【2021】キッズ携帯のおすすめ人気ランキング7選|安い機種やLINEが使えるモデルも紹介

【2021】キッズ携帯のおすすめ人気ランキング7選|安い機種やLINEが使えるモデルも紹介

子供にキッズ携帯を持たせようと思うものの、種類が豊富過ぎて何を基準に選んだら良いのか迷ってしまう。そんな方のために、今回はキッズ携帯の選び方のポイントや、おすすめをランキング形式でご紹介します。ドコモやau、ソフトバンクなどの3大キャリア、格安SIMとの違いについても解説。キッズ携帯を探している方は本記事を参考にしてみてください。

キッズ携帯の特徴
キッズ携帯の選び方
キッズ携帯のおすすめ人気ランキング
まとめ

キッズ携帯の特徴

キッズ携帯は大人用の携帯とどんな点が異なるのでしょうか?ここではキッズ携帯の主な特徴を具体的に解説します。

ブザーやGPS機能などで子供の安全をサポート

ブザーやGPS機能などで子供の安全をサポート
出典:docomo
キッズ携帯にはブザーやGPS機能など、大切な子供の安全を守るサポート機能が充実しています。防犯ブザーは、本体に紐が付いており、緊急時にその紐を引くことで大きな音で危険を周囲に知らせます。また、GPS機能では子供の位置を保護者が把握することも可能です。保護者が家にいない時でも、きちんと家に帰ったか、予定通り塾に行っているかが一目で分かります。

子供の帰宅と同時に保護者へ通知が来るものであったり、子供が遠くへ行ってしまった場合に子供と保護者に知らせてくれたりする機能が搭載した機種もあります。共働き世帯や事情があって子供の側にいられない保護者には便利な機能です。

特定のアプリや機能を制限できる

特定のアプリや機能を制限できる
キッズ携帯は、インターネットやアプリなどの機能を制限できます。アプリに関しては、キッズ携帯用のコンテンツも充実しているので、安心して持たせられるのが魅力です。

携帯電話は便利な反面、保護者が見ていない所で子供が誤った使い方をしてしまわないか気になる所。SNSでのトラブルや有害コンテンツの閲覧、アプリやゲームで高額課金などのリスクを抑えたい方はチェックしておきましょう。

利用料金が安い

利用料金が安い
キッズ携帯の大きな特徴であり、メリットなのが利用料金を安く抑えられること。月額料金は1,000円以下で抑えることができ非常に経済的です。

大人用の携帯だと安くても5,000円前後から、平均すると10,000円を超えることも。もしも、キッズ携帯が大人の携帯料金と同じだった場合、子供が2人、3人と増えれば家計の負担も大きくなってしまいます。子供に携帯を持たせようと検討している方、費用をできるだけ安く抑えたい方は、ぜひキッズ携帯を検討してみましょう。

キッズ携帯の選び方

それではここからはキッズ携帯の選び方のポイントを解説します。タイプや通信事業者、機能など、あらゆる点を考慮しながら、最適のキッズ携帯を見つけてくださいね。

タイプ|スマホとガラケーの2種類から選ぶ

子ども向けスマホ・キッズ携帯の選び方を紹介します。基本的には「ガラケータイプ」「スマホタイプ」の2種類です。それぞれの特徴・機能を比較し掲載。購入前に参考にしてみてください。

▼ガラケータイプ(フィーチャーフォンタイプ)

▼ガラケータイプ(フィーチャーフォンタイプ)
出典:SoftBank
ガラケータイプは最小限の機能でシンプルなデザインが特徴です。操作や登録もかんたん。小学校低学年のお子様におすすめです。

【ガラケータイプのメリット】
  • 防犯ブザーやGPS搭載
  • 登録した人だけに連絡可能
  • docomo・au・SoftBankの3大キャリアの手厚いサポート

