火消し壺のおすすめ人気ランキング9選|BBQの後片づけに重宝!

バーベキューを楽しんだ後片付けの中でも、特に大変なのが炭の処理です。火消し壺があれば、そこに炭をいれてフタをしておくだけで安全に炭の火を消すことが出来ます。火消し壺に入れておいた炭は、「消し炭」という火が付きやすい炭になり、再利用できます。バーベキューを頻繁にする方は持っておいて損はないバーベキュー用品です。

失敗しない!これだけチェック!

火消し壺を選ぶにはどんな点に注意すればいいのか、チェックしておきたいポイントをご紹介します。

仕様|しっかり密閉できるフタロック式が安心

空気を遮断することで、安全にゆるやかに炭の火を消すことができる火消し壺は、フタをきっちりできるかがポイントです。スクリュータイプのフタなら誰でも簡単に密封できるので安心です。ロック機能があればすぐにはフタがとれないので、車での移動など絶対に炭をこぼしたくない場面にも安心です。

素材1|女性でも持ち運びやすい!軽量なアルミ、スチール

素材1|女性でも持ち運びやすい!軽量なアルミ、スチール
出典:Amazon
アルミやスチールなどの金属製のものは、軽く女性でも簡単に持ち運ぶことができます。しかし、熱伝導率が良い分、外側に熱が伝わってしまうので、やけどなどに気を付けましょう。やけど防止のためにも持ちやすい取っ手がついているものを選ぶのが安全でしょう。脚がついているものなら、芝生や床にも安心して置くことができます。

素材2|耐久性はステンレス、趣のある陶器もおすすめ

陶器のものは重さがある分、安定感があり、容量が大きいものが多いのです。 庭に置いたままにしておけるのでホームペーティーのようにお庭バーベキューをよくする方におすすめです。ヒビが入ると気密性が悪くなり、消火できなくなるので注意です。火消し壺をよく使う方は、耐久性の高いステンレス製が長期間、安心して使えます。

火消し壺の人気ランキング

ここからは、火消し壺の人気ランキングをご紹介します。素材や大きさなどをチェックしながら、使いやすい火消し壺を見つけましょう。

KANEYOSHI
炭火消

頑丈な三河焼で長く使える火消し壺

通常より低い800℃で焼き上げることで、変形しにくく、強い火消し壺を実現しました。カラーバリエーションも豊富にあり、いぶし、ブラウン、ブルー、ブラックの4色の中から、お好みの色を選べます。サイズ展開は大・中・小の3種類があり、入れる予定の炭の容量で選ぶことができます。
サイズ(cm) 約24cm×約20cm
重量(kg) 約4.8kg
素材 三河土

KANEYOSHI
火消壺

豊富なサイズ展開で、大々サイズまである火消し壺

丸いフォルムがどこか懐かしさを感じさせる夏目型の火消し壺です。21cm×17cmの小さめのサイズのものから、27cm×22cmの大々サイズまで揃ったサイズ展開が魅力です。大々サイズなら、大量の消し炭を作ることもできるので、大人数でのバーベキュー後でも安心です。大容量のものなら前のものが残っていても足しながら使えます。
サイズ(cm)
重量(kg)
素材

クオルツ
ステンレス炭火火消し壷

錆びにくいステンレス製で長期間使える火消し壺

ステンレス製なので、錆びにくくお手入れが簡単です。ロック付きなので移動させたい場合にも、安心して持ち運べます。2時間程度で約2kgの炭を消すことができます。取っ手と脚がついているので、場所を選ばず置くことができ、持つ時も温度を気にせず取っ手で持ち運びが可能です。
サイズ(cm) 20×18cm
重量(kg) 830g
素材 ステンレス

ユニフレーム
火消し壺

水切りカゴで、水をかけての消火もできる火消し壺

炭を水切りカゴに入れて、水をかけて消火すればすぐに火が消えて、温度も上がらないので簡単に片づけることができます。3つのロック機能付きで、火消し壺が転がって炭や水がこぼれてしまう心配もありません。フタ裏にはゴムパッキン付きで空気を逃がさず、しっかりと消火することができます。
サイズ(cm) 18×18cm
重量(kg) 1.7kg
素材 ステンレス鋼
型番:MK-1474

