チャイルドシートで安全なドライブを!選び方とおすすめ5選

突然の事故の際、お子さんを衝撃から守ってくれるチャイルドシート。正しく使って、いざという時の安全性を高めましょう。ここではチャイルドシートの選び方とおすすめをご紹介します。

チャイルドシートは着用義務!いつまでつければいいの?

super☆AUTOBACS TOKYOBAY東雲 カーライフアドバイザー
小林 可奈さん
チャイルドシート
2000年4月より、座席ベルトを適切に使用できない子どもを自動車事故から守るため、新生児~6歳未満の子どもを車に乗せる時にはチャイルドシートの着用が義務付けられています。

法律上では6歳未満の子どもという基準ですが、自動車のシートベルトは身長140cm以上の人を守ることを想定して作られています。そのため6歳を過ぎていても、身長が140cm以下の場合には、チャイルドシートを着用したほうが安全です。

ベビーシート・チャイルドシート・ジュニアシートのちがい

子どもを車に乗せるときに使用するものをひとまとめにして、「チャイルドシート」と呼ぶこともありますが、対象年齢によってベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシートの3種類があります。それぞれの特徴を知り、お子さんに合うものを選んでくださいね。

ベビーシート

コンビ ベビーシート
ベビーシートは、新生児~幼児を乗せる時に使用するシートです。製品上は新生児~4歳くらいまでとなっていますが、発育のスピードはひとりひとり違うので、体の大きさでいうと体重~10kg・身長70cm未満のお子さんが目安です。

チャイルドシートやジュニアシートとの大きな違いは、後ろ向きに装着するように作られていること。これは、生まれたばかりで首が座っていない赤ちゃんの首や頭部を守るために、万が一のときには、背中全体で衝撃を受け止められるようにしているのです。

最近は乗せ降ろしがしやすいように、回転するタイプが人気です。
ベビーシートで赤ちゃんを守る!おすすめ4選
ベビーシートで赤ちゃんを守る!おすすめ4選>>
生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ柔らかく、ちょっとした衝撃でも大きなダメージを受けてしまいます。そんな赤ちゃんを車の事故から守ってくれるのが、ベビーシート。チャイルドシートとはどんな違いがあるのでしょうか。また、何歳くらいまで、どのように使えばよいのでしょうか。今回はベビーシートについてご紹介します。

チャイルドシート

レカロ チャイルドシート
チャイルドシートは幼児~小児を乗せる時に使用するシートです。製品上は1~11歳までとなっていますが、こちらも身体の大きさでいうと体重9~18kg・身長~100cmのお子さんが目安です。

この時期の幼児の身長ではシートベルトは使用できないので、チャイルドシートについたハーネスで身体を支えて衝撃から守るようになっています。

ジュニアシート

レカロ ジュニアシート
ジュニアシートはチャイルドシートと同じく幼児~小児を乗せる時に使用するシートです。3歳以上、体重15kg以上がお子さんが目安です。シートベルトで体を支えて使用しますが、首にベルトがかからないような構造になっています。

年齢的に、背もたれや首の支えがあるのが嫌だというお子さんのために、背面が外れたり、背もたれが元々ないブースター(座面部)のみのタイプも販売されています。ただしのブースタータイプは体重22~36kg以上、125cm以上のお子さんしか使用できませんので、注意が必要です。

チャイルドシートの装着位置は?助手席は避けたほうが安全

チャイルドシート
チャイルドシートを設置する際、最も安全な場所は、運転席のすぐ後ろの席です。これは事故の際、運転手が自分が安全な方へ無意識に車を迂回させることに加え、運転席がクッションになり、死亡率が最も低い席だからです。

お子さんの様子を確認しやすい助手席に設置したくなるかもしれませんが、助手席は最も死亡率が高い席。また、チャイルドシートによって通常よりも頭の位置が前に出るため、エアバックで窒息してしまうなど、ダメージを負う可能性もあります。