【ガラケータイプのデメリット】
  • スマホよりも機能に限りがある
  • 格安SIMが利用できない

ガラケータイプは、「通話やメールのみ」と機能が限られてしまいますが、使いすぎや、知らない人に誤って電話をかけるトラブルを未然に防ぐことができます。

▼スマホタイプ

▼スマホタイプ
出典:TONE MOBILE
スマホタイプは一般的なスマホと同じ機能が搭載しており、小学校高学年〜中学生の1台目におすすめです。

【スマホタイプのメリット】
  • 通常と同じ機能でAndroid搭載
  • 格安SIMで1台から契約可能
  • LINEなどのアプリが使用できる
  • ダウンロード制限などが標準装備

【スマホタイプのデメリット】
  • ゲームや動画などの使用時間の増加
  • ガラケーに比べて月額料金が高い

ガラケーに比べて、多くの機能が使えるスマホタイプは格安SIMを使い、親子で違う通信会社での契約もできます。その分、使用時間の増加やトラブルなどが気になるところ。アプリのダウンロード制限や使用時間制限を使用すれば、安心して使うことができます。

通信事業者|サービスの仕様や価格をチェック

通信事業者は主にau・docomo・Softbankの3大キャリアと、格安SIMのいずれかに分かれます。両方のメリットとデメリットを解説するので、よく考えたうえでどちらにするか決めましょう。

▼3大キャリア

▼3大キャリア
3大キャリアのメリットは、店舗の手厚いサポート、ガラケー含む選べる機種の種類が豊富、保護者と同じキャリアだと家族割が適用の3つが挙げられます。

一方デメリットはというと、格安SIMよりも月額料金が割高であること、保護者が格安SIMの場合はdocomoとSoftbankではキッズ携帯のみの契約は不可であること。auはキッズ携帯のみの契約が可能ですが、GPS機能などを十分に活用できない場合があることに注意が必要です。

▼格安SIM

▼格安SIM
格安SIMは3大キャリアの回線を使用して、格安で利用できる通信サービスを指します。機種によってはフィルタリング機能やGPS機能が有料になる場合も。子供の年齢やライフスタイルに合わせて、どんな機能を用意しておくと良いかを十分に考えておく必要があります。

格安SIMのメリットはプランがシンプルでわかりやすいこと、キッズ携帯用に単体で契約できること、料金が安く経済的なこと。デメリットはスマートフォンタイプしか選べないこと、3大キャリアと比べてサポート体制が不十分な場合があること、機種によっては使いたい機能が有料になることがあります。

名前の通り「格安」を重視するなら格安SIMがおすすめ。サポート体制やプランの分かりやすさを重視するなら3大キャリアを検討してみましょう。

見守り機能|防犯ブザーや居場所確認などができると◎

見守り機能|防犯ブザーや居場所確認などができると◎
キッズ携帯の見守り機能にはさまざまな種類があります。防犯ブザーやGPS機能以外に、登録していない番号からの着信をブロックする「登録外通知ブロック」、セコムなどの警備会社が現場に駆け付ける「現場急行サービス」という機能などが挙げられます。購入の前に、機種にどのような見守り機能があるのかチェックするのが良いでしょう。

機能性|防水・防塵・耐衝撃性に優れているものがおすすめ

機能性|防水・防塵・耐衝撃性に優れているものがおすすめ
雨で濡れる、落とす、失くすなど子どもに予想外な行動はつきものです。そんな屋外でのトラブル防止に役立つ機能を紹介します。

【キッズ携帯の押さえておきたい安心機能】
  • 防水
  • 防塵
  • 耐衝撃機能

雨の日や夏の水遊び、トイレなどのトラブルに備えた「防水」機能。やんちゃに動き回ったり、落としても丈夫な「耐衝撃」機能など、キッズ携帯は、子どもが使うことを想定して作られているので安心です。専用の「保護ケース」や「画面保護フィルム」を使うこともおすすめします。

キッズ携帯のおすすめ人気ランキング

ここからはキッズ携帯のおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介します。どんな機能が付いているかもまとめましたので、参考にしてみてください。
型番:SH-03M

