用途別!カメラ・ドラレコ用のSDカードの選び方とおすすめ12選を紹介

SDカードは私たちの生活に一番身近なメモリー関連商品。その容量も種類も多様化し、ハードウェアの進化と共にSDカードもその用途や裾野を広げてきました。今回はそんなSDカードのおすすめ12アイテムを紹介します。

SDカードのタイプを紹介!サイズは3種類

パソコン専門店 ドスパラ
3
SDカードはもはや私たちの生活には必需品。極端なことを言えば、機械が全くダメな人でもこのカードの存在くらいは知っているかと思います。

最近ではドライブレコーダーなどにも使われ、自動車事故の際は有力な証拠になったり、たまたま捉えた事故や災害映像がテレビで使用されたりと、SDカードが果たしてくれる役割もここ数年で激増しました。

そんなSDカードは2000年代初頭の販売開始以来、メインのSDカードを始め、現在まで3種類がラインナップされていて、それぞれ大きさや容量などに大きな違いがあります。

SDカード

sdカード
3種全ての大もととなる「SDカード」は、1999年に現Panasonicの松下電器産業と現Western Digitalのサンディスクと東芝の3社によって共同開発され、独善的ガラパゴスの象徴でもあったSONYのメモリースティックのシェアまでもあっさりと奪い、現在はキング・オブ・記録メディアとして君臨しています。 

初めは数十メガバイトだったSDカードも現在はギガバイトの容量が当たり前になり、最大のものでは512GBと、いずれはテラバイトの製品が市場に出回るのも時間の問題でしょう。

miniSDカード

minisdカード
miniSDカードは文字どおりSDカードの小型版で、米国の大手半導体メーカー「SanDisk」が2003年に発表。2007年にmicroSDがトップシェアに君臨するまではSDカードをも上回ったものの、現在は準絶滅危惧種的な位置にあります。

ただし、ほとんどのモデルはSDカードアダプターも同梱で販売されているので、既存ユーザーが使用できなくなるということはありません。

MicroSDカード

mcrosdカード
microSDカードが現在の地位に就くことができた一番の要因はスマートフォンの普及でしょう。またmicroSDカードはminiSDカードのようにアダプターが同梱で販売されているものが多いので、miniSDやSDカードのスロットルに挿して使用することもできます。

その小指の爪ほどもない小さい筐体を活かし、スマホの他にもドライブレコーダーやセキュリティーカメラをはじめとした各種記録機器などにも大活躍している、まさに現代の記録メディアのスタンダードです。
カメラ・ドラレコなど用途別SDカードの選び方とおすすめ12選
カメラ・ドラレコなど用途別SDカードの選び方とおすすめ12選>>
SDカードは私たちの生活に一番身近なメモリー関連商品。その容量も種類も多様化し、ハードウェアの進化と共にSDカードもその用途や裾野を広げてきました。今回はそんなSDカードのおすすめ12アイテムを紹介します。

容量の大きさは3種類!

SDカード

最もベーシックなSDカードは規格としての最大容量が2GBとなっているため、スタンダードタイプのSDカードでは2GBが最大容量として販売されています。

SDHCカード

2006年、デジタルカメラの高画素化などに伴ってそれまでの2GBではメモリの容量が到底足りなくなり、そこで開発されたのが32GBまで容量がアップされたSDHC規格のSDカードです。

スタンダードのSDカードと一見同じ大きさですが、その中身を紐解いてみると、これだけ容量を上げるために、素人の我々には考えも及びもつかないような開発技術者の血と汗が詰まっているのです。

SDXCカード

SDHCから2年後の2009年、デジタルカメラはもはや1,000万画素越えが当たり前の時代を迎え、SDHCの32GBでさえ小容量と捉えられるようになりました。より大容量のSDカードの開発が必要となり、登場したのが理論上の最大値で2TBまで可能、かつ高速データ転送も可能なSDXCカードです。

しかし最大上限の2TBが実用に達するためには、あとわずかの技術革新が必要で、2018年現在販売されている最大容量は「512GB」となっています。

必要な容量の目安は?

