バーベルのおすすめ人気ランキング10選|スクワットなどのトレーニングに!セット品も紹介

バーベルのおすすめ人気ランキング10選|スクワットなどのトレーニングに!セット品も紹介

BestOne編集部

2024年05月25日時点の最新価格で比較できます

重量挙げで使用されている「バーベル」は自宅での筋トレにもぴったり。大胸筋、上腕三頭筋、上腕三頭筋などの胸や肩をはじめ、背中や腕、脚、尻など、トレーニングの種類によってさまざまな部位を鍛えることができ、初心者はもちろん本格的なホームトレーニングのアイテムとしても人気です。今回はそんなバーベルの選び方とおすすめランキングを紹介します。初心者にぴったりの商品やバーベルセットも掲載しているので、ぜひチェックしてください。

企画·制作
オールアバウト Best One 編集部
株式会社オールアバウトのメディア事業部にて、いま買うべきおすすめの商品を紹介する情報サービスBest One(ベストワン)の企画制作をしています。家電やガジェット、生活雑貨等の調査・口コミ・実機検証レビューをはじめお得なセール情報まで、もっと簡単に比較できるサービスづくりを追及しています。
詳しくはこちら

本コンテンツは、オールアバウトBest One編集部の調査に基づいて、独自に制作されたものになります。また、コンテンツの内容やランキングは広告出稿等の有無に影響を受けることはありません。なお、記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

目次
バーベルとダンベルの違いは?
バーベルの選び方
バーベルのおすすめ人気ランキング10選
まとめ

バーベルとダンベルの違いは?

バーベルとダンベルの違いは?
長い棒の両端に円盤形のおもりがついたトレーニング器具、「バーベル」。持ち手となる鉄の棒をシャフトと呼び、円盤系のおもりのことをプレート、回転機能を備えたプレート装着部分をスリーブと呼びます。
 
片手で使用するダンベルと異なり両手で使用するため、ダンベルに比べて高重量を扱うことが可能に。それによって大きな筋肉までしっかり鍛えることができます。また、ダンベルと異なり狭い可動域によってフォームの安定性も高まり、初心者から本格的なトレーニングをおこなう上級者まで扱いやすいというメリットもあります。一方でダンベルと同じく、高重量にすることでさまざまな筋肉も鍛えることも可能です。
 以下のページでは、さまざまなウェイトトレーニング器具のおすすめ商品を掲載しています。
「ウエイトトレーニング」の記事一覧を見る>>

バーベルの選び方

バーベルを購入する前に、自分に合ったシャフトの長さやスリーブ、プレートなどをチェックすることが大切です。ここでは、バーベルの選び方について解説します。耐久重量や81cmライン機能についても触れているので、はじめてバーベルを購入する方はぜひ参考にしてみてください。

シャフトの形状で選ぶ

バーベルを選ぶうえで重要なのが、まず「シャフトの形状」をチェックすること。バーベルのシャフトの形状には、主に「ストレートタイプ」、「EZバー」、「トライセプスバー」の3種類があり、それぞれ特徴が異なります。ここでは各シャフトの形状の特徴や違い、どんな人におすすめなのかに関して解説するのでぜひチェックしてみてください。

さまざまなトレーニングができる「ストレートタイプ」

さまざまなトレーニングができる「ストレートタイプ」
出典:Amazon
まっすぐなバーの両端にプレートのついた一般的なバーベルのシャフトを「ストレートタイプ」といいます。ストレートタイプのバーベルはオーソドックスで握りやすいのが特徴。さまざまな部位を鍛えることが可能で、初心者にもおすすめです。また、ほかのシャフトに比べて強度が高いこともポイント。50kgを超える高重量でトレーニングしたい方にも適しています。

