ジュニア用サッカートレーニングシューズの選び方&おすすめモデル5選

トレーニングシューズは「トレシュー」と呼ばれ知られています。ジュニアの場合練習時はもちろん、試合でもトレシューを使うことがあります。サッカーを始めるならまず揃えるべきアイテムのひとつです。サッカーに詳しくないママ・パパにも分かるよう、サッカーのジュニア用トレーニングシューズの選び方と、ナイキ・アディダス・アシックスなど人気メーカーの特徴や、新作、おすすめモデルをご紹介します。

サッカーのトレーニングシューズとは?
ジュニア用トレーニングシューズの選び方
おすすめのジュニア用サッカートレーニングシューズ
大人用サッカースパイク&トレーニングシューズをチェック
この記事に登場した専門家

サッカーのトレーニングシューズとは?

スポーツデポ南砂町スナモ店
サッカーで使うシューズには大きく分けて2種類あります。試合で使う「スパイク」と練習・トレーニングで使う「トレーニングシューズ(トレシュー)」の2種類です。

この2つには構造上の大きな違いがあります。スパイクの場合、スタッドという突起物が靴底に付いています。テレビなどでサッカーの試合を見ていると、倒れた選手の靴の裏にデコボコが付いているのが見えると思います。この突起が地面に食い込んで体を安定させているのです。ただ、スパイクは足への負担は大きくなります。
サッカーのトレーニングシューズとはどんなもの?
トレーニングシューズには、この突起がありません。靴底は平らですが小さい凹凸が付いています。ラバー素材が中心でクッション性に優れていますから、スパイクに比べると足への負担はずっと軽くなります。長時間の練習やトレーニングに向いているのがトレーニングシューズということになります。
サッカーのトレーニングシューズとはどんなもの?
出典:Amazon
トレーニングシューズという名前ですが、ジュニアの場合は試合でもトレシューを着用する場合があります。サッカーをこれから始めるのであれば、スパイクを買っても出番がない可能性もあるので、事前に所属するクラブなどに確認することをおすすめします。

ジュニア用トレーニングシューズの選び方

サイズの選び方

取材したスポーツデポには、足のサイズ、足囲などが測れる器具が用意されています。測ってみるとパパ・ママが思っていたサイズと違っていた…ということも多いそうなので、きちんと測ってお子さんの足に合うものを選んであげてください。

足のサイズ測定器
そして、メーカーによっても差が出ることがあるので、必ず実際に履かせてみるのがおすすめです。試着する際は、踵をシューズの踵の膨らみにフィットさせることがポイントです。履いてから踵をトントンして合わせます。

もう1点、気を付けたいのが適度なつま先のあそびです。シューズの中で多少指が動く程度のゆとりが欲しいのです。0.5~1cmくらいが目安です。それ以上は逆に不安定になり足に負担がかかってしまいます。

素材は合皮が経済的にも◎

トレーニングシューズの素材は合成皮革が主体です。カンガルーレザーや牛革もスパイクには使われますが、その分価格が高くなります。ジュニアの場合は、お子さんの足の成長に合わせて買い替える必要があるので、カンガルーレザーや牛革のものは経済的な面でもあまりおすすめできません。

自分で靴ひもを結べないならベルクロがおすすめ

靴ひもですが、普通のひもで締めるタイプの他に、ベルクロと呼ばれるマジックテープで留めるタイプもあります。自分で靴ひもを結べないお子さんでもマジックテープなら心配無用!お子さんの足の甲の高さに合わせて微調整もできるのでおすすめです。着脱もラクですよ。
ベルクロタイプのトレーニングシューズ

おすすめのジュニア用サッカートレーニングシューズ

■ミズノ

日本のメーカーだけに、日本人の足の特徴である幅の広さに対応したラインアップが、ミズノのトレーニングシューズやスパイクに共通の持ち味です。

もうひとつ、ミズノの子ども向けシューズ類は、インファント=3歳まで、キッズ=4歳から、ジュニア=7歳以上ときめ細かく対象年齢を分けて品揃えしていることです。サッカーに限らず、これからスポーツを始めようとするお子さんにとって最適の用具を選びやすいミズノの商品ラインアップは嬉しいですね。

