テーピングテープおすすめ人気ランキング10選|タイプ別の特徴をチェック!

テーピングテープは大きくわけて、伸縮性・非伸縮性・キネシオテープに分けられます。使用目的に合わせてテープを選びますが、マッチした商品を選びにくい現状があります。有名なブランドとして3M(スリーエム)・ニチバン・ニトリートなどがあります。おすすめのテープ人気ランキングをご紹介していきます。

失敗しない!これだけチェック!
テーピングテープの人気ランキング
商品比較表

失敗しない!これだけチェック!

これからテーピングテープの失敗しない選び方をご紹介します。テープの特徴や使用目的に合わせて確認してください。

タイプ1|汎用性重視なら伸縮性、ハードスポーツには非伸縮性のものを

伸縮テープは伸び縮みできるので、筋肉や関節のサポート力が高いです。スポーツだけではなく、ケガのリハビリや日常生活の痛み軽減に向いています。非伸縮テープは関節固定に優れており、怪我の応急処置に向いています。アメフトやラグビーなどの激しいスポーツのケガ予防として使用されることが多いです。

タイプ2|キネシオテープは健康な筋肉と同じ伸縮性

キネシオテープの特徴は、筋肉や靭帯と同じ伸縮性を持つことです。これは関節のサポートや固定目的の伸縮・非伸縮テープとは用途が異なり、キネシオテープは痛みや凝りの改善が期待できます。スポーツのパフォーマンス向上だけではなく、日常生活の機能サポートまで幅広く対応できるのがポイントです。

形状|特定部位専用のものなら簡単に張れる

形状|特定部位専用のものなら簡単に張れる
特定部位専用テープは、サポートしたい部位用にカットされているテープです。GONYEX(ゴンテックス)のカットテープシリーズには、外反母趾・膝関節・太もも・足裏・肘・肩向けのサポートテープがあります。サポートしたい部位に合わせた形状なので、簡単にテーピングテープを貼ることができます。

幅|伸びるタイプは50mm、伸びないタイプは38mmが幅広く使える

伸びるタイプは可動域の大きい膝、肘、肩などを固定することが多いため、関節をしっかり固定できるテープ幅である50mmが好まれます。伸びないタイプはケガ予防や筋肉・関節サポートなど多彩な用途に対応できるよう、テープ幅は38mmをおすすめします。こちらは小さな関節にも対応できます。

機能|撥水加工のあるものは水に濡れても安心

キネシオテープには撥水加工されているタイプがあります。スポーツ中の汗に強く、屋外で急に雨が降ってきてもはがれにくい特徴があります。運動後にシャワーを浴びても安心です。スポーツだけではなく、料理やお風呂掃除なども、安心して家事に専念でき、日常生活のサポートにも最適なテープです。

テーピングテープの人気ランキング

ここからテーピングテープのおすすめランキングをご紹介していきます。

ニトムズ
ニトリート キネシオロジーテープ スタンダード

筋肉の保護・サポートに

キネシオロジーテープスタンダードは、筋肉の伸びを制限するのでケガ予防に最適です。伸縮タイプなので、関節の可動を制限することはありません。従来のような関節固定ではなく、筋肉の保護・サポートをすることができる新しいタイプのスポーツテープです。ウェーブ塗工で通気性が優れ、かぶれにくいです。
タイプ 伸縮
幅(mm) 37.5
撥水機能 ×

トワテック
キネシス

カラーバリエーションが豊富さが魅力のひとつ

キネシスはテープの粘着性が優れていて、しっかりと貼りたい場合には、テープの重ね貼りも可能、運動時の激しい動きをしっかりサポートできます。対応しているカラーが豊富で、配色コーディネイトを楽しむことができます。汗に強いレーヨン素材を採用し、かぶれにくいテープです。
タイプ キネシオテープ
幅(mm) 50
撥水機能 ×
型番:71525

KINESIO ASIA
部位別カット済みテーピング PRE-CUT肩用

キネシオテープ創始者の技術を体感

部位別カット済みテーピングとなり、肩の関節・筋肉のサポートが期待できる肩用です。カットされていることで、難しい部位に合わせる手間を省くことができ、誰でも簡単にキネシオテーピングを体感することができます。また、日常以外にも、スポーツなどの場面で使いやすくなるように、はがれにくく、肌への刺激も和らげているのもポイント。
タイプ キネシオテープ
幅(mm)
撥水機能
型番:71532

KINESIO ASIA
部位別カット済みテーピング PRE-CUT 膝用

カット済みで簡単に貼れる最先端テープ

普段から膝の痛みが気になる、スポーツ時の膝の痛みが気になる……という方におすすめなのが、こちらのキネシオテーピングです。テープ自体は、汗・雨などにも強く、お風呂などに入る際も、そのままで入ることができます。テーピングで肌がかぶれてしまった方にも、おすすめできるテープです。
タイプ キネシオテープ
幅(mm)
撥水機能