手首や肘への負担が少ない「EZバー」

手首や肘への負担が少ない「EZバー」
出典:Amazon
人間工学に基づいて設計されている「EZバー」は、手首や肘への負担が少ないです。バーに緩やかなW字の波打つ曲線を持たせることで、人間が自然にものを握りやすい角度でバーを握ることができます。そのため手首を痛めにくいだけでなく、鍛えたい筋肉の収縮・伸展を強くおこなえて効率的なトレーニングが可能に。とくに上腕二頭筋を鍛えたい方におすすめです。

上腕三頭筋を効率よく鍛える「トライセプスバー」

上腕三頭筋を効率よく鍛える「トライセプスバー」
出典:Amazon
上腕三頭筋(腕の裏側)を鍛えたい方は「トライセプスバー」を選びましょう。トライセプスとは上腕三頭筋のことをいい、名前の通り上腕三頭筋を鍛えるのためシャフトとなります。網目のような形状をしており、両手が向かい合うように握って使用します。
 
手首の負担も少なく、安定してトレーニングできることもポイントです。ハンマーカール、フロントレイズ、フレンチプレスといった種目に使用できます。

シャフトの長さをチェックする

シャフトの長さをチェックする
「シャフト」と呼ばれるのがバーベルの棒の部分にあたる部分です。シャフトの長さはトレーニングにあわせて選びましょう。スクワットやベンチプレスなどで全身を鍛えたい方は180~200cmのものがおすすめ。また、肩や腕を鍛えたい方は少し短めの160〜180cmのものを選びましょう
 
基本の長さは約180cmとされますが、自宅での使用を考えるならお部屋の広さを考慮することも大切です。シャフトの長さが180cmなら、重り部分の付け替えなどを考えると更なるスペースが必要になります。

スリーブの太さをチェックする

「ストレートタイプ」のスリーブの太さは、「スタンダードシャフト」と「オリンピックシャフト」のふたつに分けられ、そのどちらかを選ぶかによってバーベルの重さや持ちやすさ、適したトレーニング方法などが異なります。ここでは「スタンダードシャフト」と「オリンピックシャフト」の違いについて解説します。バーベルを選ぶ前に知っておくとよいポイントですので、ぜひ参考にしてみてください。

直径28〜29mmの「スタンダードシャフト」

スリーブの太さをチェックする
スリーブが直径28mmのバーベルは標準的なサイズとなり、「スタンダードシャフト」と呼ばれています。ダンベルも主に直径28mmが標準となっているためプレートを併用して使用することも可能。初めてのバーベルにはスリーブが直径28mmのものが手にフィットしやすく持ちやすいのでおすすめです。

直径50mmの「オリンピックシャフト」

直径50mmの「オリンピックシャフト」
直径50mmタイプは「オリンピックシャフト」は太さがある分、シャフト自体の重さもあり、トレーニング経験者におすすめです。太さによって重いプレートをつけることも可能となり、より強度のあるトレーニングを望む方には満足いくトレーニングができるでしょう。ただしオリンピックシャフトは長さが220cmと長く、トレーニングする部屋の広さも必要です。

ローレットをチェックする

ローレットをチェックする
シャフトのグリップ部分の表面に細かく刻まれた滑り止め加工を「ローレット」といいます。カットの深さや形状もさまざまで、鋭いエッジであればグリップ力が高く滑りにくくなります。ただし皮膚への負担がかかることも考慮が必要です。皮膚への負担を軽減したい方は、鈍いエッジのもののなかから滑りにくさも考慮して選ぶようにしましょう。

プレートの素材をチェックする

バーベルを選ぶうえでは「プレートの素材」をチェックすることも重要です。バーベルのプレート素材には、「アイアンタイプ」や「ラバータイプ」があり、それぞれ特徴が異なります。ここでは各プレートの素材の特徴や違い、どんな人におすすめなのかに関して解説するので、とくにはじめてバーベルの購入を検討しているという方などはぜひチェックしてみてください。

