【メーカー比較も】冷蔵庫のおすすめ人気ランキング30選|2024年の最新モデルも掲載

【メーカー比較も】冷蔵庫のおすすめ人気ランキング30選|2024年の最新モデルも掲載

BestOne編集部

2024年04月20日時点の最新価格で比較できます

生活に欠かせない大型家電の「冷蔵庫」。ファミリー向けの大容量モデルから一人暮らし用の小型モデルまで、各メーカーがさまざまな製品を発売しています。今回は日立、パナソニック、三菱、シャープ、ハイアール、ハイセンスなど人気メーカーが展開するおすすめ冷蔵庫を容量・世帯人数別の人気ランキングで紹介。各メーカーの特徴比較や最新冷蔵庫の性能、選び方のポイントも解説します。冷蔵庫選びにお悩みの方はぜひチェックしてみてください。

企画·制作
オールアバウト Best One 編集部
株式会社オールアバウトのメディア事業部にて、いま買うべきおすすめの商品を紹介する情報サービスBest One(ベストワン)の企画制作をしています。家電やガジェット、生活雑貨等の調査・口コミ・実機検証レビューをはじめお得なセール情報まで、もっと簡単に比較できるサービスづくりを追及しています。
詳しくはこちら

本コンテンツは、オールアバウトBest One編集部の調査に基づいて、独自に制作されたものになります。また、コンテンツの内容やランキングは広告出稿等の有無に影響を受けることはありません。なお、記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

目次
冷蔵庫の選び方
冷蔵庫の人気メーカー|パナソニック、日立、三菱、シャープ、東芝、アクアの代表モデルを比較
冷蔵庫【600L~/5人家族以上】おすすめ人気ランキング5選
冷蔵庫【400L~500L台/3~4人家族】おすすめ人気ランキング5選
冷蔵庫【200L~300L台/二人暮らし】おすすめ人気ランキング5選
冷蔵庫【150L~200L/一人暮らし(自炊派)】おすすめ人気ランキング8選
冷蔵庫【150L未満/一人暮らし(外食派)・2台目用】おすすめ人気ランキング7選
Amazon・楽天市場の冷蔵庫売れ筋人気ランキング
冷蔵庫と併せて使いたい冷凍庫をチェック
まとめ

冷蔵庫の選び方

ここからは冷蔵庫の選び方のポイントを紹介します。容量や設置スペース、ドアの開閉方式などチェックしておきたい点はたくさん。また、引き出しごとの機能やスマホ連携、AI機能などの機能面、見た目のデザインも押さえておきたいポイントです。各項目をひとつずつ解説するのでぜひ参考にしてください。

世帯人数に適した容量を選ぶ

  おすすめの容量 一般的なドア数 主流となる冷蔵庫の横幅(外寸)
5人家族 570~690L 6ドア 68.5~88cmほど
4人家族 500~550L 5ドア、6ドア 65~75cmほど
3人家族 430~480L 5ドア、6ドア 60~65cmほど
二人暮らし(自炊派) 360~410L 3ドア 60cmほど
二人暮らし(外食派) 200~360L 2ドア、3ドア 54~60cmほど
一人暮らし(自炊派) 150~200L 2ドア 48~54cmほど
一人暮らし(外食派) 150L未満 1ドア、2ドア 50cm以下
冷蔵庫の容量を選ぶ際にポイントとなるのは、家族の使用人数、自炊や買いだめの頻度といった現在のライフスタイル、さらに将来の住環境の変化の3点です。特に、冷蔵庫は一度購入すると長年にわたって使用するケースが多いため、子どもの成長なども考慮して選ぶようにしましょう。
 
上の表でもまとめている通り、5人家族には570~690L、4人家族には5~6ドアの500L台前半、3人家族は430~480Lの冷蔵庫がぴったり。設置スペースに余裕のある場合は、さらに一回り大きな冷蔵庫をチェックしてみてもよいでしょう。一方、一人暮らしや二人暮らしの方は自炊の頻度によっても最適な容量は違ってきます。
 
なお、ファミリー世帯で最適な容量に悩んでいる方は以下の計算式を参考にするのがおすすめ。ぜひチェックしてみてください。

【目安となる容量の計算式】※日本電気工業会による計算式(2017年改定)
目安容量=使用人数×70L+常備食品120~170L+予備食品100L

5人家族以上には600L以上がおすすめ

5人家族以上には600L以上がおすすめ
家族の年齢層が幅広いことも多い5~6人家族の場合は570L以上の容量が目安となります。特に600L前後の超大型冷蔵庫は家族の多様な好みに応えられる多くの食品を保存しておけるのはもちろんのこと、各メーカーで高機能なモデルが多くそろっているのが魅力です。
 
幅68.5cm以上のものが主流で、設置スペースや搬入経路に問題ないか確認は必要ですが、省エネ性能が高いため、電気代もそれほど高くはなりません。5人以上の世帯はもちろんのこと、3~4人家族でまとめ買いが多いご家庭にもおすすめです。
600L以上の大型冷蔵庫については下の記事でも詳しく紹介しています。記事では700Lを超える超大型モデルもピックアップ。選び方のポイントも解説しているので、参考にしてみてください。
大容量な大型冷蔵庫のおすすめランキング - Best One(ベストワン) 大容量な大型冷蔵庫のおすすめランキング - Best One(ベストワン)>>

3~4人家族には400L~500L台前半が人気

3~4人家族の目安となる容量は400~500L台前半です。各社とも注目機能をバランスよく搭載したモデルがラインナップの中心。野菜室や冷凍室はもちろん、パーシャル室や氷温室を搭載したものも多くあります。
 
サイズやカラーなどのバリエーションも豊富で、多くの製品の中から家庭に最適な冷蔵庫を選びやすいのが魅力です。横幅60cm程度のモデルも多く、スリムなものを選べば、サイズアップする場合でも、これまでと同じ場所に問題なく設置できます。
なお、4人家族に最適な冷蔵庫を知りたい方は、下の記事でもパナソニック、日立、三菱など大手メーカーの人気モデルを紹介しています。
4人家族向け冷蔵庫のおすすめ人気ランキング - Best One(ベストワン) 4人家族向け冷蔵庫のおすすめ人気ランキング - Best One(ベストワン)>>

二人暮らしは200~300L台がおすすめ

二人暮らしにおすすめの容量は200L~400L前後です。計算式での目安容量は360~410Lですが、二人暮らしの場合は外食が中心の世帯も多いため、自炊やまとめ買いの頻度、食べる量なども考慮するのが容量選びのポイント。例えば、自炊をよくするなら計算式通り360~410Lの冷蔵庫がおすすめですが、外食の頻度もそれなりにある場合は、200L~300L台前半の冷蔵庫でも十分でしょう。
 
また今後、家族が増える可能性がある世帯が一定数存在するのも、二人暮らし世帯の特徴。将来的に子どもの誕生などのライフイベントがありそうな場合は、3~4人家族向けの400L以上の冷蔵庫を視野に入れるのもおすすめです。
二人暮らし向けの冷蔵庫についてより詳しく知りたい方は下の記事もおすすめです。定番の300L台後半はもちろん、200L台~400L台と幅広い容量を紹介しているため、それぞれの生活スタイルに合った冷蔵庫が選べます。
【何リットルが最適?】二人暮らし向け冷蔵庫のおすす - Best One(ベストワン) 【何リットルが最適?】二人暮らし向け冷蔵庫のおすす - Best One(ベストワン)>>

自炊派の一人暮らしには150L~200Lが使いやすい

一人暮らしの方の場合は計算式にかかわらず、150L~200Lの容量が根強い人気を誇っています。150L~200Lの冷蔵庫は、冷蔵室と冷凍室に分かれた2ドアタイプが主流。冷蔵室と冷凍室、それぞれの容量や配置は、製品によって異なるため、使い方にあわせて選ぶのがおすすめです。こまめに野菜や飲み物を買う方は冷蔵室が大きいもの、一方で作り置きの冷凍や、冷凍食品を購入する機会が多い方は冷凍室が大きいものが使いやすいでしょう。
 
ただ、毎日自炊する料理好きの方の場合は、150L~200Lの冷蔵庫では足りない恐れも。また、200L未満の冷蔵庫は、チルド室や野菜室などが付いていない製品も多くあります。食材の鮮度にこだわりたい方や料理好きな方は200L以上のモデルも検討してみてください。
一人暮らし向けの冷蔵庫をお探しの方は下の記事もチェックしてみましょう。自動霜取り機能の有無、静音性など、小型冷蔵庫に特化した選び方のポイントも紹介。一人暮らしの定番でもある100L台後半のモデルはもちろんのこと、料理好きな方におすすめしたい大きめの200L以上のモデルもピックアップしています。
【大きめ】一人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ - Best One(ベストワン) 【大きめ】一人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ - Best One(ベストワン)>>

外食派の一人暮らしや2台目には150L未満がぴったり

一人暮らしの方でも、外食がメインでほとんど料理をしない方の場合は、150L未満のモデルでも十分です。サイズがコンパクトなため、部屋が広くなくてもそれほど邪魔に感じないのが魅力。ベッドサイドなどに置くサブ冷蔵庫をお探しの方にもぴったりです。
 
150L未満の冷蔵庫は冷蔵室と冷凍室に分かれた2ドアタイプと、冷蔵室のみの1ドアタイプがあります。一人暮らしの方には2ドアタイプ、サブ冷蔵庫には1ドアタイプがそれぞれおすすめ。ただ、150L未満の冷蔵庫は霜取り機能が付いていないものが多い点は留意しておきましょう。ご自身での定期的な霜取りが必要になるため、お手入れの方法を事前にチェックしておくと安心です。
150L以下の小型冷蔵庫についてより詳しく知りたい方には下の記事もおすすめです。人気ランキングでは1ドア、2ドアのタイプ別におすすめモデルを紹介。自動霜取り機能、静音性、耐熱トップテーブルなど、選ぶときに気になるチェックポイントについても解説しています。
小型冷蔵庫のおすすめ人気ランキング - Best One(ベストワン) 小型冷蔵庫のおすすめ人気ランキング - Best One(ベストワン)>>

購入前に設置スペースと搬入経路の広さをチェック

購入前に設置スペースと搬入経路の広さをチェック
キッチンのスペースに実際に設置できるかも重要です。キッチンが狭い方は横幅が60~65cm以下のスリムタイプがおすすめ。500L前後のものでもスリムタイプの商品があるため、容量は幅広く選べます。また、冷蔵庫の圧迫感が気になる方からは奥行が狭い薄型冷蔵庫が人気です。
 
なお、冷蔵庫は周囲に放熱スペースを確保できないと、熱がこもって冷蔵庫の冷えが悪くなったり、電気代が上がったりしてしまうことも。本体外寸とともに、設置に必要なスペースをチェックするのがポイントです。
 
