ハイシートベビーカーおすすめ13選|B型は機動性◎軽量でコンパクトな折りたたみも

おしゃれで使い勝手も良いと人気のハイシートベビーカー。様々なメーカーから発売されるようになってきました。ここではハイシートベビーカーのメリットと、両対面型、機動性が高いB型、おしゃれな海外ブランドなど機能別におすすめのハイシートベビーカーを紹介します。

ハイシートのベビーカーのメリットとは?

大容量の下カゴ
出典:Amazon
ハイシートのベビーカーは従来のものよりも座面が高く設計されており、その高さは50cm前後〜60cmです。ハイシートではないものと比べて、赤ちゃんが地面からの熱だけでなく、ホコリや排気ガスなどの有害物質の影響を受けにくいのが特徴です。また、赤ちゃんの乗せ降ろしがしやすく、赤ちゃんとの距離が近い点も安心ですね。下カゴの容量が大きいため荷物の収納もしやすく、赤ちゃんはもちろんママ・パパにとっても便利で使いやすく設計されています。

ハイシートベビーカーの選び方

ハイシートベビーカーの選び方
ハイシートベビーカーの中でも、背面式や両対面式、コンパクトなものと種類はさまざまです。赤ちゃんの年齢やシーンに合わせてどのようなタイプのものを選んだよいかをご紹介します。

シーンに合わせて切替ができる両対面式

両対面式は、ハンドルを切り替えて対面式と背面式の両方を使い分けることができ、A型ベビーカーはこちらのタイプが多いです。対面式のメリットは、子供の様子を見ながらベビーカーを押すことができること。対面式は押しにくいというイメージのある方もいらっしゃるかもしれませんが、軽量化やホイールの進化によってスムーズに走行できるものもたくさんあります。低月齢の子供を乗せる場合や、日差しの向きによって切り替えて使いたいというママとパパにおすすめです。
AB型ベビーカーのおすすめ人気ランキング12選|A型B型兼用!ピジョンやマクラーレンなど人気ブランドもご紹介
AB型ベビーカーのおすすめ人気ランキング12選|A型B型兼用!ピジョンやマクラーレンなど人気ブランドもご紹介>>
ベビーカーの「A型」「B型」とは、製品安全協会のSG基準の分類で、「AB型」というものは俗称です。AB型ベビーカーとは、低月齢から使える軽量ベビーカーのことで、最近では従来のAB型ベビーカーを、最新基準のA型ベビーカーと呼ぶそうです。今回はアップリカやコンビなど、人気ブランドのベビーカーをランキング形式でご紹介します!

B型ベビーカーは軽くて機動性も◎

B型ベビーカーは軽くて機動性も◎
出典:Amazon
B型ベビーカーは、一般的に生後7ヶ月から3~4歳までと長い期間使えるものが多く、機能がシンプルで比較的リーズナブルなので、セカンドベビーカーとして購入する方も多いですね。折りたたむとコンパクトになるので、車に積むときや電車の移動時にもスペースを取らないので安心です。月齢が低いうちから使う場合は、モデルによってはリクライニング機能がないものもあるので注意しましょう。また、軽量でハイシートのベビーカーは重心が高いため、重量のあるベビーカーと比べると走行時の安定性が落ちる場合もあるので、お店などで実際に赤ちゃんを乗せて確かめてみるといいでしょう。
B型ベビーカーの特徴を解説!専門家が選ぶおすすめ人気商品11選
B型ベビーカーの特徴を解説!専門家が選ぶおすすめ人気商品11選>>
生後7か月ごろから使えるB型ベビーカー。A型よりも軽くて取り回しが良いので、セカンドベビーカーとしても人気があります。B型ベビーカーの特徴や選び方の解説と、人気のブランドとおすすめの商品をご紹介します。

