新生児におすすめのベビーカーを解説!はじめてのベビーカー選び

新生児から使用できるベビーカーってあるの?リクライニングの角度、ヘッドサポート、振動の軽減によって新生児から使用できるモデルをご紹介します。チャイルドシートと兼用できるタイプもあります。退院後すぐに使いたいというママ必見です。

そもそも新生児にベビーカーは必要?

マタニティメディア「ニンプス」編集長
小林博子さん
新生児のイメージ画像
生まれてから1ヶ月の間は、外出する機会があまりないため、必ずしも必要というわけではありません。

新生児は体温調節などがまだうまくできないので、お出かけはなるべく避けたほうがいいのですが、各種届出や通院などで外出しなければならない場合もあります。

その際にベビーカーがあれば、寝かせて移動することができ、安心してお出かけができるのでおすすめです。

新生児用のベビーカーってあるの?

ベビーカーには対象年齢が設定されています。使用する際には必ず対象年齢を確認する必要があります。「生まれてすぐ」「0ヶ月から」という表記があるものを使いましょう。

基本的に新生児から使えるベビーカーは、SG基準の「A型」のタイプになります。リクライニングの角度が150度以上で、ほぼ水平になるものを選びましょう。

別売りのオプションを付ければ新生児から使えるタイプのものや、ベビーシートやベビーキャリーとしても使える多機能なベビーカーなど、長く使えるものもあります。

新生児用は特に気をつけたいベビーカー選びのポイント

まず、絶対に外してはいけないポイントは、リクライニングの角度です。フルフラットになるものを必ず選びましょう。

もう一つのポイントは、安全性を重視して選ぶこと。特に新生児は振動や衝撃に弱く、揺さぶられっ子症候群になる危険もあるので、なるべく振動を軽減する機能があるものを選ぶようにしましょう。

また、機能が充実するほど本体は重くなりがちですが、なるべく軽いものを選ぶと、走行しやすくなります。

新生児から使えるおすすめベビーカー

マクラーレン クエスト

ほぼフラットになるシート・ヘッドバリア・フットバリアが付いた新生児セイフティシステムに対応しています。

コンパクトでしっかりとしたつくりで、総重量は5.7kg。シートは4段階にリクライニングでき、足置きも伸縮可能です。

Maclaren マクラーレン ベビーカー クエスト ブラック

マクラーレン テクノXT

より安全性・操作性・走行性を追求したモデルで、総重量は6kgで、少しだけクエストよりも重量があります。

マクラーレン テクノXT

車に乗る方はチャイルドシート兼用のベビーカーもおすすめ

車で移動することが多い場合には、トラベルシステム対応のベビーカーがおすすめです。別売りのアイテムを付ければ、チャイルドシート兼用になったり、新生児から使えるようになるものもあります。

欧米では定番で、1台でベビーカー・チャイルドシート・ベビーキャリー・ベビーシートと、何役もこなすことができ、移動の際に乗せ換えが不要なのでとても便利ですよ。

doona.(ドゥーナ)

イスラエル生まれのベビーカーとチャイルドシートが完全に一体化したベビーカーで、シートの取り外しをせずにそのままチャイルドシートになる、全く新しい形状です。

設置がとても簡単なので、設置ミスのリスクが低く、安全に使うことができます。

コンビ F2用トラベルシステムキット

コンビの軽量モデルF2シリーズは、別売りのトラベルシステムキットを使えば新生児から使えます。

ベビーカー自体は背面式でですが、専用シートを使うことで、対面で走行することもできます。

産まれたての赤ちゃんの頭を衝撃から守るエッグショックという機能も搭載しているので、安心です。

コンビ Combi F2用トラベルシステムキット ブラック

・[本体サイズ] キャリー:W460×D690×H350mm(ハンドル含まず)アタッチメント:W407×D205×H360mm
・F2用トラベルシステムキット誕生。
・[対象] 0ヶ月 ~ 12ヶ月

コンビ F2 AF

・[本体サイズ] 開:W495×D715~775×H1040mm閉:W495×D300~370×H890mm
・[製造国] 中華人民共和国
・[対象] 7ヶ月 ~ 36ヶ月

コンビ Combi ベビーカー F2plus エフツープラス AF

・[本体サイズ] 開:W495×D715~795×H1040mm閉:W495×D350~385×H890mm
・[製造国] 中華人民共和国
・[対象] 1ヶ月 ~ 36ヶ月

商品比較表

商品画像
商品名 コンビ Combi ベビーカー F2plus エフツープラス AF コンビ F2 AF コンビ Combi F2用トラベルシステムキット ブラック
特徴
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

ストッケ イージーゴー X1 by ビーセーフ

ストッケの全てのベビーカーに装着することができ、新生児から13kgくらいになるまで使用できます。シートの形状はパッドやクッションの着脱で、成長に合わせて調節できます。