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
火消しツボ 和膳亭

和風テイストで室内にも置けるデザイン性

趣のある和風テイストの火消し壺です。高級感のある程よい艶で、囲炉裏などに使った炭を消すために室内に置いていても違和感がありません。火がついたままの炭を入れてフタをしておくと、消し炭の完成です。陶器製なので、外に熱が伝わりにくく、室内でも安心して使用することができます。
サイズ(cm) 16×13cm
重量(kg) 1.0kg
素材 陶器

ロゴス(LOGOS)
ポータブル 火消し壺

コンパクトで持ち運びやすい火消し壺

フタはロック式で、簡単に密封できるので、女性でも簡単に炭を消火することができます。本体の素材がアルミ製で軽いのも特徴です。底の部分にカバーがあるので、地面部分に熱が伝わりにくく、芝生や室内、車内など、どんな場所にも安全に置くことができます。寝かせておいても、取っ手部分がストッパーになって転がりません。
サイズ(cm) 17×21.8cm
重量(kg) 1.5kg
素材 アルミ
型番:M-6627

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
バーベキュー用 火消しつぼ アルスター

高さのあるスタンド付きで、芝生でも気兼ねなく置ける火消し壺

別についたスタンドに置くことでより安全性を高めることができる火消し壺です。スタンドは、消火後、フタの上部につけてネジで止めることで、よりフタを固定することができます。アルスター鋼板を使用しているので、とても軽量で持ち運びやすいのが特徴です。フタのつまみが木製になっているので、熱くなりません。
サイズ(cm) 外径21×高さ22.5cm
重量(kg) 1kg
素材
型番:HOT-150

グリーンライフ(GREEN LIFE)
火おこし兼用火消しつぼ

煙突構造で、火おこしもできる火消し壺

上下どちらにもフタがついた形の火消し壺です。火消し壺内に炭を入れた状態でバーベキューコンロの上にフタを外して置くと、煙突効果で簡単に、そして素早く炭に火をつけることができます。片付ける際には、下の部分にフタを付けて、炭をいれて上部のフタをすれば、安全に消火できます。
サイズ(cm) 15×25cm
重量(kg) 約1kg
素材 スチール
型番:M-6625

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
大型火消し壺 火おこし器セット

サイズが大きく、たくさんの炭にも対応できる火消し壺

火消し壺の中に、火おこしできる火おこし器が入っています。大きめのサイズなので、大人数でのバーベキューの時に重宝します。スタンドはフタに固定することで、使わない時にはコンパクトに収納できます。煙突効果で、火が付きにくい備長炭も簡単に着火できるので、バーベキューがより一層気軽にできます。
サイズ(cm) 21.5×20×29cm
重量(kg) 1.7kg
素材 亜鉛めっき鋼板、スタンド&ハンドル&つまみ/鉄

商品比較表

商品画像
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
グリーンライフ(GREEN LIFE)
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
ロゴス(LOGOS)
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
ユニフレーム
クオルツ
KANEYOSHI
KANEYOSHI
商品名 大型火消し壺 火おこし器セット 火おこし兼用火消しつぼ バーベキュー用 火消しつぼ アルスター ポータブル 火消し壺 火消しツボ 和膳亭 火消し壺 ステンレス炭火火消し壷 火消壺 炭火消
特徴 サイズが大きく、たくさんの炭にも対応できる火消し壺 煙突構造で、火おこしもできる火消し壺 高さのあるスタンド付きで、芝生でも気兼ねなく置ける火消し壺 コンパクトで持ち運びやすい火消し壺 和風テイストで室内にも置けるデザイン性 水切りカゴで、水をかけての消火もできる火消し壺 錆びにくいステンレス製で長期間使える火消し壺 豊富なサイズ展開で、大々サイズまである火消し壺 頑丈な三河焼で長く使える火消し壺
サイズ(cm) 21.5×20×29cm 15×25cm 外径21×高さ22.5cm 17×21.8cm 16×13cm 18×18cm 20×18cm 約24cm×約20cm
重量(kg) 1.7kg 約1kg 1kg 1.5kg 1.0kg 1.7kg 830g 約4.8kg
素材 亜鉛めっき鋼板、スタンド&ハンドル&つまみ/鉄 スチール アルミ 陶器 ステンレス鋼 ステンレス 三河土
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
今回は、おすすめの火消し壺をご紹介しました。重厚感のある陶器製のものから、持ち運びやすいスチール製やアルミ製のものまで、さざまなな種類がありました。自宅で使うのか、キャンプなどの場所で使用するのか。どこで、どんな風にバーベキューをするのかを考慮しながら、火消し壺を選びましょう。
登山・トレッキング・クライミングランキング