バーベル&おすすめ筋トレ方法【人気ランキング9選】自宅で手軽に鍛えよう

トレーニングのために、毎回ジムに通うのは面倒……という方は、トレーニング器具の購入はどうですか?まずは、筋トレには欠かせないバーベルのセットがおすすめです。でも、たくさんあるバーベルの中から、どんなバーベルを選べばいいのか分からないという方のために人気のバーベルのセットをご紹介します。

バーベルとは?|シャフト、プレート、スリーブなど各パーツも解説!

バーベルとは、両端に円盤形のおもりを付けた鉄製の棒のことです。持ち手となる鉄の棒をシャフトと呼び、円盤系のおもりのことをプレート、回転機能を備えたプレート装着部分をスリーブと呼びます。主にウエイトトレーニングに用いられるトレーニング器具です。

バーベルを使って鍛えられる部位とおすすめの筋トレ

バーベルを使って鍛えられる部位とおすすめの筋トレ
出典:Amazon
バーベルを使ったトレーニングでは、胸筋を鍛えるにはベンチプレス、背中にはデッドリフト、足やお尻にはスクワット、肩にはショルダープレス、シュラッグなどがおすすめです。簡単に説明すると、ベンチプレスはベンチにあお向け寝転がった状態で両腕でバーベルを真上に押し上げる動作になります。

関連記事:ベンチプレスのもっと詳しい説明はこちら!

ベンチプレスで実現する、本気の肉体改造 (全文) [筋トレ・筋肉トレーニング] All About
ベンチプレスで実現する、本気の肉体改造 (全文) [筋トレ・筋肉トレーニング] All About>>
お腹周りの不安がなくなった後、次にとりかかりたいのは上半身を強化して逆三角形の男らしい体を目指すこと。その中でも胸板を厚くすることは、大切なステップ。今回は、よりたくましい体を仕上げたいという人のために、ベンチプレスを取り上げてみたいと思います。
デッドリフトとは、床に置いたバーベルを腕を伸ばしたまま掴み、背筋がまっすぐになる位置まで持ち上げる動作、スクワットは上半身を立てたまま行う膝の屈伸運動、ショルダープレスは頭上でバーベルの上げ下げを繰り返す動作、シュラッグはバーベルを持って上体を15゜ほど反らし、腕を伸ばしたまま肩の上げ下げを繰り返す動作です。

関連記事:スクワットのもっと詳しい説明はこちら!

バックスクワット vs フロントスクワット [空手] All About
バックスクワット vs フロントスクワット [空手] All About>>
空手に必要な下肢を鍛える代表種目であるスクワットについて、前々回の記事「キング・オブ・エクササイズ スクワットを習得しよう!」でバックスクワット、前回の記事「蹴り脚強化エクササイズ!フロントスクワット」でフロントスクワットという二つのスクワット種目をご紹介しましたが、今回はこの「バックスクワット」と「フロントスクワット」の効果の違いについてバイオメカニクス的視点から解説してみたいと思います。

選び方|シャフトの長さ、スリーブ、プレートなど

それでは、自分のトレーニングに合ったバーベルの選び方を紹介します。

長さ|設置場所やベンチプレスのサイズに合ったシャフトを選ぼう

「シャフト」と呼ばれるのがバーベルの棒の部分にあたる部分です。基本の長さはだいたい180cmとされますが、自宅での使用を考えるならお部屋の広さを考慮しながら選んでくださいね。シャフトの長さが180cmなら、重り部分の付け替えなどを考えると更なるスペースが必要になります。

スリーブ|28㎜と50㎜の2種類!

スリーブ|28㎜と50㎜の2種類!
出典:Amazon

スリーブ1|標準は直径28mm!ダンベル用プレートも使用可能

バーベルセットではスリーブが直径28mmのものが、標準的なサイズとなります。ダンベルも主に直径28mmが標準となりますので、プレートを併用して使えます。まず、初めてのバーベルセットにはスリーブが直径28mmのものが手にフィットしやすく持ちやすいのでおすすめです。

スリーブ2|直径50mmタイプはオリンピックシャフト!