SHARP(シャープ) キッズケータイ

成長に合わせて使える◎

子供が帰宅すると、保護者のスマホのSMSに帰宅したことを知らせてくれるキッズ携帯です。登録外の通知をブロックできる他、保護者のスマホと連動して、携帯の設定や連絡先・スケジュールの変更もできる優れものです。画面はアクリル素材で割れにくく、耐衝撃性も高い点にも注目。また、学年別の漢字変換機能を搭載し、成長に合わせて文字入力の漢字の変換候補が増えるのもポイントです。
タイプ スマホ
GPS機能
見守り機能 防犯ブザー、居場所確認、おかえり通知、登録外ブロック
性能 防水、防塵、耐衝撃
サイズ 5.4×10.1×1.2cm
重さ 約94g
型番:901SI

SEIKO(セイコー) キッズフォン2

学習アプリも搭載のキッズ携帯

知らない人からの通知をブロック、子供の現在地がわかる見守りマップ機能など、多彩な見守り機能が搭載されています。衝撃や落下に強いボディで、活発な子供にも安心です。メインカメラの他にサブカメラも搭載。家族旅行などの思い出作りにも最適。100種類以上の顔認識スタンプで自撮りを楽しめるのもポイントです。漢字学習アプリも搭載しているので、子供の勉強もサポートしてくれます。
タイプ スマホ
GPS機能
見守り機能 防犯ブザー、居場所確認、ただいま通知、登録外ブロック
性能 防水、防塵、耐衝撃
サイズ 5.4×10.7×1.3cm
重さ 約112g
型番:KYF40

京セラ mamorino5(マモリーノファイブ)

防犯ブザーとココセコムで安心サポート

大音量の防犯ブザーが搭載されたキッズ携帯です。ストラップを引くと100dBの音で危険を周囲にお知らせ。力のない子供の場合、指でのスライドスイッチ操作でも音が流れる仕組みとなっています。防犯ブザーが作動するとセコムに通知が入り、現場までスタッフも駆けつけてくれる優れもの。習い事への出発のアラームや自動的に電話がつながる自動応答機能など、便利な機能が充実しています。
タイプ スマホ
GPS機能
見守り機能 防犯ブザー、居場所確認、登録外ブロック、警備員の現場急行サービス
性能 防水、防塵、耐衝撃
サイズ 5.6×9.9××1.5cm
重さ 約105g
型番:TONE e21

フリービット トーンモバイル TONE e21

東京都推奨!AIで安心安全を守るキッズ携帯

見た目は大人が所有するスマホと同じ。中学生や高校生などの背伸びをしたい年頃におすすめです。800万画素のカメラ、指紋&顔認証のダブル生体システムを搭載。端末に問題があった時は購入時の箱に乗せるだけで問題を修復してくれる「置くだけサポート」は必見の機能となっています。AIが家族間のコミュニケーションを観察。子供の現在地などが一目で分かる優れものです。
タイプ スマホ
GPS機能
見守り機能 居場所確認、乗り物通知、フィルタリング
性能 -
サイズ 16.2×7.7×8.8cm
重さ 約185g
型番:ZTF32

ZTE mamorino4(マモリーノフォー)

小学校低学年の手に収まる小型サイズ

持ちやすいサイズで小学校低学年の小さな手のひらにも収まります。それでいて画面は約2.8インチと見やすく、タッチパネルでの操作も楽々。オオカミやウサギなどの可愛いキャラクターが操作をナビゲートしてくれます。習い事や学校行事の管理に便利なスケジュール機能を搭載。防犯ブザーや居場所確認機能に加えて、セコムの現場急行サービスも備わっているので万が一の時も安心です。
タイプ スマホ
GPS機能
見守り機能 防犯ブザー、居場所確認、警備員の現場急行サービス
性能 防水、防塵、耐衝撃
サイズ 5.6×9.9×1.5cm
重さ 約105g

