滲まない!布用ペンのおすすめ人気ランキング14選|洗濯に強いものは?濃い色の生地にも書きやすい白ペンもご紹介!

布に書いてもにじみにくく、洗って落ちにくいのが特徴の「布用ペン」。普通のペンでは書きこみが難しい布に、しっかりとインクが定着する便利なアイテムです。しかし、100均やセリアでも購入ができ、意外にも商品数が多い布用ペン。「パイロット」や「ぺんてる」などメーカーがさまざまあり、どの商品を選ぶか迷いますよね。今回は、布用ペンの選び方とおすすめの商品を人気が高い順にランキングでご紹介します。あなたにピッタリの布用ペンを探してみてください!

布用ペンって何がすごいの?メリット・デメリットをチェック

布用ペンとは?メリットとデメリットは?
出典:Amazon
布用ペンとは、布に直接書けるペンのこと。自分の物に名前を書くのに使う「黒ペン」のイメージが強いですが、最近では「カラータイプ」の布用ペンを使い、無地のTシャツやスニーカーに絵を描いて楽しむ方も増えてきました。

布用ペンのメリットは、なんと言っても衣類に名前を書いたり、無地のTシャツやスニーカーの布地に絵が書けること。水に強く滲みにくい性質を持っているので、頻繁に洗濯する衣類にも使いやすいです。一方で、デメリットはというと、布とペンの相性によって書きずらくなることでしょう。購入するペンと書き込む布地の相性はあらかじめ確認しておきましょう。

失敗しない!布用ペンの選び方!

それではまず、布用ペンの選び方をチェックしましょう。選ぶ際におさえておきたいポイントを、いくつかご紹介します。

インク|にじみにくさが重要!頻繁に洗うなら耐水性に優れたものを

インク|にじみにくさが重要!頻繁に洗うなら耐水性に優れたものを
出典:Amazon
基本的には布に対してにじみにくく作られていますが、にじみにくさの程度はメーカーによって違いがあります。ほとんどにじまないものから、少しにじんでしまうもの、洗濯すると薄くなって見えにくくなるものまで商品によってさまざまです。頻繁に洗うものに書き込む場合は、特に耐水性に優れたインクを使用したものを選ぶ方が良いでしょう。
上履きの名前書きをにじまずキレイに書くコツ!>>
子供の上履きの名前書きは、簡単なように思えますが、いざ書こうとするとどうしたらいいか悩むことが多いもの。向きや場所などの基本的なことから、にじまずきれいに書くコツや便利グッズなどをまとめました。かわいいデコパージュの実例画像もご紹介します

成分|名前を書くなら油性、絵を描くなら水性

通常のペンと同じように、布用ペンにももちろん油性・水性の違いはあります。油性ペンは、書いてから乾くまでの時間が短く、水にも強いのが特徴。自分の物に名前を書く際などに使うと良いでしょう。一方、水性ペンの特徴は発色が良いこと。書いた絵を綺麗に見せたいと思っている方にベストです。

白ペン|黒や紺などの濃い色の生地にはこれ一択!

白ペン|黒や紺などの濃い色の生地にも書きやすい!
出典:Amazon
布用ペンといえば黒、というイメージが強いのではないでしょうか。しかし、白色の布用ペンも多くの方に使用されています。布の生地が黒や紺の場合、黒の布用ペンで書けませんが、白色であれば濃い布地に文字を書くことができるので、1本持っておくと大変便利な商品です。

マービー
マービー 布描きしましょ (オペイク) ホワイト

洗濯しても色が落ちにくい

洗濯をしても色が落ちにくく、耐性水がある商品です。また文字を書くだけではなく、修正したい箇所に使用すれば、修正ペンとしても使えます。使い方の幅が広いので1本自宅にあると便利です。
インク(水性顔料、油性ゲルなど)
ペン先(太字、細筆など)

太さ|名前を書くなら細いペンがおすすめ!

太さ|名前を書くなら細いペンがおすすめ!
出典:Amazon
布ペンを使えば衣服や上履きに名前を書けます。狭い場所に名前を書く際は、太いペン先で書けば文字がにじんで見えづらくなってしまいますが、先が細いペンなら、書きづらい場所にもきれいに名前が書けます。逆に体操服やゼッケンなど書く場所が広いところに名前を書きたい場合は、ペン先が細い物より太いものの方が見やすく便利でしょう。

デコレーション|書いた部分が立体的に浮き出る

種類|書いた部分が立体的に浮き出る
出典:Amazon
無地のトートバックやスニーカーに布用ペンでデザインを描く方が増えています。カラーのペンで書くだけでも綺麗に仕上がりますが、書いた部分が立体的になったり、ラメで際立たせるペンを使うのもおすすめです。オリジナルのデザインの持ち物が欲しい方はぜひ使用してみてください。

タイプ|ボールペン・マーカー・筆の3種類から選ぶ!

