乾麺うどんのおすすめ人気ランキング10選|讃岐・五島うどんも!

乾麺うどんは保存もしやすく、調理も簡単なので、用意しておくといざ何か食べようかなと思ったときにもとても便利な存在です。市販されている生うどんや冷凍うどんとはまた違った味わいが楽しめるのも魅力のひとつ。種類も豊富にあるので、お取り寄せをしたりして楽しんでみるのも楽しいですね。今回は乾麺うどんの選び方とおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。

失敗しない!これだけチェック!

まずは、乾麺うどんの選び方についてご紹介します。太さや食感、茹で時間などに注目して見ていきましょう。

種類1|食べ応え重視でお腹にたまりやすい「太麺」や「ひもかわタイプ」

うどんはさらっと食べられるのが嬉しいですが、やはり食べ応えがないと物足りなく感じてしまいます。しっかり食べたい時には太麺タイプやひもかわタイプを選びましょう。麺が太いとその分良くかんで食べることになりますので、同じ量でも満腹感が出るので持っておくとおすすめです。

種類2|食感にコシが欲しい方は「半生タイプ」を

種類2|食感にコシが欲しい方は「半生タイプ」を
乾麺うどんでもうどんを食べるならもっちりとした食感が欲しいとコシにこだわるのであれば、半生タイプがおすすめです。見比べると分かるのですが、乾麺よりはしっとりとしているので、文字通り半分生のような雰囲気です。生より日持ちもするので、こちらも使い分けて味を楽しみましょう。

茹で時間|短いもので8~9分!時短調理で気軽に料理が可能

準備する時にはたっぷりのお湯を用意して茹でるようにしましょう。パッケージを見て必要時間だけ茹でるのがポイントです。短いものだと8~9分で茹でられます。細面タイプになるとその半分ぐらいの3~4分程度で食べられるものもありますので、気軽に調理してお腹を満たすことができます。

乾麺うどんの人気ランキング

日常用から贈答用までいろんな乾麺うどんがあるので食べ比べも楽しくなります。

岡坂商店
本場讃岐うどん「二番」(半生うどん)おためしセット

半生うどんを作って約30年

半生うどんを作り続けてきたメーカーならではの味わいが楽しめる、極上のうどんです。今でも足踏みをしながら作り続けているこだわりなので、うどん好きにはきっと満足できるはずです。讃岐うどんらしい食感はもっちりとコシがあって、当時の味そのまま変わらずに伝え続けています。
麺の太さ
タイプ 半生
内容量 300g×3袋

川田製麺
讃岐うどん

もっちり食感がたまらない!

本場香川県に設置された工場で丁寧に作られたうどんです。十分な水を使って練り上げられていて、これぞ讃岐うどんと言えるもっちりとした食感を実現しています。一袋に入っている量が多いので、たっぷりと食べたい方にも大満足なタイプです。いつでも本場の味を気軽に楽しめます。
麺の太さ
タイプ 乾麺
内容量 250g×5個

絹肌の貴婦人
手延丸細うどん

コシがあってのびにくい

最高級の小麦粉を使い、熟練の職人が丁寧に仕上げたうどんは幾ら食べても飽きの来ない味です。茹で時間も5~8分と短いので、すぐに食べたいという時にも嬉しいうどんです。もちもちとしたコシも素晴らしく、茹でた後も伸びにくいのでたっぷり食べたい方にも使いやすくなっています。
麺の太さ
タイプ 乾麺
内容量 50g×20束

五島うどん
幻の五島うどん

一本ずつ丁寧に手作り

つるんとした喉越しも爽やかで美味しく、とても食べやすい印象です。しっかりとしたコシも感じられるので、食感にこだわる方にも嬉しいうどんです。椿油を使って一本一本丁寧に手作りをしていて幻のうどんとも言われるほどですが、比較的リーズナブルに味わえるのもポイントです。
麺の太さ
タイプ 乾麺
内容量 約12人前セット

