フローリングでも滑らない!おすすめの犬用滑り止めマット5選

ワンちゃんが高齢になってきたら滑り止めマットを導入しましょう。足腰が弱くなってくるとフローリングの上では上手く立てず、滑って転んでしまうことがあります。フローリングマットを敷くことで、床の傷付きや段差での怪我を防止できるメリットも。今回はおすすめの犬用滑り止めマットをご紹介します。

ワンちゃんの足腰が弱くなってきたら滑り止めマットを使おう
滑り止めマットの選び方
おすすめの滑り止めマット
見た目が気になる人は専用のフローリングワックスがおすすめ
この記事に登場した専門家

ワンちゃんの足腰が弱くなってきたら滑り止めマットを使おう

老犬ホーム情報サービス「老犬ケア」
森野竜馬さん

ワンちゃんの生活スペース全体に敷くのがベスト

マットの上でくつろぐ犬
出典:Amazon.co.jp
ワンちゃんは、足腰が弱くなってくるとふんばりがきかなくなり、足が滑って開いていきます。こうなると特にフローリングの上では今までのように立っていることができず、滑って転んでしまうことも。フローリングの上でも安心してワンちゃんが過ごせるように、足腰が弱くなってきたら滑り止めマットを敷いてあげましょう。

滑り止めマットは柔らかい素材でできており、足が滑るのを防止するだけでなく、万が一マットの上で転んでも怪我しにくいようにできています。人間がマットの上を歩いても特に支障はないため、ワンちゃんの生活スペース全体に敷くと良いでしょう。

ワンちゃんが若い頃から滑り止めマットを使ってもいい?

子犬や若い頃からでも滑り止めマットを使っている飼い主さんもいます。この場合、フローリングの上に敷くだけではなく、階段やベッドの下、ソファの下など段差があるところに敷くようにしましょう。高いところから飛び降りた時に、誤って怪我をしてしまうのを防いでくれます。

意外と盲点な場所・お風呂

お風呂でシャワーをかけられている犬
ご自宅でワンちゃんをお風呂にいれるときも、足が滑ってしまわないように滑り止めマットを使用しましょう。マットはお風呂専用のものが出ているので、お風呂はお風呂、フローリングはフローリングで分けて使います。

バスマット浴室マット風呂マット

滑り止めマットの選び方

滑り止めマットを選ぶ際は、まず、ワンちゃんが歩くのに十分横幅があるサイズを選びましょう。また、ワンちゃんが滑らないだけでなく、マット自体が滑らないものがベストです。お掃除を考えると、部分的に取り外しができるものや丸洗いできるもの、拭き取りが簡単な素材でできているものがおすすめです。

おすすめの滑り止めマット

MUNYU マルチマット

約1cmの厚みがあるクッション性抜群のマットで、足が滑りにくくなるだけでなく、立ち上がりも楽にできます。水を通さない素材のため、おしっこをしてしまってもさっと拭き取るだけでOK。マットが大きい場合はハサミやカッターで簡単にサイズ調節ができます。

サンコー おくだけ吸着 ペット用撥水タイルマット

段差がなく、つまづくこともないバリアフリー仕様のマット。マット1枚が30cm×30cmの小さめサイズで、マットを組み合わせることでお部屋のサイズに合わせて敷くことができます。お手入れは汚れた部分だけ取り外して洗濯機にイン。カラーバリエーションが豊富で、お部屋の雰囲気によって好きなカラーを選べます。

サンコー おくだけ吸着 ペット用撥水タイルマット

ダイケン ワンパークマット

ニオイがつきにくく、おしっこが裏通りしにくいマット。カットパイル調の素材のため、爪が引っかからず、ワンちゃんの爪に傷がついてしまうのを防ぎます。また、素材にアレル物質・花粉を吸着除去してくれる「アルゲンブロック」を使用しており、ハウスダスト対策やアレルギーを持ったワンちゃんにもおすすめです。

PEPPY ピタッとパウ柄階段マット・すべり止め付

階段専用のマット。床に置くだけで吸盤のようにぴたっとくっつき、上から掃除機をかけても動きません。粘着テープのようなべたつきもなく、何度でも貼って剥がせるため、細かいズレも調整可能。パウ柄部分が滑り止めになっており、ワンちゃんが階段を昇り降りするのをサポートしてくれます。

ピタッとパウ柄階段マット・すべり止め付

オーエ ラバースノコ

ラバー素材で滑りにくい浴室内用のバスマット。弾力性があり、ワンちゃんが座ってもしっかりと足元を守ってくれます。水はけがよくお手入れも簡単です。

見た目が気になる人は専用のフローリングワックスがおすすめ

滑り止めマットを敷くとどうしても見た目が気になる、インテリアの雰囲気と合わない…という人は、ワンちゃん専用のフローリングワックスがおすすめです。ワックスに滑り止め効果があり、フローリングの上でも滑りにくくなります。また、見た目もワックスをかけた後の方が綺麗です。

ただし、ワックスを剥がす際には注意が必要。専用の剥離剤が必要なため、剥がそうと思うと意外に大変です。ワックスをかけるときは、剥がすことは考えず、上から塗り足すことを前提として考えると良いでしょう。

わんわんスベラン

ワンちゃん専用のフローリングワックス。フローリング上で滑るのを防止するだけでなく、おしっこの染みこみや爪によって床が傷つくのを防いでくれます。ワックスが乾燥すると非水溶性の被膜ができるため、ワンちゃんが舐めても安心です。

わんわんスベランWAX

布やワックス用ワイパーで簡単に塗布できるフローリングワックス。一度塗りでも十分な効果を発揮します。効果が持続するのは2~3ヶ月なので、定期的にワックスをかけるようにしましょう。
滑り止めマットを使う際は、できるだけワンちゃんの生活スペース全体に敷くのが基本。どうしても敷けない部分がある場合は、段差がないマットを使用するなどつまづかないような工夫をしましょう。タイル状のマットを使えば、汚れた部分だけ綺麗なものと取り替えていつでも清潔な状態を保つことができます。複数のカラーを組み合わせておしゃれに演出するのもおすすめです。

どうしてもマットを使いたくない人は専用のフローリングワックスを。ワックスをかけることで光沢が出て見た目も綺麗になります。ただし、一度かけたワックスを剥がすのは大変なので、かけっぱなし+塗り足し前提で考えてくださいね。

この記事に登場した専門家

老犬ホーム情報サービス「老犬ケア」
森野竜馬さん
国内最大級の老犬ホーム情報サービス「老犬ケア」を運営する「リブモ株式会社」代表取締役。全国各地に自ら足を運び、50を超える老犬ホームの現地訪問や、老犬介護経験者へのインタビューを通じて、老犬介護に関する情報を収集。日々老犬ケアに寄せられる相談や、取材に裏付けされた確かな情報をもとにした、老犬介護サービスへの正しい理解と認知向上のため活動している。
詳しくはこちら
ペットカテゴリ