カーシャンプーのおすすめ7選と上手な洗車のやり方

キレイな車をキープするために行わなくてはならないのが、洗車です。洗車機を使えばあっという間に終わりますが、時にはカーシャンプーを使って、ご自身の手で洗ってみませんか? 今回は様々な洗車用品が揃うスーパーオートバックスTOKYOBAY東雲で、カーシャンプーについて伺ってきました。

洗車でキレイな状態を保とう!
洗車の頻度は月1回が目安
洗車のやり方
カーシャンプーの種類
カーシャンプーの選び方
コーティング車専用カーシャンプーのおすすめ
非コーティング車専用カーシャンプーのおすすめ
カーシャンプーと一緒に必要な洗車アイテム
この記事に登場した専門家

洗車でキレイな状態を保とう!

super☆AUTOBACS TOKYOBAY東雲 カーライフアドバイザー
小林 可奈さん
走行中も停車中も、車にはホコリや花粉などがついて、時間の経過と共にどんどん汚れていきます。そのままにしておくと、見た目が悪いだけでなく、ボディに傷やサビがついてしまうことも。洗車は、そんな汚れを落とし、車をキレイにするために行います。

洗車機で行っても問題ありませんが、自分の手で洗車をすると、隅々までよく確認できるため、見えづらい場所のキズなどを発見できることがあります。車がきれいになるだけでなく、メンテナンス効果もあるため、余裕があるときには手洗いでの洗車がおすすめです。
洗車

洗車の頻度は月1回が目安

洗車の頻度には、何日に1回などという決まりはなく、汚れが気になった時に行いましょう。車に乗る頻度や保管場所によって、ペースは異なります。

ただし、ボディやガラスなどにコーティング剤やワックスなどを使用している場合には、汚れに加え、それらの持ちも考慮するべきでしょう。コーティング剤などの効果が持続するのは、1ヶ月程度というものが多いため、そのタイミングに合わせて、洗車とコーティングを行うのがおすすめです。

洗車のやり方

カーシャンプーによる洗車は、洗顔の要領によく似ています。強くこすってキズを付けないよう、水と泡を上手に使うのがポイントです。具体的な手順をみてみましょう。

  1. ボディを水でよくぬらし、大きな汚れを流す
  2. よく泡立てたカーシャンプーの泡をのせて、柔らかいスポンジなどでなでるように洗う
  3. 洗い終えたら、水でよく流す
  4. セームやマイクロファイバークロスを使って、水気をとる
  5. コーティングやワックスを施す

カーシャンプーは水圧で泡立てて使う

車にキズを付けないために、カーシャンプーはよく泡立てて使用します。泡立て方のポイントは水の圧力を使うことです。バケツに適量のシャンプーを入れたら、水を勢いよく注ぎます。すると、シャンプーがバケツの中でもこもこと泡立ちます。この泡をスポンジですくって、なでるように優しく洗います。
カーシャンプーの泡立て

カーシャンプーの種類

カーシャンプーには、コーティング加工を施してある車用とそうでない車用に2つの種類があります。最近は、車を購入するときに、コーティングを施すことが多く、コーティング剤専用のカーシャンプーが注目されています。

コーティング施工車専用

コーティングが施されている場合には、シャンプーの成分によってコーティングを落としてしまうことがないよう中性のカーシャンプーを使用しましょう。パッケージに「コーティング車専用」と書かれているものを選べば安心です。購入時によく確認してみてください。

非コーティング車専用

コーティングされていない車向けのカーシャンプーは、研磨剤が含まれていたり、酸性またはアルカリ性のものが多く販売されています。洗浄力が中性であるコーティング車用のものよりも強いので、水垢などもスッキリ落とすことができます。
洗車

カーシャンプーの選び方

コーティング施工の有無を必ずチェック

先に挙げたように、カーシャンプーにはコーティング車専用と非コーティング車用があります。コーティング車に非コーティング車用のカーシャンプーを使用すると、せっかくのコーティングに影響を与えてしまうかもしれません。まずは、ご自身の車にコーティングがされているかどうかを確認してみてください。

車体の色に合わせて選ぶのもGood!

