サッカー用すね当ての人気おすすめ13選|選び方&洗い方の解説!子供用アイテムも紹介

サッカー・フットサルをプレーする際、脛を守るために装着するすね当て(レガース・シンガード)。公式戦ではすね当ての装着が必須となっています。しかし、すね当てと一口に言っても、アディダスやミズノなど、多くのメーカーから商品が発売されていて迷ってしまうことも。そこで今回は、すね当ての選び方のポイントとおすすめ商品を、大人用と子供用に分けてご紹介していきます。

サッカー用すね当てとは?

サッカー用すね当てとは?
すね当ては、サッカー・フットサルの練習や試合で接触から足(主に脛)を守るための道具です。また、日本サッカー協会の競技規則第4条で、公式戦ですね当ての着用は義務と記されているいます。ほかにも「レガース・シンガード」と呼ばれていますが、呼び方が違うだけで同じものを指していることも覚えておきましょう。

サッカー用すね当ての取り付け方

サッカー用すね当ての取り付け方
すね当ての取り付け方法は、小さな子供でも簡単にできます。履いているサッカーソックスの中に、すね当てを差し込むだけです。すね当てを着用するには、長さのあるサッカーソックスも必要ということになります。また、すね当てには右足・左足用と分かれていますので、着用する際は確認してから使うようにしましょう。
サッカーソックスの人気おすすめ23選|アディダス・ナイキなど!キッズ&ジュニア用も紹介 - Best One(ベストワン)
サッカーソックスの人気おすすめ23選|アディダス・ナイキなど!キッズ&ジュニア用も紹介 - Best One(ベストワン)>>
サッカー・フットサルをプレーする上で、サッカーソックスは重要なアイテムです。普段履いているソックスと違い、激しいプレーを支える役割を持っています。しかし、選び方を間違えてしまうと、最大限の力を発揮できない結果に繋がることも。ここでは、サッカーソックスの選び方のポイント・おすすめの人気商品をジュニア用と併せてご紹介します。

サッカー用すね当ての選び方

それではここから、サッカーのすね当てを見つけるための、選び方のポイントをご紹介します。

硬さ|ハードタイプ・ソフトタイプの特徴を理解して選ぶ

■ハードタイプ|衝撃に強く脛をしっかりとガード

■ハードタイプ|衝撃に強く脛をしっかりとガード
出典:Amazon
ハードタイプの特徴は、硬いプラスチックなどでできているため、非常に硬く耐久性があります。選手同士の激しい接触プレー、転倒による怪我から守ってくれる反面、硬さが気になってプレーしにくいことも。しかし、安全にサッカー・フットサルをプレーするならばハーフタイプを選ぶことをおすすめします。

■ソフトタイプ|フィット性が高く軽量でプレーもしやすい

■ソフトタイプ|フィット性が高く軽量でプレーもしやすい
出典:Amazon
ソフトタイプは、素材がスポンジ製ゴムなどやわらかいのが特徴です。ハードタイプとは真逆と考えるのがよいでしょう。やわらかいことから、ある程度形状に融通が効くため、脛の形に沿いやすくフィット感抜群。また、重さも軽いことから、快適に使うことができますが、衝撃や耐久性はハードタイプと比較をして劣ってしまいます。

サイズ|目安は「スパイクの上端から膝下までの長さ-3~4cm」

サイズ|目安は「スパイクの上端から膝下までの長さ-3~4cm」
すね当てを選ぶにはサイズ選びがとても大切です。大きすぎてもプレー中に邪魔になってしまいますし、小さすぎても十分に脛を接触から保護することができません。購入の際はスパイクやトレーニングシューズの上端から膝下までの長さ-3~4cmを目安にして、自分に合う長さを測ってからサイズを選ぶようにしましょう。
サッカースパイクの選び方とおすすめ28選|ナイキ・アディダス・ミズノなど - Best One(ベストワン)
サッカースパイクの選び方とおすすめ28選|ナイキ・アディダス・ミズノなど - Best One(ベストワン)>>
サッカースパイクはナイキ・アディダス・プーマなどの海外メーカーから、アシックス・ミズノなどの国内メーカーまで多種多様で迷ってしまいますよね。今回は、サッカースパイクの購入を考えている方のために、その選び方やメーカー別の特性、おすすめのモデルなどの情報をお届けします。
サッカー用トレーニングシューズの選び方とおすすめ人気モデル12選【ナイキ・アディダス・ミズノなど】 - Best One(ベストワン)
サッカー用トレーニングシューズの選び方とおすすめ人気モデル12選【ナイキ・アディダス・ミズノなど】 - Best One(ベストワン)>>
サッカーやフットサルで履くトレーニングシューズ。主に練習をメインとして使用されています。ナイキ・アディダス・ミズノ・プーマ・アシックスなど、メーカー数や新作もたくさんあり、どれを選べばいいのか迷ってしまう方に多いです。今回は、サッカー用トレーニングシューズの選び方と人気メーカーのおすすめモデル、ジュニア・キッズ用についてもご紹介します。