さらに、設置に必要な広さと廊下・エレベーター・階段などの搬入経路の広さも考慮しましょう。本体の幅・高さ+10cmほどの広さが確保できると、搬入しやすいでしょう。

ドアの開閉方式の違いによるメリット・デメリットをチェック

ドアの開閉方式の違いによるメリット・デメリットをチェック
冷蔵庫の扉の開閉方式は主に、右開き、左開きといった「片開き」、観音開きともいわれる「フレンチドア」、状況に応じて左右両方から開けられる「両開き」の3種類があります。片開きは小型や中型の冷蔵庫で、フレンチドアは大型の冷蔵庫でそれぞれ主流の開閉方式。残る「両開き」はシャープの独自設計「どっちもドア」が代表的で、他メーカーでは見られないタイプです。
 
ここからは各タイプの特徴とメリット・デメリットを解説するので、参考にしてみてください。
  特徴 おすすめの人
片開き(右開き・左開き) ・1枚の扉が大きく開くタイプ
・小型・中型の冷蔵庫に多い
・大型モデルの場合でもフレンチドアに比べて安い価格で購入しやすい
・小型・中型の冷蔵庫をお求めの方
・安い価格に抑えたい方
・小型・中型の冷蔵庫をお求めの方
・安い価格に抑えたい方
フレンチドア(観音開き) ・扉が中央で分かれており、左右に開くタイプ
・大型モデルの冷蔵庫に多い
・扉を半分開くだけでも冷蔵庫の中身を取り出せるため省エネ
・大型冷蔵庫をお求めの方
・扉の開閉時の電気代を抑えたい方
両開き ・片開きドアと同じく1枚扉を採用しながらも、状況に応じて開く方向を自在に変更できるタイプ
・シャープの独自設計の「どっちもドア」が代表的で採用モデルは少なめ
・その時々の状況に応じて開ける方向を変えたい方
・引っ越しが多いなどの事情で、キッチンインテリアの変更が多い方

片開きや両開きのメリット・デメリット

片開きや両開きのメリット・デメリット
一枚の扉が大きく開くのが、片開きや両開きの冷蔵庫です。片開きドアは小型・中型の冷蔵庫に多く、大型モデルの場合でもフレンチドアに比べて安い価格で購入しやすいのがメリット。小型や中型の冷蔵庫をお探しの方におすすめです。なお、片開きの冷蔵庫は、扉が開く側に壁がくるよう配置するのが設置のポイント。加えて、一般的に、左利きの方は左開きが使いやすいとされており、利き手も考慮するとよいでしょう。
 
また、両開きの冷蔵庫は、例えばキッチンで料理をしているときは左から、リビングから飲み物を取りに来たときは右からなど、そのときの自身の状況によっても開けやすい方向を選べるのが魅力。来客時に冷蔵庫の中身をあまり見られたくない、という場合にも重宝します。もちろん、引っ越しなどに伴い、キッチンの壁の位置が変わるときにも便利です。
 
どちらのタイプも前方にそれなりのスペースがないと、扉を開けきれないのが難点。さらに、中身を取り出すたびに扉全体を開けることになるため、冷気も逃れやすく電気代は高くなるでしょう。また、大型の冷蔵庫をお求めの場合はどうしても選択肢が少なくなってしまう点は留意しておいてください。

フレンチドアのメリット・デメリット

ドアの開閉方式別のメリット
中央から扉が分かれる「フレンチドア」タイプは、片側の扉のみを開けた状態で冷蔵庫の中身を取り出せるため、無駄な冷気を逃しにくく、節電につながりやすいのがメリット。また、扉を開けた状態でもそれほどスペースを取りづらく、設置場所を選びにくいのも魅力です。
 
一方、大型冷蔵庫に多いタイプのため、小型や中型の冷蔵庫の場合は選択肢が少ないのが難点。また、サイズが大きい分、どうしても価格も上がってしまいます。本体幅は65cm以上のモデルが主流となるため、設置場所の広さを事前に確認しておくのがポイント。加えて、大きめの皿や鍋などは片側のみの扉を開けただけでは、出し入れが不可能だったり、ドアポケットに卵ケースがないモデルもあったりと、人によっては不便さを感じることも。購入時には使い勝手もしっかりと確認しましょう。

引き出し別の機能をチェック

冷蔵庫は主に「冷蔵室」「冷凍室」「野菜室」「チルドルーム」で構成されています。こちらの項目では、それぞれどのような機能があると便利かを記載しているので、ぜひチェックしてみてください。また、どこの引き出しが自分とって重要かを考えながら冷蔵庫を選びましょう。

冷蔵室は「整理のしやすさ」や「食材の鮮度を保つ機能」に注目

普段使いの食材を長持ちさせたい方は「冷蔵室の機能や整理のしやすさ」
出典:Best One
冷蔵室は冷蔵庫の中で最も大きなスペースを取っているメインの保存場所です。飲み物、調味料、卵など、普段使う食材を収納するのに適しています。それ以外にも、作り置きおかずを入れたタッパーや、鍋をそのまま入れたり、スイカやメロンなどの大きなフルーツを保存することも。そのため、取り外し可能な棚や仕切りが付いているかをチェックすることが大切です。
 
また、最近では「お肉やお魚を冷凍せずにおいしく冷蔵する」機能を搭載したモデルなどもあります。冷蔵室内の食材の鮮度を長持ちさせる機能にも着目してみましょう。

冷凍室は「容量」や「冷凍技術」に注目

冷凍室は「容量」や「冷凍技術」に注目
冷凍食品をよく使ったり、作り置きおかずを冷凍したりする方は、冷凍室をよく確認するのがおすすめ。例えば、まとめ買いが多い方なら、大容量の冷凍室を搭載したモデルが便利です。さらに、整理しやすいよう引き出し式になっていたり、背の高いものを収納しやすいよう底が深めになっていたりと、細かい仕様についても確認しましょう。
 
また、食材や作り置きのおかずを冷凍で長期保存したいなら冷凍技術もチェックするのがポイント。急速冷凍できる製品や、冷凍室から出した食品が解凍いらずで調理できる製品など、多様な食品を新鮮なままおいしく冷凍できる製品を選ぶと、食事をより楽しめます。

野菜室は「野菜室の配置」や「鮮度保持力」に注目

野菜室が真ん中のものは野菜を使う機会が多い方に便利
冷蔵庫を選ぶ際は、野菜室の位置をチェックすることも重要です。以前は、中央に野菜室を配置したモデルが多めでしたが、冷凍の需要が増加した近年では、野菜室よりも冷凍室が取り出しやすい位置に配置されているモデルもあります。野菜をよく食べる方は、野菜室の配置もチェックしておきましょう。
 
なお、野菜室を重視する方のなかで人気なのは東芝の冷蔵庫冷蔵庫「VEGETA」。野菜室が真ん中にあるだけでなく、大容量で大きな野菜もかさばりにくいと評判です。
 
また、野菜室にこだわりたい方は、野菜の鮮度をキープする機能の有無もチェックしましょう。例えば、東芝の「VEGETA」には「もっと潤う摘みたて野菜室」や、すのこの原理をもとに開発された「使い切り野菜BOX」などがあり、野菜の鮮度をキープする機能が充実しています。

生鮮食品をおいしく保管したい方は「チルドルーム」に注目

生鮮食品を保管できるチルドルームにも注目
冷蔵庫には前述したもの以外にも、さまざまな引き出しが備わっています。特に、お肉やお魚など傷みやすい生鮮食品の鮮度を長持ちさせるチルドルームなどの引き出しは、各メーカーが力を入れているため、忘れずにチェックしておきましょう。
 
中にはお肉やお魚を1週間以上おいしく保存できるものも。冷蔵室にそのまま入れておくのは不安な一方、冷凍するよりは短期間で消費したい……という食材を入れておくことができ、まとめ買いが多い方におすすめです。

最新機能のスマホ連携とAI機能をチェック

最新機能のスマホ連携とAI機能をチェック
各メーカーの高機能モデルは、スマートフォン専用アプリと連携できるものが主流。専用アプリを通して、冷蔵庫の運転状況を確認したり、食材管理や状況に応じた温度管理ができたりと、冷蔵庫をより快適に使えるのが魅力です。
 
また、ユーザーの生活パターンを学習するAI搭載モデルも登場。AIが生活パターンを学習し、自動で温度管理するため、省エネ運転につながります。そのほか、スマホとの連携で献立選びをサポートしてくれるモデルもあります。アプリやAIの機能は、メーカーによって特色が違います。どんな機能があったら役立ちそうかを考え、チェックしておきましょう。

デザインで選ぶ

デザインで選ぶ
定番のホワイトやシルバーだけでなく、ブラックや木目調、高級感のあるガラスドアを採用したものなど、おしゃれなデザインの冷蔵庫も多く販売されています。インテリアにこだわりのある方は、キッチンなどの雰囲気に合うデザインの冷蔵庫を選ぶのもおすすめです。冷蔵庫はキッチンの主役にもなる大型家電。おしゃれなものを選べば毎日の炊事を楽しくしてくれるはずです。
インテリア性やデザイン性を重視して冷蔵庫を選びたい方は下の記事もおすすめです。海外製のユニークなデザインの製品なども紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
ファミリーで使えるおしゃれな冷蔵庫のおすすめランキング - Best One(ベストワン) ファミリーで使えるおしゃれな冷蔵庫のおすすめランキング - Best One(ベストワン)>>

省エネ性能で選ぶ

省エネ性能で選ぶ
冷蔵庫を価格で選ぶなら、本体価格だけではなく電気代を含むランニングコストをチェックしましょう。冷蔵庫は消費電力が大きく、省エネ製品による電気代節約効果が大きな家電です。
 
本体価格が高くても、年間消費電力が低いものや省エネ基準達成率が100%を超えるものだと、数年使い続けることで冷蔵庫にかかるコストが逆転することもあります。
 
本体価格そのものは容量が少ない冷蔵庫の方が抑えられますが、かかる電気代については大型冷蔵庫ほど庫内が広く冷気が効率よく省エネ効果が高く、電気代を抑えることができます。さらに、最新モデルと型落ちモデルなら最新モデルのほうが省エネのものが多いと言われています。わずかな価格差で迷う場合は大きめ、かつ最新モデルを選んだ方が結果的にお得と言えるでしょう。
なお、将来的にかかる電気代よりも、本体価格の安さを重視したい方は下の記事もチェックしてみてください。記事では安い価格で冷蔵庫を購入するポイントなども解説。型落ちモデルでも、とにかく初期投資を抑えたいという方におすすめのモデルもピックアップしています。
安い冷蔵庫のおすすめ人気ランキング - Best One(ベストワン) 安い冷蔵庫のおすすめ人気ランキング - Best One(ベストワン)>>

冷蔵庫の人気メーカー|パナソニック、日立、三菱、シャープ、東芝、アクアの代表モデルを比較

冷蔵庫の人気メーカーとして、代表的なのがパナソニック・日立・三菱・シャープ・東芝・アクアの6メーカー。下の表では各メーカーの注目機能や特徴、どんな方におすすめのメーカーかをまとめています。例えば高性能の冷蔵庫をお探しならパナソニックや三菱、まとめ買いが多い方は日立やシャープ、野菜の保存を重視するなら東芝をチェック。おしゃれなデザインにこだわるならアクアもおすすめです。
 
