【2023】トラベルシステムのおすすめ人気ランキング8選|チャイルドシート兼用ベビーカーも紹介

BestOne編集部

ベビーカー、チャイルドシート、キャリーの1台3役をこなすトラベルシステム。欧米ではメジャーな存在であるものの、日本ではあまりなじみのない方も多いかもしれません。トラベルシステムには、先に紹介した3つの役割を兼用しているだけでなく、バウンサーやチェア、クーファンとしての機能を持った製品も登場しています。今回は、新生児から使える便利なトラベルシステムについて紹介していきます。選び方やおすすめの製品もピックアップしていますので、参考にしてみてください。

この記事に登場する専門家

マタニティメディア「ニンプス」編集長
小林博子さん
妊婦さんの3人に1人がアクセスする日本最大級のマタニティメディア「ニンプス」編集長。「All About」でもマタニティグッズ・ベビー用品のガイドを努めている。プライベートでは、11歳の小学生男児と、4歳の女の子の2児のママ。
詳しくはこちら
トラベルシステムとは?
トラベルシステムの選び方
トラベルシステムのおすすめ人気ランキング8選
まとめ
この記事に登場した専門家

トラベルシステムとは?

マタニティメディア「ニンプス」編集長
小林博子さん
トラベルシステムとは?
出典:Amazon.co.jp
チャイルドシートとベビーカーを両方買うのは、置き場所にも困るし、金銭的にも大変……そんなパパ・ママにおすすめしたいのが、チャイルドシート兼用のベビーカー!1台で両方の役割を果たせちゃう便利なアイテムです。

チャイルドシート、ベビーカー、ベビーキャリー、バウンサーと1台4役の「トラベルシステム」

その中で多いのは、トラベルシステムを取り付けるタイプのもの。トラベルシステムとは、下の画像にあるように、取り外しが簡単にできるチャイルドシートのような形状で、車ではチャイルドシートとして使えて、対応したフレームやベビーカーに取り付けるとベビーカーとして使えます。

家ではバウンサーとして使えたり、ベビーキャリーとしても使えて、赤ちゃんを乗せたまま運べるので、寝かせたままスムーズに移動できるのは大きなメリットです。チャイルドシートとして使う場合は、一般的なものと比べてコンパクトなものが多いので、座席のスペースを取りません。

新生児から使うことができるため、退院後すぐ使えるのですが、使用期間が1歳くらいまでのものが多く、使える期間が短いのがデメリットです。退院後すぐに使いたいという方や、身体がしっかりしてきたら買い替えを検討しているという方におすすめです。

購入・使用の際は、対応車種を確認して、しっかりと取り付けて使うようにしましょう。では、ここから人気のチャイルドシートにもベビーカーにもなる商品をご紹介してきます!

トラベルシステムの選び方

それでは、トラベルシステムの選び方を紹介していきます。赤ちゃんの安全を守って、パパとママも快適に使えるものを見つけられるよう、しっかりチェックしていきましょう。

対象年齢|新生児~1歳くらいまでが一般的

対象年齢|新生児~1歳くらいまでが一般的
トラベルシステム搭載のベビーカーは、新生児~1歳ごろまで使えるものがほとんどです。中には、5~6か月目までしか使えないもの、体重制限のあるものなどもあるので、購入前によく確認しておきましょう。

また、トラベルシステムやベビーチェアとしてではなく、ベビーカーとしてなら3~4歳まで使えるものもあります。決して安い買い物ではないため、できるだけ長く使いたい方は、こうした製品もチェックしてみてください。

安全性|認証マークや本体重量にも注目

安全性|認証マークや本体重量にも注目
トラベルシステムは、赤ちゃんの身体を預けるものですから、安全性には十分にこだわりたいものです。第3者機関によってテストされ、安全基準を満たしていると認証マークを受けたものがおすすめ。また、持ち運びを考えると軽量なものが魅力的ですが、安全性を考えるとある程度の重量は受け入れる必要があります。

安全基準のマークを取得しているものが安心

日本製のトラベルシステムであれば、「SGマーク」やチャイルドシートの「R43マーク」、「R44マーク」、新しい基準の「R129マーク」などが付いている製品がおすすめです。海外製品では、「ECE R44/04マーク」または新しい基準の「ECE R129マーク」もあります。

