洗車用スポンジおすすめ人気ランキング11選|柄付きやムートン製も紹介!マイクロファイバー製も

洗車に欠かせないのが、スポンジ。100円ショップでも販売されている身近なアイテムですが、スポンジを変えるだけで洗車の効果が高まったり、作業が楽になったりと、実は重要なツールなのです。ここでは洗車が楽しくなるような便利なスポンジをご紹介します。

洗車のコツ

車を洗うときには、自分の身体を洗うときと同様に、やさしく泡で撫でるように洗うのがポイントです。身体を洗うときに、肌に直接石鹸やボディソープをつけて、硬いスポンジでゴシゴシ擦ると、肌を傷つけてしまうという話を耳にしたことがある人は多いかと思いますが、車も肌と同じで傷つきやすいもの。

しっかりと泡をたてて、柔らかいスポンジで優しくなでるように洗いましょう。そうすることで、ボディを傷つけることなく、汚れを浮かせながら洗うことができます。
洗車スポンジ
洗車に必要不可欠なカーシャンプー。コーティング施工車かどうかや、車体の色によって選ぶなど、様々な種類があり選びがいがあるものです。そんなカーシャンプーの選び方について紹介しています。
カーシャンプーのおすすめ人気ランキング8選|水垢もすっきり!上手な洗車の方法もご紹介
カーシャンプーのおすすめ人気ランキング8選|水垢もすっきり!上手な洗車の方法もご紹介 >>
キレイな車をキープするために行わなくてはならないのが、洗車です。洗車機を使えばあっという間に終わりますが、車を傷つけてしまう恐れもあるため、時にはカーシャンプーを使ってご自身の手で洗ってみませんか?

失敗しない!洗車スポンジの選び方

ここからは洗車スポンジを選ぶときにチェックしたいポイントを見ていきましょう。

形状|パーツごとに最適な形とサイズを

形状|パーツごとに最適な形とサイズを
洗車用のスポンジは、柔らかいものを使えば傷つけることなく使用可能です。しかし、屋根やホイールなど手が届きにくい場所は、通常のスポンジだけではなかなかきれいになりません。そのような場所には、専用のスポンジがおすすめです。手が届くところは、しっかりと握ることができるタイプ。屋根やボンネット周辺などの手が届きにくいところには、長い柄のついたタイプ。そして、ホイールには短い柄のついたホイール専用タイプなどと用途に応じて使い分けましょう。

素材|汚れの種類や洗い方によって使い分けよう

ウレタン

ウレタン
出典:Amazon
最もオーソドックスで使い勝手のいいタイプです。泡立ちが良いため頑固な汚れも落としやすく、手に入りやすく比較的安いので手軽に手に取ることができます。メーカーによってスポンジの硬さや質感が違い、硬すぎるものだと洗車傷の原因になることもあるのでなるべく柔らかいものがおすすめです。使い勝手が良いのでひとつ持っておくと良いですよ。

セルロース

セルロース
天然のパルプを使用した環境に優しいスポンジです。水分の吸収に優れているので保水力が高く泡持ちが良いので洗剤が少なく済んだり、水を注ぎ足す手間が減るというメリットがあります。また、水につけると表面が柔らかくなり車の表面を傷つけにくいのもポイントです。吸水性の良さはシャンプー後のふき取りにも活躍します。

PVA

PVA
出典:Amazon
耐薬品性、吸水性、保水性に優れた耐久性の高いスポンジです。細かな気泡がたくさんあり、泡立ちの良さはもちろんのこと汚れを抱え込みしっかりと洗うことができます。密度が細かいため車の表面を傷つけるリスクも少ないです。薄型の商品が多く、大きいスポンジでは届かない狭い部分にも使いやすいです。

ムートン・マイクロファイバー

ムートン・マイクロファイバー
出典:Amazon
近年人気を集めているのがムートングローブタイプのものです。ふわふわとした手触りで泡切れが良いので洗車後の片付けも楽に済みます。しっかりと洗いたいタイヤやホイールには向きませんが、手で撫でるように洗うボディにはぴったりです。マイクロファイバーのものは細かい繊維で車の表面を傷つけにくく、吸水性や吸塵性に優れ洗車後のふき取りの際にも使われます。

ボディ用おすすめの洗車スポンジ

日本インソール工業
セルロース 洗車 スポンジ

ワックススポンジとしても使える

植物繊維を100%使用したセルローススポンジです。吸水性が抜群で程よい弾力があるので泡立ちも良く、優しく車を洗えます。気泡が細かいため汚れをしっかりふき取り大事な車に傷をつけにくいです。縦が20cmと大きめのサイズなので手の大きい男性でも扱いやすいでしょう。