イグニタス 4 Jr AS

最初にご紹介するのは、イグニタスシリーズのイグニタス 4 AS ジュニアというモデルです。ボールを蹴る部分に回転をコントロールしやすいパネルを組み込んだミズノのトップモデルです。芝や固い土に対応しています。イグニタスは代表選手クラスのスパイクからジュニア向けトレーニングシューズまで揃う充実のラインアップが自慢です。

[ミズノ]
サッカーシューズ イグニタス 4 Jr AS [ジュニア] (旧モデル)

3,400(税込)
2019年5月30日 11:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
  • メイン素材: 人工皮革
  • ソール素材または裏地: 合成底
  • ヒールの高さ: 2.5 cm
  • 留め具の種類: レースアップ
  • ソールの厚さ:1.5cm

レビュラ V3 AS

もうひとつ、レビュラ V3 AS キッズというモデルもおすすめです。レビュラはスピードとボールタッチに特徴のあるシリーズで、阿部勇樹、岡崎慎司、金崎夢生などの日本代表選手も愛用するブランドです。そのキッズ向けトレーニングシューズということで、16cmから用意されています。靴ひもでなくマジックベルトで締める、ベルクロタイプという点も見逃せないですね。

[ミズノ]
サッカーシューズ レビュラ V3 KIDS AS [キッズ] (現行モデル)

4,320(税込)
2019年5月30日 11:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
  • 靴幅: 3E
  • メイン素材: 人工皮革
  • 表地: 人工皮革/合成繊維
  • ソール素材または裏地: 合成底
  • 留め具の種類: シューレース
  • シューレース
  • スパイクレス/トレーニング

■アシックス

アシックスのスパイクやトレーニングシューズの共通の特徴はワイドラストという構造にあります。前足部を広く取り、中足部から踵にかけては絞るという、日本人に多い幅広の足型の傾向に合わせたシューズ作りをしています。

アシックスはもちろん日本のメーカーで、バレー、バスケット、陸上などで広く親しまれてきたブランドです。元々はオニツカ・タイガーというブランドでした。中足部を樹脂で補強して強度を確保するという構造上の特徴を持つシューズを作っています。

ジュニオーレ 4 TF ジュニア

アシックスのトレーニングシューズとして、ジュニオーレ 4 TF ジュニアをおすすめします。ジュニオーレというシリーズはこれからサッカーを始めようとするジュニア向けに開発されたブランドなので、お子さん用の配慮が満載です。

お子さんの足型を分析して作ったフィット感充分の構造、マジックテープと靴ひもとの併用、屈曲性の高い靴底などにジュニア用の機能が現れています。このモデルは、2017年の9月に発売された新商品で、今までになかったテクノロジーが目を引きます。

[アシックス]
サッカーシューズ JUNIOLE 4 TF TST669

5,832(税込)
2019年11月6日 4:01時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
  • メイン素材: 人工皮革
  • 表地: 人工皮革
  • ソール素材または裏地: 合成底
  • ヒールの高さ: 2 cm
  • ヒールのタイプ: フラット
  • ストラップの種類: 甲ストラップ
  • 留め具の種類: ベロクロ

■アディダス

アディダスはドイツのメーカーとして世界中のスポーツ用品市場に浸透しているメーカーです。普段履き用のスニーカーや、サッカー以外のスポーツでもアディダス製品は沢山あるので、スポーツに詳しくない方でもご存知かもしれません。

アディダスのスパイクは、運動能力の特性に合わせたシリーズを展開している点に特徴があります。トレーニングシューズも同じ系列のモデルが揃っているので、選び方はわりと簡単かと思います。敏捷性を意味するアジリティ、スピード、コントロールなど目指す方向性をイメージして選ぶか、お子さんを指導するコーチに、一度相談してみるのもいいでしょう。運動能力別におすすめのシューズをご紹介しておきます。

ネメシス タンゴ 17.3 TF J

ネメシス タンゴ 17.3 TF ジュニアは高速でのアジリティが持ち味のモデルです。こちらはメッシの使用モデルとしても知られています。

[アディダス]
サッカーシューズ ネメシス タンゴ 17.3 TF J(現行モデル)