機能性や安全性の高いものは多少重量がある場合も

トラベルシステムは、持ち運ぶことを考えた際、赤ちゃんの体重と合わせると結構な重さになります。安全性を高める工夫や、少しでも長く使えるようにと大きめの設計になっているためです。ベビーカーから車、車から玄関まで、など短い距離を運ぶことを想定すると使いやすいでしょう。

機能性|1台でどんな役割を果たせるか確認しておこう

機能性|1台でどんな役割を果たせるか確認しておこう
出典:Amazon.co.jp
トラベルシステムは、基本的にベビーカー、チャイルドシート、キャリーの機能を持っていますが、中にはさらなる機能性を持った製品も登場しています。バウンサーやローチェアのようにも使えるものなら、別で用意する必要が無く、経済的な負担を減らせます。

また、クッションやベルトの位置を調整できるものは、赤ちゃんの成長に合わせて使えるので便利です。

適合車種|ISOFIXに対応しているかもチェック

適合車種|ISOFIXに対応しているかもチェック
出典:Amazon.co.jp
トラベルシステムをフル活用するためにも、車にしっかり載せられるかの確認は欠かせません。ひとつの目安として、「ISOFIX(アイソフィックス)」へ対応しているものだと、便利です。

ISOFIXとは、車に搭載されている専用のバーを使って簡単にチャイルドシートを取り付けられるもの。シートベルトを使用せず、ガッチリ装着できるのが特徴です。2017年7月以降に発売された車には必ず付いていますので、確認してみてください。

また、ISOFIXを使用しない場合はシートベルトでの固定となります。それぞれの製品によって取り付け方や固定方法が異なるため、購入前に適合車種と合わせて確認しておきましょう。

トラベルシステムのおすすめ人気ランキング8選

ここからは、編集部が選ぶトラベルシステムのおすすめ商品について人気ランキング形式で紹介していきます。ベビー用品で有名な国内メーカーのアップリカや、サイベックス・Joieといった欧州メーカーの製品をはじめ、超コンパクトにできるものや、衝撃吸収性に優れたものなど、さまざまな商品をピックアップしてみました。

Amazonや楽天市場の口コミ・レビューも参考にして、ぜひお気に入りのトラベルシステムを見つけてください。

Recaro(レカロ) レカロ イージーライフ エリート 2

参考価格: 29,800

超コンパクトに折りたためる

151度までリクライニングが可能なだけでなく、インナークッションも用意されているため0カ月から安心して使うことができるトラベルシステムです。背もたれだけでなくレッグレストの角度も変えることができ、折りたたむと49×26×59cmの自立可能な超コンパクトサイズになります。
38,500円  23%OFF
29,800 (税込)

PayPay支払いで誰でも毎日5%戻ってくる!

29,800 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2023年2月8日 22:18時点 shopping.yahoo.co.jp: 2023年2月6日 00:50時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
対象年齢 0カ月~
本体サイズ 49×105×69cm
本体重量 6.4kg

cybex(サイベックス) gb ポキットプラス オールテレイン+エイトン

参考価格: 50,270

長く使える育児の味方

B型ベビーカー・ポキットプラスにドッキング可能な、チャイルドシートにもなるエイトンが付いた0カ月から使用可能なトラベルシステムです。B型ベビーカーの機能を備えているため、4歳ころまで使い続けることができます。赤ちゃんが眠ってしまっても、起こさずそのまま運ぶことができて便利です。
50,270 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2023年2月8日 22:18時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
対象年齢 0カ月~
本体サイズ オールテレイン:48.5×71×102cm/エイトン:44×63×38cm(ハンドル起立時56cm)
本体重量 9.8kg

F2用 トラベルシステムキット

参考価格: 33,000

寝かせたままラクラク移動できる

ハンドル付きのためベビーキャリーとしてはもちろん、ベビーカーにドッキングすれば対面式ベビーカーとしても使うことができるキットです。加えて、室内ではロッキングチェアとして、車の中ではベビーシートとしても使うことができる4wayタイプとなっています。軽量コンパクトで設置も簡単です。
33,000 (税込)

お買い物マラソン!最大2000円OFFクーポン配布中

33,000 (税込)

PayPay支払いで誰でも毎日5%戻ってくる!

