スマホにGoProにと大活躍のmicroSDカードおすすめ12選

microSDカードは、その小ささを活かしスマホやドライブレコーダーなど様々な用途で使われています。32GBから256GBと、容量もラインナップも豊富。今回はおすすめの12アイテムをご紹介します。

MicroSDカードとは?
MicroSDの容量
必要な容量の目安は?
転送速度にも注目!
32GBのおすすめのMicroSDカード
64GBのおすすめのmicroSDカード
128GBのおすすめのmicroSDカード
256GBのおすすめのSDカード
microsdカードの人気ランキングもチェック!
この記事に登場した専門家

MicroSDカードとは?

パソコン専門店 ドスパラ
microSDカード
その名の通りSDカードを小指の爪ほどまで小さくしたものですが、そんなに小さくても最大512GBを誇る実に実用的なメディアカードがMicroSDカードです。

確かにいくつかのインディペンデント系メーカーが512GBの製品を販売していますが、メジャー各社によれば最も需要が高いのは64GB、次に128GBとのこと。
attached
主な用途はスマホやデジタルカメラなどのデジタル機器だったのですが、最近ではゲームに、そしてドライブレコーダーに、監視カメラにと、その用途は急速に広まっています。

まさにmicroSDカードは私たちの生活に欠くことのできない、今やマストアイテムとなっています。

アダプター

adapter
microSDカードの使用法の一つとして、アダプターを用いて通常のSDカードスロットルに挿入して使うという使用法もあります。

MicroSDの容量

SDカード

最もスタンダードタイプのSDカードは規格としての最大容量が2GBのため、大容量化のこの時代、今やネット上で発見するのが困難です。SD規格はまさにここからスタートしたものなので、スタンダードなSDカードはある意味エスタブリッシュメント的なメモリーカードです。

SDHCカード

デジタルカメラの高画素化に伴って2006年に登場したのが32GBまで容量がアップされたSDHC規格のSDカードです。32GBまでアップしたことによって当時メインストリームであったおおよそ800万画素の写真がサクサクと収まるようになりました。

当時は価格がまだ今より3~4割ほど割高でしたが、2018年7月現在、32GBが1,000円代で購入できるまでになりました。

SDXCカード

SDHCの登場からわずか2年後の2009年、デジタルカメラの市場、特にデジタル一眼レフの画素数競争が熾烈さを増し、1,500~1,800万画素へとメインストリームが移り、この市場の要望に応えるように登場したのがSDXCカード。2018年現在、最大で512GBを誇り、理論値としての最大の2TBまで今後発達していくのも時間の問題でしょう。

必要な容量の目安は?

カメラで写真撮影用には?

ミラーレス一眼カメラ
デジタル一眼レフ、ミラーレス一眼共に廉価版でも2,400万画素を超えるようなものが販売されている昨今、画素数が高ければ当然写真も美しくなる分、写真一枚あたりのデータ量も膨大なものとなり、仮に2,400万画素のミラーレス一眼を持っていた場合、最もきれいなJPEG-Largeで約3,000枚が収まる32GBは欲しいところです。

3,000枚を多く感じるかもしれませんが、撮りまくっているうちに3,000枚など意外とあっさりと超えてしまうので、余裕を持って64GBのものを購入しておけば32GBを2個買うよりも結果的にかなりお得な買い物になるはずです。

ドライブレコーダーの記録用には?

ドライブレコーダー
ドライブレコーダーはそのメモリのMAXまで到達すると既存のデータの上に上書きしていくという記録方式をとっているので、万が一事故に遭った際の大切な証拠映像を保護する意味でも、長時間=高容量のものを選ぶに越したことはありません。

ちなみにフルHDで録画した場合、16GBで約3,000時間、32GBで約6,000時間、64GBで約12,000時間と言われています。

ただ、ドラレコ記録に用いるmicroSDカードには耐久性も必要なので、最近売れている「ドライブレコーダー用」や、商品パッケージに「High Endurance(高耐久)」と記載されていれば最適です。

ラズベリーパイに使うには?

