スノボ・スキー用プロテクターのおすすめ商品【お尻・膝・手首など部位別】|人気メーカーも!必要性は?

スノーボードやスキーで転倒の衝撃から身体を守ってくれるプロテクター。その選び方と、おすすめのブランドのプロテクターをお尻・膝・手首・上半身などの部位別にピックアップします。ジュニア用のプロテクターも紹介しますので、これからスキー・スノボを始めるお子さんのパパ・ママも要チェック!

スノボ・スキーにプロテクターって必要?

アルペン練馬関町店 スノーボードエキスパートアドバイザー
中村さん
スノボやスキーの場合、ビギナーはもちろん、上級者であっても転倒のリスクは避けて通れません。ゲレンデは柔らかい雪面ばかりではなく、凍ってアイスバーン状態となることもあります。そんな場所で転んでしまうと、身体を打ちつけて痛い思いをする羽目に。自分は転倒しなくとも、人間同士が衝突することだってありえます。

そんな時、体を守ってくれるのがプロテクターです。プロテクターは、転んだ時の痛みを緩和する効果がいちばんですが、ケガやあざの予防にもなります。着けていることにより、安心感も生まれますし、防寒の役にも立ちますよ。

ヘルメットによる頭部のガードは当然で、お尻用のプロテクターはまず欠かせません。膝、肘、手首のプロテクターもあるとベターです。
スノーボード

プロテクターの選び方

素材によって衝撃吸収力が違う

プロテクターの素材は、ポリウレタン、ポリエステルなどの化学繊維が中心です。それぞれ伸縮性がある、温度変化に強い、耐久性が高いといった特徴をもっています。プロテクター内部のムレを防ぐために、メッシュ素材やスポンジもよく使われます。

中がゲル素材のものもあり、衝撃を吸収する効果は増すので、初心者にはこういったものもおすすめです。ただ、お値段も少し高くなります。

また、1枚の大きなクッションが入っているものよりも、下の画像のように何枚かに分かれた立体設計になっているもののほうが、体のカーブにフィットしてくれるので、衝撃吸収度が高くなります。やはり、立体設計のものはお値段も高くなります。
立体設計のプロテクター

ショートパンツ、長ズボンタイプなど形も様々

スノーボードでもスキーでも、お尻を中心に下半身をガードするプロテクターがマスト。お尻のプロテクターにも、ショートパンツタイプ、長ズボンタイプ、マジックテープでヒップに固定するタイプなどがあります。ショートパンツはお尻周りのみ、長ズボンタイプにはお尻と膝のプロテクターが入っているものもあり、タイツ代わりにも使えます。マジックテープタイプは、より硬いパッドが使われるので、衝撃吸収度の点では安心です。

どの部位、どのタイプのプロテクターであっても、選ぶ時は必ず試着をしましょう。ズレがあると、プロテクターとしての機能を十分果たせなくなってしまいます。

おすすめのスノボ用プロテクター

鎧武者(YOROI MUSHA)

鎧武者は、刀・槍・弓矢から身を守る甲冑をイメージしたプロテクターです。強度が高く、衝撃吸収力に優れた素材に特徴があります。2層構造のパッドが、脊髄、尾てい骨、胸に配置されています。

HILON、XRD、PREMIUMの3タイプあり、この中のXRD MODELは、「XRD」という特殊素材が使われていて、衝撃を感知すると分子構造が変化して硬化することで、ショックを受け止めてくれます。

お尻&膝用

お尻用

YOROI MUSHA(鎧武者)YM1741 SHORT HIP PROTECTOR (PORON) ショート ヒップ プロテクター カラー (ブラック)

膝用

鎧武者(ヨロイムシャ) ニーパッド(ペア) PORON XRD搭載 YM-1708 BK/YE フリーサイズ

肘用

鎧武者(ヨロイムシャ) 鎧武者エルボーパッド(ペア) PORON XRD搭載 YM-1707 BK/YE フリーサイズ

上半身用

鎧武者(ヨロイムシャ) 鎧武者 ボディプロテクター PORON XRD搭載 YM-1703 BK/YE

YOROI MUSHA(鎧武者)YM-1743 PROTECTOR VEST (PORON) カラー (ブラック)

ARK(エイ・アール・ケイ)

ARK(エイ・アール・ケイ)は特徴的な商品ラインアップを誇るブランド・メーカーです。チャイルドシートや介護用品にも使われる3層構造のエアーメッシュ、水分を吸わないの低温でも硬くならない「PF-04」という素材などが使われています。

SS SERIESはデザイン・機能性の両面から新分野に挑戦したシグニチャーモデルです。ほかに、LUXURY・SAFETYをコンセプトに掲げるLS SERIES、技術を追求したフラッグシップモデルのMS SERIES、細身のパンツでも着用可能なSG SERIESなどがあります。

お尻&膝用(長ズボンタイプ)

A.R.K エーアールケー ARK SS HIP PROTECTOR LONG

お尻用(ショートパンツタイプ)