4,290(税込)
2019年5月30日 11:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

  • メイン素材: 合成繊維
  • ソール素材または裏地: 合成底

■ニューバランス

ニューバランスは、マサチューセッツ州ボストンに本社があるアメリカのメーカーです。偏平足を矯正するアーチサポートインソールの製造元としてスタートしました。

1930年代からランニングシューズを手掛けていますが、サイズだけでなく、足囲によって選べるウィズサイジングという新しい概念を打ち出したメーカーです。欧米人に比べて足幅が広い日本人のようなタイプにとっては、馴染みやすいシューズを提供してくれます。サッカー用品には2015年から進出しています。

ビザロ V TF ジュニア

ニューバランスのシューズ作りのコンセプトを最も忠実に形にしたモデルと言えるのが、ビザロ V TF ジュニアです。成長過程にあるお子さんの足にマッチした幅広ワイドラストを採り入れて、足入れ感の良さをアピールしています。足の甲を覆っているアッパー部分は人工皮革、靴底にはソリッドラバーを使用して独特の接地感とグリップ感をもたらします。ベルクロタイプで着脱もしやすい注目モデルです。2017年秋冬の新商品です。

new balance(ニューバランス)
VISARO V TF JNR (jsvrvtem)

4,968(税込)
2019年5月30日 11:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
今回はジュニア用のトレーニングシューズの選び方と、ナイキ・アディダス・アシックスなど人気のメーカーの新作やおすすめのシューズをご紹介しました。似ているようで、サッカーのトレーニングシューズとスパイクは機能的にだいぶ違っていて、使い方にも差があることがお分かりいただけたかと思います。しかもジュニア用となると大人用とは異なる特別仕様のトレーニングシューズが揃っています。

トッププレイヤーが使う人気のモデルと同じシリーズも魅力的ですし、あくまでトレーニングシューズの機能に絞って選ぶのも方法です。お子さんの体を無理なく守れるものを選んでくださいね。

■ジュニア用サッカースパイクの選び方&おすすめモデルをチェック

サッカーのジュニア向けスパイクの選び方とおすすめモデル - Best One(ベストワン)
サッカーのジュニア向けスパイクの選び方とおすすめモデル - Best One(ベストワン)>>
サッカーのジュニア向けスパイクの特徴や選び方を、サッカーをよく知らないママ・パパにもわかるよう、やさしく解説します。ジュニア用のスパイクも大人用と同じく、ナイキ、アディダス、プーマ、アシックス、ミズノなどから沢山のモデルが発売されていて、メーカーごとの特色とおすすめのモデルなどもご紹介していきます。

大人用サッカースパイク&トレーニングシューズをチェック

トレーニングシューズ(トレシュー)の選び方とおすすめ人気モデル【ナイキ、アディダス、ミズノ、アシックス、プーマ】 - Best One(ベストワン)
トレーニングシューズ(トレシュー)の選び方とおすすめ人気モデル【ナイキ、アディダス、ミズノ、アシックス、プーマ】 - Best One(ベストワン)>>
サッカーやフットサルで使われるトレーニングシューズは、略して「トレシュー」と呼ばれます。スパイクにはスタッドがあるのに対して、トレシューはスタッドがないという違いがあります。トレシューの選び方と、アシックス・ナイキ・アディダス・ミズノなど人気メーカーのおすすめのモデルもご紹介します。
サッカースパイクの選び方とおすすめ28選|ナイキ・アディダス・ミズノなど - Best One(ベストワン)
サッカースパイクの選び方とおすすめ28選|ナイキ・アディダス・ミズノなど - Best One(ベストワン)>>
サッカースパイクはナイキ・アディダス・プーマなどの海外メーカーから、アシックス・ミズノなどの国内メーカーまで多種多様で迷ってしまいますよね。今回は、サッカースパイクの購入を考えている方のために、その選び方やメーカー別の特性、おすすめのモデルなどの情報をお届けします。

この記事に登場した専門家

スポーツデポ南砂町スナモ店
スポーツ用品なら何でも揃う、20万点の圧倒的な品揃えが自慢の総合スポーツショップ。サッカーや野球といったスポーツから、トレーニング、フィットネス、レジャー、ライフスタイルまで、幅広いジャンルの商品を取り揃えている。豊富な知識を持つスタッフがお客様のスポーツライフをサポートしてくれる。
詳しくはこちら
あなたにおすすめの記事
関連記事