コンパクトで収納に便利な「アイアンタイプ」

コンパクトで収納に便利な「アイアンタイプ」
塗装や防サビ処理のみの、鉄がむき出しになったプレートを「アイアンタイプ」と呼びます。アイアンタイプのプレートはカバーなどが付いておらず、ラバータイプに比べてコンパクト。収納しやすくスリーブへの取り付けも簡単です。重厚感があるため、見た目からもモチベーションをあげたい方にもおすすめ。ただし、床や壁を傷つけやすいというデメリットがあるため注意が必要です。

身体や床・壁を傷つけにくい「ラバータイプ」

身体や床・壁を傷つけにくい「ラバータイプ」
出典:Amazon
普段使いのお部屋で使用するバーベルの素材には、床に傷がつきにくいラバータイプのものや、ポリエチレン製など扱いやすい素材のものがよいでしょう。床や壁だけでなく、誤ってぶつけたり落としたりした際に柔らかい素材によって身体を少しでも守れるというメリットもあります。
 
ポリエチレンのものはニオイも少なく、狭い部屋でも使いやすいです。また重さ別でプレートのカラーが異なり、重さがひと目で分かる設計のものもあります。

重量をチェックする

重量をチェックする
1.25kgや2.5kg、5kgなど、バーベルのプレートの重さにはさまざまなものがあり、それらを組み合わせて総重量をつくり使用します。バーベルの重量は自分の体重を基準とし、初心者なら0.4〜0.7倍から徐々にあげていき、中級者で1.2〜1.5倍、上級者なら1.5〜1.8倍程度を目安に選びましょう。上級者の方であれば、基準にあわせて100kgをこえるものもチェックしてみてください。

81cmライン機能をチェックする

81cmライン機能をチェックする
競技としてベンチプレスをする際には、81cmより手幅を広くとってはいけないというルールがあり、その手幅がすぐわかるようにシャフトにマークがついているものもあります。トレーニングとしてだけではなく、競技として行うなら81cmラインがついたものがわかりやすいでしょう。

バーベルのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、バーベルのおすすめ商品をランキング形式で紹介します。ランキングは、本記事でお伝えした選び方のほか、Amazonや楽天市場などの大手通販サイトで人気の商品も参考にピックアップしました。スペック表にあるシャフトの長さやスリーブの長さの数値なども参考にして、使用目的に合った商品を見つけてみてください。

Wolfyok 可変式ダンベル 2個セット

参考価格: 8,499

3in1のコスパに優れた商品

普段はダンベル、シャフト連結でバーベル、多変角形プレートにより腕立て伏せもできる3in1な商品です。鋳鋼製で、寿命が長く高い耐久性と重量付け替えが自由で、初心者から上級者まで使いやすい設計。省スペースでコンパクトなため、収納時も場所に困りません。重さも20kg以外にも30kg、40kgが選べます。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年5月25日 02:45時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
シャフトの長さ 36cm
スリーブの長さ
シャフトの重さ 1.2kg
穴径

PROIRON ダンベル可変式 バーベル

参考価格: 6,999

鋳鉄製で丈夫なバーベル

鋳鉄製で作られたバーベル(ダンベル)で、焼付塗装とメッキ加工によりサビに強く衝撃や摩耗にも強くなっています。ポリエチレン製のバーベルやダンベルに比べ気になるニオイもなく、ローレット加工のグリップにより、滑りにくくしっかりとトレーニングに集中できます。バーベルとダンベルを可変して自分好みのトレーニングが可能です。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年5月25日 02:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年5月24日 09:52時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
シャフトの長さ 100cm
スリーブの長さ 35.6cm
シャフトの重さ 3kg
穴径

IROTEC(アイロテック) アイアンバーベルダンベル140KGセット

参考価格: 50,600

最大で140kgのハードユーザー向けモデル

1.25kgが4枚、2.5kgが4枚、5kgが4枚、10kgが2枚、15kgが2枚、20kgが2枚、バーベルシャフト10kg、ダンベルシャフト2.5kgが2本の合計140kgセットのハードユーザー向け商品です。他のダンベルやバーベル商品では重さが足りないという方や、これからトレーニングを本格的にやりたい方ににおすすめです。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年5月25日 02:45時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
シャフトの長さ 180cm
スリーブの長さ 28cm
シャフトの重さ 10kg
穴径 28mm