また、運転中に気になってしまい、安全運転の妨げになってしまう場合も。法律による設置位置の指定はありませんが、後部座席に設置したほうが良いでしょう。

チャイルドシートの選び方

チャイルドシートを選ぶときには、次の4つを確認しておきましょう。
カーショップ

頭の保護がしっかりできるものを選ぶ

子どもの頭は大人よりも柔らかく、事故の衝撃を受けやすくなっています。チャイルドシートは、クッションや支えで頭をしっかり保護してくれるものを選ぶことが大切です。特に新生児は首が座っていないこともあり、背中全面で衝撃が受けられるよう、後ろ向きに取り付けられるベビーシートを使用しましょう。

クッション性があって座りやすいものを選ぶ

チャイルドシートも、子どもが快適なものを選ぶのがおすすめです。クッション性の悪いシートでドライブすると大人が疲れてしまうように、座りにくいチャイルドシートはぐずる要因の1つになりかねません。

シートメーカーのRECAROや、ベビー用品メーカーのコンビ・アップリカなどを選ぶと、クッション性が高く座りやすいので、安心して子どもを乗せることができます。

通気性が高い素材を選ぶ

子どもは大人よりも汗っかき。通気性の悪いシートだと、体が蒸れて嫌がったり、あせもなどの皮膚トラブルの原因になったりする可能性があります。通気性の高いものを選んで、快適な環境を作ってあげましょう。体が接する面にメッシュ素材を使っているものなどがおすすめです。

ISOFIX対応のものは、子供が乗っていないときにも動かなくて便利

ISOFIX
ISOFIXとは、車とチャイルドシートに取り付けられた金具を連結することで、簡単にミスなく固定できるというもの。2012年7月以降に販売されている自動車には、このISOFIX用のアンカーがシートについています。

ISOFIXが登場するまでは、ベビーシートもシートベルトで固定するのが主流でしたが、きちんと固定できていなかったり、使っているうちに緩んできてしまったりということも少なくありませんでした。

チャイルドシートやジュニアシートでは、シートベルトを使って子どもを固定しているため、チャイルドシートそのものを固定するためにISOFIXを用いる必要はありません。しかし、子どもが乗っていないと、チャイルドシートの固定がなくなり、運転中に動いてしまいます。これが気になってしまうという場合には、チャイルドシートやジュニアシートもISOFIXに対応したものを選ぶと良いでしょう。

おすすめのチャイルドシート

RECARO ジェイワン セレクト

乗り物シートメーカー・RECAROのチャイルドシート。子どもが座る姿勢を研究し、車内での子どもの安全と乗り心地を追求した製品です。頭部をしっかりガードするヘッドサポートクッションが、お子さんが眠ってしまっても頭を固定してくれます。付属のコンビニボックスにはドリンクだけでなくお菓子やゲームを入れることもでき、車内でもお子さんが退屈しません。腰周りの安全も考えられた、シートメーカーならではのチャイルドシートです。

RECARO ジェイワン セレクト ヘイズグレー

25,920(税込)
2019年10月3日 1:01時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
  • 本体サイズ:W465 / D500 / H580-820
  • 対象:12ヶ月 ~ 144ヶ月

Combi ジョイトリップ エッグショック

ベビー用品メーカー・コンビのチャイルドシート。卵を落としても割れない衝撃吸収素材「エッグショック」を使用し、万が一の衝撃からお子さんの頭部を守ってくれます。コンパクトかつスリムなので、軽自動車でも搭載しやすいサイズです。通気性もよく、シートが丸洗いできるので、汗をかきやすいお子さんでも清潔に使用できます。

Combi ジョイトリップ エッグショック GG ブラック

25,980(税込)
2019年10月3日 1:01時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

Recaro ヤングスポーツ ヒーロー

Recaroのチャイルドシート。全身の保護はもちろん、危険度の高い側面からの衝撃に備えて、サイドのガードも強くなっています。マイクロファイバーで、体温の高いお子さんの汗もしっかり吸収し、肌触りも良好です。デザイン性も高く、インテリアにこだわりのある方にもオススメの製品です。