取付用のアダプターはなく、そのままはめ込むだけで装着できる手軽さが◯。

ストッケ イージーゴー X1 by ビーセーフ ISOFIX対応 レッド

・[本体サイズ] サイズ:32×44×71cm、総重量:4.2kg
・[製造国] 中華人民共和国
・[セット内容・付属品] 日本語取扱説明書付属
マグネット付きショルダーパッド。お子さまをシートに座らせたり出したりするときに便利です。
簡単・確実な取り付け方法で、誤った使用方法によるリスクを最小限にします。
ストッケのすべてのストローラーに対応しています。
・[対象] 0ヶ月 ~

ストッケ スクート2 ベーシックキット

イージーゴー X1 by ビーセーフ対応ベビーカー

ストッケ エクスプローリー

イージーゴー X1 by ビーセーフ対応ベビーカー

商品比較表

商品画像
商品名 ストッケ エクスプローリー ストッケ スクート2 ベーシックキット ストッケ イージーゴー X1 by ビーセーフ ISOFIX対応 レッド
特徴
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

サイベックス クラウドQ

コンパクトでスタイリッシュなデザインのサイベックスのミオスは、同社製品の「クラウドQ」を装着できます。フルフラットになるので、新生児から使えます。

また、ヘッドレストが11段階に高さ調節できるので、成長に合わせて使用できます。

サイベックスはもともとチャイルドシートの会社ということもあり、安全面でも信頼ができます。

サイベックス CYBEX クラウドQ トラベルシステム 【ISOFIX対応】 チャイルドシート

・[本体サイズ] 45×70×43cm
・ベビーカーに取り付けてトラベルシステムとしても大活躍するベビーシートタイプ。
・[製造国] 中華人民共和国
・[対象] 0ヶ月 ~ 18ヶ月

サイベックス CYBEX 両対面ベビーカー MIOS ミオス (生後1ヶ月~4歳頃まで)

サイベックス CYBEX ベビーカー (正規輸入品) プリアム PRIAM

エアバギー ココ ブレーキ

商品比較表

商品画像
商品名 エアバギー ココ ブレーキ サイベックス CYBEX ベビーカー (正規輸入品) プリアム PRIAM サイベックス CYBEX 両対面ベビーカー MIOS ミオス (生後1ヶ月~4歳頃まで) サイベックス CYBEX クラウドQ トラベルシステム 【ISOFIX対応】 チャイルドシート
特徴
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

マキシコシ ペブルシリーズ

マキシコシはトラベルシステムの代表格。新生児から使えるのはペブルシリーズです。

異なるブランドのベビーカーに装着ができる画期的なシステムで、インポートブランドに対応している機種が多いので、チェックしてみてくださいね。

マキシコシ MAXI-COSI ペブルプラス PebblePlus ブラックレイベン

・[本体サイズ] 幅44×奥行67×高さ46cm
・[製造国] オランダ
・[セット内容・付属品] サンキャノピー、ハグインレイヘッドサポート
・[対象] 0ヶ月 ~ 12ヶ月

マキシコシ MAXI-COSI ペブル Pebble トラベルシステム ISOFIX対応 チャイルドシート

・[本体サイズ] 幅44×奥行67×高さ56cm
・[セット内容・付属品] サンキャノピー、ヘッドサポート
・[対象] 0ヶ月 ~ 15ヶ月

エアバギー ココ スタンダード

エアバギー ココ プレミア

エアバギー ココ ブレーキ

クイニー Quinny ザップ ZAPP トラベルシステム対応

商品比較表

商品画像
商品名 クイニー Quinny ザップ ZAPP トラベルシステム対応 エアバギー ココ ブレーキ エアバギー ココ プレミア エアバギー ココ スタンダード マキシコシ MAXI-COSI ペブル Pebble トラベルシステム ISOFIX対応 チャイルドシート マキシコシ MAXI-COSI ペブルプラス PebblePlus ブラックレイベン
特徴
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

夏の暑さや冬の寒さ対策にも注意!

新生児は体温の調節がまだうまくできないので、注意が必要です。うまくグッズを活用して、赤ちゃんが快適に過ごせるよう工夫してあげましょう。

例えば、夏には強い日差しから赤ちゃんを守ってくれるケープや、汗を吸い込んでくれるベビーカーシートが便利です。

また、冬の寒い日にはあたたかいブランケットが必須です。ベビーカーに取り付けるクリップがあると、ずり落ち防止に役立ちます。

他にも雨用にレインカバーがあると、急な雨でも安心ですよ。

おわりに

新生児の時期は短く、あまり外出をする機会もないため、新生児から使えるベビーカーはあまり種類はありませんが、トラベルシステムを搭載したものを選んだり、付属品を活用することで、生まれてすぐの赤ちゃんを乗せてあげることができます。

特にトラベルシステムは1台で何役もこなせるので、とても便利。新生児期が過ぎても様々なシーンで使えるのでおすすめです。

大切な赤ちゃんとのお出かけを安心して楽しめるように、使用方法をしっかり守って使いましょう。

この記事に登場した専門家

マタニティメディア「ニンプス」編集長
小林博子さん
妊婦さんの3人に1人がアクセスする日本最大級のマタニティメディア「ニンプス」編集長。「All About」でもマタニティグッズ・ベビー用品のガイドを努めている。プライベートでは、11歳の小学生男児と、4歳の女の子の2児のママ。
詳しくはこちら