茨城名物の納豆・干し芋が人気!茨城県のおすすめお土産10選

茨城名物といえば、納豆やさつまいもなどを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。今回は茨城県在住・出身者の男女100名に聞いた、茨城のお土産9選をご紹介。茨城県民イチオシの品とその魅力に迫ります!

納豆好きにはたまらない!茨城名物の納豆土産

茨城といえば水戸、水戸といえば納豆!やはり、茨城のお土産アンケートでも納豆を選んだ方はとても多くいらっしゃいました。中には「納豆のスナックがおすすめ」という個性派も。納豆好き必見の、地元の人が選んだ納豆土産3選をご紹介します。

丸真食品 舟納豆

経木(きょうぎ)と呼ばれるマツなどの材木を薄く削ったもので、極上の納豆を包んでいる一品です。その香りがとても爽やか。納豆は良質の大豆本来の味がして、強い粘りも特徴です。一度この納豆を食べたら、パックの納豆では物足りなく感じてしまいそうですね。

丸真食品 舟納豆

茨城県在住・30代・家事手伝い
茨城県北部の常陸大宮市にある老舗の納豆メーカーが作る舟納豆は、笹舟に見立てた入れ物のなかに納豆がたっぷり入っています。大豆の香りもよく、量が多めなので半分はタレだけで、残りはネギやシラスなどのトッピングをして食べるのがおすすめです。

天狗納豆 わら納豆

創業100年以上の老舗納豆専門店「天狗納豆」のわら納豆。大きさは極小粒から大粒、黒豆まであります。わらで包まれたわら納豆は、パックで包んだものよりも水分が適度に吸収されているため、旨味がグンと凝縮されるのだとか。粘りの強さと歯ごたえも魅力です。
茨城県在住・20代・アルバイト
創業100年余りの会社が作る、茨城県の名産の納豆。その中でもこのわら納豆は、原料の厳選、藁も職人が選び包んでいるという逸品です。ただの納豆ではなく、茨城県で作っているからこその価値があると思います。それくらい美味しいです。

メーコウ 茨城名物なっとう味スナック

サクサクのコーンに、フリーズドライ加工された納豆パウダーがたっぷりかかったスナックです。納豆の風味と程よい酸味が絶妙なバランス。食べやすく配りやすい小分け包装で、自分用のおやつにも、会社へのお土産にもおすすめ。

メーコウ 茨城名物なっとう味スナック

茨城県在住・30代・パート
茨城県といえば納豆!メーコウさんのなっとう味スナックは県民のみならず、納豆好きの方にはたまらないスナック菓子です。サクサク食感のスナックを噛み砕けば、納豆の粘りと風味が口の中で広がります。お菓子なのに本当に納豆を食べている感じです。子供のおやつは勿論、ご主人のお酒のお供にもおすすめいたします。梅味などの他のバリエーションもありますので、是非お試しいただきたいです。

茨城県は干し芋生産量日本一!ほっくり甘い「干し芋」土産

茨城は干し芋の生産量が日本一であることをご存知ですか?茨城の気候や風土が生産に適しているため、明治以降に干し芋作りが盛んになりました。甘みがぎゅっと凝縮された干し芋は、おやつとして食べるのもおすすめです。小腹が空いたときや、子供のおやつにも最適な干し芋3選をご紹介しましょう。

幸田商店 べにはるか平切り

茨城県産で糖度の高いさつまいも「べにはるか」を使用した、地元の干し芋。食感は柔らかく、しっかりした甘みと上品な味わいが特徴です。「べにはるか」は焼き芋で食べても美味しいさつまいもですが、本格的な干し芋にしても絶品です。
茨城県在住・40代・会社員
幸田商店のべにはるかの平干しは、とてもおいしいです。お芋の素朴さと甘味を感じます。硬すぎる感じはないので、どなたでも食べやすいと思います。

お菓子のきくち ほっしぃ~も

茨城県産の干し芋をパイ生地で包んだ、茨城らしい焼菓子です。食べる前に一手間かけて、オーブンで少し温めるとさらに香ばしく「焼きたて」の風味を楽しめます。小包装になっているので、職場やお友達に配りたいときにもおすすめ。甘いものが好きな方へのお土産にぴったりですね。