布用ペンのタイプは大きく分けて3種類。それぞれの特徴をチェックして、自分の用途に合ったタイプを選びましょう。

ボールペンタイプ

ボールペンタイプ
出典:Amazon
布用ペンを使ったことがない、小さい部分に名前を書きたいという方はボールペンタイプが良いでしょう。普段使っているボールペンと同じ要領で使用できますし、洋服のタグなどの書きづらいところにも簡単に文字が書けます。

マーカータイプ

マーカータイプ
出典:Amazon
マーカータイプは、書いた部分を塗りつぶしたい時にベスト。ゼッケンの数字や絵を描いた部分は細いペンを使うよりペン先の面積が広いマーカータイプの方がすぐに塗り終わるので、作業効率を上げることができます。

筆タイプ

筆タイプ
筆タイプは、柔らかく滑らかな文字を書くのに適しています。ボールペンやマーカータイプに比べて繊細に表現できるので布に絵をかいたりハンドメイドで作品を作りたい方には特におすすめです。

カラーバリエーション|衣類のリメイクに!豊富な色があるものを

カラーバリエーション|衣類のリメイクに!豊富な色があるものを
出典:Amazon
定番の黒に加えて、赤・青・黄、さらにオレンジ・ピンク・金色など、布用ペンのなかでもカラーバリエーションが増えています。またゴールドやシルバーといった、パッと目を惹くカラーを使って絵を描けば、見た目にも華やかでひと味違った質感になるので、Tシャツや靴にお気に入りのイラストを描いてアートを楽しみたい方にもおすすめです。

【黒】布用ペンおすすめランキング7選

型番:MMFP9

清原
染色ペン 太書き用

隠ぺい性に優れ鮮やかに発色

白色のインクですが、隠ぺい性に優れているので、濃い生地や柄に書き込んでも負けることなく鮮やかに発色します。耐水性がよく、洗濯やドライクリーニングも可能。インクは水性顔料で、鼻につくような嫌な臭いもありません。太書き用なので、しっかりわかりやすく書き込みたいときにおすすめです。
インク(水性顔料、油性ゲルなど) 水性顔料
ペン先(太字、細筆など) 太字
型番:XBN15-A

ぺんてる
布書きボールペン

ボールペンタイプで細書きに最適

マーカーではなく、ボールペンタイプの珍しい布用ペンです。マーカータイプよりもペン先が細く、生地の厚さに関係なくスムーズに書けるのが魅力です。特殊な耐洗濯インキを使用しているため、書いたものが洗濯することで消えてしまう心配がありません。にじみにくいので、ガーゼや洋服のタグにも使用可能です。
インク(水性顔料、油性ゲルなど) 水性顔料
ペン先(太字、細筆など) ボールペンタイプ

マービー(MARVY)
布描きしましょ

押すとインクが出てくるプッシュ式

ペン先を押すとインクが出てくるようになっているので、インクが乾きにくく経済的。耐水性が高く色褪せしにくいインクを使用しているので、家庭での洗濯はもちろん、ドライクリーニングにも出せます。有害な有機溶剤を使用していないインクなので、室内で使用していても安心です。
インク(水性顔料、油性ゲルなど) 水性顔料
ペン先(太字、細筆など) 中字
型番:MFPW09

清原
布用染色ペンツイン 太/細

太字と細字どちらも書ける

1本で細字も太字も書けるツインタイプなので、用途に合わせて太さの異なるマーカーを買う必要がなく便利です。インクに水性顔料を使用しており、水に強くにじみにくいのも魅力です。書いた後の仕上げとして、アイロンをあてるとさらに色落ちしにくくなります。起毛や化繊など生地の種類によっては適さないものもあるので、試し書きしてから使いましょう。
インク(水性顔料、油性ゲルなど) 水性顔料
ペン先(太字、細筆など) 太字、細字
型番:YKT3-P

サクラクレパス
マイネーム ツイン 3本

インキ粘度が2倍でにじみにくい

インキが通常マーカーの約2倍の粘度があるため、一回書くだけで生地にしっかりと染み付いてくれるペン。水や摩擦にも強く、洗濯しても色落ちや色移りがしにくいのが特徴です。書き直しの頻度が少なくなるので、手間が省けて便利。細字と極細のツインタイプですが、先が割れないように工夫されているため、繰り返し使用しても長持ちします。
インク(水性顔料、油性ゲルなど) 油性アルコール染料
ペン先(太字、細筆など) 細字、極細

三菱鉛筆
uni 油性 なまえペン パワフルネーム

顔料インクで黒さくっきり

インクは油性顔料のため、あらゆる素材に書いてもくっきりとした黒さです。インクをはじきやすいとされるクラフトテープやガラスにも、問題なく書き込むことができます。布に書いてもにじみにくく、こすれにも強いのが特徴。洗濯にも強いので、頻繁に洗う機会の多いものにも安心して使用できます。
インク(水性顔料、油性ゲルなど) 油性顔料
ペン先(太字、細筆など) 細字丸芯+極細