直径50mmタイプはオリンピックシャフトは、太さがある分、シャフト自体の重さもあり、トレーニング経験者におすすめです。太さがある分、重いプレートをつけることができるので、より強度のあるトレーニングを望む方には満足いくトレーニングができるでしょう。オリンピックシャフトは長さも220cmと長いので、トレーニングする部屋の広さも必要です。

プレート|むき出しの「アイアンプレート」キズやけが防止の「ラバー付き」、重さでカラーの異なるタイプも!

プレート|むき出しの「アイアンプレート」、キズやけが防止の「ラバー付き」
出典:楽天市場
トレーニングルームがある場合は鉄製のバーベルセットが本格的でおすすめですが、普段使いのお部屋に置く場合は床に傷がつきにくいラバー付きのものや、ポリエチレン製など扱いやすい素材のものがいいでしょう。ポリエチレンのものは匂いなどもないので、狭い部屋でも使いやすいです。また、重さ別でプレートのカラーが異なり、重さがひと目で分かる設計のものもあります。

耐久重量|150kg前後はノーマルシャフトを!180kgを超えはオリンピックシャフトが◎

プレートの合計が150kgまでなら、直径28mmのノーマルシャフトが使いやすくおすすめです。より強いトレーニングを希望するなら、180kg以上のプレートがセットになった直径50mmのオリンピックシャフトがおすすめです。プレートの重さに合ったシャフトにしましょう。

81cmライン機能|競技練習用ルールの範囲が一目瞭然で安心!

競技としてベンチプレスをするとき、81cmより手幅を広くとってはいけないというルールがあり、その手幅がすぐわかるようにシャフトにマークがついているものもあります。トレーニングとしてだけではなく、競技として行うなら81cmラインがついたものがわかりやすいでしょう。

バーベルのおすすめ人気ランキング

ここからは、人気のあるバーベルセットをご紹介します。Amazonや楽天などの通販サイトで、好評のものばかりなので、様々なメーカーの商品を比較しながら、鍛えたい場所にあったバーベルセットを選びましょう。
型番:MC-EFITBAR

Lancome
イージーフィットネスバーベル

7,780(税込)
2019年10月12日 3:10時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

取り換え簡単クリップ搭載のバーベルセット

着脱が簡単にできるクリップで気軽にプレートを取り換えられるバーベルです。5kg、2.5kg、1.25kgのプレートが2枚づつついているので、自分の筋力に合わせて負荷を変えながら、調節することが出来ます。プレートには、重さ別でカラーが異なるので、重さがひと目で分かる気配り設計です。
シャフトの長さ(cm) 139cm
スリーブの長さ(cm) -
シャフトの重さ(kg) 約20kg
ポール直径 4cm

イヴァンコ
スタンダードラバーイージーグリッププレート

9,720(税込)
2019年5月30日 11:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ナチュラルラバーで扱いやすいバーベルセット

ナチュラルラバーを100%使った扱いやすいプレートがついたバーベルセットです。ラバー製なので、滑りにくく、安全に使用できます。重さによって色分けされたプレートは、15kgは黄色、20kgは青色、25kgは赤色と分かりやすい配色で、使いやすい設計になっています。
シャフトの長さ(cm) -
スリーブの長さ(cm) -
シャフトの重さ(kg) 15kg
ポール直径 2.8cm

ワイルドフィット
ラバーバーベルダンベルセット

36,200(税込)
2019年10月12日 3:10時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

モノトーンデザインでおしゃれなバーベルセット

ラバー部分が白く、インテリア性も高いバーベルセットです。カラフルな配色のプレートが多い中、モノトーン配色でお部屋に置いてもインテリアの邪魔になりません。1.25kgから15kgの重さのプレートが合計で16枚ついているので、組み合わせることで細かく重さを変えることが出来ます。
シャフトの長さ(cm) 184cm
スリーブの長さ(cm) -
シャフトの重さ(kg) 約9.5kg
ポール直径 2.8cm

ピュアライズ
バーベル セット 80kg ラバー付き

22,800(税込)
2019年10月12日 3:10時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

取り付け部がねじ式で安全装着可能

スクリューになったシャフトで、プレートを回し入れる設計なので、取り付け途中にプレートが落ちたりすることなく、安全に取り付けられます。手軽にプレート交換できるので、自由自在に重さを変えることが出来ます。グリップ部分はローレット加工されているので、滑りにくく、安全にトレーニング出来ます。
シャフトの長さ(cm) 184cm
スリーブの長さ(cm)
シャフトの重さ(kg) 10kg
ポール直径 2.8cm

KETTLEBELLKON
オリンピック バーベル133KGセット

74,000(税込)
2019年10月23日 4:12時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

本格的に高重量のフリーウエイトトレーニングに取り組む方に!

