆるめれば、長く着られますよ。
サイズ調節機能

スキーウェアは防水性・透湿性・保温性が重要!

スキーウェアの性能を見る時、防水性、透湿性、保温性の3つが大切なポイントです。これは大人用、ジュニア用いずれにも共通なのでしっかり押さえておきましょう。

防水性

防水性とは、ウェアの中に水が染み込むのをいかに防げるかを表しています。「耐水圧」という指標が用いられ、これは筒の底に生地を張り、上から水を入れて、3滴水が滲み出した時の水位をmm(ミリメートル)で表しています。数値が大きければそれだけ防水性が高いことになります。

5,000mmを超えれば快適と言われていますが、各メーカーとも防水性には力を入れていて、10,000~20,000mmの高性能のものも出ています。ただし、数値が上がれば当然、値段にもはね返ってきます。
雪で遊ぶ女の子

透湿性

汗や水蒸気などの水分をウェアの外に追い出す力を、透湿性と呼んでいます。24時間のうちに生地1平方メートル当たり何gの水分を外に出したかで決まります。この数値が高いほど蒸れにくいということになります。目安としては、5,000~8,000g/平方メートル・24hくらい欲しいところです。

保温性

熱をどのくらい保てるか、温かさの指標が保温性です。スキーウェアの場合、人間の体から出る水分に反応して発熱する素材や、魔法瓶のように熱を外に逃がさない素材を使って保温力を高めています。

発熱素材については、各社独自の研究・開発が進んでいて、ミズノは「ブレスサーモ」、アルペンは「iHEAT(アイヒート)」「iHEAT PACK(アイヒートパック)」などの名称が付いていて、これらの素材を使ったウェアやインナーが発売されています。

キッズ・ジュニア用スキーウェアの人気ブランドと2018-19年新作

Phoenix(フェニックス)

Snow Crystal Kid’s Two-piece

フェニックスのSnow Crystal Kid’s Two-pieceは、女の子向きのスノークリスタル柄や幾何学模様のプリントがかわいいセパレート、上下セットタイプ。ウエストや裾・袖の長さを調節できるアジャスター付きです。サイズは90~170cmまであります。

Phoenix Snow Crystal Kid’s Two-piece PS8H22P75

Mush IV Boy’s Two-piece

左右アシンメトリーデザインがクールでかっこいいMush IV Boy’s Two-piece。こちらもウエストや裾・袖の長さを調節可能なアジャスター付きです。ロゴ部分に再帰反射表現が用いられており、遠くからでも気づいてもらいやすいのも嬉しいですね。

DESCENTE(デサント)

JUNIOR SUIT / MOVE SPORT DWJMJH91

両腕と胸元に入った「MOVE SPORT」のロゴがスタイリッシュなウェアセット。身長に合わせて袖や股下の長さを調節できる「のびのびパートナー」、親指に紐をかけることで手の甲まで袖で覆い隠すことができ、雪の侵入をしっかりと防ぐ「かふっく」など、長く暖かく使えると人気です。

また、自宅の洗濯機で丸洗いしても綿くずれや断裂を起こしにくい「おウチで丸洗い」にも対応しています。

DESCENTE JUNIOR SUIT / MOVE SPORT DWJMJH91

KIDS’ SUIT DJR-731KF

こちらのキッズスーツも、袖や股下の長さ調節機能搭載です。対応サイズは90~120cmのキッズ用になります。ひとつ上でご紹介したジュニアスーツも、このキッズスーツも、光から熱を生む「ヒートナビ」というデサント社オリジナルの蓄熱保温素材が使われているので保温性もバッチリです。

Columbia(コロンビア)

ウィリバードIIインターチェンジジャケット

登山やトレッキングアイテムをはじめ、スポーツ用品のブランドとして人気のコロンビア。ウィリバードIIインターチェンジジャケットは、防水のアウターと中綿のライナーがセットになった万能ウェア。アウターとライナーをファスナーで接続して1枚にしても、それぞれ単体でもOK。ゲレンデへのアクセスや時期に合わせて使い分けることができます。