電車やバス移動にはコンパクトに折りたためるタイプが便利

車に乗せたり、電車やバスで移動をする際には、コンパクトに折りたためるベビーカーが活躍します。肩にかけたり、キャリーバッグのように引いて持ち運べるものであれば、赤ちゃんを抱っこしたままでも片手で持つことができますよ。購入の際には、車体がしっかりと自立するかどうかもチェックしましょう。
コンパクトな折りたたみベビーカーのおすすめ人気ランキング12選|自転車に乗せられる超軽量モデルも!
コンパクトな折りたたみベビーカーのおすすめ人気ランキング12選|自転車に乗せられる超軽量モデルも!>>
折りたたみサイズがとにかく小さいベビーカーってどれ?世界最小クラスの「ポキット」や海外で人気のベビーカーなど、驚くほどコンパクトになるベビーカーを集めました。折りたたみサイズの比較もできるので、ぜひベビーカー選びのご参考にしてください。

おしゃれな海外ブランドのベビーカーも!

おしゃれな海外ブランドのベビーカーも!
出典:Amazon
おしゃれなベビーカーをお探しの方には、海外ブランドのベビーカーがおすすめ。女性だけでなく、男性も抵抗なく押せるスタイリッシュで洗練されたデザインのものが多いです。しかし、かっこいいだけで実用性に欠けるのでは、と思う方もいるのではないでしょうか。インポートベビーカーの中には、コンパクトに折りたためる持ち運びに便利なものや、安定性があり、小回りがきいて走行しやすいものといった、見た目だけでなく、機能性に優れたモデルも多数展開されていますよ。

両対面ハイシートベビーカーのおすすめ人気ランキング3選

コンビ
スゴカル α 4キャス compact エッグショック HS

繊細な赤ちゃんを衝撃から守る

コンビのスゴカルは、3層に分けて衝撃を吸収する機能「トリプルエッグ」が特徴。頭部にクッションを使用しているため、柔らかい赤ちゃんの頭を衝撃からガード。さらに、シートが赤ちゃんを包み込み、タイヤからも衝撃を吸収するため、わずかな振動も防ぎます。名前のとおり軽量でありながら、赤ちゃんのために安心の機能面も充実しているベビーカーです。
サイズ 開:W486×D760~940×H890~1080mm 閉:W486×D425×H853~1010mm
重量 5kg
対象 1カ月~36カ月
型番:2010200620098

ピジョン
ピボットエトワール

便利な機能を多数搭載!

ピジョンのピボットは西松屋の限定モデルで、お値段がリーズナブル。生後1ヶ月の赤ちゃんから使用できるA型ベビーカーです。シートの高さは54cmです。リクライニングは115度から165度まであり、ハンドルの高さの調節もできますよ。総重量が4.3kgなので、軽々と持ち上げられます。リーズナブルでありながら便利な機能が多数備わっています。
サイズ 開(対面) : W485×D835~855×H755~1004mm、開(背面時) : W485×D760~820×H810~1050mm、閉 : W485×D360×H840~970mm
重量 4.3kg
対象 1カ月~36カ月

コンビ
メチャカル オート4キャス エッグショック

軽量で折りたたみも簡単

メチャカルシリーズはコンビの人気シリーズです。エッグショックとは、コンビ独自の衝撃吸収素材で、柔らかい赤ちゃんの頭を衝撃から守ってくれます。軽さを重視して設計されているこのシリーズの中でも、最も軽いモデルとなっています。ワンタッチで片手で開閉できるので、折りたたみが簡単。赤ちゃんとママだけでのお出かけでも安心です。
サイズ 開 : W497×D745~880×H1005~1050mm、閉 : W497×D480×H1020mm
重量 4.9kg
対象 1カ月~36カ月