本格的なオリンピックバーベルのセット。トレーニング効果を高める握りやすいグリップ加工のシャフトに加え、プレートは衝撃に強く損傷が起こりにくいラバーコーティング仕様、かつ内側もオリンピックバーにスムーズにフィットするスティール加工となっています。コストパフォーマンスも高いおすすめの商品です。
シャフトの長さ(cm) 220.5cm
スリーブの長さ(cm)
シャフトの重さ(kg) 20kg
ポール直径 5.0cm

ファイティングロード
バーベル セット

34,650(税込)
2019年10月12日 3:10時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

赤いラバーがおしゃれなバーベルセット

プレートの周囲をラバーで囲むことで安全に使うことが出来るバーベルセットです。おしゃれな赤いラバーでお部屋のアクセントにもなります。ラバーで囲んだプレートは、万が一落としても床や家具に傷がつきにくく、大きな音もしないので、マンションの一室でも気兼ねなく使うことが出来ます。
シャフトの長さ(cm) 180cm
スリーブの長さ(cm)
シャフトの重さ(kg) 10kg
ポール直径 2.8cm

Brave Products
ダンベル バーベルにもなる 3in 連結可能 10KGセット

4,450(税込)
2019年10月23日 4:12時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

1台3役の可変式設計でバーベルに変形可能!

Brave Productsは商標登録済みブランド。ダンベルは独自開発の設計で、付属するジョイントシャフトで連結してバーベルにすることも可能。シンプルで使いやすく、重さも調節できるため、初心者から上級者まで幅広く使用できます。
シャフトの長さ(cm) 100cm
スリーブの長さ(cm)
シャフトの重さ(kg) 1.0kg
ポール直径

Wout
バーベルにもなる ダンベル

5,999(税込)
2019年10月12日 3:10時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

長さ調節でダンベルにもバーベルにもなる万能セット

鍛える部位によって使い分けが出来るダンベルとしてもバーベルとしても使えるバーベルセットです。外部の素材はポリエチレンを使っていて、床に置いていても傷がつきにくく、保管に便利です。ポリエチレン素材なので、比較的手に入れやすい値段設定で、初めての筋トレを始める方にもおすすめです。
シャフトの長さ(cm) 30cm
スリーブの長さ(cm)
シャフトの重さ(kg)
ポール直径

アイロテック
バーベルダンベル

26,950(税込)
2019年10月12日 3:10時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

本格的な重量感がポイントのバーベルセット

マットブラックで仕上げた重量感溢れるバーベルセットです。1.25kgから20kgまでの様々な重さのプレートが18枚、合計で140kg分のプレートがセットになっています。シャフトの長さを160cm、180cm、200cmと3種類の中から選ぶことができるので、求めるトレーニングに合わせて購入できます。
シャフトの長さ(cm) 180cm
スリーブの長さ(cm)
シャフトの重さ(kg) 10kg
ポール直径 2.8cm