33,000 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2023年2月8日 22:18時点 rakuten.co.jp: 2023年1月25日 21:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2023年2月6日 00:50時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
対象年齢 0カ月~12カ月
本体サイズ キャリー:46×69×35cm(ハンドル含まず)/アタッチメント:40.7×20.5×36cm
本体重量 3.4kg

Hauck(ハウク) ISO-FIX対応チャイルドシート

参考価格: 39,800

衝撃吸収素材を使った安心して使用できるベビーシート

ドイツの安全規格をクリアしたトラベルシステム対応のシート。ベビーシートをワンタッチで簡単に3点式シートベルトに取り付けられる便利な設計で、赤ちゃんが眠ったままでもシートごと運べます。シートには衝撃吸収性や通気性のあるストレッチ素材が使われており、赤ちゃんにとって快適。取り付け時のミスを防ぐ構造で安全性も高いです。
39,800 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2023年2月8日 22:17時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
対象年齢 0か月~1歳半頃(体重13kgまで)
本体サイズ 67×44×66cm
本体重量 9.4kg
型番:38512

Joie(ジョイー) インファントカーシート ジュバ

口コミ・レビュー総合評価
4.07
(29件)
参考価格: 6,980

室内から室外までスムーズに移動できるマルチシート

ベビーカーやチャイルドシートなど幅広い使い方ができるトラベルシステム対応のシートで、室内外への移動がスムーズになります。ベビーカーへの取り付けも簡単で、対面式も可能。ゆらゆらと揺れる設計になっており、バウンサーとしても活躍します。軽量で持ち運びしやすく使い勝手のいいコスパのいいモデルです。

お買い物マラソン!最大2000円OFFクーポン配布中

6,980 (税込)

PayPay支払いで誰でも毎日5%戻ってくる!

5,500 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
rakuten.co.jp: 2023年1月25日 21:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2023年2月6日 00:50時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
対象年齢 0か月~1歳半頃(体重13kgまで)
本体サイズ 44×66×55cm
本体重量 2.9kg
型番:38835

Joie(ジョイー) ベビーシート ジェム エンバー

口コミ・レビュー総合評価
4.49
(65件)
参考価格: 9,823

ふかふかクッション付きで快適な寝心地

自宅ではゆらゆら揺れるバウンサーとして、ベビーカーやシートベルトに取り付けても使用できる便利なシート。赤ちゃんが座る部分はふかふかなインナークッションが使われており快適です。クッションは丸洗いできるため、汚れてもお手入れしやすく清潔。持ちやすいハンドル付きで持ち運びやすいです。
10,584円  8%OFF
9,823 (税込)

お買い物マラソン!最大2000円OFFクーポン配布中

8,339 (税込)

PayPay支払いで誰でも毎日5%戻ってくる!

8,400 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2023年2月8日 22:17時点 rakuten.co.jp: 2023年1月25日 21:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2023年2月6日 00:50時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
対象年齢 0か月~1歳半頃(体重13kgまで)
本体サイズ 44×71×56.5cm
本体重量 3.8kg
型番:2160904

Aprica(アップリカ) 新生児から使えるチャイルドシート

参考価格: 33,430

赤ちゃんを乗せたまま移動できて使いやすい

1台でチャイルドシートやベビーカー、キャリーなど5役をこなすマルチなシート。赤ちゃんを乗せたまま室内外に移動できるため、睡眠を妨げたくないときに便利です。別売り回転式ISOFIXベースを車に設置しておけば、乗せ降ろしがよりスムーズに。3層の衝撃吸収材が搭載されており、赤ちゃんの頭を衝撃から守ります。
38,500円  13%OFF
33,430 (税込)

お買い物マラソン!最大2000円OFFクーポン配布中

29,650 (税込)

PayPay支払いで誰でも毎日5%戻ってくる!

33,370 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2023年2月8日 22:17時点 rakuten.co.jp: 2023年1月25日 21:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2023年2月6日 00:50時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
対象年齢 0か月~12か月頃(体重10kgまで)
本体サイズ 44×68.5~72×30~55cm
本体重量 2.8kg
型番:2079008

Aprica(アップリカ) スムーヴ TS

参考価格: 27,600

赤ちゃんの負担にならない自然な姿勢をサポート

ゆったりとした内角30度に設計されたチャイルドシートは、赤ちゃんの首やお腹を圧迫することなく自然な姿勢で使用でき快適です。ベビーカーやチャイルドシートなど5WAYで使用でき、日々の育児をサポート。乳幼児用に開発されているためコンパクトで場所を取らず、軽量で持ち運びしやすいです。

お買い物マラソン!最大2000円OFFクーポン配布中

27,600 (税込)

PayPay支払いで誰でも毎日5%戻ってくる!