表のあとにはメーカーごとの代表モデルの性能の違いなども詳しく比較しているので、気になるメーカーがある方はぜひチェックしてみてください。
  注目機能・ポイント おすすめの人
Panasonic(パナソニック) ・はやうま冷凍
・うまもり保存
・微凍結パーシャル
・食材の鮮度を保ったまま冷凍保存したい方
・高機能の冷蔵庫をお求めの方
HITACHI(日立) ・冷蔵庫カメラ
・まるごとチルド
・まとめ買いが多い方
・無駄な買い物を減らしたい方
MITSUBISHI(三菱電機) ・中だけひろびろ大容量
・全室独立おまかせA.I.
・なるべく省スペースに大容量冷蔵庫を設置したい方
・AI搭載など、高機能の冷蔵庫をお求めの方
SHARP(シャープ) ・奥行スリム
・メガフリーザー
・プラズマクラスター
・キッチンにすっきりと収まる冷蔵庫をお求めの方
・冷凍室が大きい冷蔵庫をお求めの方
TOSHIBA(東芝) ・もっと潤う摘みたて野菜室
・おいしさ密封急冷凍
・おいしさ持続上質冷凍
・野菜の調理が多い方
・なるべく低価格で大手メーカー製の冷蔵庫を購入したい方
AQUA(アクア) ・見える野菜室
・大容量冷凍室
・大容量で整理しやすい冷凍庫をお求めの方
・おしゃれで安い冷蔵庫をお求めの方

Panasonic(パナソニック)

Panasonic(パナソニック)
パナソニック製の冷蔵庫は業務用レベルとも評される急速冷凍技術が魅力です。急速に冷凍することでお肉、野菜はもちろん、下味をつけた食材や作り置きおかずも解凍加熱後においしく味わえます。
 
2023年の最新モデルでは、冷凍食品をよりおいしく保存できる「うまもり保存」機能を新たに搭載。冷凍後の食材に付属の「うまもりカバー」をかけ、霜つきや乾燥を抑える機能で、冷凍室の開閉による温度変化からもしっかりと守ってくれます。冷凍した食材でもおいしさにこだわりたい方におすすめのメーカーです。
 
【パナソニック製冷蔵庫の注目ポイント・機能】
  • はやうま冷凍:カット野菜もおいしく保存できる急速冷凍
  • うまもり保存:ホームフリージングや使いかけの冷凍食品のおいしさをキープ
  • 微凍結パーシャル:肉や魚の鮮度を最大で約1週間キープ
  • ストックマネージャー:庫内の「重量検知プレート」上に置いた食材の在庫数をアプリで確認できる

Panasonic(パナソニック)冷蔵庫の型番比較

パナソニックの冷蔵庫は冷凍室が真ん中にあるWPXタイプやEXタイプ、野菜室が真ん中にあるMEXタイプやGC・Cタイプなどさまざまシリーズがあります。型番によっても内容量や特徴が変わってくるので、型番別の比較表もチェックしてみてください。
 
【パナソニックの比較対象モデル】
  NR-F608WPX NR-F518MEX NR-F489HPX
タイプ WPX MEX HPX
容量 600L 513L 475L
ドアの開き方 両開き 両開き 両開き
特徴・機能 ・はやうま冷凍
・AIエコナビ
・CoolPantryとの連携
・ストックマネージャーなど
・Wシャキシャキ野菜室が真ん中
・はやうま冷凍
・AIエコナビ
・CoolPantryとの連携など
・はやうま冷凍
・うまもり保存
・AIエコナビ
・CoolPantryとの連携など

野菜をたくさん食べる方は「NR-F518MEX」がおすすめ

野菜をよく食べる方や野菜室を頻繁に利用する方は、野菜室が真ん中にあるMEXタイプの「NR-F518MEX」がおすすめです。ケース内を最適な湿度に保ってくれる「Wシャキシャキ野菜室」を搭載しており、野菜を新鮮に保存することが可能。また、野菜室が真ん中にあるため、キャベツなどの重い野菜も腰をかがめることなく、楽な姿勢で出し入れできます。
冷蔵庫はパナソニック製、と最初から決めている方には下の記事がおすすめです。パナソニック製冷蔵庫の注目機能についてより詳しく解説するとともに、おすすめモデルをピックアップしています。
パナソニックの冷蔵庫のおすすめ - Best One(ベストワン) パナソニックの冷蔵庫のおすすめ - Best One(ベストワン)>>

HITACHI(日立)

HITACHI(日立)
日立の冷蔵庫といえば、鮮度が保ちやすい「真空チルド」「まるごとチルド」などのチルド機能が定番でしたが、近年は薄壁設計による大容量化にも注力しています。従来モデルと同じ幅で容量のみをアップさせた製品を展開。さらに、2023年には最新モデルとして、キッチンにすっきりと収まりやすい「大容量×奥行スリム」の冷蔵庫を発売しています。
 
食材の管理に便利な「冷蔵庫カメラ」も日立ならではの注目機能。冷蔵庫上部に設置されたカメラが庫内を撮影し、買い物や献立を考えるときに欠かせない「冷蔵庫の中身を確認する」という作業をサポートしてくれます。もちろん、従来から定評のあったチルド機能で、食材の鮮度はしっかりとキープ。週末に大量の食材をまとめ買いする家庭におすすめのメーカーです。
 
【日立製冷蔵庫の注目ポイント・機能】
  • まるごとチルド:冷蔵室全体をチルドルームにすることで、食材の鮮度をキープ
  • 薄壁設計による大容量化:幅または奥行きをスリム化しながらも、庫内の大容量を確保
  • 冷蔵庫カメラ:カメラが庫内を自動で撮影し食材管理をサポート

HITACHI(日立)冷蔵庫の型番比較

日立の冷蔵庫は冷凍室が真ん中にあるGXCCタイプやHXCCタイプ、野菜室が真ん中にある KWCタイプやVタイプなどさまざまシリーズがあり、シリーズによって搭載機能やドアデザインが違います。また、型番によっても内容量などが変わってくるので、型番別での比較表もチェックしてみましょう。
 
【日立の比較対象モデル】
  R-GXCC67T R-HXCC62S R-KWC50S
タイプ GXCC HXCC KWC
容量 670L 617L 498L
ドアの開き方 両開き 両開き 両開き
特徴・機能 ・大容量×奥行スリム
・冷蔵庫カメラ
・まるごとチルド
・鋼板ドアなど
・幅そのままで大容量
・冷蔵庫カメラ
・まるごとチルド
・クリスタルドアなど
・まんなか野菜
・うるおい野菜
・まるごとチルド
・鋼板ドアなど

省スペースで大容量を叶えるなら「R-HXCC62S」

R-HXCC62S」は617Lの大容量を誇りながらも、幅68.5cmと一般家庭のキッチンに置きやすいスリムサイズに抑えているのが特徴。食材の鮮度を保つ「まるごとチルド」機能や、庫内を自動で撮影する「冷蔵庫カメラ」など、大容量の冷蔵庫に収納した食材を効率よく保存できる機能もしっかりと備わっています。
ファミリー向けのモデルや機能が充実している日立の冷蔵庫ですが、下の記事では一人暮らしから4人以上の家族世帯まで、幅広い世帯におすすめの日立製冷蔵庫をピックアップしています。
日立冷蔵庫のおすすめ人気 - Best One(ベストワン) 日立冷蔵庫のおすすめ人気 - Best One(ベストワン)>>

MITSUBISHI(三菱電機)

三菱
機能性の高さに定評がある三菱の冷蔵庫ですが、特徴のひとつが「全室独立おまかせA.I.」です。AIが家庭ごとの生活パターンを学習。引き出し別に最適な温度で運転できるよう調整してくれるため、手軽に節電が叶うのが魅力です。さらに、2023年の最新モデルには新機能の「A.I.予報」を搭載。AIが庫内の状況を予測、冷蔵庫の整理やお手入れのタイミングを通知してくれます。
 
また、省スペースに大容量の冷蔵庫を設置できる「中だけひろびろ大容量」設計も注目です。以前から「置けるスマート大容量」シリーズを展開してきた三菱ですが、独自の「薄型断熱構造SMART CUBE」をより進化させたことで、さらなる大容量化を実現しています。そのほか、食材を鮮度よく管理する機能に優れており、ハイスペックなモデルをお求めの方におすすめのメーカーです。
 
【三菱冷蔵庫の注目ポイント・機能】
  • 全室独立おまかせA.I.:AIが生活パターンを学習し、部屋別に最適な温度で運転
  • A.I.予報:扉の開閉時間を解析、長くなったときには「冷蔵庫内の整理が必要」と判断し通知
  • 切れちゃう瞬冷凍:冷凍した食材も解凍いらずですぐに調理できる
  • 中だけひろびろ大容量:幅65cmで最大547L、幅68.5cmで最大608Lの冷蔵庫が置ける

MITSUBISHI(三菱電機)冷蔵庫の型番比較

三菱の冷蔵庫は大容量のWXDシリーズやファミリー向けのWZシリーズ、MZシリーズ、コンパクトなCシリーズ、一人暮らし向けのPシリーズなど、細かく分かれているのも特徴です。ここでは、三菱冷蔵庫をいくつかピックアップして比較していきましょう。
 
【三菱の比較対象モデル】
  MR-MZ54J-XT MR-MX50H MR-C33H
シリーズ MZ MX C
容量 540L 503L 330L
ドアの開き方 両開き 両開き 右開き
特徴・機能 ・中だけひろびろ大容量
・全室独立おまかせA.I.
・真ん中朝どれ野菜室など
・置けるスマート大容量
・全室独立おまかせA.I.
・真ん中朝どれ野菜室など
・2段チルド
・全段ガラスシェルフなど

コンパクトな冷蔵庫を探している方には「MR-C33H」がおすすめ

MR-C33H」は、幅60cm×奥行65.6cm×高さ169.8cmという使いやすい大きさの冷蔵庫です。二人暮らしにぴったりなサイズ感で、女性でも最上段に手が届きやすい少し低めの設計が特徴。冷蔵室には2段チルドを備えており、上段には加工食品や乳製品、残った食材などを保存し、下段には肉や魚を保存できます。また冷凍室もたっぷりと入るビッグフリーザー仕様で、コンパクトながら使い勝手のよさが人気のモデルです。
野菜の鮮度をキープする「朝どれ野菜室」など、三菱冷蔵庫のそのほかの注目機能や人気製品については下の記事でも紹介しています。三菱の冷蔵庫についてより詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。
三菱冷蔵庫のおすすめ人気 - Best One(ベストワン) 三菱冷蔵庫のおすすめ人気 - Best One(ベストワン)>>

