トレーニングベンチおすすめランキング12選|折りたたみ式が人気!本格的な筋トレを自宅で

「トレーニングベンチ」を使うと、筋肉の可動域を広げられるので、胸や背中、肩周りなどの筋肉を効率よくトレーニングすることができます。フラットベンチ・インクラインベンチ・アジャスタブルベンチなどのタイプの中から、人気2タイプのおすすめ商品・トレーニングベンチの選び方・使い方までご紹介します。

トレーニングベンチの選び方

ここでは、トレーニングベンチの失敗しない選び方のコツをご紹介します。それぞれのポイントをまとめましたので、商品選びの参考にしてみてください。

種類|フラットとアジャスタブルが人気!インクラインとフォールディングも

トレーニングベンチの種類は、フラット・インクライン・アジャスタブル・フォールディングの4タイプに分けられます。それぞれの特徴を知ることで、自分に合ったタイプを選ぶことができるようになるでしょう。

フラットベンチ|耐荷重量が高く初心者にもおすすめのタイプ

フラットベンチ|耐荷重量が高く初心者にもおすすめのタイプ
出典:Amazon
トレーニングベンチには様々な種類がありますが、トレーニング初心者の方には、安くて安定感のある「フラットベンチ」がおすすめです。耐荷重量が200kg以上の高めのものが多く、高負荷をかけるトレーニングでも抜群の安定感があります。角度はつけられませんが、通常のトレーニングには、これ一台で十分といえるでしょう。

インクラインベンチ|角度調節機能でトレーニングの幅が広がる

インクラインベンチ|角度調節機能でトレーニングの幅が広がる
出典:Amazon
インクラインベンチとは、角度がついたトレーニングベンチのことです。角度をつけることで、大胸筋の上部や、三角筋(肩の前部分)、上腕三頭筋(二の腕)など、様々な筋肉をトレーニングできます。トレーニングの知識がある方や、トレーニングする筋肉の部位を微調整したい方には必需品といえます。また、今はインクライン機能だけよりも、インクラインとフラットの機能を持ち合わせたアジャスタブルベンチが人気です。

アジャスタブルベンチ|フラット・インクラインを一台で!

アジャスタブルベンチ|フラット・インクラインを一台で
出典:Amazon
アジャスタブルベンチは背もたれの角度を自由に調節できるので、背もたれをフラットにすればフラットベンチとして、角度をつければインクラインとして使用できるすぐれものです。値段が高く、場所もとりますが、人気のあるタイプで幅広いトレーニングをされる方にはおすすめです。座面の角度も変えられるタイプはお尻が安定し、より踏ん張りやすくなります。

フォールディングベンチ|コンパクトに収納ができる折りたたみ式

フォールディングベンチ|コンパクトに収納ができる折りたたみ式
出典:Amazon
フラット、インクライン、アジャスタブルはどれも、常に設置した状態になります。一人暮らしの方など、トレーニングスペースの確保が難しい場合には、フォールディングベンチが重宝します。使わないときはコンパクトに折りたたんで収納できるので場所をとりません。アジャスタブルベンチやフラットベンチでも、折りたためるものが多いので、購入する際にチェックしてみることをおすすめします。

シートの幅|標準サイズの24~26cmを目安にするのが◎

シートの幅|標準サイズの24~26cmを目安にするのが◎
胸や背中の筋肉を鍛えるときに重要なのが、十分な可動域を確保することです。可動域が狭いと負荷が思ったようにかからず、効果が出にくくなってしまいます。可動域の確保には、適切なシートの幅を選ぶことが大切です。標準的な体型でしたら、24~26cmを目安に選ぶとよいでしょう。肩幅が広い方は、一度試してからの購入がおすすめです。

耐荷重量|トレーニングベンチは約200kgが一般的

耐荷重量|トレーニングベンチは約200kgが一般的
トレーニングベンチの耐荷重量は、約200kgが一般的です。「自分の体重+バーベルやダンベルの重さ」が、耐荷重量以内であるかを確認してから購入しましょう。例えば体重70kgほどの男性は、130kgまでのバーベルやダンベルを上げられます。体格のよい方や、高負荷をかける上級者は、耐荷重量のより高いものを選びましょう。

フラットベンチのおすすめランキング5選

ここからは、初心者にぴったりなフラットタイプのおすすめ人気トレーニングベンチをランキング形式でご紹介します。各商品の特徴を参考にしながら、順番にみていきましょう。

FIELDOOR
折りたたみフラットベンチ

5,800(税込)
2019年8月26日 18:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ダンベルトレーニングに最適

