寝室用加湿器のおすすめ人気ランキング10選|静音性の高いものから雑菌対策まで!

冬場やエアコンを常用している環境にあると気になるのが乾燥です。乾燥対策なら加湿器がおすすめですが、最近では様々なメーカーから出ているためどれを購入したら良いか迷うところです。ここでは静音性や雑菌効果などの機能に注目しつつ、人気の加湿器をランキング形式でご紹介していきます。

失敗しない!これだけチェック!

まずは加湿器にどのような機能があり、どのような加湿器を選べば失敗しないのかについて解説していきます。

スチーム式|雑菌が増えにくくお手入れ楽々!

加湿器にはいくつかのタイプがありますが、中でもスチームはオーソドックスな加湿方法です。スチーム式は、蒸気を作るためにお湯を沸かすので雑菌が増えにくく、お手入れが楽なのが特徴です。使いやすいため人気のタイプですが、熱い蒸気が吹き出すために小さなお子さんがいる場合は注意しましょう。

気化式|消費電力が低く、結露しにくい

気化式は消費電力が低いため、夏場に常時エアコンを起動させて乾燥している部屋でも電力を低く抑えられる他、室温を下げる効果があります。過剰に加湿しすぎるということがないため、湿気がこもりやすい和室にぴったりです。注意点はフィルターをまめにお手入れしなくてはならないことです。

ハイブリッド式|高い加湿力が自慢!スチーム式より電気代が少な目

ハイブリッド式|高い加湿力が自慢!スチーム式より電気代が少な目
出典:Amazon
加湿器の中でも人気はスチーム式ですが、スチーム式には電気代がかかるというデメリットがあります。ハイブリッド式はスチーム式より電気代を抑えることができ、スチーム式と同様菌が繁殖しにくいです。水を浸透させたフィルターに温風をあてることで気化させるため、加湿効果が高いのも特徴です。

超音波式|静音性が高く、高温にならなくて安全

アパートなどの防音性が低い集合住宅や賃貸では、ちょっとした生活音がご近所トラブルに発展する可能性もあります。静音性が高い加湿器をお求めなら、超音波式が良いでしょう。超音波式は超音波の振動で水をミスト状にして散布します。高温になることもないため子どもがいても安心して使えます。おしゃれなデザインも多いです。

機能|タイマー機能付きや静音運転モード付きで、就寝中も安心

寒い冬場は眠る時もエアコンをつけているため、就寝中も加湿器を稼働させることが多いでしょう。しかし、朝まで付けっぱなしでいるとタイマーによってエアコンが止まった後も加湿器だけ稼働し続けるため、朝には部屋に湿気が充満してしまいます。就寝時も稼働させるなら、タイマーが付いているものや、静音性が高く静かなものがおすすめです。

寝室用加湿器の人気ランキング

加湿器には様々なタイプがあり、それぞれのメリット・デメリットや選び方について解説してきました。次からはおすすめの加湿器をご紹介していきますので、商品選びの参考にしてください。
型番:KC-MH-023

KEECOON
超音波式加湿器

7.5Lの大容量なら給水の手間が少ない

この商品は細長い形なので省スペースな上、上部から水を注ぐことができるので給水の手間が非常に少ないのが特徴です。また給水タンク自体も7.5Lと大容量なので、一度の給水で長時間稼働します。加湿器を使用する上で気をつけたいのは空焚きですが、空焚き防止機能がついているので安心です。
消費電力 28w
静音
加湿目安
型番:TT-AH014

TaoTronics
超音波加湿器

お手入れしやすく、お部屋が湿気で結露しにくい

加湿器を稼働し続けると気になってくるのが、室内に発生する湿気です。加湿器を稼働した後は、部屋のあちこちが濡れていることも少なくありませんが、元々が縦長のデザインなのと、高さ60センチのミストで広く加湿して、お部屋が濡れてしまうのを防ぎます。
消費電力 24w
静音
加湿目安 約6~18畳
型番:EE-RN50-WA

象印
スチーム式加湿器 ホワイト

自動加湿機能と清潔なスチームで部屋を加湿

象印のスチーム式加湿器は、水を沸騰させることで発生する清潔な蒸気でお部屋を加湿する加湿器です。最近では多くのメーカーからデザイン性を追求した加湿器も販売されていますが、象印の加湿器はシンプルなデザインだからこそ使いやすく、お手入れもしやすい、実用性の高いつくりです。
消費電力 湯沸かし立ち上げ時 985w加湿時 410w
静音 ×
加湿目安 木造和室 8畳集合住宅・プレハブ洋室 13畳
型番:GH2123

B&G
卓上アロマ加湿器

アロマディフューザーにもなる木目がオシャレな卓上加湿器

職場やサイドボードに置いておけるサイズの卓上加湿器なら、この商品がおすすめです。木目調の土台にランプのような本体が乗ったオシャレなデザインなのでインテリアに調和するデザインです。加湿タイプは超音波式で、水を微細な粒子に分解することで室内へ放出して空気を潤します。
消費電力 12w
静音
加湿目安
型番:HD-9017-W