SHARP(シャープ)

SHARP(シャープ)
出典:SHARP公式HP
左右どちらからも開閉できる独自の「どっちもドア」でも知られるシャープですが、近年力を入れているのが奥行きの薄型化。キッチンにすっきりと収まりやすいだけでなく、庫内全体が見渡しやすく、上段の奥にしまった食材の取り出し忘れを防げるのが魅力です。
 
3段式の大容量冷凍室「メガフリーザー」やシャープ独自の「プラズマクラスター」も注目機能。特に、メガフリーザーは大量の食品を見やすく取り出しやすいよう整理できる工夫されており、冷凍室を頻繁に使用する方におすすめです。
 
また、シャープでは2023年の最新モデルとして、1ドアの「グルメクール」を発売。-21℃から6℃まで9段階で温度の切り替えができるモデルで、収納したい物に合わせて冷蔵庫としても冷凍庫としても使える優れものです。
 
【シャープ製冷蔵庫の注目ポイント・機能】
  • メガフリーザー:たっぷり入るのはもちろん、取り出しやすいよう工夫された大きめ冷凍室
  • プラズマクラスター:イオンが菌の作用を抑制して庫内を除菌、清潔に保ちやすい
  • 薄型デザイン:奥行を薄く設計することで、奥まで見やすく、圧迫感が少ない
     
シャープの冷蔵庫の中には、その他の家電と共通して使える専用のクラウドサービスに対応したモデルもあり、冷蔵庫以外でもシャープ製の家電を愛用している方はそろえたほうが便利です。

SHARP(シャープ)冷蔵庫の型番比較

シャープの冷蔵庫はAIを搭載したGKシリーズやMFシリーズ、スタンダードなXシリーズやGシリーズ、コンパクトな2ドアで一人暮らし向けにも最適なDシリーズやGDシリーズなどがあります。ここではいくつかのモデルを比較していきましょう。
 
【シャープの比較対象モデル】
  SJ-MF50J SJ-X506J
シリーズ MF X
容量 504L 502L
ドアの開き方 両開き 両開き
特徴・機能 ・薄型大容量
・プラズマクラスター
・メガフリーザ
・COCORO EYEなど
・プラズマクラスター
・メガフリーザ
・おいそぎ冷凍
・節電25など

シャープの性能をフルで味わえる「SJ-MF50J」がおすすめ

シャープの代表的な機能であるプラズマクラスターやメガフリーザ、COCORO EYEをすべて搭載している「SJ-MF50J」。500Lを超える大容量ながら、奥行68.4cmと薄型の設計を採用しているため、キッチンにも収まりやすく、邪魔になりません。メタルドアが美しいスタイリッシュなデザインもおしゃれな冷蔵庫です。
シャープの冷蔵庫についてより詳しく知りたい方は、下の記事もぜひチェックしてみてください。一人暮らし向けの100L台から500L以上ある家族向けの大型モデルまで、幅広い容量の冷蔵庫をピックアップしています。
シャープ冷蔵庫のおすすめ - Best One(ベストワン) シャープ冷蔵庫のおすすめ - Best One(ベストワン)>>

TOSHIBA(東芝)

TOSHIBA(東芝)
VEGETA(ベジータ)の名でも知られる東芝の冷蔵庫は、野菜室が真ん中に配置されたものが主流。重い野菜をかがまず出し入れできるほか、「もっと潤う摘みたて野菜室」など、野菜の鮮度をキープできる機能もしっかりと備わっており、野菜を多く使う方におすすめのメーカーです。
 
2023年は最新モデルとして、幅60cmで容量501Lを実現した製品や食品の鮮度を損なうことなく急速冷凍できる新機能を搭載した製品を発表しています。東芝は国内の大手家電メーカーの中では比較的、安い価格帯で購入できる冷蔵庫が多いのも魅力のひとつ。低価格で大手家電メーカーのモデルを購入したい方にもおすすめです。
 
【東芝製冷蔵庫の注目ポイント・機能】
  • もっと潤う摘みたて野菜室:室内の湿度を95%以上でキープすることで野菜をみずみずしく保存
  • おいしさ密封急冷凍:上下から出る冷気を効率よく使用し急速冷凍
  • おいしさ持続上質冷凍:食材に直接冷気を当てることがなく、霜がつきづらい

TOSHIBA(東芝)冷蔵庫の型番比較

東芝の冷蔵庫は、機能性とデザイン性に優れたFZSシリーズやチルド機能に優れたFZシリーズ、スリム幅と大容量を兼ね備えたGTシリーズ、一般的な大容量モデルのFHシリーズなどがあります。それでは、型番比較表を見ていきましょう。
 
【東芝の比較対象モデル】
  GR-S510FZ GR-V550FZS
シリーズ FZ FZS
容量 508L 550L
ドアの開き方 観音開き 両開き
特徴・機能 ・うるおい冷蔵室
・切り替え冷凍室 / オートパワフル冷凍室
・氷結晶チルド
・摘みたて野菜室
・野菜室がまんなかなど
・もっと潤う摘みたて野菜室
・おいしさ密封急冷凍
・おいしさ持続上質冷凍
・野菜室がまんなかなど

冷凍保存にもこだわりたい方は「GR-V550FZS」がおすすめ

GR-V550FZS」は最新機能の「おいしさ密封急冷凍」と「おいしさ持続上質冷凍」の2つを搭載。野菜室だけでなく冷凍室にもこだわりたいという方にもおすすめです。さらに、ドアデザインにはしっとりした質感のフロスト加工をしたガラス素材を採用。インテリアになじむおしゃれな冷蔵庫をお探しの方も要チェックです。
東芝製冷蔵庫のより詳しい機能や人気製品などについては下の記事でも紹介しています。野菜を調理する機会の多い方はぜひ参考にしてみてください。
東芝冷蔵庫のおすすめ - Best One(ベストワン) 東芝冷蔵庫のおすすめ - Best One(ベストワン)>>

AQUA(アクア)

AQUA(アクア)
出典:AQUA公式HP
アクアは中国に本社を置く家電メーカー「ハイアール」傘下のメーカー。日本の大手家電メーカーだった旧・三洋電機の白物家電事業が元となっており、おしゃれなデザインと使いやすさ、購入しやすい価格帯の3拍子がそろったメーカーとして人気です。
 
2023年は他のメーカーと一線を画したユニークなデザインも人気のTZシリーズの最新モデルや、フラッグシップモデルのTXシリーズを発表。中でもTXシリーズは、チルドルーム、野菜室、冷凍室に搭載した鮮度保持機能で、食材の鮮度をキープする「ALL FRESH」を採用している点が最大の魅力です。また冷蔵室から野菜室をチェックできる「見える野菜室」や奥まで手が届きやすい薄型設計など、使い勝手のよさにもこだわっています。
 
【アクア製冷蔵庫の注目ポイント・機能】
  • ALL FRESH:チルドルーム、野菜室、冷凍室それぞれに鮮度保持機能を搭載
  • 見える野菜室:冷蔵室の扉を開けると下の野菜室が見える設計で、野菜室の中身を把握しやすい
  • おいシールド冷凍:冷凍室内の温度変化を抑えることで、冷凍した食材の霜つきを抑えうま味をキープ

AQUA(アクア)冷蔵庫の型番比較

リーズナブルな価格帯とおしゃれなデザインが人気のアクア。一人暮らしや二人暮らし向けに人気のモデルはもちろん、ファミリー世帯に最適なTZシリーズ、TXシリーズも展開しています。それでは代表モデルの機能を比較していきましょう。
 
【アクアの比較対象モデル】
  AQR-TX51N AQR-27M
シリーズ TX
容量 507L 272L
ドアの開き方 両開き 右開き
特徴・機能
・ALL FRESH
・見えるTWIN LED野菜室
・おいシールド冷凍
・W間接冷却チルドなど
・高さ調節棚
・卵皿&チューブスタンド
・フレッシュルーム
・ドアアラームなど

食材の鮮度とインテリアの両方にこだわるなら「AQR-TX51N」がおすすめ

2023年発売のフラッグシップモデル「AQR-TX51N」は容量507Lで、4人家族にもぴったりのサイズです。食材の鮮度維持に注力しているのはもちろん、アクアならではのスタイリッシュでおしゃれなデザインは、キッチンインテリアにこだわりのある方にもおすすめ。奥行き66.7cmの薄型設計もポイントです。
 
洗練されたデザインで家電量販店などでも頻繁に見かけるようになったアクアの冷蔵庫ですが、実はよく知らないという方も多いはず。アクアの冷蔵庫の魅力は下の記事でも詳しく紹介しています。
AQUA(アクア)冷蔵庫のおすすめ - Best One(ベストワン) AQUA(アクア)冷蔵庫のおすすめ - Best One(ベストワン)>>

低価格のメーカーもチェック

前述した人気の6メーカー以外に、プチプラの冷蔵庫を販売しているメーカーも多くあります。以下の記事で、人気の高コスパメーカーの冷蔵庫についてもぜひチェックしてみてください。ツインバード、アビテラックスと、いずれも家族世帯向けの製品は少なめですが、一人暮らし用に冷蔵庫をお求めの方、寝室などに2台目の小型冷蔵庫を導入したい方にはおすすめのメーカーです。
ツインバード冷蔵庫のおすすめ - Best One(ベストワン) ツインバード冷蔵庫のおすすめ - Best One(ベストワン)>>
アビテラックスの冷蔵庫おすすめモデル - Best One(ベストワン) アビテラックスの冷蔵庫おすすめモデル - Best One(ベストワン)>>

冷蔵庫【600L~/5人家族以上】おすすめ人気ランキング5選

ここからは、容量600L以上の5人家族以上におすすめの冷蔵庫をランキング形式で紹介します。東芝や三菱電機の人気モデルや、タッチパネル仕様などのハイスペックモデルにも注目。ランキングは、本記事でお伝えした選び方のほか、Amazonや楽天市場などの大手通販サイトで人気のモデルも参考にピックアップしました。引き出しの容量なども参考にして、使用目的に合った製品を見つけてみてください。
型番:GR-T600FK

TOSHIBA(東芝) 冷蔵庫

参考価格: 249,999

収穫したてのような新鮮さを長持ちできる野菜室

家族の人数が多くても使いやすいたっぷり容量のサイズが魅力の価格が安い冷蔵庫。冷蔵室は乾燥を防ぎながら食材を冷やすので、風味や食感などを失うことなく美味しさを長持ちさせます。2段式の速鮮チルドルーム付きなので、食材を分けてすっきり収納できて便利。野菜室には低温高湿度冷気が使われているため、野菜のみずみずしさをキープしやすく鮮度を保ったまま保管できます。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2021年11月
全体容量 601L
主な引き出しの容量 冷蔵室(305L)、製氷室(22L)、野菜室(132L)、冷凍室(142L)
サイズ 幅68.5×奥行74.5×高さ183.3cm
設置に必要なスペース 幅69.5×奥行74.8×高さ183.3cm
野菜室真ん中
ドアの開閉方式 フレンチドア
年間消費量 311kWh/年
省エネ基準達成率 100%
型番:R-GXCC67T