商品比較表

商品画像
アイロテック
Wout
Brave Products
ファイティングロード
KETTLEBELLKON
ピュアライズ
ワイルドフィット
イヴァンコ
Lancome
商品名 バーベルダンベル バーベルにもなる ダンベル ダンベル バーベルにもなる 3in 連結可能 10KGセット バーベル セット オリンピック バーベル133KGセット バーベル セット 80kg ラバー付き ラバーバーベルダンベルセット スタンダードラバーイージーグリッププレート イージーフィットネスバーベル
特徴 本格的な重量感がポイントのバーベルセット 長さ調節でダンベルにもバーベルにもなる万能セット 1台3役の可変式設計でバーベルに変形可能! 赤いラバーがおしゃれなバーベルセット 本格的に高重量のフリーウエイトトレーニングに取り組む方に! 取り付け部がねじ式で安全装着可能 モノトーンデザインでおしゃれなバーベルセット ナチュラルラバーで扱いやすいバーベルセット 取り換え簡単クリップ搭載のバーベルセット
価格 26,950(税込) 5,999(税込) 4,450(税込) 34,650(税込) 74,000(税込) 22,800(税込) 36,200(税込) 9,720(税込) 7,780(税込)
シャフトの長さ(cm) 180cm 30cm 100cm 180cm 220.5cm 184cm 184cm - 139cm
スリーブの長さ(cm) - - -
シャフトの重さ(kg) 10kg 1.0kg 10kg 20kg 10kg 約9.5kg 15kg 約20kg
ポール直径 2.8cm 2.8cm 5.0cm 2.8cm 2.8cm 2.8cm 4cm
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる
筋トレに最適なバーベルのセットを人気順にご紹介してまいりました。自宅で体を鍛えたい方には欠かせないバーベルセット。ダンベルにもなったり、床に傷がつきにくい加工がされていたりなど、様々な種類がありますね。ランキングを参考にしながら、使いやすいバーベルセットを見つけて、日々の筋トレメニューに早速加えてみましょう。

関連記事|サポートグッズやトレーニング器具、プロテインなど

本格的なトレーニングに!

リストラップおすすめ人気ランキング10選|ちょうど良い長さは? - Best One(ベストワン)
リストラップおすすめ人気ランキング10選|ちょうど良い長さは? - Best One(ベストワン)>>
高重量のトレーニングは、ベンチプレスやバーベルなど、重い道具を持つ必要があります。ですが、そうしたトレーニングは手首を傷めやすく、ケガの要因にもなってしまいます。リストラップはそうしたケガを防ぐアイテムとして重要なものです。通販サイトで購入できるリストラップについて紹介していきます。
トレーニングベルトおすすめ人気ランキング9選|しっかり巻ける! - Best One(ベストワン)
トレーニングベルトおすすめ人気ランキング9選|しっかり巻ける! - Best One(ベストワン)>>
身につけるだけで、ウエイトトレーニング時の負担を軽減してくれるトレーニングベルト。ケガ防止のためには欠かせません。女性が使えるデザイン性の高いものから、牛革製やゴムバンドのものまで素材もさまざま。人気なものにどのような特徴があるのかチェックしてみましょう。
トレーニングベンチのおすすめ人気ランキング8選|本格的な筋トレに! - Best One(ベストワン)
トレーニングベンチのおすすめ人気ランキング8選|本格的な筋トレに! - Best One(ベストワン)>>
「トレーニングベンチ」を使うと、筋肉の可動域を広げられるので、胸や背中、肩周りなどの筋肉を効率よくトレーニングできます。フラットベンチ、インクラインベンチなどのタイプの中から、自分に合ったものを選ぶためには、どのようなコツがあるのでしょうか。ここでは、トレーニングベンチの選び方のコツと、人気ランキングをご紹介します。
ダンベルのおすすめ人気ランキング9選|初心者でも安心の選び方は? - Best One(ベストワン)
ダンベルのおすすめ人気ランキング9選|初心者でも安心の選び方は? - Best One(ベストワン)>>
自宅で手軽にできる筋トレといえば、「ダンベル」を使ったトレーニングではないでしょうか。ダンベルには初心者でも簡単に使えるタイプから、負荷を自由に変えられる上級者向けのものまで様々なラインナップがあるので、何に気を付けて選べばよいか迷いますよね。そこで今回は、ダンベル選びに重要なポイントや人気のランキングをご紹介します。
プッシュアップバーおすすめ人気ランキング12選|使い方簡単!初心者向きのものは? - Best One(ベストワン)
プッシュアップバーおすすめ人気ランキング12選|使い方簡単!初心者向きのものは? - Best One(ベストワン)>>
トレーニングや筋トレメニューに欠かせない腕立て伏せ。プッシュアップバーを使うことで、手首を痛めることなく腕立て伏せができるので、より多くの回数をこなすことができます。プッシュアップバーは様々なメーカーから販売されていてどれを選べば良いか迷ってしまいます。今回は、プッシュアップバーの選び方とおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介していきます。
腹筋ローラーのおすすめ人気ランキング10選|効率的に鍛える! - Best One(ベストワン)
腹筋ローラーのおすすめ人気ランキング10選|効率的に鍛える! - Best One(ベストワン)>>
「腹筋ローラー」は腹筋だけでなく、背中や腕、肩などの筋肉もバランスよく鍛えられるうえに、体幹も強くしてくれます。押したり、戻したりする動作は初心者には難しそうに感じますが、実は簡単にできるものも多く販売されています。そこで今回は数ある中から、あなたにぴったりの一品を選ぶためのポイントや、人気のランキングをご紹介します。
トレーニングチューブの使い方・選び方とおすすめ9選 - Best One(ベストワン)
トレーニングチューブの使い方・選び方とおすすめ9選 - Best One(ベストワン)>>
トレーニングチューブ、エクササイズバンドは主に上半身を鍛えるアイテムですが、使い方を工夫することで下半身のトレーニングにも最適です。また、形の良いお尻を作りたい!という方にもおすすめです。トレーニングチューブには、ゴムバンドタイプとチューブタイプがあり、おすすめのタイプと使い方などをご紹介していきます。