ドライブレコーダーの記録用には?

ドライブレコーダー
ドライブレコーダーは運転中の車外の映像を繰り返し撮り続ける機器。無人で駐車している車の車内というのは、夏はオーブントースター、冬はアイスボックス状態。また、動いていれば振動も発生します。

ほとんどのドライブレコーダーがそのような過酷な環境下で耐えられるよう設計されていますが、肝心な記録を行うSDカードにも高耐久のものを求めなければなりません。

繰り返し録画を行うドライブレコーダーの特性上、記録時間が長いに越したことはないので、12,000時間は撮れる64GBのものが適当で、実際に64GBのものが売れています。

カメラで写真撮影用には?

カメラ
使用するカメラの画素数にもよりますが、スマホでさえ1,000万画素越えが当たり前のこの時代、ましてやミラーレス一眼の発達には目を見張るものがあるので、最低でも「32GB」、 旅行などで安心して写真をたくさん撮りたい場合は「128GB」は欲しいところです。

ただし、128GBをフルに満たす前に確実に電池の方が切れるので、予備の電池はマストですよ。

ラズベリーパイに使うには?

ラズベリーパイ
手軽に自作コンピューティングを楽しめるラズベリーパイ。値段も安いことから、ジャンクパソコンを作ったり、CPUを活用したアイデア商品を作ったりと、一部マニア向けのニッチなデジタルガジェットでしたが、今や販売後に即完売というほどの人気を博しています。

そもそものコンピュータスペックが低いので、デジタル一眼に用いるようなハイスペックなSDカードは必要ありませんが、余裕を持つに越したことはないので、SDHCで16GBは欲しいところです。

転送速度にも注目!

転送速度が最も欲しいデジタルガジェットといえばデジタル一眼カメラやデジタルミラーレス一眼ではないでしょうか。大容量かつ高速仕様のプレミアムなSDXCカードを購入してカメラに挿入したとしてもカメラ側がその速さに対応していなければ宝の持ち腐れとなってしまいます。

最新のデジタルミラーレスであれば問題はありませんが、デジタルカメラもフルHDムービーや4Kカメラも、必ず説明書でどのようなSDカードに対応しているかを確認してください。SDカードには「UHS」というスピード規格があり、最速の「UHS-class3」というSDカードを買ってもカメラ側が「対応クラス:UHS-Class1」となっていればオーバースペックということになります。

このことから、以下を参考にしてください。

デジタルカメラの場合

カメラマン
デジタル一眼などスチール(静止画)カメラ向けのSDカードを買う際は、パッケージに記載してある「読取り」と「書込み」速度に注視してください。「書込み」速度が遅いと"連写"をした際などに、サクサクと軽快に撮ることができません。ここの数値は速ければ早いほど高レスポンスな撮影ができます。

また、「UHS」のスピード規格も最近の中級クラス以上のカメラであれば大概UHS-CLASS3に対応しているので、「UHS-CLASS3」で95MB/sのものを買っておけばカメラの性能を最大級に楽しむことができます。

ムービーの場合

hdcm
最近はデジタルカメラでも4K動画が撮れるのが当たり前になりましたが、デジカメもムービー専用機も、フルHD及び4K動画を美しく撮るためにはSDカードの"SPEED CLASS"に注視し、「SD CLASS10」と「UHS-CLASS3」の基準でSDカードを購入することをおすすめします。

また、「読出し270MB/s,書込み260MB/s」とデータ読み書きに最速のものを選べば、よりスムースでクオリティーの高い4K撮影を行うことができます。

ドライブレコーダー用おすすめのSDカード3選

型番:TS64GUSDXC10V

Transcend
microSDXCカード

MLCフラッシュ搭載!64GBモデル

製品自体が「ドライブレコーダー向け」を謳っているトランセンドのmicroSDカードはまさにドラレコ向きの超耐久仕様。その耐久温度は-25℃から85℃!夏の車内の超高温にも耐え、常に風雨にさらされる市街地の防犯カメラや監視カメラの使用にも耐える実にタフネスなSDカードです。本製品は64GBのたっぷり容量なので12,000時間のフルHD録画が可能です。さすがのトランセンド、コスパ最高です。
型番:SDSQQND-064G-JN3ID