ラズベリーパイ
ラズベリーパイはmicroSDカードをブートローダ(起動ディスク)にするという特殊なコンピュータなので、microSDカードにも高性能なものを求めなければなりません。

容量は32GBを選べば間違いはないのですが、問題は起動に要するパワーの要でもある「動作速度」で、速度パフォーマンスが「Application Performance Class1 (A1)」 か「Class4」と表記のあるものを買えばラズベリーパイをスムースに動かしてくれます。

転送速度にも注目!

speed
転送速度、とりわけデジタルカメラに使う場合には「書き込み速度」が重要で、この速度が速ければ速いほど連写に強く、サクサクと撮影をこなせます。ドライブレコーダーに関しては「読み込み速度」が速ければ速いほど、パソコンにデータを転送する際の時間が短くて済みます。

最大読込速度が95MB/s、最大書込速度が90MB/s、スピードクラスCLASS10のものを購入すれば大概の用途で良い仕事をしてくれます。 

32GBのおすすめのMicroSDカード

サンディスク 32GB microSD Extreme PRO

カリフォルニアで真に信頼に値するメモリーを作り続け30年、半導体老舗の「SanDisk」。プロカメラマンをはじめとしたクリエイティブのプロたちから御用達を受けているSanDiskのmicroSDカードの中でも本品「Extreme PRO」ラインは書き込みが最大90MB/sと極上の性能を約束してくれます。

もちろんSD変換アダプターが付いているので、ゲーム、スマホ、タブレット、デジタル一眼、ドラレコにと、全ての機器で最大の性能を引き出してくれます。

東芝 超高速U3 4K対応 microSDHC 32GB

SanDiskと共に半導体メモリの未来を切り開いた東芝のmicroSDカードは、まさにフラッシュメモリ「元祖」らしく、書き込み80MB/s以上という確かな仕事をこなしてくれます。もちろん、SD変換アダプターも付いてくるので高性能SDカードとしても使用可能。クリアケースも付いてくるので保管も便利です。

Team micro SDHCカード 32GB 高速転送UHS-1

書込15MB/sと決して高速タイプのものではないのですが、その色彩がとても綺麗、というか美味しそうなグレープを彷彿させる可愛いデザインのmicroSDカードは台湾のメーカー「Team」のもの。

台湾メーカーでも心配ご無用。最近の台湾のITブランドは優秀なメモリをたくさん作っていて、Teamは日本国内にもしっかりとしたメーカーサポート体制が整えられており、本品も安心の10年保証です。

Team micro SDHCカード 32GB 高速転送UHS-1

64GBのおすすめのmicroSDカード

サンディスク 64GB microSD Extreme PRO R=100MB/s W=90MB/s

64GBのものも「いの一番」にご紹介するのはSanDiskの「Extreme PRO」。SanDiskの肩を持つわけではないのですが、やはり信頼という言葉が最も聞こえてくるメーカーなので、"間違いのない"ものをご紹介したいと思うとダントツでSanDiskなのです。

とてもクオリティーの高い製品なので、フルハイビジョン録画可能なドライブレコーダーに本品を使えば、万が一のときにも安心。しっかり記録できます。

サンディスク 64GB microSD Extreme PRO R=100MB/s W=90MB/s

LD MicroSD 64GB Class10 UHS-1対応 MicroSDHC 64

「LD」という、兵庫は神戸に拠点を置くOA機器専門メーカーの作るmicroSDカードは超ポップなデザインがかわいい!

あまりにポップなデザインに、ちゃんとエラーなく動くのかな?との心配はご無用! 元は三菱電機の神戸製作所鍛造工場として鉄を作っていた会社が「内田商事」と変わり、現代では半導体事業を行なっているので、もの作りに関しては最強のプロフェッショナル。本品も気骨のある仕事をしてくれるmicroSDカードです。ドラレコに最適!

LD MicroSD 64GB Class10 UHS-1対応 MicroSDHC 64

Transcend microSDXCカード 64GB MLC UHS-I Class10

現場のプロも納得のメモリーを作っている台湾のメーカー「トランセンド」。64GBの本モデルは-25℃~85℃の耐温度性能に加え、防水、耐磁、耐X線、静電耐性と、まるで宇宙ステーションで使うことを想定しているのかと思うほどのスーパータフネス仕様。

ドライブレコーダーに、監視カメラに、防水なので水中カメラにと、過酷な環境下でも確かな働きをしてくれます。意外と実際に宇宙ステーションで使っていたりして。

Transcend microSDXCカード 64GB MLC UHS-I Class10

128GBのおすすめのmicroSDカード

SanDisk microSDXC Extreme PRO R:100MB/s W:90MB/s 128G V30 Class10 U3

32GB、64GBと続き、128GBもSanDiskのExtreme PROからのご紹介。読取り最大100MB/s、書込み最大90MB/sという基本的なスピードスペックは下位容量のものと同じなのですが、128GBとこれだけ容量があると、最近カメラ機能のハイスペック化が著しいアンドロイド系携帯への使用を最もおすすめしたいです。