HITACHI(日立) 冷蔵庫

参考価格: 378,000

冷蔵庫カメラ付きで簡単に食材の管理ができる

大容量なのに奥行きがスリムで設置しやすいサイズの冷蔵庫。キッチンの奥行きが65cmなら、冷蔵庫と合わせてフラットにすっきり設置できます。冷蔵庫カメラに対応する高機能なモデルで、ドアを開けたときに自動で撮影してくれて、買い忘れの防止や食材の管理がしやすいのがおすすめポイント。冷蔵庫のすべての段がチルド仕様になっており、鮮度を保ちながら変色を抑えられます。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2023年3月
全体容量 670L
主な引き出しの容量 冷蔵室(352L)、製氷室(31L)、野菜室(124L)、冷凍室(164L)
サイズ 幅880×奥行65.4×高さ187.5cm
設置に必要なスペース 幅89×奥行65.4×高さ192.3cm
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 フレンチドア
年間消費量 322kWh/年
省エネ基準達成率 105%
型番:MR-WXD70G-XT

MITSUBISHI(三菱電機) 冷蔵庫

参考価格: 218,000

氷点下ストッカー機能で食材の鮮度が長持ち

冷凍庫が大きいモデルを探している方におすすめの冷蔵庫で、たっぷり大容量サイズなので家族が多くても食材をしっかり収納しておけます。切れちゃう瞬冷凍A.I.機能により、冷凍庫に保存した食材でも解凍なしですぐに使用できるので毎日の料理の準備をスピーディーに。氷点下ストッカー機能付きで、鮮度をキープできておいしさが長持ちします。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
rakuten.co.jp: 2023年9月27日 17:41時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2021年4月
全体容量 700L
主な引き出しの容量 冷蔵室(378L)、製氷室(25L)、野菜室(134L)、冷凍室(163L)
サイズ 幅80×奥行73.8×高さ182.1cm
設置に必要なスペース
野菜室真ん中
ドアの開閉方式 フレンチドア
年間消費量 310kWh/年
省エネ基準達成率
型番:R-WXC62S

HITACHI(日立) 6ドア冷蔵庫

参考価格: 311,868

スマホと連動して毎日の献立をサポートできる

日立冷蔵庫コンシェルジュアプリを使って、食材の管理から旬の食材などを知らせてくれる機能まで利用できる使い勝手のいいラグジュアリーモデル。菌の繁殖を抑えながら保存できる冷蔵庫や、出来立ての料理を入れられる急冷却機能、食品の鮮度が長持ちする真空チルドなど機能性が優れています。下段冷凍室と野菜室は電動引き出しになっており、重たい食材を入れてもワンタッチで開閉できて便利です。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
rakuten.co.jp: 2023年9月27日 17:43時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2022年2月
全体容量 615L
主な引き出しの容量 冷蔵室(325L)、製氷室(21L)、野菜室(117L)、冷凍室(152L)
サイズ 幅75×奥行74×高さ183.3cm
設置に必要なスペース 幅76×奥行74×高さ185.8cm
野菜室真ん中
ドアの開閉方式 フレンチドア
年間消費量 269kWh/年
省エネ基準達成率
型番:R-HXCC62S

HITACHI(日立) 冷蔵庫

参考価格: 289,800

薄壁化デザインですみずみまで収納できる

クリスタルミラーがおしゃれなデザイン性と機能性を兼ね備えたモデル。日立冷蔵庫コンシェルジュアプリと連動させれば、冷蔵庫カメラで撮影した食材の確認や賞味期限の管理などができます。買い忘れや二重購入を防げて、食材の無駄をカットしたい人におすすめ。凍らせないぎりぎりの温度で保管できる特鮮氷温ルームや、新鮮スリープ野菜室など、食材の鮮度が長持ちする機能が充実してます。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

PayPay支払いで誰でも毎日5%戻ってくる!

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 rakuten.co.jp: 2024年4月14日 21:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年4月18日 10:23時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2022年2月
全体容量 617L
主な引き出しの容量 冷蔵室(317L)、製氷室(24L)、野菜室(118L)、冷凍室(158L)
サイズ 幅68.5×奥行73.8×高さ187.5cm
設置に必要なスペース 幅69.5×奥行74×高さ192.3cm
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 フレンチドア
年間消費量 270kWh/年
省エネ基準達成率 119%

おすすめ商品の比較一覧表

紹介したおすすめ商品の価格や詳細情報などを比較しやすく一覧にまとめました。自分にぴったり合った商品選びの参考にしてください。
商品名 冷蔵庫 6ドア冷蔵庫 冷蔵庫 冷蔵庫 冷蔵庫
商品画像
HITACHI(日立)
HITACHI(日立)
MITSUBISHI(三菱電機)
HITACHI(日立)
TOSHIBA(東芝)
最安価格
特徴 薄壁化デザインですみずみまで収納できる スマホと連動して毎日の献立をサポートできる 氷点下ストッカー機能で食材の鮮度が長持ち 冷蔵庫カメラ付きで簡単に食材の管理ができる 収穫したてのような新鮮さを長持ちできる野菜室
発売月 2022年2月 2022年2月 2021年4月 2023年3月 2021年11月
全体容量 617L 615L 700L 670L 601L
主な引き出しの容量 冷蔵室(317L)、製氷室(24L)、野菜室(118L)、冷凍室(158L) 冷蔵室(325L)、製氷室(21L)、野菜室(117L)、冷凍室(152L) 冷蔵室(378L)、製氷室(25L)、野菜室(134L)、冷凍室(163L) 冷蔵室(352L)、製氷室(31L)、野菜室(124L)、冷凍室(164L) 冷蔵室(305L)、製氷室(22L)、野菜室(132L)、冷凍室(142L)
サイズ 幅68.5×奥行73.8×高さ187.5cm 幅75×奥行74×高さ183.3cm 幅80×奥行73.8×高さ182.1cm 幅880×奥行65.4×高さ187.5cm 幅68.5×奥行74.5×高さ183.3cm
設置に必要なスペース 幅69.5×奥行74×高さ192.3cm 幅76×奥行74×高さ185.8cm 幅89×奥行65.4×高さ192.3cm 幅69.5×奥行74.8×高さ183.3cm
野菜室真ん中 × ×
ドアの開閉方式 フレンチドア フレンチドア フレンチドア フレンチドア フレンチドア
年間消費量 270kWh/年 269kWh/年 310kWh/年 322kWh/年 311kWh/年
省エネ基準達成率 119% 105% 100%

冷蔵庫【400L~500L台/3~4人家族】おすすめ人気ランキング5選

ここからは、容量400L~500L台の3~4人家族におすすめの冷蔵庫をランキング形式で紹介します。日立やアクアの人気モデルや、高級感のあるモデルにも注目。ランキングは、本記事でお伝えした選び方のほか、Amazonや楽天市場などの大手通販サイトで人気のモデルも参考にピックアップしました。スペック表にあるサイズや年間消費電力量の数値なども参考にして、使用目的に合った製品を見つけてみてください。
型番:GR-V550FZS

TOSHIBA(東芝) 6ドアノンフロン冷蔵庫

参考価格: 308,000

音声アシスト付きで毎日の料理をサポートしてくれる

ハイスペックな冷蔵庫を探している人におすすめのモデルで、音声アシストスピーカー機能を搭載しており毎日の料理をサポートしてくれます。冷蔵庫全体が低温高湿度になっているので、チルド室に入りきらなくても食材が長持ち。使い切り野菜BOX機能により、使いかけの野菜をそのまま入れても美味しさをキープできます。天井W-UV除菌機能も備わっており、清潔に使い続けられるのもおすすめポイントです。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
rakuten.co.jp: 2023年9月27日 17:45時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2023年3月
全体容量 550L
主な引き出しの容量 冷蔵室(278L)、製氷室(20L)、野菜室(123L)、冷凍室(129L)
サイズ 幅68.5×奥行69.9×高さ183.3cm
設置に必要なスペース 幅69.5×奥行70.2×188.3cm
野菜室真ん中
ドアの開閉方式 フレンチドア
年間消費量 263kWh/年
省エネ基準達成率 111%
型番:MR-MZ54J-XT

MITSUBISHI(三菱電機) 6ドア冷蔵庫

参考価格: 249,800

食材をおいしく保存するAI機能付きで便利

全室独立おまかせA.I.機能付きで、食材を美味しく保存するために自動で最適な運転に切り替えてくれる冷蔵庫。冷凍せずに肉や魚を長期間保存できる氷点下ストッカーや、食材を芯から均一に凍らせる切れちゃう瞬冷凍など使いやすい機能が充実しています。熱い食材も冷まさずそのまま自動急冷できるので、美味しさを損ないません。冷凍庫が大きいデザインで、すっきり収納できます。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
rakuten.co.jp: 2023年9月27日 17:46時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2023年1月
全体容量 540L
主な引き出しの容量 冷蔵室(298L)、製氷室(19L)、野菜室(103L)、冷凍室(91L)
サイズ 幅65×奥行70.9×高さ183.3cm
設置に必要なスペース 幅66×奥行70.9×高さ188.3cm
野菜室真ん中
ドアの開閉方式 フレンチドア
年間消費量 276kWh/年
省エネ基準達成率 104%
型番:NR-F489HPX-W

Panasonic(パナソニック) 冷蔵庫

参考価格: 231,000

全室ナノイーX付きで清潔を保ったまま使用できる

フルフラットでおしゃれなデザインの冷蔵庫で、段差がないので汚れもさっと拭き取れて日々のお手入れを簡単に済ませたい人におすすめのモデル。冷凍保存中の食材の霜つきを抑えるうまもり保存機能付きで、霜取りの必要がなく1か月後も美味しさが続きます。食感を失わないはやうま冷凍や熱い食材も冷凍できるはやうま冷却機能など、毎日の料理をサポートする機能が充実。スマホアプリと連動させれば、より省エネで使用できます。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2023年3月
全体容量 475L
主な引き出しの容量 冷蔵室(223LL)、製氷室(17L)、野菜室(110L)、冷凍室(98L)
サイズ 幅65×奥行69.9×高さ169.8cm
設置に必要なスペース 幅66×奥行69.9×高さ173.8cm
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 フレンチドア
年間消費量 267kWh/年
省エネ基準達成率 102%
型番:AQR-TX51N