SanDisk
microSDXC 64GB Class10

長時間録画のフルHD用向け

品質に関しては右に出る者なしのサンディスクも高耐久のドラレコ向けmicroSDカードを出しています。耐衝撃、耐温度-25度~+85度という極限の状態で幾度もテストされ、いかなる状況下でもフルHDを録画し続ける性能を証明し、各国の政府系機関などをはじめ、多の人々から支持を得ています。

シリコンパワー
microSDXC

高耐久でドラレコ専用!高パフォーマンスで高品質

トランセンドと同じく台湾のメーカー「シリコンパワー」の販売するmicroSDも高耐久ドラレコ仕様。ECCというデータ転送時のエラー補正機能が付いているので万が一の時も安心です。トランセンドよりもさらに価格も抑え、性能は同等。それにしても台湾、IT産業がものすごく盛んなのですね。

商品比較表

商品画像
シリコンパワー
SanDisk
Transcend
商品名 microSDXC microSDXC 64GB Class10 microSDXCカード
特徴 高耐久でドラレコ専用!高パフォーマンスで高品質 長時間録画のフルHD用向け MLCフラッシュ搭載!64GBモデル
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

SDカードを使用するドライブレコーダーを紹介

ドライブレコーダー用SDカードを使用できる、人気ドライブレコーダーを多数紹介。購入がまだという方はぜひ記事を参考にして、自分に合った商品を選んでみましょう。

最新版!ドライブレコーダー人気ランキングを紹介

【2019年最新】ドライブレコーダーランキング人気15選|徹底比較!おすすめの前後や360度タイプ - Best One(ベストワン)
【2019年最新】ドライブレコーダーランキング人気15選|徹底比較!おすすめの前後や360度タイプ - Best One(ベストワン)>>
事故防止やあおり運転、駐車監視に役立つドライブレコーダー。販売されているタイプは多数あり、それぞれメリットに違いがあります。今回、違いをふまえた選び方ができるようまとめてみました。取り付け方や人気のステッカーもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

カメラ用おすすめのSDカード3選

型番:SDSDXPK-064G-EPK

SanDisk
エクストリーム プロ 64GB

読み取り速度と書き込み速度が高速仕様!

中級クラス以上の一眼レフやミラーレス上級モデルを使う人におすすめしたいのが、読取り最大300MB/秒、書込み最大260MB/秒を誇るSanDiskの「エクストリーム プロ」。その名の通り、プロが信頼するに値する商品で、エクストリームプロを使う人皆が「間違いのない仕事をしてくれる」と評します。もちろん、4K動画などムービーにも最適なハイスペックSDカードです。

Kingston
SDカード 256GB SDXC

高解像度4Kビデオ対応!高速撮影も可能で容量も◎

パッケージに気品漂うキングストンのSDカードですが、その実力はまさに「キング」と呼ぶにふさわしいもの。書き込み速度も80MB/sと速く、ストレスフリーで高画素連写が楽しめます。256GBという大容量はまさに高画素数を誇るフルサイズデジタル一眼で使用してこそ、その醍醐味を味わえます。容量と価格、性能と価格、どちらをとってもコスパに優れたプロ用SDカードです。

TOSHIBA
FlashAir W-04

無線転送速度が進化!写真をシェアする方向け

今や販売されているミラーレスのほとんどにWi-Fi機能が付いてますが、デジタル一眼レフに関してはまだWi-Fiの搭載されていない頃のモデルを愛用しているユーザーも多くいます。そんな人たちにとっては愛用の一眼レフとスマホを繋げてくれるこのFlash Airはまだまだ重宝するアイテムとして、実はまだまだ売れているのです。発売された当初もセンセーショナルでしたが、発売から時を経た今、まるでSanDiskが出すハイスペックSDカードかのような高速モデルに進化を遂げました。東芝の技術と努力に心から拍手です。