両対面ハイシートベビーカーの商品比較表

商品画像
コンビ
ピジョン
コンビ
商品名 メチャカル オート4キャス エッグショック ピボットエトワール スゴカル α 4キャス compact エッグショック HS
特徴 軽量で折りたたみも簡単 便利な機能を多数搭載! 繊細な赤ちゃんを衝撃から守る
サイズ 開 : W497×D745~880×H1005~1050mm、閉 : W497×D480×H1020mm 開(対面) : W485×D835~855×H755~1004mm、開(背面時) : W485×D760~820×H810~1050mm、閉 : W485×D360×H840~970mm 開:W486×D760~940×H890~1080mm 閉:W486×D425×H853~1010mm
重量 4.9kg 4.3kg 5kg
対象 1カ月~36カ月 1カ月~36カ月 1カ月~36カ月
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる

B型ハイシートベビーカーおすすめ人気ランキング4選

リッチェル Richell
カルガルー プラス CT

2.8kgの超軽量モデル

とにかく軽さにこだわって設計されたリッチェルのカルガルー。総重量はわずか2.8kg(プラスは3kg)で、赤ちゃんを抱っこしながらでも楽々と持ち運べる軽さです。赤ちゃんが長時間座っても疲れにくいよう、幅、奥行きがワイドな作りになっているのもポイント。さらに、日よけの背面布は通気性のよいメッシュ素材でできており、また110度から130度までのリクライニングが可能と機能面も充実。赤ちゃんのために、より快適なものをお探しの方におすすめです。
サイズ 開 : 445×825×1075Hmm、閉 : ×355×1020Hmm
重量 2.8kg
対象 7ヶ月 ~ 36ヶ月
型番:2074137

Aprica (アップリカ)
マジカルエアークッション

赤ちゃんへの振動から守る安心設計

ベビーカーといえばアップリカを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。マジカルエアークッションは、軽さと快適さを両立したベビーカーです。デコボコした道や、赤ちゃんへ伝わる振動から守ります。大容量約20Lのバスケットで、荷物がたくさん入ります。また、リバーシブルシートは丸洗い可能なのでお手入れも簡単ですね。
サイズ 開 : W456×D762×H1050mm、閉 : W456×D340×H934mm
重量 3.8kg
対象 7ヶ月 ~ 36ヶ月
型番:06319

ピジョン
B形ベビーカー ビングル

ポップなデザインがかわいい!

ピジョンのビングルはシングルタイヤを搭載したB型ベビーカー。シングルタイヤは、デコボコ道でもスムーズに走行することができ、押しやすいのが特徴。3種類のカラーバリエーションがあり、どれもかわいいポップなデザイン。インナーシートは洗濯機で丸洗いできます。コンパクトなので幅を取らず収納しやすいですよ。
サイズ 開 : W495×D775×H1015mm、閉 : W495×D310×H920mm
重量 3.6kg
対象 7ヶ月 ~ 36ヶ月

コンビ
ベビーカー F2plus エフツープラス AF

片手でも操作しやすい!

コンビの最軽量シリーズであるF2シリーズ。F2plusはシートの高さが53cmあります。また、120度から165度までリクライニングができ、生後1ヶ月の赤ちゃんから使用することができます。シートだけでなくハンドルの位置もハイポジションで、背が高い方でも押しやすいのもポイント。オプションでホイールキャップを選ぶことができ、自分好みの組み合わせを楽しめます。
サイズ 開 : W495×D715~795×H1040mm、閉 : W495×D350~385×H890mm
重量 3.8kg
対象 1ヶ月 ~ 36ヶ月

B型ハイシートベビーカーの商品比較表

商品画像
コンビ
ピジョン
Aprica (アップリカ)
リッチェル Richell
商品名 ベビーカー F2plus エフツープラス AF B形ベビーカー ビングル マジカルエアークッション カルガルー プラス CT
特徴 片手でも操作しやすい! ポップなデザインがかわいい! 赤ちゃんへの振動から守る安心設計 2.8kgの超軽量モデル
サイズ 開 : W495×D715~795×H1040mm、閉 : W495×D350~385×H890mm 開 : W495×D775×H1015mm、閉 : W495×D310×H920mm 開 : W456×D762×H1050mm、閉 : W456×D340×H934mm 開 : 445×825×1075Hmm、閉 : ×355×1020Hmm
重量 3.8kg 3.6kg 3.8kg 2.8kg
対象 1ヶ月 ~ 36ヶ月 7ヶ月 ~ 36ヶ月 7ヶ月 ~ 36ヶ月 7ヶ月 ~ 36ヶ月
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる

折りたたみハイシートベビーカーおすすめ人気ランキング3選

Aprica (アップリカ)
マジカルエアー AE

軽量でコンパクト!振動からもしっかりガード

マジカルエアーAEは、3.6kgとマジカルエアープラスよりもさらに軽く、コンパクトなモデルです。「ゆれぐらガード」搭載により、振動が軽減され、乗り心地も快適です。デザインは全部で3種類。シンプルなものやポップなものなどバリエーションが豊富で選ぶのも楽しいですよ。生後7か月の赤ちゃんから使用することができます。
サイズ 開 : W445×D765×H1050~1150mm、閉 : W445×D310×H932mm
重量 3.2kg
対象 7ヶ月 ~ 36ヶ月
型番:2048521

Aprica (アップリカ)
コンパクトベビーカー ナノスマート プラス

スマートサイズでバスや電車への持ち運びにも◎

生後一か月から使用できる従来の背面ベビーカーと比べると、折りたたみ時のサイズは1/2ととってもコンパクト。場所を取らず、しっかり自立するので、電車やバスでの利用時も安心です。スマートでありながら、赤ちゃんに伝わる振動をしっかりガード。28Lと大容量の下カゴも付いており、利便性にも優れています。
サイズ 開 : W497×D817×H1100mm、閉 : W497×D300×H530mm
重量 5.6kg
対象 1か月~36ヶ月

ピジョン
シティコンパクト・ベビーカー パタン

片手で折りたためるコンパクトタイプ

折りたたみ方に特徴のあるピジョンのパタン。2つ折りにするように折りたたむので、高さが抑えられ、車のトランクに立てて積むことができます。また、肩にかけたり、キャリーバッグのようにひいて持ち運ぶこともできますよ。片手で簡単に折りたためるのも魅力です。リクライニングは115度から165度で、生後1ヶ月から使用できます。
サイズ 閉 : W482×D400×H790mm(フロントガードあり)、閉 : W482×D390×H667mm(フロントガードなし)、開 : W482×D750×H1030mm
重量 4.7kg
対象 1ヶ月 ~ 36ヶ月

折りたたみハイシートベビーカーの商品比較表

商品画像
ピジョン
Aprica (アップリカ)
Aprica (アップリカ)
商品名 シティコンパクト・ベビーカー パタン コンパクトベビーカー ナノスマート プラス マジカルエアー AE
特徴 片手で折りたためるコンパクトタイプ スマートサイズでバスや電車への持ち運びにも◎ 軽量でコンパクト!振動からもしっかりガード
サイズ 閉 : W482×D400×H790mm(フロントガードあり)、閉 : W482×D390×H667mm(フロントガードなし)、開 : W482×D750×H1030mm 開 : W497×D817×H1100mm、閉 : W497×D300×H530mm 開 : W445×D765×H1050~1150mm、閉 : W445×D310×H932mm
重量 4.7kg 5.6kg 3.2kg
対象 1ヶ月 ~ 36ヶ月 1か月~36ヶ月 7ヶ月 ~ 36ヶ月
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる 楽天市場でみる

インポートハイシートベビーカーおすすめ人気ランキング3選

ストッケ
エクスプローリー

子供の成長に合わせて調節できるシートが便利

スタイリッシュな北欧デザインで人気のあるストッケのベビーカー。しっかりとしたつくりで重量はありますが、安定した走行で押しやすいのが特徴です。エクスプローリーはシートの高さが調節できる機能を搭載しています。子供の成長やシーンに合わせて使い分けをしたいという方におすすめです。ほぼフラットにリクライニングでき、生後1ヶ月から使用できます。
サイズ 開 : 長さ750-1020×高さ890-123×幅565mm 、閉 : 長さ990×高さ340×幅560mm
重量 12.1kg
対象 6ヶ月 ~

ストッケ
スクート2 ベーシックキット

小回りが利いて走行しやすい!