狭いスペースでも使うことができ、収納もできる折りたたみ式のフラットベンチ。たたむと厚さは19cm程度になるのが特徴です。上級者向けの腹筋トレーニングとして有名な「ドラゴンフラッグ」もできる耐荷重・耐久性の高さもポイント。ダンベルトレーニングに適した商品です。
耐荷重量(kg) 260
シートサイズ(cm) 約43×109×38.5
折りたたみ

アイロテック
フラットベンチ

9,828(税込)
2019年9月23日 4:10時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

グラつかないと好評のフラットベンチ

シンプルな形状で、部屋に置きやすいコンパクトなつくり。太く、しっかりした丈夫な脚で、口コミでは多くの方から「グラつかない」と高評価を得ています。座面の高さも低すぎず、高すぎないので、寝転がったときに足を床に踏ん張りやすく、効果的なトレーニングが可能です。1台でダンベルやバーベルなどの様々なトレーニングに活躍します。
耐荷重量(kg) 120
シートサイズ(cm) 27×117.5
折りたたみ ×
型番:LEFB-005

リーディングエッジ
固定式 フラットベンチ

5,850(税込)
2019年10月10日 1:07時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

安定感抜群の耐荷重量300kg

頑丈なフレームと、何層ものクッションと板を組合わせたベンチシートで、耐荷重量は300kgと抜群の安定感を誇ります。体格のよい方や、高重量でトレーニングされる方でも、重量を気にする必要がありません。口コミでは、寝転がったときのクッション性がすぐれていることや、組み立ても簡単であるとの評価が高い一品です。
耐荷重量(kg) 300
シートサイズ(cm) 25×110
折りたたみ ×

FIELDOOR
フラットインクラインベンチ

9,580(税込)
2019年8月27日 11:39時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

耐荷重量MAXで使っても安心安全!

背もたれは7段階、座面は3段階の調節が可能なので、21通りの角度調節ができます。筋肉を部位別に細かくトレーニングしたい、トレーニング上級者の方におすすめの一品です。耐荷重は260kgと高めですが、耐荷重量試験では約510kgの重量を載せても耐えたという、強固なつくりが魅力。
耐荷重量(kg) 260
シートサイズ(cm) 約24×110
折りたたみ

ユーテン
折りたたみ式 フラットベンチ

6,480(税込)
2019年8月26日 18:20時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

5段階のシート高さ調節で使い勝手抜群

ご自身の身長に合わせてシートの高さを調節ができるため、購入後に、高さが合わないという心配を少なくしてくれます。折りたたみも簡単なワンタッチ式で、厚さも約19.8cmというコンパクトサイズに。耐荷重も300kgまであるため、本格的な重さを使ったトレーニングも行うことができます。
耐荷重量(kg) 300
シートサイズ(cm) 約38×110×47
折りたたみ

フラットベンチ商品比較表

商品画像
ユーテン
FIELDOOR
リーディングエッジ
アイロテック
FIELDOOR
商品名 折りたたみ式 フラットベンチ フラットインクラインベンチ 固定式 フラットベンチ フラットベンチ 折りたたみフラットベンチ
特徴 5段階のシート高さ調節で使い勝手抜群 耐荷重量MAXで使っても安心安全! 安定感抜群の耐荷重量300kg グラつかないと好評のフラットベンチ ダンベルトレーニングに最適
価格 6,480(税込) 9,580(税込) 5,850(税込) 9,828(税込) 5,800(税込)
耐荷重量(kg) 300 260 300 120 260
シートサイズ(cm) 約38×110×47 約24×110 25×110 27×117.5 約43×109×38.5
折りたたみ × ×
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる

アジャスタブルベンチのおすすめランキング7選

フラットとインクラインの機能を一台で持ち合わせたアジャスタブルベンチの、おすすめ人気商品をご紹介していきます。

ウルトラスポーツ
オールインワントレーニングベンチ

10,184(税込)
2019年10月6日 2:07時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

様々なトレーニングを可能にする1台

オールインワントレーニングベンチは、ダンベル・バーベルを使用したなトレーニングハードな筋トレメニューに対応しているマルチベンチです。姿勢をサポートしてくれるシートは3段階・背もたれは8段階の調節ができるため、フィット感の良さも特徴。折りたためるタイプで、使わないときは収納しておくことができます。
耐荷重量(kg) 100(許容体重)
シートサイズ(cm) 約139×32×49
折りたたみ

KAPEO
トレーニングベンチ

6,888(税込)
2019年10月6日 2:07時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

腹筋・背筋のトレーニングにおすすめ

腹筋と背筋のトレーニングに適したベンチですが、トレーニングチューブやダンベルを使ったメニューを行うこともできる優れた機能性が特徴です。また、価格が安いため、サブのトレーニングベンチを探している人、最初の1台はなるべくコスパ重視でという人にぴったりといえるでしょう。
耐荷重量(kg) 300
シートサイズ(cm) 144×32.7×62
折りたたみ