また、UPF(紫外線保護指数)=40と、強い日差しに対応できるのは高ポイントですね。

Columbia ウィリバードIIインターチェンジジャケット

ユースアドベンチャーライドビブ

サスペンダー付きのパンツは大人用でもよく見かけますが、こちらはオーバーオールのようなデザインが特徴的。冷えがちなお腹周りの暖かさを保ち、さらに防水透湿素材を採用することで、雪による水濡れからがっちりガードしてくれます。また、ズボンの裾にも雪の侵入を防ぐスノーゲイター(足袋)を取り入れています。

Columbia ユースアドベンチャーライドビブ

ON-YO-NE(オンヨネ)

Jr. BONDING JACKET

オンヨネチーム・サロモンチーム着用ウェアのジュニアサイズ。冷えを軽減するボンディング素材を採用しているため、一見薄手に見えても暖かさはしっかりキープ。他ではあまり見られないMA-1スタイルはおしゃれ度◎!同シリーズのJr. BONDING SHORT PANTSと揃えて着るのもおすすめです。

ONYONE Jr. BONDING JACKET ONJ71090

Jr. BONDING SHORT PANTS

お手頃価格のキッズ・ジュニア用スキーウェア

IGNIO(イグニオ)

ジュニアスキーワンピース

アルペンのプライベートブランド・イグニオ。このウェアはジュニア用のワンピースで、紐1本でサイズ調整できる機能が付いています。4,000円前後というお手頃価格はうれしいですね。下記2商品どちらも90~120cmまであり、カラーはピンク、グリーンなど4パターンあるので女の子にも男の子にもおすすめです。

イグニオ IGNIO ジュニアスキーワンピース ピンク(IG-6J45005U)

  • 素材:表地:ポリエステル100% 
  • 裏地:ポリエステル100% 
  • 中わた:ポリエステル100%

イグニオ IGNIO ジュニアスキー ワンピース ピンク (IG-6J45006U )

ジュニア スキー ウェア上下セット IG-6J45037T

ジオメトリック柄が印象的な上下セットのスキーウェア。サイズ展開は100~120cmです。こちらにも最大20cmサイズ調節できる紐が付いています。カラーはピンクサーモンピンク、ブルーイエローグリーン、イエローグリーンネイビーの3色展開。

IGNIO ジュニア スキー ウェア上下セット IG-6J45037T

FABLICE(ファブリス)

イグニオと並ぶアルペンのオリジナルブランド、ファブリスのジュニア用上下セットがこちらです。サイズ展開はどちらも130~160cmまで。紐を引くことで最大20cmのサイズ調節が可能です。デザイン性を重視したい人はランダムライン柄がおしゃれなFA-6J45067Tを、暖かさを重視したい人は中わたが入っているFA-6J45086Tを選んで。

ジュニア スキー ウェア上下セット FA-6J45067T

ジュニア スキー ウェア上下セット FA-6J45086T

Disney

ジュニア スキー ウェア上下セット DN-6J45107TMKG

ディズニーのアイコンがプリントされたかわいいジュニア用の上下セットです。サイズ展開は100~120cmですが、背中部分の紐を引くと最大20cmまでサイズ調整可能。女の子向きのホワイト×ピンク、男の子向きのブラック×イエローの2パターン展開です。

POCKET BEAR

ジュニア スキー ウェア上下セット パーソンズトドラースキースーツ

星マークや英字など、手書き風のポップなプリントが可愛いウェアセット。耐水圧は2000㎜とそこまで高くありませんが、ゲレンデに行く頻度があまり高くない人や短い時間しか滑らない人には十分かもしれません。

サイズ展開110~130cm、カラーはブルー×ディープピンク、ディープピンク×ブラック、ホワイト×ディープピンクの3パターン。おしゃれな女の子におすすめのウェアセットです。

POCKET BEAR ジュニア スキー ウェア上下セット パーソンズトドラースキースーツ 16PST2713

ONYONE RESEEDA(オンヨネ レセーダ)

JUNIOR SUIT RES70006

男の子におすすめなのがレセーダのスキーウェア。他とは被らないユニークな落書き風プリントはゲレンデでも目立つこと間違いなし!デザイン面だけでなく、笛付き引手、反射ワッペン、着脱フードなど、安全面にもしっかり配慮された作りになっています。サイズ展開はジュニア向けの130~160cm。カラーはBLACK×REDなど4色展開です。

インナー、ソックスなどもお忘れなく!