30,800 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
rakuten.co.jp: 2023年1月25日 21:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2023年2月6日 00:50時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
対象年齢 0か月~12か月頃(体重13kgまで)
本体サイズ 43.7×67~71.8×33.9~55.3cm
本体重量 2.6kg

おすすめ商品の比較一覧表

紹介したおすすめ商品の価格や詳細情報などを比較しやすく一覧にまとめました。自分にぴったり合った商品選びの参考にしてください。
商品名 スムーヴ TS 新生児から使えるチャイルドシート ベビーシート ジェム エンバー インファントカーシート ジュバ ISO-FIX対応チャイルドシート F2用 トラベルシステムキット gb ポキットプラス オールテレイン+エイトン レカロ イージーライフ エリート 2
商品画像
Aprica(アップリカ)
Aprica(アップリカ)
Joie(ジョイー)
Joie(ジョイー)
Hauck(ハウク)
cybex(サイベックス)
Recaro(レカロ)
最安価格
特徴 赤ちゃんの負担にならない自然な姿勢をサポート 赤ちゃんを乗せたまま移動できて使いやすい ふかふかクッション付きで快適な寝心地 室内から室外までスムーズに移動できるマルチシート 衝撃吸収素材を使った安心して使用できるベビーシート 寝かせたままラクラク移動できる 長く使える育児の味方 超コンパクトに折りたためる
対象年齢 0か月~12か月頃(体重13kgまで) 0か月~12か月頃(体重10kgまで) 0か月~1歳半頃(体重13kgまで) 0か月~1歳半頃(体重13kgまで) 0か月~1歳半頃(体重13kgまで) 0カ月~12カ月 0カ月~ 0カ月~
本体サイズ 43.7×67~71.8×33.9~55.3cm 44×68.5~72×30~55cm 44×71×56.5cm 44×66×55cm 67×44×66cm キャリー:46×69×35cm(ハンドル含まず)/アタッチメント:40.7×20.5×36cm オールテレイン:48.5×71×102cm/エイトン:44×63×38cm(ハンドル起立時56cm) 49×105×69cm
本体重量 2.6kg 2.8kg 3.8kg 2.9kg 9.4kg 3.4kg 9.8kg 6.4kg

まとめ

チャイルドシート兼用のベビーカーは、トラベルシステムを取り付けるタイプのものだけでなく、完全一体型のもの出てきていて、選択肢が広がってきています。ベビーカー・チャイルドシート・ベビーキャリー・バウンサーなど、1台で何役もこなせるトラベルシステム。
 
マキシコシやサイベックスなど、他ブランドにも取り付けられるものと、ストッケのように同ブランドのものに取り付けて使うものがあるので、対応機種をチェックしましょう。また、チャイルドシートとして使う場合にも対応車種の確認が必要です。商品選びで迷った場合には、以下のポイントに着目してみてください。
 
 
赤ちゃんの乗せ替えのストレスがなくなり、お出かけももっと楽しくしてくれるチャイルドシート兼用のベビーカー。車のお出かけが多いご家庭は、検討してみてはいかがでしょうか。

この記事に登場した専門家

マタニティメディア「ニンプス」編集長
小林博子さん
妊婦さんの3人に1人がアクセスする日本最大級のマタニティメディア「ニンプス」編集長。「All About」でもマタニティグッズ・ベビー用品のガイドを努めている。プライベートでは、11歳の小学生男児と、4歳の女の子の2児のママ。
詳しくはこちら
企画・制作:BestOne編集部

※記事に掲載している商品の情報はBestOne編集部の調査結果に基づいたものになります。
※ランキングは、専門家による選び方のポイントや、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋上位商品、口コミ・検証・アンケート・価格情報等を参考にBestOne編集部にて順位付けしたものになります。
※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。なお、記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

あなたにおすすめの記事
ベビーカー・チャイルドシートランキング
関連記事