3M(スリーエム)
ネクスケア 肌が弱い方のためのシリコーンテープ

敏感な肌の方におすすめなテープ

肌が弱い方のためのシリコーンテープは、皮膚を傷めずはがしやすい特徴があり、敏感肌の方でも使用しやすいテープです。10分間のシャワーテストに合格しており、水分を皮膚に通しにくくできています。普段の生活での使用を考えていて、テープによる痛みや赤みなどの肌トラブルが少ないテープです。
タイプ シリコーンテープ
幅(mm) 25
撥水機能 ×

ニチバン
バトルウィンテーピングテープ 非伸縮

日常からハードなスポーツまで幅広く使える

バトルウィンテーピングテープは、スポーツのケガ予防や応急処置などスポーツ全般のあらゆるシーンで活躍しています。粘着性がしっかりとしていて、スポーツのパフォーマンスを高めたり、ケガの防止にも有効です。手切れでテープカットできるので使いやすく、また固定力が強いので、部位サポートに優れています。
タイプ 非伸縮
幅(mm) 25
撥水機能 ×

ニトムズ
ニトリート スポーツテープ 非伸縮

関節の動きをしっかり固定できる

サポートしたい部位をしっかりと固定する、非伸縮タイプのスポーツテープです。このテープは関節の固定と可動制限を目的としています。ケガの障害が出る方向への可動を制限しますが、問題ない方向へはスムーズに動くようにテーピングすることができます。ケガ予防から応急処置まで、スポーツ時のあらゆる用途に。
タイプ 非伸縮
幅(mm) 38
撥水機能 ×

3M(スリーエム)
キネシオロジーテーピング マルチポアスポーツ レギュラー

水や汗に強いのが特徴

水や汗に強い撥水加工が施されているので、シャワーや軽い入浴も可能です。テープは伸縮の固定タイプ。ガッチリと制限をすることもでき、サポートするように貼ることも可能です。テープはかぶれにくく、ムレにくいのも特徴。スポーツのサポートから日常生活まで幅広い用途に対応できます。
タイプ キネシオテープ
幅(mm) 50
撥水機能

ニチバン
バトルウィンセラポアテープ 撥水

撥水機能付きでさまざまな場面で活躍

バトルウィンセラポアテープ撥水は、スポーツで汗をかいてもはがれにくい特徴があります。貼るだけで関節・筋肉のサポートの効果を期待でき、優れたフィット感が魅力です。裏面にサイズメーターが印字されているので、テープを切りやすく、スポーツから日常サポートまで、幅広く活躍してくれるでしょう。
タイプ キネシオテープ
幅(mm) 50
撥水機能

ニトムズ
ニトリート キネロジEX

動きがスムーズでしっかり粘着

キネロジEXは貼り直しが可能で、はがれにくい特徴があります。身体の動きにフィットする独自の粘着剤を使用しているので、長時間スムーズなフィット感が持続します。粘着剤がウェーブ状に塗られているため通気性に優れています。伸縮性もあり関節の動きをスムーズに行うことができるテープです。
タイプ キネシオテープ
幅(mm) 25
撥水機能 ×

商品比較表

商品画像
ニトムズ
ニチバン
3M(スリーエム)
ニトムズ
ニチバン
3M(スリーエム)
KINESIO ASIA
KINESIO ASIA
トワテック
ニトムズ
商品名 ニトリート キネロジEX バトルウィンセラポアテープ 撥水 キネシオロジーテーピング マルチポアスポーツ レギュラー ニトリート スポーツテープ 非伸縮 バトルウィンテーピングテープ 非伸縮 ネクスケア 肌が弱い方のためのシリコーンテープ 部位別カット済みテーピング PRE-CUT 膝用 部位別カット済みテーピング PRE-CUT肩用 キネシス ニトリート キネシオロジーテープ スタンダード
特徴 動きがスムーズでしっかり粘着 撥水機能付きでさまざまな場面で活躍 水や汗に強いのが特徴 関節の動きをしっかり固定できる 日常からハードなスポーツまで幅広く使える 敏感な肌の方におすすめなテープ カット済みで簡単に貼れる最先端テープ キネシオテープ創始者の技術を体感 カラーバリエーションが豊富さが魅力のひとつ 筋肉の保護・サポートに
タイプ キネシオテープ キネシオテープ キネシオテープ 非伸縮 非伸縮 シリコーンテープ キネシオテープ キネシオテープ キネシオテープ 伸縮
幅(mm) 25 50 50 38 25 25 50 37.5
撥水機能 × × × × × ×
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
今回、テーピングテープのおすすめランキングをご紹介しました。テープの種類別に特徴、使用する場面について、商品を説明しています。テープの使用はケガ予防から応急処置だけではなく、リハビリや日常生活のサポートまで多岐にわたります。ぜひ選び方を参考にしながら、ご自身の用途に合ったテープを選んでくださいね。
おすすめタグ