機能別ハイシートベビーカーおすすめ17選

おしゃれで使い勝手も良いと人気のハイシートベビーカー。様々なメーカーから発売されるようになってきました。ここではハイシートベビーカーのメリットと、両対面型、機動性が高いB型、おしゃれな海外ブランドなど機能別におすすめのハイシートベビーカーを紹介します。

ハイシートのベビーカーのメリット
両対面で軽量なハイシートベビーカー
商品比較表
軽くて機動性◎!B型ハイシートベビーカー
コンパクトに折りたためるハイシートベビーカー
おしゃれ!海外ブランドのハイシートベビーカー
この記事に登場した専門家

ハイシートのベビーカーのメリット

マタニティメディア「ニンプス」編集長
小林博子さん
ハイシートのベビーカーは従来のものよりも座面が高く設計されており、その高さは50cm前後〜60cmくらいです。

ハイシートではないものと比べて、子供が地面からの熱やホコリの影響を受けにくいため人気があります。また、子供の乗せおろしや水分補給などがしやすく、下カゴの容量が大きいのも特徴です。

ハイシートは、背の高いパパ・ママや、下カゴにたくさん荷物を積みたい人におすすめですよ!
大容量の下カゴ
出典:Amazon

両対面で軽量なハイシートベビーカー

ベビーカーには座面の向きによって「背面式」と「両対面式」に分けられます。両対面式は、ハンドルを切り替えて対面式と背面式の両方を使い分けることができ、A型ベビーカーはこのタイプが多いです。

対面式のメリットは、子供の様子を見ながらベビーカーを押すことができること。さらにハイシートだと子供との目線が近くなり、お出かけがより楽しくなります。

対面式だと押しにくいものが多かったのですが、最近では軽量化やホイールの進化によってスムーズに走行できるものも増えています。

低月齢の子供を乗せる場合や、日差しの向きによって切り替えて使いたいというママにおすすめです。
ハイシートの対面式ベビーカー

ピジョン ピボット

ピジョンのピボットは西松屋の限定モデルで、お値段がリーズナブル。生後1ヶ月から使えるA型ベビーカーです。シートの高さは54cmです。リクライニングは115度から165度まであり、使用期間は生後1ヶ月から3歳頃までです。総重量が4.2kgなので、軽々と持ち上げられます。

ピジョン ピボット

・重量:4.2kg

コンビ メチャカルハンディ エッグショックシリーズ

メチャカルシリーズはコンビの人気シリーズです。エッグショックとは、コンビ独自の衝撃吸収素材で、柔らかい赤ちゃんの頭を衝撃から守ってくれます。軽さを重視して設計されているこのシリーズの中で、DFが最も軽いモデルとなっています。ワンタッチで片手で開閉できるので、折りたたみが簡単。赤ちゃんとママだけでのお出かけでも安心です。

コンビ メチャカルハンディ エッグショック DF

・ハイシートで軽量! 大型幌&振動吸収!
・安心ハイシート50cm
・洗えて清潔、シート丸洗い洗濯機OK!
・荷物が多くなっても困らない15L大型カゴ。
・[本体サイズ] (開)W465×D735~925×H950~1005 (閉)W465×D370×H905
・[製造国] 中華人民共和国
・[対象] 1ヶ月 ~ 36ヶ月

コンビ メチャカルハンディα エッグショック MF

・[本体サイズ] (開)W497×D770~880×H995~1040(閉)W497×D480×H985
・[対象] 1ヶ月 ~ 36ヶ月

コンビ メチャカルハンディ エッグショック MG

・[本体サイズ] (開)W497×D770~880×H995~1040mm、(閉)W497×D380~480×H985mm
・超軽量ハイシートベビーカー
・[対象] 1ヶ月 ~

商品比較表

商品画像
商品名 コンビ メチャカルハンディ エッグショック MG コンビ メチャカルハンディα エッグショック MF コンビ メチャカルハンディ エッグショック DF
特徴
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