カーシャンプーには、ボディカラー専用のものも販売されています。カラーは大きく分けて、黒、白、メタリックの3種類。それぞれのカラーの特徴に合わせて、入っている成分に違いがあります。

ボディカラーの良さを引き立ててくれるというメリットがある反面、黒いボティに白いボディカラー専用のシャンプーを使うと色がくすんでしまうこともあるなど、商品によっては別の色のボティには使用しないほうがいいものもあります。洗浄性能だけでなく、仕上がりにこだわりたいという人は試してみると良いでしょう。

コーティング車専用カーシャンプーのおすすめ

シュアラスター カーシャンプー1000

SurLuster (シュアラスター)のコーティング車用カーシャンプー。クリーミーできめ細やかな泡立ちで、ボディを傷つけず優しく洗うことできます。泡が立ちやすく、消えにくいのが魅力。初心者の方でも簡単に使用することができます。

SurLuster (シュアラスター)カーシャンプー1000

SONAX(ソナックス) カーシャンプー グロスシャンプー 314300

SONAX(ソナックス) のコーティング車専用カーシャンプ。わずかキャップ1杯で、クリーミーな泡がもこもこと立ち上がります。こまかい泡が汚れを浮かせるため、コーティング車でも車体を傷つけることなくキレイにしてくれます。1本で中型車なら40回も使用できる、コスパの高い製品です。

SONAX(ソナックス) カーシャンプー グロスシャンプー 314300

オートバックス×シュアラスター GORDON MILLER アロマシャンプー

洗車用品に定評のあるシュアラスターとオートバックスがコラボした、コーティング車専用カーシャンプ。アロマシャンプーなので、洗浄中にティーツリーの香りが優しく漂います。ノーコンパウンドタイプなのでボディに傷がつかず、やわらかな泡で柔らかく洗い上がります。製品自体もデザイン性が高く、車庫やトランクに無造作に置いてもスタイリッシュです。

オートバックス×シュアラスター GORDON MILLER アロマシャンプー 1000ml

ソフト99 黒極シャンプー「濃色系メタリック・ソリッドブラック」

黒や濃色のボティカラーにおすすめなのが、ソフト99のコーティング車用カーシャンプ・黒極。液体を付属のスポンジにつけて、直接泡を立てながら洗います。優しい洗い上がりなので、コーティングを落とすことなく、汚れをキレイに取り除けます。特殊シリコンの効果で、黒いボディカラーにより深く濃い艶と光沢を出してくれます。

ソフト99 黒極シャンプー「濃色系メタリック・ソリッドブラック」

ソフト99 白極シャンプー「ホワイト&ホワイトパール等の白系」

白やパール系のボティカラーにおすすめなのが、ソフト99のコーティング車用カーシャンプ・白極。黒極と同じく、付属のスポンジに直接液体をつけて、ボディで泡立てながら洗い上げます。最先端ケミカル技術で、白いボディカラーをより輝かせ、美しい色艶を与えてくれます。

ソフト99 カーシャンプー 白極シャンプー「ホワイト&ホワイトパール等の白系」

ソフト99 銀極シャンプー「淡色系メタリック」

メタリックカラーや淡い色のボティカラーにおすすめなのが、ソフト99のコーティング車用カーシャンプ・銀極。黒極や白極と同じように、付属のスポンジにつけた液体で、優しく泡立るように洗います。ボディカラーに合わせた成分の配合によりメタリックカラーを輝かせ、より透明感のある美しいボディに仕上がります。

ソフト99 カーシャンプー 銀極シャンプー「淡色系メタリック」

非コーティング車専用カーシャンプーのおすすめ

WILLSON 洗う水アカシャンプー パールホワイト&ライトメタリック車用

ウィルソンの非コーティング車専用カーシャンプー。洗浄力の強い新イオン活性剤が、ガンコな水垢もすっきりと落としてくれます。パールとメタリックのボディカラーの車に使用すると、より色鮮やかに洗いあがります。コーティング車に使用するとせっかくのコーティング剤を落としてしまったり、黒や濃色の車に使うと色がぼやけてしまったりしますので、使用時は注意が必要です。