AQUA 5ドアノンフロン冷蔵庫

参考価格: 290,000

洗練されたガラス扉がおしゃれなデザイン

部屋のインテリアに馴染むような洗練されたデザインの冷蔵庫で、デザイン性にもこだわりたい人におすすめ。キッチンにフィットしやすい奥行の薄いサイズなので、省スペースにもすっきり設置しやすいです。また、冷蔵室を開けると野菜室も見渡せるようになっているため、野菜の使い忘れを防いで食材ロスを減らせます。おいシールド冷凍機能付きで、霜取り運転をしても温度が上昇せず冷凍した食材の美味しさ長持ちです。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
rakuten.co.jp: 2023年9月27日 17:48時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2023年4月
全体容量 507L
主な引き出しの容量 冷蔵室(265L)、野菜室(102L)、冷凍室(140L)
サイズ 幅70×奥行66.7×高さ185cm
設置に必要なスペース
野菜室真ん中
ドアの開閉方式 フレンチドア
年間消費量 267kWh/年
省エネ基準達成率 105%
型番:R-H54TG

HITACHI(日立) 冷蔵庫

参考価格: 188,800

まるごとチルド機能で食材の鮮度を守る

薄壁化ですみずみまで食材を入れられる大容量サイズの冷蔵庫。冷蔵庫全室がまるごとチルドになっており、どこにいれても食材の鮮度を守ったまま保存できます。また、凍らせないぎりぎりの特鮮氷温ルームや乾燥を防げるうるおい野菜室など機能が充実しているのに価格は安くコスパ抜群。冷凍庫が大きいデザインで、3段式の引き出しにたっぷり冷凍食品を入れられます。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2023年5月
全体容量 540L
主な引き出しの容量 冷蔵室(278L)、製氷室(22L)、野菜室(103L)、冷凍室(137L)
サイズ 幅65×奥行70.1×高さ183.3cm
設置に必要なスペース 幅66×奥行70.1×高さ187.3cm
野菜室真ん中
ドアの開閉方式 フレンチドア
年間消費量 298kWh/年
省エネ基準達成率 100%

おすすめ商品の比較一覧表

紹介したおすすめ商品の価格や詳細情報などを比較しやすく一覧にまとめました。自分にぴったり合った商品選びの参考にしてください。
商品名 冷蔵庫 5ドアノンフロン冷蔵庫 冷蔵庫 6ドア冷蔵庫 6ドアノンフロン冷蔵庫
商品画像
HITACHI(日立)
AQUA
Panasonic(パナソニック)
MITSUBISHI(三菱電機)
TOSHIBA(東芝)
最安価格
特徴 まるごとチルド機能で食材の鮮度を守る 洗練されたガラス扉がおしゃれなデザイン 全室ナノイーX付きで清潔を保ったまま使用できる 食材をおいしく保存するAI機能付きで便利 音声アシスト付きで毎日の料理をサポートしてくれる
発売月 2023年5月 2023年4月 2023年3月 2023年1月 2023年3月
全体容量 540L 507L 475L 540L 550L
主な引き出しの容量 冷蔵室(278L)、製氷室(22L)、野菜室(103L)、冷凍室(137L) 冷蔵室(265L)、野菜室(102L)、冷凍室(140L) 冷蔵室(223LL)、製氷室(17L)、野菜室(110L)、冷凍室(98L) 冷蔵室(298L)、製氷室(19L)、野菜室(103L)、冷凍室(91L) 冷蔵室(278L)、製氷室(20L)、野菜室(123L)、冷凍室(129L)
サイズ 幅65×奥行70.1×高さ183.3cm 幅70×奥行66.7×高さ185cm 幅65×奥行69.9×高さ169.8cm 幅65×奥行70.9×高さ183.3cm 幅68.5×奥行69.9×高さ183.3cm
設置に必要なスペース 幅66×奥行70.1×高さ187.3cm 幅66×奥行69.9×高さ173.8cm 幅66×奥行70.9×高さ188.3cm 幅69.5×奥行70.2×188.3cm
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 フレンチドア フレンチドア フレンチドア フレンチドア フレンチドア
年間消費量 298kWh/年 267kWh/年 267kWh/年 276kWh/年 263kWh/年
省エネ基準達成率 100% 105% 102% 104% 111%

冷蔵庫【200L~300L台/二人暮らし】おすすめ人気ランキング5選

ここからは、容量200L~300L台の二人暮らしにおすすめの冷蔵庫をランキング形式で紹介します。シャープや東芝の人気モデルや、スリムな形状にも注目。ランキングは、本記事でお伝えした選び方のほか、Amazonや楽天市場などの大手通販サイトで人気のモデルも参考にピックアップしました。ドアの開閉方式なども参考にして、使用目的に合った製品を見つけてみてください。
型番:IRSN-23A-S

IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ) 冷蔵庫

口コミ・レビュー総合評価
4.06
(217件)
参考価格: 49,390

大容量フリーザーで冷凍食品をたっぷり収納できる

毎日の暮らしで使いやすいシンプルで価格を抑えた冷蔵庫です。冷蔵庫内の棚は食材に合わせて高さを調節でき、扉部分のドアポケットには小物類やドリンクなどをすっきり収納できます。また、クリアトレーの3段式大容量フリーザーにはたっぷり冷凍食品が入れられるので、冷凍庫が大きいモデルを探している人におすすめ。ドア閉め忘れアラーム付きなので、ドアの閉め忘れが起こらず安心です。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2020年1月
全体容量 231L
主な引き出しの容量 冷蔵室(161L)、冷凍室(70L)
サイズ 幅54.5×奥行59.1×高さ170cm
設置に必要なスペース 幅59.5×奥行64.1×高さ190cm
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 右開き
年間消費量
省エネ基準達成率 100%
型番:HR-EI35B

TWINBIRD(ツインバード) 冷蔵庫

参考価格: 192,500

タッチビュー機能付きで食材を確認しやすい

冷凍庫が大きいサイズで、作り置きやまとめ買いをしたい人におすすめのモデルです。腰に合わせた位置に冷凍庫があるので、食材を無理なくスムーズに出し入れできます。また、冷蔵室は触るとハーフミラーになるタッチビュー機能が備わっており、中身を素早く確認できて使いやすさ抜群。庫内の隅まで見渡せるので、食材のロスが起こりにくく毎日の料理をサポートしてくれます。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
rakuten.co.jp: 2023年9月27日 17:50時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2022年11月
全体容量 354L
主な引き出しの容量 冷蔵室(191L)、野菜室(60L)、冷凍室(103L)
サイズ 幅68.5×奥行63×高さ164.8cm
設置に必要なスペース 幅69.5×奥行63.7×高さ169.8cm
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 フレンチドア
年間消費量 345kWh/年
省エネ基準達成率
型番:MR-C33H-W

MITSUBISHI(三菱電機) 冷蔵庫

参考価格: 87,356

運転音が静かでストレスなく使用できる

冷蔵室の開け閉めがしやすいフリーアクセスデザインを取り入れたモデルで、扉のどこを持っても開け閉めできて使いやすいです。内部の棚は全面ガラス仕様になっており、汚れてもさっと拭き取れるので簡単にお手入れができます。約0度のチルド室はワイドな設計で、たっぷり収納可能。野菜室が真ん中に設計されているため、重たい野菜もかがまずスッと出し入れできます。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2022年9月
全体容量 330L
主な引き出しの容量 冷蔵室(180L)、野菜室(70L)、冷凍室(80L)
サイズ 幅60×奥行65.6×高さ169.8cm
設置に必要なスペース 幅61×奥行66×高さ174.8cm
野菜室真ん中
ドアの開閉方式 右開き
年間消費量 360kWh/年
省エネ基準達成率
型番:R-V32SV

HITACHI(日立) 冷蔵庫

参考価格: 108,333

ヘアライン調ドアがおしゃれなデザイン

冷蔵庫のデザイン性にもこだわりたい方におすすめのモデルです。機能性も優れており、食品をスピーディーに冷却できる急冷却機能や乾燥を抑えながら鮮度を保つチルド室、間接冷却でみずみずしさをキープする野菜室などが備わっています。また、横幅を抑えたスリムで小型なデザインのため、省スペースにもすっきり設置しやすいです。棚には強化処理ガラスを使っており、簡単にお手入れできます。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2022年9月
全体容量 315L
主な引き出しの容量 冷蔵室(186L)、野菜室(63L)、冷凍室(66L)
サイズ 幅54×奥行65.5×高さ173.5cm
設置に必要なスペース 幅56×奥行65.5×高さ177cm
野菜室真ん中
ドアの開閉方式 右開き
年間消費量 324kWh/年
省エネ基準達成率 104%
型番:SJ-PD28H-W

SHARP(シャープ) 冷蔵庫

参考価格: 59,990

プラズマクラスター搭載で庫内を清潔に保つ

高さを抑えたローウエスト設計の冷蔵庫なので、上段にも手が届きやすく、重たい食品もスムーズに出し入れできます。冷凍庫が大きい設計になっており、4段式の引き出しボックスを使って整理整頓しながら保存が可能。高湿度シールド構造になった野菜室は、野菜の乾燥を防ぎながら保存できるので鮮度が長持ちします。プラズマクラスター機能付きで、クリーンに使用できるのもおすすめポイントです。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2021年12月
全体容量 280L
主な引き出しの容量 冷蔵室(155L)、野菜室(19L)、冷凍室(125L)
サイズ 幅56×奥行66.5×高さ156.8cm
設置に必要なスペース
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 右開き
年間消費量 333kWh/年
省エネ基準達成率 104%

おすすめ商品の比較一覧表

紹介したおすすめ商品の価格や詳細情報などを比較しやすく一覧にまとめました。自分にぴったり合った商品選びの参考にしてください。
商品名 冷蔵庫 冷蔵庫 冷蔵庫 冷蔵庫 冷蔵庫
商品画像
SHARP(シャープ)
HITACHI(日立)
MITSUBISHI(三菱電機)
TWINBIRD(ツインバード)
IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)
最安価格
特徴 プラズマクラスター搭載で庫内を清潔に保つ ヘアライン調ドアがおしゃれなデザイン 運転音が静かでストレスなく使用できる タッチビュー機能付きで食材を確認しやすい 大容量フリーザーで冷凍食品をたっぷり収納できる
発売月 2021年12月 2022年9月 2022年9月 2022年11月 2020年1月
全体容量 280L 315L 330L 354L 231L
主な引き出しの容量 冷蔵室(155L)、野菜室(19L)、冷凍室(125L) 冷蔵室(186L)、野菜室(63L)、冷凍室(66L) 冷蔵室(180L)、野菜室(70L)、冷凍室(80L) 冷蔵室(191L)、野菜室(60L)、冷凍室(103L) 冷蔵室(161L)、冷凍室(70L)
サイズ 幅56×奥行66.5×高さ156.8cm 幅54×奥行65.5×高さ173.5cm 幅60×奥行65.6×高さ169.8cm 幅68.5×奥行63×高さ164.8cm 幅54.5×奥行59.1×高さ170cm
設置に必要なスペース 幅56×奥行65.5×高さ177cm 幅61×奥行66×高さ174.8cm 幅69.5×奥行63.7×高さ169.8cm 幅59.5×奥行64.1×高さ190cm
野菜室真ん中 × × ×
ドアの開閉方式 右開き 右開き 右開き フレンチドア 右開き
年間消費量 333kWh/年 324kWh/年 360kWh/年 345kWh/年
省エネ基準達成率 104% 104% 100%