商品比較表

商品画像
TOSHIBA
Kingston
SanDisk
商品名 FlashAir W-04 SDカード 256GB SDXC エクストリーム プロ 64GB
特徴 無線転送速度が進化!写真をシェアする方向け 高解像度4Kビデオ対応!高速撮影も可能で容量も◎ 読み取り速度と書き込み速度が高速仕様!
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

動画撮影用おすすめのSDカード3選

型番:SDSDXPK-128G-EPK

SanDisk
エクストリーム プロ

画質がシネマ並!高画質でプロ仕様

300MB/s USN 3 CLASS10というスペックは動画、特にフルHDや4Kを撮る際にどれだけ強力なスペックかということは、ムービーカメラマンなら一目瞭然でわかるはずです。しかもSanDiskのメモリですから、そこに収まった作品に関しては「確かな信頼」というプロテクションがもれなくついています。128GBという容量も長編を撮るムービーには最適ですね。

Transcend
SDXCカード 64GB

防水仕様!静電気や衝撃にも強い丈夫さ

コスパの王者「トランセンド」。UHS-II U3対応で最大書込速度180MB/sはまさに4Kを撮るためのスペックと言えるこのSDカードも、お財布に優しいハイコストパフォーマンスはトランセンドならでは。最近はお手頃ミラーレス一眼でも4K動画が撮れるので、まさに入門者にとっては最高のアイテムではないでしょうか。
型番:LSD64GCRBJPR2000R

Lexar
Lexar Professional

ファイル転送が高速でできるカードリーダが付属

多くのプロクリエイターを唸らせてきたレキサーのメディア。U3 300MB/s 2000xというモンスター級の速さが4Kムービーを強力にサポートします。さすがに4K長時間撮影はSDカード自体が熱を持ちますが、全く気にしなくて大丈夫!本製品はレキサーが誇る高耐久仕様です。便利なUSBアダプターもついて来ます。

商品比較表

商品画像
Lexar
Transcend
SanDisk
商品名 Lexar Professional SDXCカード 64GB エクストリーム プロ
特徴 ファイル転送が高速でできるカードリーダが付属 防水仕様!静電気や衝撃にも強い丈夫さ 画質がシネマ並!高画質でプロ仕様
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

ラズベリーパイ使用おすすめのSDカード3選

NewLife NewDesing
Raspberry Pi スターターセット

ヒートシンクが同梱!発熱が心配の方向け

本製品は世界中のプロが愛用するサンディスクのMicroSDにラズベリー財団が提供する最新NOOBSがセットアップしてあるので、オフライン環境でラズビアンをセットアップできる、まさにラズベリーパイのためのSDカードです。

loverpi
loverpi 128 GB

PC接続時のSDアダプタ付き!初心者でも扱いやすい

「LoveRPi」という、いかにもラズベリーパイ専門といった感じですが、オープンソース向けのユニークな商品をたくさん作っている米国ニュージャージーのメーカーさんです。このロゴのハートが可愛いSDカードもジャージー流の茶目っ気なのでしょうか、無機質なパッケージばかりのSDカードにしては珍しい雰囲気を醸し出しています。ラズベリーパイでの使用もとても快適で、見た目の印象とは逆に、シュアーな動きをしてくれるSDカードです。

Raspberry Pi
element14

NOOBSインストール済み!16GBでアダプタ付き

ラズベリーパイを製作しているメーカー「element14」が出す、まさに"純正"のSDカードで、RaspberryPi OS Noobsがインストール済。やはり純正は純正たる所以、このSDカード一つで手間もかからず簡単軽快にラズベリーパイを使うことができます。