パイロット
タフウォッシュ 布書きペン

色が濃いのでハッキリ書ける

油性ゲルなので、つるつるとした生地や目が粗くデコボコがある生地にも、インクがにじむことなく書き込むことができます。細字タイプなので、スペースが小さいところでも文字数を書くことは難しくありません。細字ですが色が濃くはっきりとしているので、持ち物の名前書きに最適です。
インク(水性顔料、油性ゲルなど) 油性ゲル
ペン先(太字、細筆など) 細字

商品比較表

商品画像
パイロット
三菱鉛筆
サクラクレパス
清原
マービー(MARVY)
ぺんてる
清原
商品名 タフウォッシュ 布書きペン uni 油性 なまえペン パワフルネーム マイネーム ツイン 3本 布用染色ペンツイン 太/細 布描きしましょ 布書きボールペン 染色ペン 太書き用
特徴 色が濃いのでハッキリ書ける 顔料インクで黒さくっきり インキ粘度が2倍でにじみにくい 太字と細字どちらも書ける 押すとインクが出てくるプッシュ式 ボールペンタイプで細書きに最適 隠ぺい性に優れ鮮やかに発色
インク(水性顔料、油性ゲルなど) 油性ゲル 油性顔料 油性アルコール染料 水性顔料 水性顔料 水性顔料 水性顔料
ペン先(太字、細筆など) 細字 細字丸芯+極細 細字、極細 太字、細字 中字 ボールペンタイプ 太字
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

【カラー】布用ペンおすすめランキング4選

型番:EK‐S6B

サクラクレパス
水性ペン エスピエ デコレーションペン 細字 6色

書いた字が立体的に浮き出る!

書いた部分が立体的に浮き出る水性ペン。キラキラとしたラメの入ったカラーや上品な光沢のゴールドカラーは、部分的に使用するだけでもパッと華やかな印象に変えることができます。布に限らず、紙やプラスチックにも使用できるので、メッセージカードやアルバム作りにもおすすめ。
インク(水性顔料、油性ゲルなど) サクラクレパス
ペン先(太字、細筆など) 細字
6色
型番:FMS-1300

エポックケミカル
ぬのペン12本セット

チャコペン付きで下書きにも便利

すべて違う色が入っていて、カラーバリエーションが豊富な12本セットの布用ペン。赤や茶色などさまざまな色が揃っているので、文字だけでなくイラストを書くのにも最適です。1本はチャコペンで、下書きをするのにも便利。耐水・耐光性に優れているので、使用頻度の高いものにも使えます。
インク(水性顔料、油性ゲルなど) 水性顔料
ペン先(太字、細筆など) -
12色

ohuhu
ファブリックツインマーカーセット

豊富なカラーバリエーション

発色が鮮やかな36色入りでカラーバリエーションが豊富なため、子どもから大人まで楽しめるセット内容。筆先は太すぎず細すぎない太さで、イラストも文字も書きやすいです。インクには有害な成分を使っていないので、子どもにも安心して与えることができます。ニュアンスの効いたカラーもあるので、コスプレ衣装を手作りする方にもおすすめです。
インク(水性顔料、油性ゲルなど) 耐水性顔料
ペン先(太字、細筆など) ミディアム
36色
型番:PFC-W10A-000S

呉竹
水性ペン 布用 布書き ZIG ファブリカラー 12色

Tシャツやエコバックを自由にデザインできる

水にぬれても色落ち・にじみにくいため、洗濯する機会が多いTシャツや靴にも書きやすい商品です。太いペン先と細いペン先が一緒になったツインマーカー構造なので、色を塗る・文字を書くなど、パターンに合わせて使い分けができます。普段使っている物にアレンジを加えてオリジナルイラストを描いたり、子供の持ち物を自分でデザインしたい方は特におすすめ◎
インク(水性顔料、油性ゲルなど) 呉竹
ペン先(太字、細筆など) ツイン
12色

商品比較表

商品画像
呉竹
ohuhu
エポックケミカル
サクラクレパス
商品名 水性ペン 布用 布書き ZIG ファブリカラー 12色 ファブリックツインマーカーセット ぬのペン12本セット 水性ペン エスピエ デコレーションペン 細字 6色
特徴 Tシャツやエコバックを自由にデザインできる 豊富なカラーバリエーション チャコペン付きで下書きにも便利 書いた字が立体的に浮き出る!
インク(水性顔料、油性ゲルなど) 呉竹 耐水性顔料 水性顔料 サクラクレパス
ペン先(太字、細筆など) ツイン ミディアム - 細字
12色 36色 12色 6色
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
今回は、布用ペンの選び方とおすすめの商品をランキングでご紹介しました。インクの種類や太さ、色など種類は様々ありますが、用途に合わせた商品選びをすることが大切です。洗濯するものであれば耐水性の高さも重要なポイントになるでしょう。紹介した選び方を参考にして、使いやすい商品を見つけてみてください!
おすすめ記事