冷蔵庫【150L~200L/一人暮らし(自炊派)】おすすめ人気ランキング8選

ここからは、容量150L~200Lで、自炊派の一人暮らしの方におすすめの冷蔵庫をランキング形式で紹介します。パナソニックやアイリスオーヤマの人気モデルや、ワンルームに最適なモデル、大容量モデルにも注目。ランキングは、本記事でお伝えした選び方のほか、Amazonや楽天市場などの大手通販サイトで人気のモデルも参考にピックアップしました。デザインや設置に必要なスペースなども参考にして、使用目的に合った製品を見つけてみてください。
型番:HR-D1701W

ハイセンス 冷蔵庫

口コミ・レビュー総合評価
4.00
(155件)
参考価格: 32,800

食材が一目で確認できるクリアケース付き

価格の安い冷蔵庫を選びたい人におすすめのモデルで、コンパクトでもしっかり大容量で食品をたっぷり収納できます。つなぎ目のない強化ガラス素材の棚は汚れてもさっと拭き取りやすく、角に汚れが付きにくいので清潔に使用しやすいです。大容量のドアポケットには、2Lのペットボトルも収納可能。冷凍庫の引き出しはクリア素材で何が入っているのか確認しやすく、使いやすいデザインです。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:30時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2021年1月
全体容量 175L
主な引き出しの容量 冷蔵室(122L)、冷凍室(53L)
サイズ 幅49×奥行55.8×高さ142.9cm
設置に必要なスペース
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 右開き
年間消費量
省エネ基準達成率 100%
型番:JR-SX21A-W

Haier 冷蔵庫 freemo

参考価格: 60,435

スリムボディで省スペースにも設置しやすい

冷蔵庫を設置するのをあきらめた省スペースでも置きやすい超スリムボディのモデル。壁際にフィットさせても中の食品を取り出せるので、設置場所を選びません。また、小型ながら冷凍庫が大きい設計になっており、まとめ買いした食品もたっぷり保管できます。冷凍庫の引き出し式のバスケットとトレイは中身が見やすく、整理整頓しやすいデザイン。LED庫内灯付きで、奥までしっかり見やすいです。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
rakuten.co.jp: 2023年10月13日 17:26時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2023年7月
全体容量 208L
主な引き出しの容量 冷蔵室(134L)、冷凍室(74L)
サイズ 幅45.3×奥行63.2×高さ177.5cm
設置に必要なスペース 幅46.1×奥行63.8×高さ178.4cm
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 右開き
年間消費量 247kWh/年
省エネ基準達成率
型番:YFR-D170

山善 冷蔵庫

参考価格: 39,800

耐熱性のある天板で上部に家電製品を設置できる

2ドア式のシンプルですっきりしたデザインの冷蔵庫。上部は耐熱性のある天板なので、電子レンジなどを設置して空間を有効に使用できます。冷蔵庫は高さを調節できる棚や2Lペットボトルも収納できるドアポケットなど、使いやすい設計。フリートレーが付いており、野菜などを分けて収納するときに便利です。クリアケースで仕切られた冷凍室は、見やすく簡単に食品を整理整頓できます。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月
全体容量 173L
主な引き出しの容量 冷蔵室(121L)、冷凍室(52L)
サイズ 幅50×奥行56×高さ142.2cm
設置に必要なスペース
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 右開き
年間消費量 250kWh/年
省エネ基準達成率
型番:MJ‐R27B

無印良品 冷蔵庫

参考価格: 129,000

省エネ設計になったシンプルなデザイン

どんなキッチンにも馴染むようなシンプルデザインの冷蔵庫。丸棒のハンドルが付いており、さっと扉を開閉しやすいのが魅力です。天面にはオーブンレンジなどを設置でき、一人暮らしでも空間を有効的に使用できます。汚れを拭き取りやすいガラストレイは高さ調節できるので、食材に合わせた使い方が可能。ドア部分にはフリーポケットや卵皿、多数のポケットが付いており、小物やドリンク類をすっきり保管できます。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月
全体容量 272L
主な引き出しの容量 冷蔵室(178L)、野菜室(44L)、冷凍室(50L)
サイズ 幅60×奥行65.7×高さ141.9cm
設置に必要なスペース 幅61×奥行65.7×高さ151.9cm
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 右開き
年間消費量 320kWh/年
省エネ基準達成率 101%
型番:NR-B17HW-T

Panasonic(パナソニック) 冷蔵庫

参考価格: 51,800

フリーケース付きで食材を整理しやすい

マットな質感のおしゃれな冷蔵庫で、キッチンに馴染むデザインです。冷凍庫が大きいデザインなので、作り置きした料理や冷凍食品のまとめ買いをする家庭にもおすすめ。冷蔵室にはフリーケースが付いているので簡単に整理しやすく、カテキン抗菌と脱臭フィルターにより清潔に使用できます。ガラス素材の棚なのでお手入れしやすく、汚れもさっと拭き取れて便利です。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2022年11月
全体容量 168L
主な引き出しの容量 冷蔵室(124L)、冷凍室(44L)
サイズ 幅48×奥行58.6×高さ129.3cm
設置に必要なスペース
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 右開き
年間消費量 308kWh/年
省エネ基準達成率 100%
型番:GR-U17BS

TOSHIBA(東芝) 冷蔵庫

参考価格: 49,700

どんなキッチンにもなじみやすいシンプルデザイン

冷蔵室と冷凍室の2ドアタイプのスタイリッシュなデザインの冷蔵庫で、小型設計なのでひとり暮らしの限られたスペースにも設置しやすいです。コンパクトでも収納力はあり、3段式のドアポケットに2Lサイズのペットボトルを3本収納可能。冷凍庫内にはスライドケースが付いており、散らばりやすい小物類もすっきり収納できて簡単に整理整頓できます。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2022年12月
全体容量 170L
主な引き出しの容量 冷蔵室(127L)、冷凍室(43L)
サイズ 幅47.9×奥行58.2×高さ136.9cm
設置に必要なスペース
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 右開き
年間消費量 306kWh/年
省エネ基準達成率
型番:MR-P17H-W

MITSUBISHI(三菱電機) 冷蔵庫

参考価格: 54,545

静音設計で冷蔵庫の運転音が気になりにくい

ひとり暮らしなどの狭い空間で使用しても、冷蔵庫の運転音が気になりにくい22dBの静音設計になったモデル。ささやき声より静かなので、なるべく音を気にせず使用したい人におすすめです。小型ながら収納力は抜群で、高さ調節ができる大容量のドアポケットや低温ケース、2段の引き出し式冷凍庫などが備わっています。トップテーブルは抗菌、耐熱仕様で上部に電子レンジなどを置いて使用でき便利です。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2022年10月
全体容量 168L
主な引き出しの容量 冷蔵室(122L)、冷凍室(46L)
サイズ 幅48×奥行59.5×高さ133.8cm
設置に必要なスペース 幅52×奥行き63.5cm
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 右開き
年間消費量 308kWh/年
省エネ基準達成率
型番:SJ-D15J-W

SHARP(シャープ) 冷蔵庫

参考価格: 42,980

左右どちらか選べるドアを採用でどこでも設置しやすい

つけかえどっちもドアを採用した使い勝手のよい冷蔵庫で、設置場所に合わせて左右どちらに開閉するか選択できます。2ドアのシンプルなデザインで、どんなキッチンにも馴染むでしょう。冷凍庫が大きい設計なので大量の冷凍食品もまとめて収納でき、面倒な霜取りの必要はありません。トップテーブルは耐熱100℃仕様になっており、電子レンジなどを置いて空間を有効に利用できます。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2022年10月
全体容量 152L
主な引き出しの容量 冷蔵室(94L)、冷凍室(58L)
サイズ 幅49.5×奥行59.8×高さ120.3cm
設置に必要なスペース
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 両開き
年間消費量 290kWh/年
省エネ基準達成率 105%

おすすめ商品の比較一覧表

紹介したおすすめ商品の価格や詳細情報などを比較しやすく一覧にまとめました。自分にぴったり合った商品選びの参考にしてください。
商品名 冷蔵庫 冷蔵庫 冷蔵庫 冷蔵庫 冷蔵庫 冷蔵庫 冷蔵庫 freemo 冷蔵庫
商品画像
SHARP(シャープ)
MITSUBISHI(三菱電機)
TOSHIBA(東芝)
Panasonic(パナソニック)
無印良品
山善
Haier
ハイセンス
最安価格
特徴 左右どちらか選べるドアを採用でどこでも設置しやすい 静音設計で冷蔵庫の運転音が気になりにくい どんなキッチンにもなじみやすいシンプルデザイン フリーケース付きで食材を整理しやすい 省エネ設計になったシンプルなデザイン 耐熱性のある天板で上部に家電製品を設置できる スリムボディで省スペースにも設置しやすい 食材が一目で確認できるクリアケース付き
発売月 2022年10月 2022年10月 2022年12月 2022年11月 2023年7月 2021年1月
全体容量 152L 168L 170L 168L 272L 173L 208L 175L
主な引き出しの容量 冷蔵室(94L)、冷凍室(58L) 冷蔵室(122L)、冷凍室(46L) 冷蔵室(127L)、冷凍室(43L) 冷蔵室(124L)、冷凍室(44L) 冷蔵室(178L)、野菜室(44L)、冷凍室(50L) 冷蔵室(121L)、冷凍室(52L) 冷蔵室(134L)、冷凍室(74L) 冷蔵室(122L)、冷凍室(53L)
サイズ 幅49.5×奥行59.8×高さ120.3cm 幅48×奥行59.5×高さ133.8cm 幅47.9×奥行58.2×高さ136.9cm 幅48×奥行58.6×高さ129.3cm 幅60×奥行65.7×高さ141.9cm 幅50×奥行56×高さ142.2cm 幅45.3×奥行63.2×高さ177.5cm 幅49×奥行55.8×高さ142.9cm
設置に必要なスペース 幅52×奥行き63.5cm 幅61×奥行65.7×高さ151.9cm 幅46.1×奥行63.8×高さ178.4cm
野菜室真ん中 × × × × × × × ×
ドアの開閉方式 両開き 右開き 右開き 右開き 右開き 右開き 右開き 右開き
年間消費量 290kWh/年 308kWh/年 306kWh/年 308kWh/年 320kWh/年 250kWh/年 247kWh/年
省エネ基準達成率 105% 100% 101% 100%

冷蔵庫【150L未満/一人暮らし(外食派)・2台目用】おすすめ人気ランキング7選

ここからは、150L未満の2台目用としておすすめの冷蔵庫をランキング形式で紹介します。1ドア仕様のモデルや、リーズナブルなモデルにも注目。ランキングは、本記事でお伝えした選び方のほか、Amazonや楽天市場などの大手通販サイトで人気のモデルも参考にピックアップしました。デザインやサイズなども参考にして、使用目的に合った製品を見つけてみてください。
型番:HR-B91HW