トレーニングと合わせてプロテイン摂取を!

筋肉をつけたい人におすすめのプロテイン6選 - Best One(ベストワン)
筋肉をつけたい人におすすめのプロテイン6選 - Best One(ベストワン)>>
筋肉をつけたい人にとって、トレーニングにプラスして摂取したいのがプロテイン。プロテインなら何でもいい、なんて思っていませんか?今回はご自身もプロテインを愛用しているスーパースポーツゼビオ 調布東京スタジアム前店の横山さんにお話を伺い、筋肉をつけたい人におすすめのプロテインと飲み方をご紹介します! このスーパースポーツゼビオ 調布東京スタジアム前店には、プロテインバーがあり、試飲ができたり、横山さんをはじめとした専門知識を持った方が、1人1人の食生活や運動頻度、お悩みや希望に合わせて、最適なプロテインを選んでくれます。取材でもいくつかのプロテインを試飲させていただいたので、飲んでみた感想も合わせてご紹介します。
女性向けプロテインおすすめ5選【ダイエットから筋トレまで】 - Best One(ベストワン)
女性向けプロテインおすすめ5選【ダイエットから筋トレまで】 - Best One(ベストワン)>>
「プロテインは男性が飲むもの」「プロテインを飲むと筋肉ムキムキになる」なんてもう古い!髪やお肌にツヤが出たり、代謝を改善したりと女性に良いこともあるんです。ダイエットにおすすめのソイプロテインを始め、おすすめのプロテインの選び方と、効果的な飲み方をご紹介します。
プロテインシェーカーおすすめ人気8選【ザバスなど】|電動タイプも!ケース付きだと持ち運びが楽に - Best One(ベストワン)
プロテインシェーカーおすすめ人気8選【ザバスなど】|電動タイプも!ケース付きだと持ち運びが楽に - Best One(ベストワン)>>
プロテインと一緒に購入したいプロテインシェーカー。メーカーで選ぶというよりもタイプで選ぶことがおすすめです。累計数千杯ものプロテインを飲んできたスーパースポーツゼビオ 調布東京スタジアム前店の横山さんにプロテインシェーカーの必要性やタイプごとの特性、おすすめのシェーカーをお伺いしました!
間食に最適!プロテインバーのメリットとおすすめ5選 - Best One(ベストワン)
間食に最適!プロテインバーのメリットとおすすめ5選 - Best One(ベストワン)>>
いつでもどこでも片手で手軽に食べられるのがプロテインバーの魅力。間食や食事がわりに食べている人もいるかもしれません。今回はプロテインバーの役割やメリットに着目し、より良い使い方やおすすめのプロテインバーをご紹介します。
プロテインタブレットの気になる効果とおすすめ2選 - Best One(ベストワン)
プロテインタブレットの気になる効果とおすすめ2選 - Best One(ベストワン)>>
錠剤(タブレット)タイプのプロテインもあること、ご存知ですか?持ち運びやすさや、飲む量の明確さなど、粉末タイプより手軽でいいように見えますが、効果を求めるなら粉末タイプのほうがおすすめです。今回は錠剤タイプのプロテインのメリット・デメリット、効果的なプロテインの飲み方などをご紹介します。
あなたにおすすめの記事
フィットネス・トレーニングランキング
関連記事