JX FITNESS
マルチトレーニングベンチ

8,295(税込)
2019年10月10日 1:07時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

折りたためる多機能トレーニングベンチ

折りたためるうえに、背もたれの角度を5段階に調節できるトレーニングベンチです。座面の角度も変えられるので、背もたれも座面も斜めにすれば、うつ伏せでのトレーンニングや腹筋のトレーニングも可能。別売りのトレーニングチューブを使えば、ダンベルと同様のトレーニングもできる多機能な一品です。
耐荷重量(kg) 約200
シートサイズ(cm) 30.5×115.8
折りたたみ
型番:mk035

ワサイ
マルチベンチ

10,980(税込)
2019年5月20日 10:20時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

プレート装着で脚のトレーニングもできる

背もたれの角度を簡単に調節できるアジャスタブルベンチです。ベンチ下にダンベルやバーベルのプレートを挿入できる部分があり、挿入部分の脇のバーに足を掛ければ、レッグカールやレッグエクステンションなどの脚のトレーニングも可能です。挿入部分の可動はワンタッチでロックできるので、腹筋のトレーニング用に切替えることもできます。
耐荷重量(kg) 150
シートサイズ(cm) 27×105
折りたたみ

リーディングエッジ
マルチポジション トレーニングベンチ

12,200(税込)
2019年10月10日 1:07時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

背もたれがしなりにくい独自の構造

プロトレーナー監修のトレーニングベンチで、背もたれのしなりを防いだ特殊な構造が特徴です。フラット状態で使用したときに、高重量のトレーニングをおこなうと背もたれがしなりやすいですが、独自の三点フレーム構造でしなりを解消。背もたれと座面の隙間はわずか4cmと狭いため、お尻や背中への違和感が少ないのもうれしいポイントです。
耐荷重量(kg) 300
シートサイズ(cm) 27×114
折りたたみ

ボウフレックス
5.1 アジャスタブルベンチ

40,730(税込)
2019年10月6日 2:07時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ご自宅で30種類以上もメニューが可能!

アメリカで人気が高いボウフレックスのアジャスタブルベンチ。角度調節は6段階で、効率的なトレーニングを行うことができます。キャスターが付いているため、移動時に持ち上げることなく、楽に移動が可能です。ダンベルやバーベルを使用することで、30種類以上のトレーニングメニューを行うことができます。
耐荷重量(kg) 218
シートサイズ(cm) 座部:約短辺29×長辺37×長さ36 背部:約短辺16×長辺29×82
折りたたみ

FITMATE
折りたたみ トレーニングベンチ

8,980(税込)
2019年10月10日 1:07時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

太くて強固なパイプを使用した頑丈なつくり

スチールチューブ製の太くて強固なパイプを使用した、頑丈なつくり。耐荷重量は400kgと、今回ご紹介した商品の中では最大です。背もたれ、座面の角度調節に加えて、レッグホルダーも3ステップの調節が可能なので、体型やトレーニング内容に応じた細かな調節が可能。半分に折りたためるので、コンパクトに収納できます。
耐荷重量(kg) 400
シートサイズ(cm) 25×127
折りたたみ

アジャスタブルベンチ商品比較表

商品画像
FITMATE
ボウフレックス
リーディングエッジ
ワサイ
JX FITNESS
KAPEO
ウルトラスポーツ
商品名 折りたたみ トレーニングベンチ 5.1 アジャスタブルベンチ マルチポジション トレーニングベンチ マルチベンチ マルチトレーニングベンチ トレーニングベンチ オールインワントレーニングベンチ
特徴 太くて強固なパイプを使用した頑丈なつくり ご自宅で30種類以上もメニューが可能! 背もたれがしなりにくい独自の構造 プレート装着で脚のトレーニングもできる 折りたためる多機能トレーニングベンチ 腹筋・背筋のトレーニングにおすすめ 様々なトレーニングを可能にする1台
価格 8,980(税込) 40,730(税込) 12,200(税込) 10,980(税込) 8,295(税込) 6,888(税込) 10,184(税込)
耐荷重量(kg) 400 218 300 150 約200 300 100(許容体重)
シートサイズ(cm) 25×127 座部:約短辺29×長辺37×長さ36 背部:約短辺16×長辺29×82 27×114 27×105 30.5×115.8 144×32.7×62 約139×32×49
折りたたみ
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる

トレーニングベンチの売れ筋ランキングもチェック!