プロスタッフ(Prostaff)
ボディ用グローブ ゴリラの手

水洗いでもしっかり落ちる!2wayタイプ

プロスタッフの洗車用グローブ。マイクロファイバー製の手袋状になったスポンジを手にはめて、ボディを直接こすることができます。キズをつけずにしっかりこすれるクロス面と、毛束が細かい汚れもしっかりキャッチするツイスト面の二面があり、車の様々なパーツに対応。スポンジよりも器用な手袋をはめた手で洗えるので、細かいところまでしっかりきれいになります。

タロウワークス(Taro Works)
伸縮 マイクロファイバー スポンジ

柄付きで大型車のルーフも楽々洗車

こちらは柄付きのスポンジになります。柄は85cm~135cmとぐーんと伸びるので大きい車のルーフも楽に洗えます。柄が付いていても軽く扱いやすく、マイクロファイバー製なので車にも優しいです。汚れたり劣化した時の取り換え用や好みによってムートンタイプも選べるが嬉しいですね。

アイオン(AION)
プラスセーヌ プロユーススタイル

密着度の高いPVA仕様

水洗い洗車でもシャンプー洗車でも使えるスポンジです。塗装やコーティングに優しい低摩擦で洗えて、薄く柔らかいのでどんな場所にもフィットします。PVA製で水分や洗剤をしっかり抱え込むので泡持ち抜群、ストレスフリーで気持ち良く洗車できます。柔らかな質感と高い耐久性を両立していて長く使える商品です。

Surluster (シュアラスター)
ウォッシンググローブ

天然羊毛を使用した優しい洗い心地

ムートンタイプの洗車スポンジです。サイドまでたっぷりと配置された天然羊毛は密度や長さにもこだわっており、クリーミーな泡立ちです。狭いところも楽々手が届き、愛車を優しく撫でるように洗えます。グローブタイプなので素手感覚で洗車ができて疲れにくく、スポンジを落としたりということも防げます。

シュアラスター ウォッシングスポンジ

二面構造でしっかり洗える

シュアラスターの洗車用スポンジ。売り場で実際に触ってみると、ふわふわで驚くほどの柔らかさです。柔らかい波状ウレタン部分と、しっかり汚れを落とすゴム面が二層になっていて、使用するシーンによって使い分けをすることができます。手にしっかりフィットするため、疲れにくいのも特徴です。

商品比較表

商品画像
Surluster (シュアラスター)
アイオン(AION)
タロウワークス(Taro Works)
プロスタッフ(Prostaff)
日本インソール工業
商品名 シュアラスター ウォッシングスポンジ ウォッシンググローブ プラスセーヌ プロユーススタイル 伸縮 マイクロファイバー スポンジ ボディ用グローブ ゴリラの手 セルロース 洗車 スポンジ
特徴 二面構造でしっかり洗える 天然羊毛を使用した優しい洗い心地 密着度の高いPVA仕様 柄付きで大型車のルーフも楽々洗車 水洗いでもしっかり落ちる!2wayタイプ ワックススポンジとしても使える
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

ホイール用おすすめの洗車スポンジ

ホイールはブレーキダストや油汚れなど、しつこい汚れが付きやすいパーツです。さらに、入り組んだ形をしているので、通常のスポンジでは手が届かないことが少なくありません。そこで、ホイールを洗うときには、ホイール専用のスポンジがおすすめです。ホイールを洗いやすい形状をしているので、ホイールを傷つけずにしっかりと汚れを落とすことができます。
スポンジと一緒にホイール専用のクリーナーも見てみましょう。
車用ホイールクリーナーおすすめ5選|強力なタイプを比較!
車用ホイールクリーナーおすすめ5選|強力なタイプを比較!>>
車の中で、ボディに次いで目立つ場所といえば、タイヤホイール。ぴかぴかのホイールはパッと目を引いて、車の足元をランクアップさせてくれます。しかし、そのホイールが汚れていたら、せっかく洗車でボディをキレイにしても、何となく美しくない印象に……今回はそんな汚れたホイールをキレイにしてくれる、ホイールクリーナーをご紹介します。