ズレ対策|ゴムベルト付きタイプですね当てを止める

ずれ対策|ゴムベルト付きタイプですね当てを止める
すね当ては重さによってはプレー中にずれる可能性があります。すね当てがずれてしまうと、走りにくかったり、ボールをうまく蹴る・止めるといったことが出来なかったりと様々なトラブルが起こりかねません。ズレが気になる方は、足に直接固定できるゴム付きベルトタイプもおすすめです。また、別売りで以下のような、足首にバンドで固定するすね当て・レガース・シンガードストッパーもあります。
型番:UJS7001

アンブロ
シンガードストッパー

カラーが選べる定番のシンガード・ストッパー

ネイビーやブラック、レッドなどさまざまな色が揃っているため、好みの色やユニホームの色に合わせて選べます。サイズは3.5×25cmとなっており、脛の長さに合うかどうかご確認ください。定番商品なので購入しやすく、価格もお手頃なので初めてシンガードストッパーを購入される方におすすめです。
タイプ
サイズ(cm)
ゴムベルト

臭い対策|穴あきタイプやスポンジ不使用で汗をかいても快適に

臭い対策|穴あきタイプやスポンジ不使用で汗をかいても快適に
すね当てはソックスやストッキングの中に装着するものですので、汗が溜まってしまったりムレやすかったりという側面があります。放っておくと嫌なにおいがしたり、あせもやかぶれになったりすることもあります。通気性の良いデザインを選ぶことでにおいやムレを防ぐことが出来ます。

大人用すね当ての人気おすすめ10選

いよいよここからは、大人が使えるサッカー用すね当てのおすすめ商品を、一挙にご紹介していきます。

VGEBY
シンガード

抜群のフィット感。弾性ストラップ付きで脛パッドの締め具合を調整可能

軽量プラスチック製の裏地と柔らかい発泡部品を採用することでより脚に近く、脛をしっかり保護しながら衝撃エネルギーを吸収することができます。軽くて通気性が良くフィット感も抜群。また弾性ストラップ付きなので、脛パッドの締め具合を自分のニーズに合わせて調整することができます。
タイプ ハードタイプ
サイズ(cm) 約22×10.5
ゴムベルト
型番:PE2455

PENALTY(ペナルティ)
シンガード

防臭・抗菌機能も付いていてお手入れ簡単。カラーバリエーションも豊富

縦18㎝と大きめのサイズでしっかり脛をカバーすることができます。脛全体を守りたい方におすすめです。立体的でデザイン性も高くカラーバリエーションも4種類と豊富。軽くて使いやすく、かっこいいという優れもの。防臭・抗菌機能付きで使用後のイヤなにおいも気になりません。
タイプ ハードタイプ
サイズ(cm) 縦18
ゴムベルト ×
型番:XSP020

アシックス
サッカーレガース

柔軟な素材でプレーヤーのすねにフィット

ナイロンやポリウレタンなど柔らかい素材でできたサッカー用すね当て。すねにしっかりフィットするので走りやすく、軽量なので動きも軽やかです。色はブラックとブルーの2色展開で好みの色が選べます。2個で1セットの商品となっています。ずり落ち防止のゴムベルトはついていません。
タイプ ソフトタイプ
サイズ(cm) 約15
ゴムベルト ×
型番:UJS4000

アンブロ
シンガード

UMBRO定番!コンパクトなタイプが好きな方におすすめ

しっかり脛を覆うデザインよりも、コンパクトですっきりしたタイプのデザインが好きな方におすすめです。大手メーカーですが、初めて使う方でも手に取りやすいお手頃価格。ハードタイプで安心して使うことができます。ゴムベルトはついていませんが、ベルトを付けられる穴があるので後付けすることも可能になっています。
タイプ ハードタイプ
サイズ(cm) フリーサイズ
ゴムベルト ×
型番:1273610

