トレーニングチューブおすすめ12選|手軽に筋トレ&使い方も紹介!女性やリハビリにも◎

トレーニングチューブ(エクササイズバンド)は、主に腹筋や背筋含めた上半身を鍛えるアイテムですが、使い方を工夫することで下半身のトレーニングにも最適です。また、形の良いお尻を作りたいという方にもおすすめ。ここでは、トレーニングチューブの選び方、おすすめ商品、使い方、トレーニング方法などをご紹介していきます。

トレーニングチューブ(エクササイズバンド)とは?

トレーニングチューブ(エクササイズバンド)とは?
トレーニングチューブとは、ゴム製の素材で作られたトレーニング用品を指します。メーカーや形状によっては、ゴムチューブ・エクササイズバンドとも呼ばれることもありますが、用途や使い方は、ほぼ同じものが多いです。値段の安さ・持ち運びのしやすさから、初心者~上級者まで筋トレやダイエット目的など、幅広いレベルに合わせて使うことができる特徴があります。

トレーニングチューブのメリット

トレーニングチューブのメリット
トレーニングチューブのメリットは、いつでもどこでも手軽にできるトレーニング用品ということです。チューブ自体が軽く、かさばらず持ち運びも楽々。狭いスペースでも十分にトレーニングすることができます。色々な使い方やレベルに合わせた強度のものがあるため、年齢制限もなく、老若男女問わず気軽に使うことが可能です。また、上半身・下半身まで幅広い部位を鍛えることができる点もポイントになります。

トレーニングチューブの選び方

ここからは、トレーニングチューブの購入で後悔しないように、選び方のポイントを順番にご紹介していきます。

タイプ|レベルや目的に合わせて4種類から選ぶ!

トレーニングチューブには、大きく分けて4種類あります。それぞれ特徴をチェックしてみましょう。

1、チューブタイプ|長さ調節が簡単!レベルに合わせてアレンジを

1、チューブタイプ|長さ調節が簡単!レベルに合わせてアレンジを
出典:Amazon
チューブタイプはホースのような筒状をしている商品を指します。特徴として、トレーニングチューブを切ったり、結んだりすることで、ご自分に合った長さに調節可能な点です。また、チューブを重ねることで負荷強度を高めることもできるため、初心者から上級者まで幅広いレベルに合わせることもできます。

2、バンドタイプ|手軽に負荷強度の調節が可能

2、バンドタイプ|手軽に負荷強度の調節が可能
出典:Amazon
バンドタイプはフラットな見た目がデザインの特徴で、負荷調節のしやすいことから、人気が高いタイプになります。商品の多くは数本セットになっており、色によって負荷強度が違うため、目的に合わせた使い方ができる手軽さが魅力です。バンドには幅があるため、チューブよりも安定できる反面、耐久性が弱いデメリットもあります。

3、グリップタイプ|握りやすく手の負担も軽減!力の入れやすさも◎

3、グリップタイプ|握りやすく手の負担も軽減!力の入れやすさも◎
出典:Amazon
グリップタイプは持ち手が付いていることで、力が入れやすく、力が弱い方や運動を始めたばかりの初心者の方でも、握りやすく使いやすいのが特徴です。慣れないうちは、チューブタイプやバンドタイプを長時間使用すると、手を痛めやすくなってしまうこともありますが、グリップタイプであれば、柔らかいシリコン素材を採用しているため、負担の軽減にも繋がります。

4、変形&進化形タイプ|初心者や女性におすすめ!リハビリにも

4、変形&進化形タイプ|初心者や女性におすすめ!リハビリにも
出典:Amazon
グリップとチューブが一体型になったタイプ。サイズや負荷強度が固定されている商品が多いため、シンプルに使うことができます。初心者やリハビリ用としてもおすすめ。長さは持ち運べるミニサイズもあり、デスクワークの合間に使うのも良いでしょう。負荷が低く設定されているため、本格的な筋トレ用としては適していません。

負荷強度目安|ご自分の筋力やlレベルを!無理をしないことが大切

負荷強度目安|ご自分の筋力やlレベルを!無理をしないことが大切
トレーニングチューブは強度別に商品が作られています。選ぶ際は、引っ張った時に少し負荷がかかるくらいのものを選びましょう。女性はミドル~ハード、男性はハード~スーパーハードが目安になります。ご年配の方や力がない方は一番やさしい強度のものでも十分効果を期待できるしょう。

▼強度調節の方法

トレーニングチューブは商品によって強度が定められているものの、持ち方によって強度を調節することができるので、そこまで厳密に考える必要はありません。たとえば、チューブの端を持つ(長く持つ)と負荷が少なくなり、逆に短く持つと負荷が高まります。その日のコンディションや慣れに合わせて持ち方を変えるのも良いでしょう。

付属品|まとめて揃えられるセットor持ち運べる収納袋付きが便利!