お菓子のきくち ほっしぃ~も

茨城県在住・40代・専業主婦
茨城県ひたちなか市は、さつまいも生産で有名です。お菓子のきくちから、干し芋パイができました。しっとり系のパイの中に、さつまいも餡が入っています。お芋の自然な風味と甘さがクセになり何個も食べたくなってしまいます。他県に住む友人へのお土産に持参したら喜ばれました。

ナガタフーズ すいーとぽてと

茨城県産の甘みが強いベニアズマを、白餡と練りこんで作った和風スイートポテトのようなお菓子です。紫芋を使ったものもあるので、食べ比べもおすすめ。高級感のある包装で見た目も美しく、お土産に最適です。

ナガタフーズ すいーとぽてと

茨城県在住・40代・会社員
外箱だけみると高級感がありますが、お値段はとても手頃でちょっとしたお土産には最適です。見た目も可愛らしい形で、味も甘すぎることないので、老若男女関係なく喜んでくれます。2種類の味が入っているので、これも得した気分になると思います。年に一度の帰省には、家族やご近所さんに配っています。また娘は大好きなので、荷物を送るときには必ずリクエストがあり、会社の人たちも皆美味しいと言ってるそうです。

手土産にぴったり!茨城県で人気の銘菓をピックアップ

茨城では干し芋が有名だとご紹介しましたが、大切な方への贈り物や季節のご挨拶にもふさわしい、茨城銘菓も人気です。今回は地元の味を知り尽くしている茨城県在住者の方おすすめの、県を代表する銘菓をピックアップしました。

亀じるし製菓 水戸の梅

「水戸の梅」とは、餡の入った求肥をシソの葉で包んだ茨城銘菓。県内では5社のみがその名を冠する銘菓を作ることができ、根強い人気を集めています。

今回のアンケートから注目したのは、嘉永5年創業の老舗和菓子屋「亀じるし製菓(亀印本舗)」です。「水戸の梅」には自家製の白餡と、厳選されたシソの葉を使用。蜜漬けのシソの香りが口いっぱいに広がり、お茶請けにおすすめです。
茨城県在住・60代・会社員
昔から作られている素朴なお菓子です。伝統的なジャパニーズスイーツと言っても過言ではありません。白あんを、赤じその葉でくるみ、紫蘇汁で漬け込んである健康的なお菓子です。茨城県でも何社かが製造されていますが、亀印製菓さんは昔ながらの伝統的な製法で作られているようで、おいしく頂いております。皆様水戸にいらしたときには、是非おみやげにどうぞ。おすすめ致します。

運平堂本店 大みか饅頭

水戸では「光圀(みつくに)饅頭」として親しまれている大みか饅頭。北海道十勝産のこだわり小豆を使ったこし餡を、米粉の生地で包んでいます。保存料は一切使用していないため消費期限は短めですが、昔ながらの味が人気で、多い日には2万個以上売れるのだそう。もちっとした食感と素材の味をお楽しみください。

運平堂本店 大みか饅頭

茨城県在住・20代・専業主婦
駅前に本店があり、饅頭がもちっとしてこしあんがとても美味しいと思います。大きすぎず、甘すぎず、ついつい食べてしまう饅頭です。生地がパサパサではなくもちっとしています。饅頭の大きさが飽きないくらいの大きさで、食べやすいです。

阿さ川製菓 吉原殿中

「吉原殿中」は、もち米から作ったあられを水飴で棒状に固め、きな粉をまぶして仕上げた水戸の銘菓。昔から地元の人に親しまれているお菓子です。中でもおすすめは、明治5年創業「阿さ川製菓(あさ川)」の吉原殿中。無添加・手作りにこだわった製法が生み出す、素朴でシンプルな味が好評です。

阿さ川製菓 吉原殿中

茨城県在住・50代・専業主婦
子供の頃から食べていた懐かしく素朴な味わいのお菓子です。餅米、水飴、きなこの素材で作られ無添加で職人さんが手作業で丁寧に作っています。この美味しさに、やさしいほっこりとした気持ちになります。茨城を代表する銘菓です。
気になるお土産はありましたか?おすすめのお土産に納豆があるというのは、茨城県らしいですね。わらに包まれた納豆は見た目もおいしそうで、納豆が好きな人に喜ばれること間違いなしです。

茨城県産のさつまいもで作られた干し芋は、懐かしく素朴な味で、小腹が空いたときにもぴったり。老舗和菓子店の水戸銘菓は、ちょっとした手土産として喜ばれそうなものばかりでした。お取り寄せもできますので、ぜひ詳しくチェックしてみてくださいね!