商品比較表

商品画像
Raspberry Pi
loverpi
NewLife NewDesing
商品名 element14 loverpi 128 GB Raspberry Pi スターターセット
特徴 NOOBSインストール済み!16GBでアダプタ付き PC接続時のSDアダプタ付き!初心者でも扱いやすい ヒートシンクが同梱!発熱が心配の方向け
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
SDカードも発売されて随分と経ちますが、その進化の著しさは目を見張るものがありますね。形は変わらないのですが、512GBもの大容量モデルや300MB/sという超高速モデルまで発売されるなど、きっとデジタルカメラの画素数の巨大化に追従しているうちに自らも進化したのだと思います。

最近ではテレビのニュースで頻繁に流される車載カメラの映像もSDカードがあればこそ。SDカードと私たちの生活との関わりは、すでに相当深いところまで来ています。

SDカードの人気ランキングもチェック!

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: SDカード の中で最も人気のある商品です>>
【楽天市場】SDメモリーカード | 人気ランキング1位~(売れ筋商品)>>

SDカードのメーカーを紹介

SanDisk

世界中のメディアを扱うプロがその品質に信頼を寄せている米国の「サンディスク」。同社の扱う半導体メモリやHDDは極めて低いエラーレートと耐久性能において、同業他社もコアパーツにサンディスク製品を採用するほどの信頼を得ています。

もちろん、SDカードにおける品質も言うまでもなく、他社製品より多少割高なものの、その分を「信頼への投資」として惜しみなく捻出する現場のプロは非常に多いです。

Transcend

台湾に本社と工場を置く「トランセンド」はメモリ関連商品に「永久保証」を行っていることでも有名。製品は低価格から高価なハイクラス商品まで幅広いラインナップを誇り、クリエイターの中にはトランセンド製品を好んで使用する「お得意」も世界中にいます。

トランセンドのSDカードはコンビニでも売っているため、ちょっとメモリが欲しい!といった時に非常に役に立ちます。品質も申し分なく、台湾IT企業の雄として世界中から支持されています。

TOSHIBA

SDカード
言わずと知れた国内最大級の家電メーカー「東芝」。世界でも屈指の元祖NAND型フラッシュメモリメーカーとして、その製品の品質の高さには定評があります。もともとメモリー開発を黎明期にSanDiskと共同で行っていたため、とても高品質なハイクオリティーSDカードを作っています。

世界で初めて無線LAN搭載のSDHCカードを発表するなど、「技術屋」としての東芝は健在です。

Panasonic

大正時代に電球のソケット販売からスタートした松下電器の創業理念は現代テクノロジーの粋を集めたSDカードにもしっかりと息づいています。高い!でもエラーがない!と日本の製品が世界から高い評価を得ているのは、ものづくりのハートがITの世界においても発揮されているからに他なりません。

Lexar

昨年中国の企業に買収されてしまったので現在は中国は深圳を本拠地とするメーカーとなってしまいましたが、元はシリコンバレー(カリフォルニア州)に本社を置く、非常に優秀なメモリーを作る会社で、CFカードにとても高い評価を得ていました。現在ではSDカードにも多くの信頼が寄せられていて、多くのプロフェッサーカメラマンも愛用しています。

Kingston

キングストンテクノロジーは、米国はL.A.郊外の都市、オレンジカウンティーに本社を置くインディペンデント系のメモリーメーカーで、日本ではあまり知られていないものの、まるで欧州貴族の家紋でも入ったかのような高貴なラベルが特徴で、一見して「セレブなSDカード」はジワジワと人気が出てきています。

もちろん、品質はルックス通りの端正な仕事をしてくれて、なおかつタフなモデルも多く、今最も注目するSDカードかもしれません。

この記事に登場した専門家

パソコン専門店 ドスパラ
ドスパラはゲームパソコンの「GALLERIA」を中心としたBTO(Build To Order)パソコンの専門店です。初心者はもちろん、上級者まで満足出来る豊富なラインナップを取り揃え、用途に合わせてカスタマイズ可能なパソコンをお求めやすい価格でご提供しています。また、デジタル雑貨の上海問屋を運営。便利なパソコン周辺機器を多数取り揃えています。
詳しくはこちら
おすすめ記事