ミネラルウォーターの人気ランキングと自分に合った水の選び方

スーパーやコンビニなどの飲料売り場で見かけるミネラルウォーター。最近は種類も多く、「どれがいいの?」なんて悩んだことはありませんか?今回は人気のミネラルウォーターをランキング形式でご紹介します!

ミネラルウォーターってなに?

ミネラルウォーターの原水は地下水です。汲み上げた地下水に殺菌や浄水を行い、更に成分調整を施したものがミネラルウォーターの定義となっています。この定義は海外では曖昧な部分も多く、殺菌処理の有無の規定も特にありません。しかし、日本では農林水産省によって厳密なガイドラインが定められているので、より安全性が高い水であると言えます。
ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン(1990.3.30)|農林水産省>>

軟水・硬水の違い

硬度

軟水・硬水の違いは硬度の違いです。硬度とは、水1リットルあたりに含まれるカルシウムやマグネシウムの量によって決まります。WHO(世界保健機関)が定める基準では、硬度120mg未満が軟水、120mg以上が硬水になりますが、日本では硬度100mg未満が軟水、100mg以上が硬水と少し差があります。

軟水の特徴

軟水は口当たりがまろやかで飲みやすいのが特徴です。日本の水はほとんどが軟水のため、日本料理に適した水とも言えます。また、マグネシウムなどの含有量が少ないので赤ちゃんが飲んでも安心です。ただし、硬水に比べるとミネラル成分が少ないためミネラル補給には適していません。
ミネラルウォーターを飲む女性

硬水の特徴

硬水はミネラル成分が豊富なため、口当たりがやや重く苦みを感じることがあります。硬水を飲んだ時に違和感を感じた方はこれが原因です。下剤にも使用されるマグネシウムを多く含んだ硬水は、飲むことで消化器系に刺激が与えられ、便秘解消に期待が持てます。日本では特にダイエット中の人に好まれています。
ペットボトルを持つ女性

ミネラルウォーターは赤ちゃんに飲ませてもOK?

ミネラル成分が入っている水は赤ちゃんの胃腸に大きな負担をかける場合があります。マグネシウム含有量の多い硬水は控えるようにしましょう。軟水はマグネシウム含有量が少ないため、赤ちゃんでも安心して飲むことができます。
ミルクを飲む赤ちゃん

人気のミネラルウォーターランキングトップ5!

ミネラルウォーターを飲んでいる20歳~49歳の全国の男女約100人を対象に、普段飲んでいるミネラルウォーターのアンケートを実施しました。気になる結果は?

5位:ネスレ コントレックス

コントレックスはマグネシウムやカルシウムが多く含まれた硬水で、特にダイエット中の人におすすめのミネラルウォーターです。ミネラルウォーターなのでもちろんカロリーはゼロ。続けることで実感できる「7daysチャレンジ」という独自のプログラム紹介もあります。

コントレックス 1.5L×12本 [並行輸入品]

内容量:1.5L×12本
カロリー:100mlあたり 0kcal
女性なら飲んでほしい商品です! 飲み続けることで毎日のお通じを助けてくれるし、お通じが良くなることで、お肌も少しきれいになった気がします。硬水なので最初は飲みにくく感じましたが、慣れた今は普通のミネラルウォーターよりも美味しく感じます!
体にいいと聞き飲みはじめて5年。最初は独特な口当たりでなれなかったけど、毎日飲んでるうちに気にならなくなりました。今では軟水を飲むと物足りないほどです。お通じもよくなり、意識して水を飲む習慣がつきました。
「コントレックス」 7daysチャレンジ | Contrex
「コントレックス」 7daysチャレンジ | Contrex>>

4位:伊藤園 エビアン

ヨーロッパの厳しい基準をクリアした「生きたままの天然水」として、現地では生活水にも使われているエビアンが第4位。カルシウムとマグネシウムをちょうどよいバランスで含んでおり、硬水でありながらも飲みやすいお水です。

伊藤園 Evian(エビアン) ミネラルウォーター 1.5L×12本 [正規輸入品]

内容量:1.5L×12本
カロリー:-
原材料:水(鉱泉水)
商品サイズ(幅×奥行×高さ):32×8.9×8.9cm
喉ごしがすっきりとしていて、冷たくても常温でもからだに染み渡るような感じがするので気に入っています。食事のあとやお風呂上がりなどに冷たいエビアンは欠かせません。風邪で体調不調の時は、常温で枕元に置きいつでものめるようにしています。
日本人には癖があり飲みにくいとされている硬水のミネラルウォーターですが、エビアンは他の硬水のミネラルウォーターよりはるかに飲みやすいと思います。日本人に不足しがちなミネラルがバランスよく摂れると聞き、さらに気に入っています。

3位:大塚食品 クリスタルガイザー

アメリカでもっとも雄大な山のひとつといわれているマウント・シャスタの湧水を採水してできたクリスタルガイザーが第3位にランクイン。徹底された品質管理と日本人の味覚にあったまろやかな口あたりは、海外で採水された水ながら安心して飲むことができます。

クリスタルガイザー 500ml×48本 [並行輸入品]

原材料:水
商品サイズ(高さx奥行x幅):200mmx400mmx500mm
飲みやすい軟水であり、手頃な価格なのでいつも購入しています。夏はもちろんですが冬も冷蔵庫で冷やして飲みます。ペットボトルそのものの容量が軽く、パッケージも剥がしやすいので、飲んだ後の分別とゴミ捨てが楽です。
輸入品のミネラルウォーターは苦手なのですが、クリスタルガイザーは嫌なのどごしもにおいもなく、日本の水みたいにグビグビ飲めます。
クリスタルガイザーは、レモンやベリーなどの炭酸水も発売されているということもあり、興味を持ち始めたことがきっかけで飲むようになりました。 料理などにも使えて便利なので常備しています。後味すっきりで飲みやすいです。