IROTEC(アイロテック) バーベル 60KGセット

参考価格: 28,600

重量感たっぷりなマットブラック仕上げ

重量感のあるマットブラック仕上げで、飽きのこないオーソドックスなデザインのバーベルは、ラバーリングを装着することにより床へのダメージを軽減、音や衝撃を緩和し、初心者から上級者まで使いやすいモデルです。プレートは10kgが2枚、15kgが2枚、バーベルシャフト10kgの合計で60kgとなっています。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年5月25日 02:45時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
シャフトの長さ 180cm
スリーブの長さ 28cm
シャフトの重さ 10kg
穴径 28mm

Créer LESIR(レザイア) バーベルセット

参考価格: 8,800

セメントタイプでお手頃価格

LESIR(レザイア)のバーベルセットはセメントタイプでお手頃価格を実現しています。また、エンボス加工が施されているため、床に傷が付きにくくなっています。簡単に付け外ししやすいスクリュー式カラーを付属。シャフト部分にはトレーニングしやすい位置に(81cm)目印が付いているため、しっかりと鍛えられます。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年5月25日 02:34時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年5月24日 09:52時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
シャフトの長さ 160cm
スリーブの長さ
シャフトの重さ
穴径 28mm

ALINCO(アルインコ) バーベル・ダンベル

参考価格: 11,887

8枚のプレートで自由に組み替え可能

アルインコのバーベルは、シャフトを組み合わせてダンベルとバーベルの切り替えができ、8枚のプレートを自由に組み合わせることで5kg~22kgの重さに調節ができます。プレートには独自に設計された凹凸設計によりプレート同士がしっかりフィットし、回転が防止されます。また、分解することでコンパクトに収納できます。

お買い物マラソン開催中!最大50%OFFクーポンも!

PayPay支払いで誰でも毎日5%戻ってくる!

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年5月25日 02:45時点 rakuten.co.jp: 2024年5月17日 09:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年5月24日 09:52時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
シャフトの長さ 110cm
スリーブの長さ
シャフトの重さ 2.5kg
穴径
型番:BW-7520-B

Body Sculpture(ボディスカルプチャー) 2in1 20kg バーベルセット

参考価格: 5,540

自由な組み合わせで負担を調節

ダンベルとバーベルの使い分けができる可変式で、プレートを自由な組み合わせで重さを調節できます。初心者でも簡単に取り外し可能なシステムで、プレートは、1.25kgと2.5kgの2種類あり、こだわりの設計で転がることがなく、一部が平らになっているため床に置くことが可能。また、グリップは手を傷めにくいスポンジでコーティングされています。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年5月25日 02:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年5月24日 09:52時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
シャフトの長さ 128cm
スリーブの長さ
シャフトの重さ
穴径

Bodytech(ボディテック) ダンベルバーベル

参考価格: 4,459

プレートの組み合わせで重さを調節

ボディテックのバーベルは、プレートの枚数によって重さを調節でき、バーベルとダンベルのどちらも使える可変式です。重さを自由に変えられるため、初心者から上級者まで長く使用可能。ローレット加工で握りやすいグリップと、プレートはこだわりのオリジナルデザインで、転がりにくく床が傷つきにくいPEコーティングが施されています。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年5月25日 02:45時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
シャフトの長さ 115cm
スリーブの長さ
シャフトの重さ 0.5kg
穴径

FitElite(フィットエリート) オリンピック EZバー

参考価格: 44,200

EZバー+トライセプスバー+プレート17.5kg+カラーのセット

EZバーとトライセプスバーがセットのなったバーベルセットです。上腕二頭筋や上腕三頭筋を鍛えたい方におすすめ。手首や肘への負担の軽減でき、安心してバーベルトレーニングをおこなうことができます。全長約120cmと、ストレートタイプのバーベルに比べてコンパクトなところも魅力。ホームジムのアイテムにぴったりです。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年5月25日 01:00時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
シャフトの長さ 約120cm
スリーブの長さ
シャフトの重さ 約9kg
穴径 50mm