ダイニチ
ハイブリッド式加湿器

静音性が高い国産の加湿器

設計から組み立て、検査まで全てがしっかりとした品質管理を受け、新潟の工場で造られているので非常に質が高いです。また静音性は業界トップで、リビングで使用できるのはもちろん、寝室で使用しても加湿器の稼働音で眠りを妨げられることがありません。
消費電力 標準 470W静音 283W
静音
加湿目安 木造和室 14.5畳プレハブ洋室 24畳
型番:TT-AH017

TaoTronics
気化式加湿器

手軽にお手入れができる省エネ&均等加湿の加湿器

上から給水をするのでお手入れが楽ちんな上、吸水口が広くとられているので水の滴りが少なく、掃除がしやすいのが特徴です。また気化式のため、部屋をまんべんなく潤すことができます。ウィックフィルターによって99.9%の雑菌を除去できるので清潔な状態を保てます。
消費電力 15W
静音
加湿目安 5~12畳
型番:HB-T1825BR

スリーアップ
ハイブリッド加湿器 NEWスクエアミスト

ヒーターで加熱した温かいミストで加湿する

超音波式を基に、ヒーターの搭載で熱した水を超音波の振動により温かい微細なミストにするため、お部屋の温度を下げません。室温を下げたくない冬場にぴったりの加湿器です。またタンクが大容量なので、最大12時間の長時間運転が可能です。
消費電力 125w
静音 ×
加湿目安
型番:P1SHYJSQB

Joyhouse 超音波式卓上アロマ加湿器

持ち運びができる卓上アロマ加湿器

大容量のタンクが売りの加湿器は長時間運転ができるかわりにどっしりとしていて、持ち運びがたいへんです。対してこの商品はは掌にのるサイズなので持ち運びが容易で、静音性も高いため、昼間は卓上加湿器として使い、夜はサイドボードに置いて空気を潤すという使い方ができます。
消費電力 2.5w
静音
加湿目安
型番:V750

ヴィックス
加湿器 スチーム式

VICKSとKAZ社のコラボによって誕生した加湿器

VICKSといえばのど飴で有名ですが、そんなVICKSとKAZ社がコラボで生み出したスチーム式の加湿器です。温かな蒸気を放出するスチーム式なのでお部屋の温度はそのままに、空気を汚さず潤してくれます。稼働時間も長く、「強」では約12時間、「弱」ならなんと約26時間も稼働できます。
消費電力 強 260W弱 130W
静音 ×
加湿目安 木造 ~5畳プレハブ洋室 ~8畳
型番:KC-H50-W

シャープ
プラズマクラスター 7000

おまかせ運転で風量と加湿を自動で調節

加湿器の定番であるシャープのプラズマクラスターは、おまかせ運転機能を搭載しています。おまかせ運転ではセンサーが自動で空気の状態をチェックし、風量や加湿を調整してくれるため、常に快適な状態を維持することができます。また花粉運転ではセンサーの感度を上げることで素早く検知し、強さを自動で調節します。
消費電力 最大約54w
静音
加湿目安 木造和室 ~8.5畳プレハブ洋室 ~14畳木造和室 ~8.5畳

商品比較表

商品画像
シャープ
ヴィックス
スリーアップ
TaoTronics
ダイニチ
B&G
象印
TaoTronics
KEECOON
商品名 プラズマクラスター 7000 加湿器 スチーム式 Joyhouse 超音波式卓上アロマ加湿器 ハイブリッド加湿器 NEWスクエアミスト 気化式加湿器 ハイブリッド式加湿器 卓上アロマ加湿器 スチーム式加湿器 ホワイト 超音波加湿器 超音波式加湿器
特徴 おまかせ運転で風量と加湿を自動で調節 VICKSとKAZ社のコラボによって誕生した加湿器 持ち運びができる卓上アロマ加湿器 ヒーターで加熱した温かいミストで加湿する 手軽にお手入れができる省エネ&均等加湿の加湿器 静音性が高い国産の加湿器 アロマディフューザーにもなる木目がオシャレな卓上加湿器 自動加湿機能と清潔なスチームで部屋を加湿 お手入れしやすく、お部屋が湿気で結露しにくい 7.5Lの大容量なら給水の手間が少ない
消費電力 最大約54w 強 260W弱 130W 2.5w 125w 15W 標準 470W静音 283W 12w 湯沸かし立ち上げ時 985w加湿時 410w 24w 28w
静音 × × ×
加湿目安 木造和室 ~8.5畳プレハブ洋室 ~14畳木造和室 ~8.5畳 木造 ~5畳プレハブ洋室 ~8畳 5~12畳 木造和室 14.5畳プレハブ洋室 24畳 木造和室 8畳集合住宅・プレハブ洋室 13畳 約6~18畳
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
寝室用におすすめの加湿器をランキングでご紹介しました。加湿器はタイプによってメリット・デメリットが存在します。それぞれの特徴を理解した上でどのタイプを購入するのかを決め、静音性やお手入れのしやすさ、タンクの容量などを比較すると良いでしょう。今回ご紹介した製品はいずれもおすすめのものばかりなので、今後の商品購入の参考にしていただければ幸いです。
おすすめ記事