2位:サントリー 南アルプスの天然水

第2位はスーパーなどでもよく見かける南アルプスの天然水。硬度は約30で、ごはんを炊く時やコーヒーを飲む時に使ってもOK。すっきりとした清涼感が感じられるミネラルウォーターです。

サントリー 南アルプスの天然水 550ml×24本 ナチュラルミネラルウォーター

内容量:550ml×24本
カロリー:0Kcal/100ml
原材料:水(鉱水)
商品サイズ(幅×奥行×高さ):280×420×220mm
軟水であること、日本で採水されている安心感、なかでも南アルプスから採水されている点を魅力に感じています。味わいもすっきりしていて私好みです。どこの店舗にも置いてある定番商品のため、いつでも気軽に購入できる銘柄なのも嬉しい。
口をつけた時からわかるすっきりした味わいが好きで飲んでます。希釈するジュースやダシにも邪魔しない味なのもいい!赤ちゃんから飲めることもあり、外での水分補給に安心して子供たちに飲ますことができるのも気に入ってます。今年の夏、南アルプスの天然水を使ってかき氷を作ったのですが、きれいな白いかき氷ができ、子供たちだけでなく家族みんなで楽しんでいます。
様々なミネラルウォーターを飲んできましたが、こちらの南アルプスの天然水が一番口当たりが優しい感じがします。定期便で頼んでいるほど家族みんなが好きなお水です。子どもたちもジュースではなくお水をよく飲むようになりました。一番下の子どもがもうすぐ離乳食を始めるので、ぜひこちらのお水を使いたいと思っています。

1位:コカ・コーラ い・ろ・は・す

厳選された日本全国6ヵ所を水源としているい・ろ・は・すが人気No.1。硬度50mg/l未満なので赤ちゃんのミルクにも安心して使えます。同シリーズにはみかん・りんごなどフレーバーウォーターの種類も多く、その日の気分で選ぶことができるのも嬉しいですね。

コカ・コーラ い・ろ・は・す 天然水 ペットボトル 555ml×24本

内容量:555ml×24本
カロリー:0Kcal
原材料:ナチュラルミネラルウォーター
商品サイズ(幅×奥行×高さ):68×68×209mm
味がとてもクリアで美味しいです。喉ごしすっきりで500mlのペットボトルはすぐに飲み干してしまいます。赤ちゃんのミルクにも使用できるし、小さい子ども達も飲みやすいので、我が家の子ども達も好んで飲んでいます。
フレーバーが多彩で、気分に合わせて選ぶことができるのが嬉しい。私が特に好きなのがみかんです。透明なのにさわやかなみかんの風味が抜けていくのがたまりません!飲み終わった後も簡単に小さくつぶせるので、近くにゴミ箱がない時もカバンの中で邪魔にならず便利です。
ミネラルウォーターなんて買ったことがなかったんですが、突然ミネラルウォーターが飲みたくなり買ってみました。飲んでみて明らかに水道水との違うことにビックリ!何で今まで飲まなかったのかと思いました。とてもさらっとしていて、嫌なにおいもせずやみつきになります。水道水をあまり飲まなくなりました。

一度飲んだらハマるかも?ご当地ミネラルウォーター

ベスト5にラインクインはならなかったものの、その地域ではよく知られているおすすめのミネラルウォーターもご紹介します。

財宝

鹿児島県にある活火山・桜島のエネルギーをたっぷりと蓄えた天然のミネラルウォーター。一般的な日本の軟水硬度が20~100mg/lに対し、財宝は4mg/lでとてもまろやかで飲みやすく、料理やペットのお水などにも最適です。

財宝 天然 アルカリ 温泉水 2L×12本

天然アルカリ温泉水 財宝 [2L×12本]
賞味期限:製造日から未開封で2年
九州に住んでいた友人にすすめられてから鹿児島県の財宝を飲んでいます。とてもまろやかなので飲みやすく、すぐにお気に入りになりました。 東京に住んでいるのになぜ財宝を知っているの?と九州出身の方との話題のひとつにもなっています。

釜石鉱山株式会社 仙人秘水

仙人秘水は、加熱処理や殺菌など人的処理を一切加えず、天然の湧水をそのままボトリングしています。日本では数少ない弱アルカリ性のミネラルウォーターでもあります。
岩手県釜石鉱山坑道内地底600mに湧く天然弱アルカリ性の軟水です。 加熱殺菌を行わず自然のままらしいので、癖がなく非常に飲みやすいです。 知人からいただいたのがきっかけで、今は定期的にケース単位で購入しています。

岩泉産業開発 龍泉洞の水

名水百選に選定され、2017年にはモンドセレクション最高金賞を受賞した龍泉洞の水。軟水ながら国内随一のカルシウム量を含んでおり、天然ミネラルをそのまま摂取できるミネラルウォーターです。
岩手県岩泉町にある龍泉洞という三大鍾乳洞で採水された、ドラゴンブルーと言われているほど綺麗な源泉水です。喉ごしから飲みやすさまでとてもおすすめです。

お気に入りのミネラルウォーターを見つけよう

ミネラルウォーターと一言で言っても、硬度や製造過程の差によって口当たりや含まれるミネラルの量が大きく変わってきます。料理やペットの水、赤ちゃんのミルクなど、目的に合わせて変えてみるのも良いかもしれません。比較的安価なものが多いので、色々試してみて、自分にとって飲みやすい1本を見つけてくださいね!