ウェア以外にもスキー場に行くにはそろえておきたいアイテムがあります。まず、グローブ、パイル編みなどの厚手のソックスは必須です。寒さ対策としての保温インナーも忘れずに。スキーをするのであれば、ゴーグル、ヘルメットも必須です。特にお子さんには頭部を守るヘルメットを必ず装着させてください。

その他、防水スプレーもあるといいでしょう。これは水の侵入を防ぐというより、ウェアが新しい状態の時にスプレーして、撥水性を補うことを主目的としてください。

そろえるべきアイテムが多く、いろいろな種類があって迷ってしまうかもしれませんが、今回取材したアルペンには専門知識を持ったスタッフの方がいますので、気軽に相談してみてください。お子さんにぴったりのアイテムがきっとすぐに見つかりますよ!
スキーグローブ13選をメンズ・レディース・ジュニア別に紹介! - PICUP(ピカップ)
スキーグローブ13選をメンズ・レディース・ジュニア別に紹介! - PICUP(ピカップ)>>
スキー用グローブの選び方は、まず5本指タイプかミトンタイプ、どちらがいいかをチェックしましょう。素材も、ゴアテックスのもの、暖かい革のものなどいろいろあります。ロイシュ、モンベル、ヘストラなどの人気ブランドの、おすすめグローブをメンズ・レディース・ジュニア用に分けてご紹介します。
スキー・スノーボードの靴下の選び方とおすすめのソックス15選 - PICUP(ピカップ)
スキー・スノーボードの靴下の選び方とおすすめのソックス15選 - PICUP(ピカップ)>>
スキーにもスノーボードにも使える靴下の選び方と、メンズ・レディース・キッズ、それぞれにおすすめの靴下をご紹介します。スキー・スノボ用ソックスにも足袋タイプや5本指タイプなどのバリエーションがあり、薄手・厚手など厚さもいろいろあるので、それぞれの効果までしっかり見ていきます。
スキー・スノボ用ヘルメットの選び方・おすすめモデル・かぶり方 - PICUP(ピカップ)
スキー・スノボ用ヘルメットの選び方・おすすめモデル・かぶり方 - PICUP(ピカップ)>>
スキー・スノーボードのヘルメットの必要性、搭載されている機能、選び方、かぶり方などの基本的な情報をお伝えします。bern、GIRO、スワンズ、サロモンなどの人気ブランドのおすすめのモデルもご紹介します。

キッズ・ジュニア用スキーウェアの人気ランキングもチェック!

楽天市場の売れ筋ランキング>>
今回はキッズ・ジュニア向けスキーウェアについてご紹介しました。大人用のものと比較しても変わらない高機能が、沢山詰まっていることに驚かされます。人気のブランドも、フェニックス、デサント、コロンビアなど大人向けとほぼ変わりません。

どんどん成長する子供用のウェアは毎年買い替えなくてもいいように、サイズ調節機能が付いているものが多いので、お子さんも喜んで着てくれる1着を見つけて、家族みんなでスキーを楽しんでくださいね!

ウェアだけでなく、スキーを始める時にそろえておきたいその他のアイテムもひと通りピックアップしましたので、参考にしてみてください。

この記事に登場した専門家

アルペン練馬関町店 スノーボードエキスパートアドバイザー
中村さん
アルペングループの原点、ウィンタースポーツ商品販売の専門店として1972年に設立。現在ではウィンタースポーツ用品だけでなく、野球・サッカー・フィットネスなどあらゆるスポーツ用品や、アパレル、シューズなどのファッション用品など幅広い商品をお値打ち価格で販売している。アルペン練馬関町では、スキーアドバイザー・スノーボードアドバイザーが商品選定からお悩み解決まで、ウィンターライフをサポートしてくれる。
詳しくはこちら