軽くて機動性◎!B型ハイシートベビーカー

機動力で選ぶなら、軽くて小回りのきくB型ベビーカーがおすすめ。一般的に生後7ヶ月頃から3~4歳頃までと長い期間使えるものが多く、機能がシンプルで比較的リーズナブルなので、セカンドベビーカーとして購入する人も多いですね。

折りたたむとコンパクトになるので、収納場所に困りません。車に積むときや、電車の移動時にもスペースを取らないので安心です。

月齢が低いうちから使う場合は、モデルによってはリクライニング機能がないものもあるので注意しましょう。

また、軽量でハイシートのベビーカーは重心が上に来るため、重量のあるベビーカーと比べると、走行時の安定性が落ちる場合もあるので、お店などで実際に赤ちゃんを乗せて確かめてみるといいでしょう。
B型ベビーカー

リッチェル カルガルー&カルガループラス

とにかく軽さにこだわって設計されたリッチェルのカルガルー。総重量はわずか2.8kg(プラスは3kg)で、赤ちゃんを抱っこしながらでも楽々と持ち運べる軽さです。シートの高さは51cmあり、奥行きのあるシートでゆったりと座れます。さらにカルガループラスは110度から130度までのリクライニングが可能なので、より快適なものをお探しの人におすすめです。

リッチェル Richell カルガルー 2017 イエロー

・[本体サイズ] 44.5×82.5×107(cm)
・[製造国] 中華人民共和国
・[対象] 7ヶ月 ~ 36ヶ月

リッチェル Richell カルガルー プラス 2017

・[本体サイズ] 44.5×82.5×107(cm)
・[製造国] 中華人民共和国
・[対象] 7ヶ月 ~ 36ヶ月

アップリカ マジカルエアープラスAC

ベビーカーといえばアップリカを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。アップリカは50cm以上のハイシートのものが多く、マジカルエアープラスACもそのうちの1つ。軽さと快適さを両立したベビーカーです。大容量20Lのバスケットで、荷物がたくさん入ります。

Aprica (アップリカ) マジカルエアープラス AC ブルーベリーBL 92541

・[本体サイズ] 【開いた時】W46 × D76~79 × H107.5~109.8 (cm) 【閉じた時】W46 × D33.5 × H95.5 (cm)
・[製造国] 中華人民共和国

ピジョン ビングル

ピジョンのビングルは大径のシングルタイヤを搭載したB型ベビーカー。大きめのシングルタイヤは、デコボコ道でもスムーズに走行することができ、押しやすくなっています。3種類のカラーバリエーションがあり、どれもアクティブなイメージのデザインです。インナーシートは洗濯機で丸洗いできます。

ピジョン Pigeon B形ベビーカー ビングル Bingle 

・[本体サイズ] 展開時:W495×D775×H1015mm
・[製造国] 中華人民共和国
・[対象] 7ヶ月 ~ 36ヶ月

コンビ F2plus

コンビの最軽量シリーズであるF2シリーズ。F2plusはシートの高さが53cmあります。また、120度から165度までリクライニングができるため、生後1ヶ月から使うことができます。シートだけでなくハンドルの位置もハイポジションで、背が高い人でも姿勢よく押すことができます。オプションでホイールキャップを選ぶことができ、自分好みの組み合わせを楽しめます。

コンビ Combi ベビーカー F2plus エフツープラス AF バーニングレッド(RD)

・[本体サイズ] 開:W495×D715~795×H1040mm閉:W495×D350~385×H890mm
・[製造国] 中華人民共和国
・[対象] 1ヶ月 ~ 36ヶ月

コンパクトに折りたためるハイシートベビーカー

アップリカ マジカルエアーAD

マジカルエアーADは、マジカルエアープラスよりもさらに軽く、コンパクトなモデルです。マルチショックレス構造で振動が軽減され、乗り心地も快適です。デザインは全部で5種類。シンプルなものやポップなものなどバリエーションが豊富で選ぶのも楽しいですよ。