WILLSON 洗う水アカシャンプー パールホワイト&ライトメタリック車用

カーシャンプーと一緒に必要な洗車アイテム

洗車バケツ

シャンプーを泡立てたり、クロスを洗ったりと、洗車の必需品であるバケツ。プロスタッフのらくのりバケツは、高い場所などを洗う時にはふみ台として使用できます。さらに、使い終わったら洗車道具を収納することも可能。ホースを固定するリングもついている、洗車にピッタリのバケツです。

PROSTAFF(プロスタッフ) 洗車用品 らくのりバケツ P29

洗車スポンジ

シュアラスターの、洗車用スポンジ。二面構造でふわふわとしたウレタンで、車のボディを傷つけることなく優しく洗えます。くびれのついたボディが手になじみやすく、細かい部分の汚れもしっかり落とすことができます。
洗車の必須アイテム!スポンジのおすすめ6選
洗車の必須アイテム!スポンジのおすすめ6選>>
洗車に欠かせないのが、スポンジ。100円ショップでも販売されている身近なアイテムですが、スポンジを変えるだけで洗車の効果が高まったり、作業が楽になったりと、実は重要なツールなのです。ここでは洗車が楽しくなるような便利なスポンジをご紹介します。

水滴の拭き取りにセーム・マイクロファイバークロス

洗車が終わった後は、残った水滴を拭きとります。水滴はゴシゴシとこするのではなく、セーヌやマイクロファイバークロスで、吸い取るように取り除く方が、拭き跡を残さずにスッキリ美しく仕上げることができます。大きめの布を用意して、すっぽりとボディを覆うように使用すれば、簡単に水滴を取り除くことができますよ。

アイオン(AION) 拭き取りクロス プラスセーヌ L イエロー

GORDON MILLER マイクロファイバー クロス S グレー 10枚セット

洗車の拭き上げにおすすめ!セームタオル4選 - PICUP(ピカップ)
洗車の拭き上げにおすすめ!セームタオル4選 - PICUP(ピカップ)>>
カー用品店の洗車コーナーにある、セームという商品をご存じですか? セームとは、水泳選手がよく使っている、吸水性の高いタオルのこと。これが1枚あると、洗車後の拭き上げ作業が驚くほど楽になります。今回はそんな、拭き上げ作業時におすすめのセームについてご紹介します。
マイクロファイバークロスで拭き上げ・車内掃除を!おすすめ4選 - PICUP(ピカップ)
マイクロファイバークロスで拭き上げ・車内掃除を!おすすめ4選 - PICUP(ピカップ)>>
洗車の後の拭き上げには、吸水力が高く、繊維が残らないマイクロファイバークロスがぴったりです。洗ったばかりの車を、拭き残しやタオルの繊維で汚してしまうことがないよう、拭き取りのアイテムにもこだわりましょう。ここでは、洗車の仕上げにおすすめのマイクロファイバークロスについてご紹介します。
洗車といえば、ただシャンプーをつけてゴシゴシとブラシで洗っていただけ。それでなかなか汚れが落ちず、結局、プロの手を借りてしまっていた…という人も多いのではないでしょうか。シャンプーをバケツ内で泡を立てる、ゴシゴシこすらず泡で洗う、水滴は拭くのではなく吸収させる、など。きちんとしたプロセスを踏めば、愛車が見違える程にピカピカになりますよ。もっと車を愛するために、ぜひ洗車にチャレンジしてみてくださいね。

この記事に登場した専門家

super☆AUTOBACS TOKYOBAY東雲 カーライフアドバイザー
小林 可奈さん
オートバックスは全国570店舗を超えるネットワークを持つカー用品専門店。タイヤ、オイル、バッテリーから、芳香剤、カーナビゲーション、モータースポーツ関連グッズまで、数多くのカー用品を取りそろえている。同店は、オートバックスグループ店舗の旗艦店の一つで、ドライブレコーダーの販売台数はグループ内TOPを誇る。
詳しくはこちら