ZTE キッズフォン

タッチパネルで操作が覚えやすい

約2.8インチのタッチパネルを採用したキッズ携帯です。画面に話しかけるだけでアプリが起動するので、子供でも使いやすい仕様。メインカメラに加えサブカメラも搭載してあるので、家族との時間もますます楽しくなります。ストラップを引くだけで作動する防犯ブザー、子供の現在地がわかる見守りマップ、登録外の通話やメールをブロックする登録外ブロックなど機能も充実している点にも注目。
タイプ スマホ
GPS機能
見守り機能 居場所確認、登録外ブロック、警備員の現場急行サービス
性能 防水、防塵、耐衝撃
サイズ 5.7×10.0×1.5cm
重さ 約110g
型番:SoftBank 601S

SEIKO(セイコー) みまもりケータイ4

コンパクト&簡単操作

子供の現在位置を確認できるGPS機能や、指定したエリアの出入り、設定した時間や曜日に位置情報を知らせてくれるキッズ携帯です。防犯ブザーを搭載しているので万が一の時も安心。電車や車などの高速移動を検知すると、保護者の方にも通知が来る仕組みになっています。通話やメールなどの基本機能に加えて、防水や防塵、耐衝撃性にも優れた機能が充実しています。
タイプ ガラケー
GPS機能
見守り機能 防犯ブザー、居場所確認、車や電車での高速移動時のメール通知、警備員の現場急行サービス
性能 防水、防塵、耐衝撃
サイズ 5.1×9.0×1.8cm
重さ 約101g
商品画像
SHARP(シャープ)
SEIKO(セイコー)
京セラ
フリービット
ZTE
ZTE
SEIKO(セイコー)
商品名 キッズケータイ キッズフォン2 mamorino5(マモリーノファイブ) トーンモバイル TONE e21 mamorino4(マモリーノフォー) キッズフォン みまもりケータイ4
特徴 成長に合わせて使える◎ 学習アプリも搭載のキッズ携帯 防犯ブザーとココセコムで安心サポート 東京都推奨!AIで安心安全を守るキッズ携帯 小学校低学年の手に収まる小型サイズ タッチパネルで操作が覚えやすい コンパクト&簡単操作
タイプ スマホ スマホ スマホ スマホ スマホ スマホ ガラケー
GPS機能
見守り機能 防犯ブザー、居場所確認、おかえり通知、登録外ブロック 防犯ブザー、居場所確認、ただいま通知、登録外ブロック 防犯ブザー、居場所確認、登録外ブロック、警備員の現場急行サービス 居場所確認、乗り物通知、フィルタリング 防犯ブザー、居場所確認、警備員の現場急行サービス 居場所確認、登録外ブロック、警備員の現場急行サービス 防犯ブザー、居場所確認、車や電車での高速移動時のメール通知、警備員の現場急行サービス
性能 防水、防塵、耐衝撃 防水、防塵、耐衝撃 防水、防塵、耐衝撃 - 防水、防塵、耐衝撃 防水、防塵、耐衝撃 防水、防塵、耐衝撃
サイズ 5.4×10.1×1.2cm 5.4×10.7×1.3cm 5.6×9.9××1.5cm 16.2×7.7×8.8cm 5.6×9.9×1.5cm 5.7×10.0×1.5cm 5.1×9.0×1.8cm
重さ 約94g 約112g 約105g 約185g 約105g 約110g 約101g
商品リンク

まとめ

今回はキッズ携帯の特徴や選び方、おすすめの機種を紹介しました。子供が親しみやすいデザインであることはもちろん、経済的で家計に優しく、安心性能が高いものが最適です。迷った時はこの記事を参考に、長く愛用できるキッズ携帯を見つけてくださいね。
企画・制作:BestOne編集部

※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。なお、記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

あなたにおすすめの記事
パソコン・スマホ・タブレットランキング
関連記事
おすすめタグ