タロウワークス(Taro Works)
ホイール リム 洗車スポンジ

アメリカでも人気のホイールブラシ

ホイールは汚れやすいだけに洗うのにも力が要ります。ゴシゴシ洗ってもへたれない耐久性としっかり汚れを落とせる洗浄力が自慢の商品です。ホイール洗浄に必要な力強さと傷をつけにくさを両立した、保水力が抜群のウールを厳選して作られています。ハンドルは力を入れやすく疲れにくいサイズ感で設計されています。

カーメイト (CARMATE)
ホイール専用スポンジ パープルマジック プライム ディグアウトタイプ

カーメイトのホイール専用の洗車スポンジ。リムの内側の汚れをかき出しやすい形状になっており、ホイールの洗浄に最適。奥までしっかり入ります。洗いやすい角度と握りやすさにこだわっているので、作業しやすいのもうれしいポイントです。

プロスタッフ(Prostaff)
ホイールクロス ホイール専用鬼人手

PROSTAFF(プロスタッフ)のホイール専用洗車グローブ。マイクロファイバーのクロスが、がんこなホイールの汚れも絡めとるようにきれいにしてくれます。ホイールは細かいパーツが多く、スポンジでは洗い残してしまうこともありますが、5本指に分かれたグローブタイプのスポンジなら細い部分にもしっかり届いて、汚れを落としてくれます。手でなでるように洗えるので、疲れにくいのも魅力です。

カーメイト (CARMATE)
ホイール専用スポンジ パープルマジック プライム サーキュラータイプ

同じくカーメイトのホイール専用ブラシ。全方向ブラシになっていて、スキマからフラット面までしっかり行き届きます。複雑なデザインのホイールを履いている人におすすめです。

カーメイト (CARMATE)
パープルマジック ホイールスポンジ

手を汚しにくい角度付きグリップ

超極細、多角形状のマイクロファイバーを使用し汚れをしっかりと落とします。ハンドルに絶妙な角度が付いており、地面に近い部分を洗う時手を汚しにくくなっています。細めのヘッドが狭いところまで入り込み手の届かない場所もスッキリ洗い落とします。パッケージはケースにもなるので収納にも困りません。

商品比較表

商品画像
カーメイト (CARMATE)
カーメイト (CARMATE)
プロスタッフ(Prostaff)
カーメイト (CARMATE)
タロウワークス(Taro Works)
商品名 パープルマジック ホイールスポンジ ホイール専用スポンジ パープルマジック プライム サーキュラータイプ ホイールクロス ホイール専用鬼人手 ホイール専用スポンジ パープルマジック プライム ディグアウトタイプ ホイール リム 洗車スポンジ
特徴 手を汚しにくい角度付きグリップ アメリカでも人気のホイールブラシ
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

洗車後のメンテナンスグッズもチェック!

洗車をして車を綺麗にしたら、仕上げにワックスやコーティング剤などを施すのもおすすめです。ワックスは車のボディにピカピカの艶を与え、コーティング剤は汚れや傷から愛車を保護する役割があります。どちらもそれぞれのメリットや特徴がありますので、下記の記事で違いを比べてみてくださいね。
カーワックスおすすめ人気最強5選|コーティング剤との違いや種類【固形と半練り】
カーワックスおすすめ人気最強5選|コーティング剤との違いや種類【固形と半練り】>>
車をより美しく、ピカピカに見せたいという時に使うのが、カーワックス。車を大切にしている人なら、一度は手に取ったことがあるはずです。最近では、車のカラー別製品なども販売されていて、よりボディをキレイに見せることもできます。今回はそんなカーワックスの使い方やおすすめ商品についてご案内します。
車用コーティング剤のおすすめ人気ランキング12選|愛車に艶と輝きを!滑水タイプやガラス系のものも
車用コーティング剤のおすすめ人気ランキング12選|愛車に艶と輝きを!滑水タイプやガラス系のものも>>
少し前まで、車の仕上げといえば、カーワックスが定番でした。しかし、最近ではもっと気軽に使用できて、ボディを水や汚れから守ってくれるコーティング剤が人気です。今回は、簡単に使えて便利な、車用コーティング剤をご紹介します。
洗車というとシャンプーやワックスなどが先に思い浮かびますが、スポンジはそれ以上になくてはならない存在です。1つのスポンジを使いまわしても問題ありませんが、使いやすさや汚れの落ちやすさなどを考慮すると、洗車する場所に合わせて使い分けたほうが良いでしょう。ホイール周りなどの汚れが特にひどい場所でスポンジを分けることが、スポンジを長持ちさせることにも繋がります。
洗車・工具・メンテナンス用品ランキング