Aprica (アップリカ) マジカルエアー AD ヨーグルトブルーBL 92538

・[本体サイズ] 【開いた時】W44.5 × D76~79 × H102.5~104.5 (cm) 【閉じた時】W44.5 × D31.5 × H95 (cm)
・[製造国] 中華人民共和国

ピジョン パタン

折りたたみ方に特徴があるピジョンのパタン。2つ折りにするように折りたたむので、高さが抑えられ、車のトランクに立てて積むことができます。片手で簡単に折りたためるのも魅力です。リクライニングは115度から165度で、生後1ヶ月から使用できます。

ピジョン パタン

・[本体サイズ] 展開時(最大寸法):W482×D750×H1030mm
・[セット内容・付属品] 取扱い説明書、フロントガード
・[対象] 1ヶ月 ~ 36ヶ月

おしゃれ!海外ブランドのハイシートベビーカー

ストッケ

スタイリッシュな北欧デザインで人気のあるストッケのベビーカー。しっかりとしたつくりで重量はありますが、安定した走行で押しやすいのが特徴です。エクスプローリーはシートの高さが調節できる機能を搭載しています。子供の成長やシーンに合わせて使い分けをしたいという方におすすめです。スクート2は高さの調節はできませんが、こちらもハイシート。ほぼフラットにリクライニングでき、生後1ヶ月から使用できます。

ストッケ エクスプローリー

・[本体サイズ] 本体サイズ:幅57×奥行75~102※cm×高さ89~123※cm ※キャリーコット及びシートの高さ調節による/重量:10.5kg/折り畳みサイズ:57x42x92cm(車輪を含む)
[製造国] オランダ
[素材] 素材:アルミニウム・プラスチック(フレーム)、ポリエステル(布地)
[対象] 6ヶ月~

ストッケ スクート2 ベーシックキット

・[本体サイズ] シャーシ/折たたみ時:長さ75x高さ111x幅55cm/長さ72x高さ32x幅55cm
・対象年齢:1ヶ月~15kg。簡単に折りたためて自立するため、収納に便利です。
・360度回転する前輪は、ロックをかければまっすぐな走行も簡単です。ウレタンフォームを入れたタイヤは、空気入れ不要でパンクの心配がありません。
・[製造国] ハンガリー
・[対象] 36ヶ月 ~

joie(ジョイー) エアスキップ

イギリスのベビーカーブランドjoieから、A型ベビーカーとB型ベビーカーの良い所を取り入れた”AB型バギー”として発売されたエアスキップ。リクライニングは130度から170度まで無段階で角度を調節できます。とてもコンパクトなつくりで、幅はわずか46cmなので、狭い道や改札口なども楽に通ることができます。重さは4.4kgで持ち運びにも便利です。機能の面でもサイズの面でも妥協したくない方におすすめです。

ジョイー エアスキップ ブラックインク 41641

・座面の高さ::47~51cm
・ハンドル高さ:98cm
・座面:W33×D30cm
・背もたれ:W33×L42cm
・リクライニング:130~170度
・収納かご:W31×D43×H10cm
このように、ハイシートのベビーカーは最近では定番化しつつあり、いろんなメーカーから発売されています。地面の熱やホコリから子供を守ってくれるだけでなく、ベビーカーへの乗せおろしなどの子供のお世話の面から見ても使い勝手がよく、人気があります。

見た目にもおしゃれでスタイリッシュな印象になるハイシートベビーカー。ベビーカーを選ぶ際のチェックポイントの1つとして、考えてみるのもいいのではないでしょうか。

この記事に登場した専門家

マタニティメディア「ニンプス」編集長
小林博子さん
妊婦さんの3人に1人がアクセスする日本最大級のマタニティメディア「ニンプス」編集長。「All About」でもマタニティグッズ・ベビー用品のガイドを努めている。プライベートでは、11歳の小学生男児と、4歳の女の子の2児のママ。
詳しくはこちら