付属品|まとめて揃えられるセットor持ち運べる収納袋付きが便利!
出典:Amazon
トレーニングチューブを選ぶ際に、様々な強度をまとめて揃えたいと考えている方もいることでしょう。強度別にまとまったセット商品や、足首用のグリップが付いている商品など、セット商品の種類も多くあります。また、持ち運びや収納しやすいように収納袋が付いていると、より便利d快適に使うことが可能です。

トレーニングチューブのおすすめ12選

いよいよここからは、トレーニングチューブのおすすめ12商品をピックアップ。タイプやデザイン、強度など、ご自分に合ったトレーニングチューブを選ぶ参考にしてください。

TheFitLife
フィットネスチューブ

1,766(税込)
2019年9月10日 12:29時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

天然ラテックスで滑りにくさがポイント

カラーにより強度が違い、負荷表示の記載もあるため、ひと目で負荷が確認できます。シンプルなデザインは、ご自宅でもジムでも使いやすいでしょう。豊富なカラー展開も魅力。ご自分の好きなカラーを見つけることができます。収納ポーチが付いているため、持ち運びもしやすい商品です。
サイズ(cm) 4.5×208
負荷強度 ソフト~ハード
付属品 収納袋
型番:841CB6HI-6891

コアブレード
エクササイズバンド ハード

2,200(税込)
2019年10月20日 4:09時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

コンパクトにたためて持ち運びやすさ◎

トレーニングチューブのさきがけ的ブランドとして有名な「コアブレイド」。男性からも女性からも、使いやすく効率よく筋肉を鍛えることができると人気。小さく折りたたむことができるため、持ち運びやすく、どこでもトレーニングが可能になります。ベーシックタイプで初心者にもおすすめです。
サイズ(cm) 12.7×200
負荷強度 ハード
付属品

WinLine
ビリーバンド

1,399(税込)
2019年9月10日 12:33時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

グリップ付きで初心者でも簡単

輪っかとグリップハンドルの持ち手がついたタイプのトレーニングチューブは、使いやすく初心者にもおすすめです。厚みのあるソフトグリップは、汗をしっかり吸収し滑りにくいから、簡単に力を入れることができます。チューブの先端は輪っかになっており、足を入れて使えるため、効果的なトレーニングが可能です。
サイズ(cm) 110
負荷強度 ミディアム
付属品

ウルトラスポーツ
フィットネスエキスパンダー

880(税込)
2019年9月20日 1:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

筋トレやダイエットを始める方におすすめ

コンパクトサイズで邪魔にならないトレーニングチューブは、これからトレーニングをはじめたいという初心者にぴったりです。小さいながらも、最長160センチまで伸びるため、しっかりと筋肉に働きかけます。持ち手部分は、滑りにくい設計になっており、扱いやすいです。いつでもどこでも使えるでしょう。
サイズ(cm) 39×12×2.5
負荷強度 ソフト
付属品

LINTELEK
エクササイズバンド

940(税込)
2019年9月10日 12:36時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

強度の異なる5負荷セット

ソフトからハードまで、5つの負荷の違うトレーニングチューブがセットになっています。鍛えたい部位によって、負荷を使い分けることもできますし、家族と共有することもでき、便利です。天然ラテックスを使用しており、滑りにくく伸縮性・柔軟性も優れています。耐久性も高く、長期間使用することができます。
サイズ(cm) 60×5
負荷強度 弱い~とても強い
付属品 収納袋