なにせスマホなのに「ライカ」のレンズを積んでるものが出ているくらいですから、写真画質にこだわりたい人はマストバイです。

SanDisk microSDXC Extreme PRO R:100MB/s W:90MB/s 128G V30 Class10 U3

Nintendo Switch 用 microSDXC 128GB マリオパッケージ SanDisk microSDXC 100MB/s

2本目もSanDiskですが、こちらはNintendo Switch用のスペシャルエディションで、マリオカートパッケージとなっています。基本的な性能は上記Extreme PROと同等です。

Nintendo Switch 用 microSDXC 128GB マリオパッケージ SanDisk microSDXC 100MB/s

Lexar Professional 1000x microSDHCカード 32GB UHS-II

Lexarも高品質なメモリを作るメーカーの一つで、ここの製品を指定買いするプロカメラマンや映像クリエイターも相当な数います。レキサーのメディアで何よりも、いざという時に重宝するのがこの無料で付いてくる「イメージ・レスキュー」という文字通りのレスキューソフト。

どのメーカーのSDカードもCFカードも絶対にエラーが"100%"出ないとは言い切れません。1/1,000の確率で出たエラーでもその1枚の写真が必要だったりもするので、そんな時にこのソフトを使用することでエラーが出た写真も無事「復元」することができる"かもしれない"のです。

ちなみに、結構な確率で復元できるそうです。また、レキサーのメディア以外でも使えるのでお得です。

Lexar Professional 1000x microSDHCカード 32GB UHS-II

256GBのおすすめのSDカード

SanDisk microSDXC 100MB/s 256GB Ultra SD

256GBもSanDiskです。256GBというと「GoPro HERO6」のメモリMAX許容量なので、GoPro HERO6をガッツリ!と使い込みたい人に是非おすすめです。

このmicroSD+GoPro HERO6で、スキー、スノボにスケートボードにサーフィン、自転車、バイク、自動車、バンジージャンプ、スカイダイビングと、そしてドローンでも。極上の4K動画の世界を楽しめます。

キングストン SDXCカード 256GB クラス 10 UHS-I

キングストンのmicroSDカードはその名のごとく王様のようなヘビーデューティーを誇ります。防水性、耐熱及び耐寒性、耐衝撃耐振性、耐X線照射と、あらゆる過酷な環境下を想定した厳格なテストをパスした、まるでヘラクレスのようなmicroSDカードです。

ドローンに搭載のカメラに挿入して、万一ドローンが岸壁に衝突して海中に堕ちても、引き上げれば中のメモリと録画した映像は生きている(かもしれない)のですから、凄いmicroSDカードです。アダプターはもちろん付いていますが、カードへの永久保証もついています。

キングストン SDXCカード 256GB クラス 10 UHS-I

東芝 microSDXC 256GB 98MB/s Write65MB/s 4K A1 V30 U3

最後にご紹介するのはこれぞ「made in JAPAN」、メモリ開発の牽引者「東芝」のmicroSD 256GBです。

やはり純粋な日本国内製造品には安心感をもつ方も多いのではないでしょうか。そういう顧客の想いを大切にして生産し続けてる東芝のSDカードもまた、極めて低いエラーレートと耐久性能で多くの現場のプロが信頼を寄せています。

東芝 microSDXC 256GB 98MB/s Write65MB/s 4K A1 V30 U3

デジタル製品の小型化が進む中、記録メディアも併せて小型化が進んでいますが、まさかここまで小さく!?というのがmicroSDで、時代の流れ、テクノロジーの進化の恩恵とはいえ、この小指の爪ほどの中に高速スペックで256GBが詰め込まれているというのは、もう驚異としか言いようがありません。

今後もこの小ささを活かした新たなデジタルガジェットの登場が楽しみですね。

microsdカードの人気ランキングもチェック!

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: microSDカード の中で最も人気のある商品です>>

この記事に登場した専門家

パソコン専門店 ドスパラ
ドスパラはゲームパソコンの「GALLERIA」を中心としたBTO(Build To Order)パソコンの専門店です。初心者はもちろん、上級者まで満足出来る豊富なラインナップを取り揃え、用途に合わせてカスタマイズ可能なパソコンをお求めやすい価格でご提供しています。また、デジタル雑貨の上海問屋を運営。便利なパソコン周辺機器を多数取り揃えています。
詳しくはこちら