Wout バーベルにもなる ダンベル 2個セット

口コミ・レビュー総合評価
4.52
(1176件)
参考価格: 4,399

コスパに優れたダンベルにもなるバーベル

連結シャフトによりバーベルにもなるダンベルで、トレーニングに応じて使い分けることができます。外部素材にはポリエチレン素材を採用し、鉄製に比べ床に直接置いても傷が付きにくく音も発生しません。8角形の作りのため転がることもなく、グリップには手に馴染む樹脂を採用し、グローブがなくても握りやすく設計されています。

お買い物マラソン開催中!最大50%OFFクーポンも!

PayPay支払いで誰でも毎日5%戻ってくる!

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年5月25日 02:45時点 rakuten.co.jp: 2024年5月17日 09:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年5月24日 09:52時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
シャフトの長さ 84cm
スリーブの長さ 29cm
シャフトの重さ 0.5kg
穴径 28mm

おすすめ商品の比較一覧表

紹介したおすすめ商品の価格や詳細情報などを比較しやすく一覧にまとめました。自分にぴったり合った商品選びの参考にしてください。
商品名 バーベルにもなる ダンベル 2個セット オリンピック EZバー ダンベルバーベル 2in1 20kg バーベルセット バーベル・ダンベル LESIR(レザイア) バーベルセット バーベル 60KGセット アイアンバーベルダンベル140KGセット ダンベル可変式 バーベル 可変式ダンベル 2個セット
商品画像
Wout
FitElite(フィットエリート)
Bodytech(ボディテック)
Body Sculpture(ボディスカルプチャー)
ALINCO(アルインコ)
Créer
IROTEC(アイロテック)
IROTEC(アイロテック)
PROIRON
Wolfyok
最安価格
特徴 コスパに優れたダンベルにもなるバーベル EZバー+トライセプスバー+プレート17.5kg+カラーのセット プレートの組み合わせで重さを調節 自由な組み合わせで負担を調節 8枚のプレートで自由に組み替え可能 セメントタイプでお手頃価格 重量感たっぷりなマットブラック仕上げ 最大で140kgのハードユーザー向けモデル 鋳鉄製で丈夫なバーベル 3in1のコスパに優れた商品
シャフトの長さ 84cm 約120cm 115cm 128cm 110cm 160cm 180cm 180cm 100cm 36cm
スリーブの長さ 29cm 28cm 28cm 35.6cm
シャフトの重さ 0.5kg 約9kg 0.5kg 2.5kg 10kg 10kg 3kg 1.2kg
穴径 28mm 50mm 28mm 28mm 28mm

まとめ

シャフトの形状や長さ、プレートの重量など、トレーニングの種類はもちろん自分の体重や部屋の大きさなど、さまざまな点を考慮したうえで選ぶことが重要です。本格的なトレーニングを自宅でおこないたい方はバーベルセットでホームジムをつくるのもおすすめ。ぜひ記事を参考にお気に入りのバーベルを見つけて、快適なトレーニングライフを送ってください。
 
以下の記事では、そのほかの筋トレグッズも掲載しています。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。
筋トレグッズのおすすめ商品を見る 筋トレグッズのおすすめ商品を見る>>

選び方のコツをもう一度チェック!

記事の中で解説した下記のポイントを参考に、気になる商品を比較して、自分に合ったものを見つけましょう。
バーベルの選び方

※記事に掲載している商品の情報はBestOne編集部の調査結果に基づいたものになります。
※ランキングは、専門家による選び方のポイントや、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋上位商品、口コミ・検証・アンケート・価格情報等を参考にBestOne編集部にて順位付けしたものになります。
※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。

あなたにおすすめの記事