麺のスナオシ
手打風うどん

茹で時間の短い細麺タイプ

細麺ながらもしっかりとしたコシを感じられるのが特徴です。値段もリーズナブルですから、たくさん購入しておくといざという時に大活躍してくれます。細い分だけ湯で時間も早いですから、少しでも早く食べたいという方の願いにも応えてくれます。手軽に食べたい時にも嬉しいうどんです。
麺の太さ
タイプ 乾麺
内容量 200g×20個

長崎五島うどん
五島手延うどん

たっぷり食べられる大容量

茹ですぎても伸びにくいので、うっかり茹で時間が長くなってしまってもそれほど気にすることはないのも嬉しい一品です。たっぷり大容量なので、食べ応えもあるのでうどん好きには嬉しいサイズとなっています。様々な具材を載せても美味しく味わえるので、レパートリーも増やしていけます。
麺の太さ
タイプ 乾麺
内容量 2000g

石黒製麺
業務用うどん

かけでもざるでも楽しめる

一般的に市販されているうどんに比べるとかなりの細麺ですが、その分湯で時間も短いのですぐに食べたい時にも重宝します。程よいコシで食感も良く、つるりと食べることができます。温かい面としても美味しいですし、夏の暑い時期にざるうどんとして食べるのにもぴったりのタイプです。
麺の太さ
タイプ 乾麺
内容量 1000g

さぬきシセイ
讃岐うどん

コシとつるつる食感を実現

乾麺なので本場の讃岐うどんの味がいつでも手軽に家庭で楽しめるのが特徴です。コシがあるので食べ応えもあり、満足感も十分に感じられます。織笠ね製法を採用して作られていて、コシだけではなくつるつるとした食感も出しているので、すっきりとした食べ口で幾らでも食べられます。
麺の太さ
タイプ 乾麺
内容量 200g×12袋

讃岐物産
うどん県のうどん

讃岐うどん用の小麦粉を使用

讃岐うどんを作るために開発した新品種小麦である「さぬきの夢」を100%使ったうどんです。長期熟成されて生み出された味わいは喉越しも良くつるりと食べることができます。伝統的な製法で作られてるのも特徴で、豊かな風味を思う存分堪能することができる一品に仕上げられています。
麺の太さ
タイプ 乾麺
内容量 300g×5袋

さぬきシセイ
讃岐 ざるうどん

うどん県が作り上げた味わい

うどんと言えば讃岐うどんと誰もがうなずく産地で作られたうどんです。一袋のボリュームもたっぷりで、コシもしっかりとしていてもちもちとして食べ応えもあります。喉越しも良くするりと食べられて、余った分を次の日に持ち越したとしても、十分に美味しく食べられるのが特徴です。
麺の太さ
タイプ 乾麺
内容量 200g×12袋

商品比較表

商品画像
さぬきシセイ
讃岐物産
さぬきシセイ
石黒製麺
長崎五島うどん
麺のスナオシ
五島うどん
絹肌の貴婦人
川田製麺
岡坂商店
商品名 讃岐 ざるうどん うどん県のうどん 讃岐うどん 業務用うどん 五島手延うどん 手打風うどん 幻の五島うどん 手延丸細うどん 讃岐うどん 本場讃岐うどん「二番」(半生うどん)おためしセット
特徴 うどん県が作り上げた味わい 讃岐うどん用の小麦粉を使用 コシとつるつる食感を実現 かけでもざるでも楽しめる たっぷり食べられる大容量 茹で時間の短い細麺タイプ 一本ずつ丁寧に手作り コシがあってのびにくい もっちり食感がたまらない! 半生うどんを作って約30年
麺の太さ
タイプ 乾麺 乾麺 乾麺 乾麺 乾麺 乾麺 乾麺 乾麺 乾麺 半生
内容量 200g×12袋 300g×5袋 200g×12袋 1000g 2000g 200g×20個 約12人前セット 50g×20束 250g×5個 300g×3袋
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
今回は、乾麺うどんの人気ランキングをご紹介しました。乾麺うどんは、太麺や細麺、半生タイプなどいろんなものがあり、讃岐うどんなど全国各地の有名なうどんでも作られています。記事を参考に、お気に入りを見つけてくださいね!