アンダーアーマー
アーマーフレックスプロシンガード

アーマーフレックスシェル採用ですねを柔軟に保護

ハードタイプのシンガードでソフトタイプに比べてガード力が高いのが特徴です。耐衝撃性に優れるクッション(チャージドクッショニングパッド)を搭載しており、ハードタイプでありながらすねに当たる部分はソフト。NOCSAE 規格に準拠し、人間工学に基づいたカーフスリーブつき。
タイプ ハードタイプ
サイズ(cm)
ゴムベルト ×
型番:030361-01

プーマ
パワーキャット ライト シンガード

軽量で動きやすいシンガード

合成繊維(ポリエステル)と合成樹脂(EVA樹脂)で作られた、ソフトタイプのシンガード。XS~Mサイズまでラインナップされており、体形に合わせて好みの商品が選べます。軽量ですが厚みがあり、丁寧に使えば長期間愛用できる商品です。お子さんは大人用では擦れてしまうためサイズを良く確認してください。
タイプ ソフトタイプ
サイズ(cm)
ゴムベルト ×
型番:GC0023-K

モルテン
エアラップテックシンガード

エアーのパッドがぴったりフィット!衝撃吸収抜群

エアーのパッドでフィット感も良く、クッション性も問題なし。通気性の良いデザインなので、夏場であってもムレやかぶれの心配なく快適に使うことができます。軽量タイプで、使用中にずれ落ちることもありません。簡単に洗えてお手入れも簡単ですので、衛生的に使うことができます。
タイプ ハードタイプ
サイズ(cm) 縦17.5×横7.8
ゴムベルト ×
型番:SP0040 419

ナイキ
Jガード

脛骨の形状に合わせた自然にフィットするシンガード

デュアルデンシティの抗菌加工EVAフォームパッキング採用で、装着・使用しても雑菌の繁殖をおさえ清潔に使えます。脛骨の形状に合わせたデザインなので自然にフィット。薄型のPEボディを採用しプレイ中も邪魔にならず、耐久性があるため長く使えます。価格もお手頃なのでおすすめです。
タイプ ハードタイプ
サイズ(cm)
ゴムベルト ×
型番:P3JYG701/P3JYG702

ミズノ
シンガード・すね当て

鮮やかなカラーデザイン&コスパ抜群

サイズ展開は15㎝と17㎝で身長や脚のサイズによって選ぶことができます。ハードタイプのシンガードでしっかりと脛を守ってくれます。鮮やかなカラーデザインはお子さんからもとても人気です。ゴムベルトなしですが、脛にしっかりフィットするので問題なく使うことができます。
タイプ ハードタイプ
サイズ(cm) 15・17
ゴムベルト ×
型番:KAR44

アディダス
メタルシンガード2

左右非対称で脛部分にしっかりフィット

アディダスでも一番人気のあるシンガード。フリーサイズのみの展開で、大学生以上の方であればほぼ問題なく使用できます。子供には大きめなのでご注意ください。左右非対称の商品なので脛にしっかりフィットしててくれます。ガードの内側はクッションがついており当たりは柔らかです。
タイプ ハードタイプ
サイズ(cm) フリーサイズ
ゴムベルト ×

大人用すね当ての商品比較表

商品画像
アディダス
ミズノ
ナイキ
モルテン
プーマ
アンダーアーマー
アンブロ
アシックス
PENALTY(ペナルティ)
VGEBY
商品名 メタルシンガード2 シンガード・すね当て Jガード エアラップテックシンガード パワーキャット ライト シンガード アーマーフレックスプロシンガード シンガード サッカーレガース シンガード シンガード
特徴 左右非対称で脛部分にしっかりフィット 鮮やかなカラーデザイン&コスパ抜群 脛骨の形状に合わせた自然にフィットするシンガード エアーのパッドがぴったりフィット!衝撃吸収抜群 軽量で動きやすいシンガード アーマーフレックスシェル採用ですねを柔軟に保護 UMBRO定番!コンパクトなタイプが好きな方におすすめ 柔軟な素材でプレーヤーのすねにフィット 防臭・抗菌機能も付いていてお手入れ簡単。カラーバリエーションも豊富 抜群のフィット感。弾性ストラップ付きで脛パッドの締め具合を調整可能
タイプ ハードタイプ ハードタイプ ハードタイプ ハードタイプ ソフトタイプ ハードタイプ ハードタイプ ソフトタイプ ハードタイプ ハードタイプ
サイズ(cm) フリーサイズ 15・17 縦17.5×横7.8 フリーサイズ 約15 縦18 約22×10.5
ゴムベルト × × × × × × × × ×
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる

子供用すね当ての人気おすすめ3選

最後は子供用サイズのすね当てをコスパが良いおすすめ3商品をご紹介します。
型番:MG-1002SS

ミカサ
すね当て

軽くて汚れも落ちやすい!ガード面積も広い優れもの

ガード面積が横幅が上部12cm、下部10cm、縦16cmと広くなっておりしっかりと脛をカバーすることができます。また、軽量タイプですのでゴムバンドなしでもずれることなく問題なく使っていただける優れもの。汚れも落ちやすく、手入れも簡単。お手頃価格なのも魅力のひとつです。
タイプ ハードタイプ
サイズ(cm) 縦16×横上部12×横下部10
ゴムベルト ×
型番:UJS4003

UMBRO(アンブロ)
シンガード

シンプルなデザインで人気のUMBRO。コンパクトで使いやすさもバッチリ!

3分割された樹脂パーツを採用しているため、抜群のフィット感です。軽くてコンパクトなデザインなのでお子さんでも扱いやすく、簡単に装着することができます。光沢があり、シンプルなデザインも人気の理由のひとつです。また、ゴムベルトなしでもずれを気にすることなく使用できます。
タイプ ハードタイプ
サイズ(cm) 縦15×横9
ゴムベルト ×
型番:12ZG74

ミズノ
サッカー・フットサル用すね当て

小学生以下向けシンガード

大人用のシンガードを子供に装着するとサイズが合わず、擦れたりけがをする原因になります。小学生以下のお子さん向けのシンガードがこちら。ハードタイプなので衝撃に強い素材でできているので、脛部分をしっかりガードしてくれます。価格もかなりお手頃なので初めてシンガードを購入される方に最適です。
タイプ ハードタイプ
サイズ(cm) 14.5
ゴムベルト ×

子供用すね当ての商品比較表

商品画像
ミズノ
UMBRO(アンブロ)
ミカサ
商品名 サッカー・フットサル用すね当て シンガード すね当て
特徴 小学生以下向けシンガード シンプルなデザインで人気のUMBRO。コンパクトで使いやすさもバッチリ! 軽くて汚れも落ちやすい!ガード面積も広い優れもの
タイプ ハードタイプ ハードタイプ ハードタイプ
サイズ(cm) 14.5 縦15×横9 縦16×横上部12×横下部10
ゴムベルト × × ×
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる
サッカーのジュニア向けスパイクの選び方とおすすめモデル - Best One(ベストワン)
サッカーのジュニア向けスパイクの選び方とおすすめモデル - Best One(ベストワン)>>
サッカーのジュニア向けスパイクの特徴や選び方を、サッカーをよく知らないママ・パパにもわかるよう、やさしく解説します。ジュニア用のスパイクも大人用と同じく、ナイキ、アディダス、プーマ、アシックス、ミズノなどから沢山のモデルが発売されていて、メーカーごとの特色とおすすめのモデルなどもご紹介していきます。
ジュニア用サッカートレーニングシューズの選び方&おすすめモデル8選 - Best One(ベストワン)
ジュニア用サッカートレーニングシューズの選び方&おすすめモデル8選 - Best One(ベストワン)>>
トレーニングシューズは「トレシュー」と呼ばれ知られています。ジュニアの場合練習時はもちろん、試合でもトレシューを使うことがあります。サッカーを始めるならまず揃えるべきアイテムのひとつです。サッカーに詳しくないママ・パパにも分かるよう、サッカーのジュニア用トレーニングシューズの選び方と、ナイキ・アディダス・アシックスなど人気メーカーの特徴や、新作、おすすめモデルをご紹介します。

すね当ての洗い方もチェック!

すね当ての洗い方もチェック!
汗で汚れやすいすね当ては、定期的に洗って清潔を保ちたいものです。ソフトタイプであれば、洗濯機を使用するこ場合は、傷を付きにくくするため厚手の洗濯ネットにいれるとよいでしょう。しかし、基本的にはソフトタイプ・ハードタイプのどちらも優しく手洗いで入念に洗うことがおすすめです。少し手間はかかりますが、定期的にメンテナンスをすることで、臭いの抑制にも繋がります。

まとめ

今回、サッカー用すね当てについて、選び方とおすすめ商品をピックアップしてご紹介してきました。おすすめ商品も、大人用と子供用と分けたことで、より選びやすくなりましたね。サッカー・フットサルを長く楽しむためにも、すね当ての購入を検討してみてくださいね。
おすすめタグ