ストッケ スクート2は、クッション性のあるタイヤを採用しており、また前輪が360度回転するので小回りが利き、走行しやすいのがポイント。3段階にシートの傾き加減を変更することができるのも特徴。シーンによって調節できるてとっても便利ですよ。コンパクトに折りたたむことができるので、楽々持ち運ぶことができます。
サイズ 高さ1110×幅550×奥行750mm
重量 13.1kg
対象 1ヶ月 ~ 36ヶ月
型番:41641

ジョイー
エアスキップ ブラックインク

軽量で持ち運びやすく、機能性も◎

イギリスのベビーカーブランドjoieから、A型ベビーカーとB型ベビーカーの良い所を取り入れた”AB型バギー”として発売されたエアスキップ。リクライニングは130度から170度まで無段階で角度を調節できます。とてもコンパクトなつくりで、幅はわずか46cmなので、狭い道や改札口なども楽に通ることができます。重さは4.4kgで持ち運びにも便利です。機能の面でもサイズの面でも妥協したくない方におすすめです。
サイズ 開 : W460xD840xH1000mm、閉 : W460xD370xH1000mm
重量 4.4kg
対象 1ヶ月 ~ 36ヶ月

インポートハイシートベビーカーの商品比較表

商品画像
ジョイー
ストッケ
ストッケ
商品名 エアスキップ ブラックインク スクート2 ベーシックキット エクスプローリー
特徴 軽量で持ち運びやすく、機能性も◎ 小回りが利いて走行しやすい! 子供の成長に合わせて調節できるシートが便利
サイズ 開 : W460xD840xH1000mm、閉 : W460xD370xH1000mm 高さ1110×幅550×奥行750mm 開 : 長さ750-1020×高さ890-123×幅565mm 、閉 : 長さ990×高さ340×幅560mm
重量 4.4kg 13.1kg 12.1kg
対象 1ヶ月 ~ 36ヶ月 1ヶ月 ~ 36ヶ月 6ヶ月 ~
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる

チャイルドシート兼用のベビーカーも便利

チャイルドシート兼用のベビーカーも便利
出典:Amazon
新生児の赤ちゃんから使用することができ、寝かせたまま移動することができる便利なチャイルドシート兼用ベビーカー。退院後すぐにベビーカーを使いたい、1つのベビーカーをさまざまなシーンで活用したい、という方におすすめです。下記の記事では、トラベルシステムのメリット、デメリット、選び方やおすすめ商品などを紹介しています。是非参考にしてみてください。
チャイルドシート兼用ベビーカー&トラベルシステムの人気19選
チャイルドシート兼用ベビーカー&トラベルシステムの人気19選>>
チャイルドシート兼用のベビーカーってどういうものがあるの?トラベルシステムとは?その特徴やメリット・デメリットと、マキシコシなどの定番商品から最新の完全一体型のベビーカーなど、おすすめのものをご紹介します!
ハイシートのベビーカーは最近では定番化しつつあり、いろんなメーカーから発売されています。地面の熱やホコリから子供を守ってくれるだけでなく、ベビーカーへの乗せおろしなどの子供のお世話の面から見ても使い勝手がよく、人気があります。見た目でもおしゃれでスタイリッシュな印象となるハイシートベビーカー。ベビーカーを選ぶ際には、是非この記事を参考にしてみてください。
ベビー・マタニティランキング