ディーアンドエム
セラバンド トレーニングチューブ

1,151(税込)
2019年10月22日 3:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

チューブだから簡単に長さ調整可能

厚いゴムチューブで作られているため、強度が強くハードな使用を繰り返しても元に戻り、耐久性は抜群!握る場所を持ち変えることで、負荷の調整が簡単にできるのも魅力です。細めのチューブだから、コンパクトになり、持ち運びや収納場所にも困りません。トレーニング方法のマニュアル付きで、すぐに筋トレに励むことができます。
サイズ(cm) 300×0.7
負荷強度 ソフト
付属品 トレーニングマニュアル

イーエムピーティー
トレーニングチューブ

1,180(税込)
2019年10月22日 3:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

握りやすい極太グリップ採用

直径3センチの極太グリップを採用した持ち手がついたトレーニングチューブです。適度なクッション性があり、滑りにくいだけでなく、力も入れやすく、トレーニングをしっかりとサポートします。場所を選ばず、どこでもトレーニングが可能です。コンパクトで旅行などにも持ち運べます。
サイズ(cm) 120
負荷強度 ミディアム
付属品

ラヴィ
のびーるフィットネス

1,259(税込)
2019年9月10日 12:42時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

適度な強度で女性やリハビリ用に最適

輪っかがふたつになったタイプのトレーニングチューブは、初心者でも使いやすくおすすめです。適度な強度があるため、しっかりと筋力を鍛えたい女性におすすめです。コンパクトだから、邪魔にならず、引き出しの中などに収納することもでき、場所をとりません。肩こりに悩んでいる人にもぴったりです。
サイズ(cm) 39.5×2.5×10.5
負荷強度 ソフト~ハード
付属品

Sinnana
エクササイズバンド

1,089(税込)
2019年9月10日 12:44時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ピンク・パープル系カラーのおしゃれでかわいいデザイン

強度の違う5色のエクササイズバンドのセットです。ピンク系とパープル系のキュートなカラーで女子力アップも期待できそうです。鍛えたい部位によって、強度を使い分ければ、トレーニング効果がより発揮されます。専用の収納袋付きだから、ジムや旅行に持っていくこともでき、どこでも使用できます。
サイズ(cm) 60×5
負荷強度 ソフト〜ハード
付属品 収納袋

ROYALCROWN
強化版トレーニングチューブ

2,280(税込)
2019年10月22日 3:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

家ににいながらジムトレーニングを実現

負荷の異なる5つのトレーニングチューブと、ハンドル・アンクルストラップ・ドアアンカーがセットになった本格的なセットです。これだけあれば、自宅にいながらジムでのトレーニングがいつでも簡単に行えます。筋トレ初心者から、上級者まで対応しています。しっかりとした作りで、効率よくボディメイキングが可能です。
サイズ(cm) 135
負荷強度 ソフト〜ハード
付属品 ハンドル2個・ドアアンカー・アンクルストラップ2個・収納袋
型番:C3JSB415

ミズノ
トレーニングチューブ

927(税込)
2019年9月10日 12:46時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

軽さと使いやすさに優れたチューブ

軽量タイプのトレーニングチューブは、ほかのトレーニング器具と比較すると安全性が非常に高く、ケガや事故の心配が少ないです。一人でいつでもどこでも集中して鍛えることができます。コンパクトに収納できるため、いつもバッグの中に入れておくことも可能です。カラダ全体に使用できるのもポイントに。
サイズ(cm) 200×0.9
負荷強度 ミディアム
付属品

グロング
エクササイズバンド

980(税込)
2019年10月22日 3:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

コスパ抜群な5本セット

強度の違うエクササイズバンドの5本セット。強度によりカラーが異なるため、わかりやすく使い勝手も抜群です。ほかのトレーニング器具を比べると、筋肉への負担が少ないため、筋トレ初心者でも安全に使用することができます。この値段で、ジム並みのトレーニングをご自宅で行うことが可能です。
サイズ(cm) 5×60
負荷強度 ソフト〜ハード
付属品 収納袋・エクササイズマニュアル