【ARK】エーアールケー 2017-2018 SS HIP PROTECTOR SHORT

上半身用

ARK(ARK) SS BODY PROTECTOR AR1702OR

SS SERIESではありませんが、同社の技術を活かした膝用、肘用、手首用などのプロテクターもそろっています。

膝用

(エーアールケー) ARK ウィンター プロテクター KNEE FIT AR3603 BK F

手首用

A.R.K(エーアールケー) プロテクター メンズ レディース ARK WRIST GUARD リスト ガード 両手 手首 ar3601

eb's(エビス)

eb's(エビス)は、スノボ用品の販売会社として1994年に誕生しました。

同社のプロテクターは、NO DAMAGE(衝撃を最小限に抑えること)、NO STRESS(装着時の違和感をなくすこと)、NO DECLINE(丈夫で長持ち、タフであること)の3つのコンセプトに沿って開発されていて、衝撃吸収力、通気性、透湿性、そして軽量性を前面に打ち出しています。素材に開けられたブレスホールがそれを可能にしています。

プロテクターのラインナップは、トップス、ボトムス以外にも膝、肘、手首用と揃っています。

お尻&膝用(長ズボンタイプ)

17-18 eb's (エビス) プロテクター SLIM PROTECT-LONG BLACK Lサイズ スリムプロテクト・ロング

お尻用(ショートパンツタイプ)

eb's (エビス) プロテクター SLIM PROTECT-PORON XRD スリムプロテクト・ポロンXRD 01-BLACK G-Sサイズ

上半身用

17-18 eb's (エビス) プロテクター BODYPAD-PORON XRD ボディーパッド・ポロン XRD

膝用

poc

pocはスウェーデン・ストックホルムのメーカーです。

「VPDパッド」は衝撃吸収の高い低反発のパッドで、転倒時のダメージを的確に吸収してくれます。快適な装着感のこのモデルは、スノボ・スキーだけでなく、モーターサイクルなどにも適しています。

お尻用(ショートパンツタイプ)

IGNIO(イグニオ)

IGNIO(イグニオ)は、アルペンのオリジナルブランドで、コストパフォーマンスの高さには定評があります。

上の商品はロング丈のスパッツタイプで、膝部分にもパッドが入っています。下の商品は膝用のパッドで、一部ラバー素材で作られています。どちらも3,000円以下のお手頃価格なのはうれしいですね。

お尻&膝用

イグニオ(IGNIO) IG-6A08015PT

膝用

イグニオ IGNIO プロテクター IG-6A08025

ジュニア用のおすすめプロテクター

ARK(エイ・アール・ケイ)

ARKはジュニア向けのシリーズも出しています。ロングスパッツからヒップパッド、背中に背負ってカバーするタイプまで、品揃えは豊富です。

お尻&膝用

ARK LS HIP PROTECTOR LONG ヒッププロテクターロング キッズ

eb's(エビス)

スノボ用品のメーカーであるeb's(エビス)も、ジュニア用のプロテクターを出しています。3番目に紹介しているベストタイプは、「PORON XRD」という素材が使われていて、衝撃吸収力に優れています。

お尻用

eb's HIP PROTECT-JR ヒッププロテクトジュニア

膝用

上半身用

eb's[エビス] 【CHOKIPAD-PORON XRD JR】

north peak(ノースピーク)

north peak(ノースピーク)は、スノボプロテクターからスタートしたブランドなだけに、衝撃吸収力とデザイン性を追求しています。その精神はジュニア向けプロテクターにも表現されています。クッション性に特徴のある、NBRパッドが随所に織り込まれています。

ちなみにブランド名のノースピークは、北米最高峰のマッキンレー、5,995m地点の通称で、登山家植村直己さんが最後に登頂した山として有名です。

お尻用

north peak ノースピーク JUNIOR HIP PROTECTOR CMGN NP-1607

上半身用

north peak(ノースピーク) ボディプロテクター ジュニア

今回は、スノーボード・スキー用のプロテクターについてご紹介しました。プロテクターは転んだ時の衝撃を吸収してくれるだけでなく、防寒の効果もあります。お尻はもちろん、膝や肘、背中、手首など、パーツ別にアイテムがあるので、そろえておくと安心です。

プロテクターにもたくさん種類があって、またスノボ・スキーにはほかにもたくさんそろえるべきアイテムがあって、迷ってしまうかもしれません。そんな時は、お店に行って、スタッフに方に相談して、いろいろ試着してから決めるのがおすすめです。今回取材したアルペンには豊富な知識を持ったスタッフの方がそろっていますので、ぜひ気軽に聞いてみるといいですよ!

スノボ・スキー用プロテクターの人気ランキングもチェック!

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: スノーボード用プロテクター の中で最も人気のある商品です>>
【楽天市場】プロテクター | 人気ランキング1位~(売れ筋商品)>>

この記事に登場した専門家

アルペン練馬関町店 スノーボードエキスパートアドバイザー
中村さん
アルペングループの原点、ウィンタースポーツ商品販売の専門店として1972年に設立。現在ではウィンタースポーツ用品だけでなく、野球・サッカー・フィットネスなどあらゆるスポーツ用品や、アパレル、シューズなどのファッション用品など幅広い商品をお値打ち価格で販売している。アルペン練馬関町では、スキーアドバイザー・スノーボードアドバイザーが商品選定からお悩み解決まで、ウィンターライフをサポートしてくれる。
詳しくはこちら