Amazonの売れ筋ランキング>>
楽天の売れ筋ランキング>>
楽天ランキング-「プレスベンチ・トレーニングベンチ」(スポーツ器具 < フィットネス・トレーニング < スポーツ・アウトドア)の人気商品ランキング!口コミ(レビュー)も多数。今、売れている商品はコレ!話題の最新トレンドをリアルタイムにチェック。価格別、年代別、男女別の週間・月間ランキングであなたの欲しい!がきっと見つかります。

トレーニングベンチの使い方&筋トレメニュー

ここでは、トレーニングベンチを使った、基礎的なトレーニングメニューをご紹介します。

■ダンベルを使った筋トレメニュー

■ダンベルを使った筋トレメニュー
ダンベルは自宅トレーニングに適していることから人気があります。トレーニングベンチを利用することで、筋トレメニューの幅が広がることも特徴です。ダンベルとトレーニングを使った、主な基礎メニューは以下になります。

  • ダンベルベンチプレス:大胸筋と上腕三頭筋
  • ダンベルフライ:大胸筋
  • ショルダープレス:三角筋
  • コンセントレーションカール:上腕二頭筋
  • フレンチプレス:上腕三頭筋
  • ダンベルクランチ:腹筋

ほかにも、下半身のトレーニングができるスクワットなど、筋トレメニューはたくさんあります。まずは、基礎的なメニューから取り入れると良いでしょう。
ダンベルおすすめ18選|ダンベルプレスやダンベルフライなどの筋トレも紹介! - Best One(ベストワン)
ダンベルおすすめ18選|ダンベルプレスやダンベルフライなどの筋トレも紹介! - Best One(ベストワン)>>
自宅で手軽にできる筋トレといえば、「ダンベル」を使ったトレーニングではないでしょうか。ダンベルには初心者でも簡単に使えるタイプから、負荷を自由に変えられる上級者向けのものまで様々なラインナップがあるので、何に気を付けて選べばよいか迷いますよね。そこで今回は、ダンベル選びに重要なポイントや人気のランキングをご紹介します。

■バーベルを使った筋トレメニュー

■バーベルを使った筋トレメニュー
バーベルを使ったトレーニングは、正しい姿勢やサポートが必要なこともあり、初心者には難しいといえます。ジムで行う場合は、スタッフがサポートしてくれるので安心。以下の基礎メニューは、どちらも大胸筋を鍛えるのにおすすめです。

  • バーベルベンチプレス:大胸筋
  • インクラインベンチプレス:大胸筋

本格的に肉体改造や筋力アップを目指す人は、バーベルを使うことも検討してみてください。そして、慣れてきた段階でご自宅でも、バーベルを設置してトレーニングに励むのも良いでしょう。
バーベル&おすすめ筋トレ方法【人気ランキング9選】自宅で手軽に鍛えよう - Best One(ベストワン)
バーベル&おすすめ筋トレ方法【人気ランキング9選】自宅で手軽に鍛えよう - Best One(ベストワン)>>
トレーニングのために、毎回ジムに通うのは面倒……という方は、トレーニング器具の購入はどうですか?まずは、筋トレには欠かせないバーベルのセットがおすすめです。でも、たくさんあるバーベルの中から、どんなバーベルを選べばいいのか分からないという方のために人気のバーベルのセットをご紹介します。

トレーニングベンチの代用になるものは?

トレーニングベンチの代用になるものは?
トレーニングベンチを置くスペースが、部屋に確保できない場合は代用品としてバランスボールがおすすめです。重さがあるダンベルやバーベルを使用することは、耐荷重や安定性の面から適していません。あくまで、軽いダンベルを使用したトレーニング程度として、バランスボールを使用するということになります。
バランスボールおすすめ人気ランキング10選|トレーニングやダイエットに! - Best One(ベストワン)
バランスボールおすすめ人気ランキング10選|トレーニングやダイエットに! - Best One(ベストワン)>>
バランスボールをご存知でしょうか。体幹トレーニングやダイエットなど、さまざまな用途でバランスボールは使われています。しかし、かなりの種類が多く、実際には選び方がわからなくて困ってしまいうことも。どんなバランスボールを使えばいいのか、購入時にチェックするポイントと、人気の商品をご紹介します。毎日のトレーニングが楽しくなるバランスボールを探してみましょう。

まとめ

トレーニングベンチの選び方のコツと、おすすめの人気商品をご紹介しました。これからトレーニングを始められる方は、手頃で使いやすいフラットベンチから選んでみましょう。トレーニングは無理なく継続することが大切です。今回の記事を参考にしていただきながら、使いやすいトレーニングベンチを見つけてみましょう。
あなたにおすすめの記事
フィットネス・トレーニングランキング
関連記事