ハイセンス 冷蔵庫

参考価格: 23,800

コンパクトで価格を抑えたコスパのいいモデル

一人暮らしの部屋にも設置しやすいコンパクトなサイズの冷蔵庫。キッチン以外の場所にも置きやすいシンプルな2ドア仕様で、冷蔵室と冷凍室に食材を分けて収納できます。冷蔵室のドアには3段のポケットが付いており、調味料やドリンクなどをまとめて整理できて便利。クリアケース付きなので果物や野菜なども出し入れしやすく、汚れても水洗いできます。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2023年4月
全体容量 87L
主な引き出しの容量 冷蔵室(63L)、冷凍室(24L)
サイズ 幅47.5×奥行50.7×高さ86.2cm
設置に必要なスペース
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 右開き
年間消費量
省エネ基準達成率 105%
型番:NTR-140

ニトリ ファン式2ドア冷蔵庫

参考価格: 39,900

耐熱仕様の天板で空間を有効活用できる

ファン式で面倒な霜取り作業が必要ない使い勝手のよい冷蔵庫。よく使う冷蔵室を上段、下段に冷凍室が設置されたシンプルな2ドア式で、一人暮らしや2台目の冷蔵庫におすすめです。広めの冷凍室には作り置き料理もたっぷり収納でき、引き出しタイプで出し入れも楽々。ドアポケットや野菜用ケース付きで収納しやすく、棚は高さ調節できるので食材に合わせて使いやすい仕様です。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
rakuten.co.jp: 2023年9月27日 18:02時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月
全体容量 140L
主な引き出しの容量 冷蔵室(92L)、冷凍室(48L)
サイズ 幅49.5×奥行55×高さ125cm
設置に必要なスペース
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 右開き
年間消費量 280kWh/年
省エネ基準達成率 108%
型番:PRC-B051D-S

IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ) 冷蔵庫

参考価格: 11,800

コンパクトなサイズで毎日の暮らしをサポート

自炊をあまりしない人におすすめの価格が手頃な冷蔵庫。コンパクトな設計なので省スペースでもすっきり収納でき、邪魔になりにくいです。また、シンプルな1ドア式なので中身をすぐに確認でき、食材ロスが起こりません。ガラス棚はにおいが移りにくく汚れてもサッと拭き取れるのでお手入れも簡単。棚の取り外しもできるので、大きめ食材を入れたいときにも便利です。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月
全体容量 46L
主な引き出しの容量 冷蔵室(46L)
サイズ 幅47×奥行44.7×高さ49.6cm
設置に必要なスペース 幅57×奥行50.7×高さ79.6cm
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 両開き
年間消費量 111kWh/年
省エネ基準達成率 140%
型番:HR-K12HB

ハイセンス 冷蔵庫

参考価格: 27,800

静音設計でどこに置いても運転音が気になりにくい

一人暮らしの狭い空間に設置しても運転音が気になりにくい、23dBの静音設計モデル。スリムなサイズなので省スペースにも設置しやすく、キッチンにすっきり置けます。コンパクトでも中にたっぷり収納できる容量があり、高さ調節できる棚や取り外し可能な冷凍室の棚など使いやすい機能が充実。天板は100℃の耐熱仕様になっており、上部に電子レンジなどを置いて空間を有効に活用できます。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
rakuten.co.jp: 2023年9月27日 17:58時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2023年4月
全体容量 124L
主な引き出しの容量 冷蔵室(96L)、冷凍室(28L)
サイズ 幅47.5×奥行48.7×高さ116.95cm
設置に必要なスペース
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 右開き
年間消費量 229kWh/年
省エネ基準達成率 102%
型番:PRR-082D-LG

アイリスプラザ 冷蔵庫

参考価格: 24,140

キッチンに馴染むレトロでおしゃれなデザイン

冷蔵庫のデザイン性にもこだわりたい方におすすめのモデルで、丸みを帯びたボディやメタリックのハンドルなどレトロな見た目がおしゃれなデザインです。コンパクトなサイズながら大容量になっており、冷凍室と冷蔵室の2ドア仕様。丈夫で傷がつきにくいガラス棚はお手入れしやすく、果物や野菜を入れるのにぴったりなクリアケース付きですっきり収納できます。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月
全体容量 81L
主な引き出しの容量 冷蔵室(57L)、冷凍室(24L)
サイズ 幅48×奥行52.5×高さ91.5cm
設置に必要なスペース
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 右開き
年間消費量
省エネ基準達成率
型番:R-K11R

HITACHI(日立) 冷蔵庫

参考価格: 65,841

温度切り替えができて食材に合わせて使い分けられる

すっきりとしたフラットデザインの1ドア冷蔵庫。小型ながら大容量で、クリアトレイやスライドバスケットなど5段の収納部に食材をたっぷり保管できます。ぴったりセレクト機能が付いており、-18℃の冷凍から15℃の常温まで3段階で温度の切り替えが可能。収納したい食材に合わせてカスタマイズできるので、2台目の冷蔵庫におすすめです。まるごとチルド機能付きで、菌の繁殖を抑えながら食材の鮮度を保って保管できます。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

PayPay支払いで誰でも毎日5%戻ってくる!

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 rakuten.co.jp: 2024年4月14日 21:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年4月18日 10:23時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2021年3月
全体容量 113L
主な引き出しの容量 冷蔵室(113L)
サイズ 幅46×奥行58.5×高さ111cm
設置に必要なスペース 幅50×奥行66×高さ121cm
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 右開き
年間消費量 388kWh/年
省エネ基準達成率 100%
型番:NR-B14HW-W

Panasonic(パナソニック) 冷蔵庫

参考価格: 42,000

マットな質感のデザインで、キッチンに馴染む

ツヤを消したマットなデザインで、インテリアになじみやすい見た目の冷蔵庫。自動霜取り機能が付いた大容量の冷凍室には、買い置きした冷凍食品や作り置きの料理などもすっきり保管できます。また、お手入れしやすく傷がつきにくいガラス棚を採用しており、カテキン抗菌や脱臭フィルターにより清潔に使用できるのもおすすめポイント。静音設計で運転音が気になりにくく、設置場所を選びません。

AmazonスマイルSALEゴールデンウィーク開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年4月20日 16:31時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
発売月 2022年11月
全体容量 138L
主な引き出しの容量 冷蔵室(94L)、冷凍室(44L)
サイズ 幅48×奥行58.6×高さ111.9cm
設置に必要なスペース
野菜室真ん中 ×
ドアの開閉方式 右開き
年間消費量 298kWh/年
省エネ基準達成率

おすすめ商品の比較一覧表

紹介したおすすめ商品の価格や詳細情報などを比較しやすく一覧にまとめました。自分にぴったり合った商品選びの参考にしてください。
商品名 冷蔵庫 冷蔵庫 冷蔵庫 冷蔵庫 冷蔵庫 ファン式2ドア冷蔵庫 冷蔵庫
商品画像
Panasonic(パナソニック)
HITACHI(日立)
アイリスプラザ
ハイセンス
IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)
ニトリ
ハイセンス
最安価格
特徴 マットな質感のデザインで、キッチンに馴染む 温度切り替えができて食材に合わせて使い分けられる キッチンに馴染むレトロでおしゃれなデザイン 静音設計でどこに置いても運転音が気になりにくい コンパクトなサイズで毎日の暮らしをサポート 耐熱仕様の天板で空間を有効活用できる コンパクトで価格を抑えたコスパのいいモデル
発売月 2022年11月 2021年3月 2023年4月 2023年4月
全体容量 138L 113L 81L 124L 46L 140L 87L
主な引き出しの容量 冷蔵室(94L)、冷凍室(44L) 冷蔵室(113L) 冷蔵室(57L)、冷凍室(24L) 冷蔵室(96L)、冷凍室(28L) 冷蔵室(46L) 冷蔵室(92L)、冷凍室(48L) 冷蔵室(63L)、冷凍室(24L)
サイズ 幅48×奥行58.6×高さ111.9cm 幅46×奥行58.5×高さ111cm 幅48×奥行52.5×高さ91.5cm 幅47.5×奥行48.7×高さ116.95cm 幅47×奥行44.7×高さ49.6cm 幅49.5×奥行55×高さ125cm 幅47.5×奥行50.7×高さ86.2cm
設置に必要なスペース 幅50×奥行66×高さ121cm 幅57×奥行50.7×高さ79.6cm
野菜室真ん中 × × × × × × ×
ドアの開閉方式 右開き 右開き 右開き 右開き 両開き 右開き 右開き
年間消費量 298kWh/年 388kWh/年 229kWh/年 111kWh/年 280kWh/年
省エネ基準達成率 100% 102% 140% 108% 105%

Amazon・楽天市場の冷蔵庫売れ筋人気ランキング

Amazon:冷蔵庫の売れ筋ランキング Amazon:冷蔵庫の売れ筋ランキング>>
楽天市場:冷蔵庫の人気ランキング 楽天市場:冷蔵庫の人気ランキング>>

冷蔵庫と併せて使いたい冷凍庫をチェック

共働き家庭で忙しい方などを中心に「まとめ買いが多く、冷蔵庫の冷凍室だと容量が足りない」とお悩みの方も多くいると思います。かといって冷蔵庫を買い替えるにはコストがかかりすぎるという場合は、別売りの冷凍庫の購入を視野に入れてみるのもおすすめです。
 
スリムなデザインのものを選べば、冷蔵庫と並べてもキッチンにすっきりと収まります。下の記事では冷凍庫の選び方のポイントとおすすめモデルを紹介。ぜひ参考にしてみてください。
【霜取り不要のファン式も】冷凍庫のおすすめランキング - Best One(ベストワン) 【霜取り不要のファン式も】冷凍庫のおすすめランキング - Best One(ベストワン)>>

まとめ

今回は冷蔵庫の選び方のポイントとおすすめ製品をランキング形式で紹介しました。冷蔵庫はサイズ、容量、機能などを比較しながら、同居家族の人数や使い方、食材のストック量なども考慮して選ぶのがポイント。また、電気代が気になる方は、年間消費電力量や省エネ基準達成率にも目を向けて、省エネ性能に優れたものを選んでみてください。
 
多くのメーカーが最新機能を搭載したモデルを続々と発売しています。ぜひ記事で紹介した選び方やおすすめランキングを参考に、ご家庭にぴったりな冷蔵庫を見つけてください。

選び方のコツをもう一度チェック!

記事の中で解説した下記のポイントを参考に、気になる商品を比較して、自分に合ったものを見つけましょう。
冷蔵庫の選び方

※記事に掲載している商品の情報はBestOne編集部の調査結果に基づいたものになります。
※ランキングは、専門家による選び方のポイントや、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋上位商品、口コミ・検証・アンケート・価格情報等を参考にBestOne編集部にて順位付けしたものになります。
※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。

あなたにおすすめの記事
冷蔵庫・保温庫ランキング