トレーニングチューブの商品比較表

商品画像
グロング
ミズノ
ROYALCROWN
Sinnana
ラヴィ
イーエムピーティー
ディーアンドエム
LINTELEK
ウルトラスポーツ
WinLine
コアブレード
TheFitLife
商品名 エクササイズバンド トレーニングチューブ 強化版トレーニングチューブ エクササイズバンド のびーるフィットネス トレーニングチューブ セラバンド トレーニングチューブ エクササイズバンド フィットネスエキスパンダー ビリーバンド エクササイズバンド ハード フィットネスチューブ
特徴 コスパ抜群な5本セット 軽さと使いやすさに優れたチューブ 家ににいながらジムトレーニングを実現 ピンク・パープル系カラーのおしゃれでかわいいデザイン 適度な強度で女性やリハビリ用に最適 握りやすい極太グリップ採用 チューブだから簡単に長さ調整可能 強度の異なる5負荷セット 筋トレやダイエットを始める方におすすめ グリップ付きで初心者でも簡単 コンパクトにたためて持ち運びやすさ◎ 天然ラテックスで滑りにくさがポイント
価格 980(税込) 927(税込) 2,280(税込) 1,089(税込) 1,259(税込) 1,180(税込) 1,151(税込) 940(税込) 880(税込) 1,399(税込) 2,200(税込) 1,766(税込)
サイズ(cm) 5×60 200×0.9 135 60×5 39.5×2.5×10.5 120 300×0.7 60×5 39×12×2.5 110 12.7×200 4.5×208
負荷強度 ソフト〜ハード ミディアム ソフト〜ハード ソフト〜ハード ソフト~ハード ミディアム ソフト 弱い~とても強い ソフト ミディアム ハード ソフト~ハード
付属品 収納袋・エクササイズマニュアル ハンドル2個・ドアアンカー・アンクルストラップ2個・収納袋 収納袋 トレーニングマニュアル 収納袋 収納袋
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Yahoo!ショッピングでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる

トレーニングチューブの売れ筋をチェック!

Amazon:トレーニングチューブ売れ筋ランキング>>
Amazonで人気のあるトレーニングチューブをリアルタイムで確認できます
【楽天市場】トレーニングチューブ | 人気ランキング1位~(売れ筋商品)>>
楽天市場で人気のあるトレーニングチューブをリアルタイムで確認できます

トレーニングチューブの使い方

おすすめのトレーニングをご紹介したあとは、初心者の方でも安心して、トレーニングに取り組めるようにトレーニングチューブの使い方をご紹介していきます。

1、胸筋を鍛える

1、胸筋を鍛える
トレーニングチューブで主に鍛えられるのは上半身です。胸筋を鍛えたい場合、チューブを体の手前や背中側で持ち、左右に引っ張って伸ばすトレーニングが効果的です。また、チューブを背中に回して、手で前へ引っ張る「チューブチェストプレス」も胸筋を鍛えることができます。

2、腕に筋肉をつけて引き締める

2、腕に筋肉をつけて引き締める
気になる二の腕のお肉を解消したい、太く筋肉質な腕を目指す場合でも、1の方法が有効です。長さがあるチューブの場合は、足でチューブを踏み、両手で下から上に引っ張り上げる「チューブコンセントレーションカール」トレーニングもおすすめ。

3、足腰&お尻を鍛える

3、足腰を鍛える
足腰を鍛えたい時は、まずトレーニングチューブで輪っかを作ります。横向きに寝転んで輪っかにしたトレーニングチューブを両足にかけ、上側の足を上下させると良いでしょう。仰向けに寝転んで自転車を漕ぐようにするのも効果的です。また、小さくて形の良いお尻を作りたい人にもおすすめ。トレーニングチューブで負荷をかけることでより効果が高まります。

トレーニング方法を動画でチェック

最後にトレーニングチューブを使ったトレーニング方法を動画でご紹介していきます。初心者の方に、ぜひ参考にしていただきたい内容です。

▼上半身のトレーニング

▼下半身のトレーニング

まとめ|タイプ選びや持ち方を工夫しよう!

狭いスペースでも使えるトレーニングチューブは、自宅で手軽にトレーニングでき、季節や天候にも左右されることなく続けられます。しっかりと集中してトレーニングすることも良いですが、続けることが重要なので、テレビを見ながらなど「ながら」運動で毎日楽しく行うのがおすすめです。持ち方ややり方を変えることで鍛えられる範囲が広がります。程よく筋肉をつけつつ、引き締まったきれいなボディを目指しましょう。
あなたにおすすめの記事
フィットネス・トレーニングランキング
関連記事