Recaro ヤングスポーツ ヒーロー ルビー

83,280(税込)
2018年11月21日 13:07時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
  • 本体サイズ:700(H) x 470(W) x 570(D) mm
  • 対象]:9ヶ月 ~ 144ヶ月

レカロ スタート ジェイワン グラウブラック

同じくRecaroのチャイルドシート。ヘッドサポートをはじめとするシートが子どもの体をしっかりと支え、ハーネス状のベルトが優しく固定してくれます。ジェイワンとほぼ同機能ですが、インナーパッドがない分、ややリーズナブルに購入することができる、オトクな商品です。

レカロ スタート ジェイワン グラウブラック

24,516(税込)
2019年10月3日 1:01時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
  • 本体サイズ:580~820(H)x465(W)x500(D)
  • 対象:12ヶ月 ~ 144ヶ月

ISOFIX対応のおすすめチャイルドシート

日本育児 チャイルドシート トラベルベスト ECプラス

チャイルドシートにはめずらしい、ISOFIXに対応した日本育児のトラベルベスト。折りたたんで持ち運びができるモデルで、複数の車を所有していたり普段子どもを乗せない車に乗せたりという時にも、カンタンに設置して使用できます。柔らかいクッション素材で座り心地も良く、背もたれには通気性の良いメッシュ素材を使用。コンパクトなので軽自動車でもスッキリと設置ができます。

日本育児 トラベルベスト ECプラス ブラウンボーダー

9,126(税込)
2019年10月3日 1:01時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
  • 本体サイズ:W34×H54~59×D30(cm)
  • 折畳時のサイズ:W34×H55×D19(cm)
  • 対象:12ヶ月 ~ 48ヶ月
  • 対象体重:9kg~18kg

保護マットやネックピローがあるとより快適!

チャイルドシート保護マットで座席を保護

チャイルドシートを設置すると、車のシートに傷をつけてしまうことがあります。そんなチャイルドシートによるキズから車のシートを守ってくれるのが、チャイルドシート保護マットです。シートへの傷を防ぐと同時に、チャイルドシート自体がズレるのを防いでくれます。チャイルドシートを購入する際は、同時購入と設置をおすすめします。

ベルニコ 遮熱カバーつき保護マット

1,330(税込)
2019年10月3日 1:01時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

寝てしまったときにはネックピロー

子どもは座った状態で眠ってしまうと、頭が重いのでがっくりと下を向いてしまい、首に負担がかかってしまいます。そんな時にあると便利なのが、ネックピロー。首を支えて、楽な姿勢で眠らせてあげることができます。

SKIP HOP アニマル・ネックピロー モンキー

1,215(税込)
2019年10月3日 1:01時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
お子さんの安全を守るためのチャイルドシート。大切なのは、お子さんが快適に過ごせて万が一の時に守ってくれること、そのためにも間違いなく車に設置することです。しっかりとしたシートを選んで、大切な命を守ってあげてください。

チャイルドシートの人気ランキングもチェック!

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: チャイルドシート の中で最も人気のある商品です>>
【楽天市場】チャイルドシート本体 | 人気ランキング1位~(売れ筋商品)>>

この記事に登場した専門家

super☆AUTOBACS TOKYOBAY東雲 カーライフアドバイザー
小林 可奈さん
オートバックスは全国570店舗を超えるネットワークを持つカー用品専門店。タイヤ、オイル、バッテリーから、芳香剤、カーナビゲーション、モータースポーツ関連グッズまで、数多くのカー用品を取りそろえている。同店は、オートバックスグループ店舗の旗艦店の一つで、ドライブレコーダーの販売台数はグループ内TOPを誇る。
詳しくはこちら
あなたにおすすめの記事
カーアクセサリランキング