デジタルフォトフレームおすすめ人気ランキング14選|高画質でwifiに対応しているのは?

スマートフォンなどで撮影した写真を見ることができるデジタルフォトフレームは便利な商品です。しかし、富士フイルムやソニーなど、様々なメーカーから安いものから高いものまで最新機種が続々と、販売されていることもあり、自分に合った商品が選びにくいのが現状です。そこで、使いやすい大きさや内蔵メモリを確認し、おすすめのランキングをチェックしていきましょう。

失敗しない!これだけチェック!

失敗しないためのデジタルフォトフレームの選び方とチェックポイントをご紹介します。チェックしてみましょう。

7インチ~8インチ|コンパクトに色々な場所に置ける

デジタルフォトフレームは大きなものから小さなものまで販売されています。目安として7~8インチが見やすく、置き場所にぴったりのものを選ぶのがおすすめです。せっかく買っても、大きすぎて置く場所がないというトラブルを事前に防ぐことができるので、寸法を測っておくことが大切です。

15インチ|インテリアや大人数で見るなら!

広い部屋やインテリアの一部としての使用を考えるなら、10インチ以上から15インチ程度の大型タイプがおすすめです。あまりに小さいと遠く離れた場所から見えにくいので、使用する場所を考えて利用するのが良いでしょう。比較で例えると15インチ程度は、ノートパソコンサイズだと覚えておくとイメージがしやすくなります。

解像度|800×480ピクセル以上だと高画質

解像度|800×480ピクセル以上だと高画質
楽しい旅行の思い出や、家族やペットの写真を見るのであればきれいな画質がおすすめです。そこでチェックしたいのが解像度です。解像度とは画像の細かさを表す単位で、800×480ピクセル以上だと高画質だと言われています。パッケージなどに記載されていますので、確認しましょう。

内蔵メモリ|2GBあれば十分

デジタルフォトフレームは内蔵メモリに画像を取り込んで表示させる仕組みです。そのため、内蔵メモリが大きければ大きいほどより多くのデータ、つまり写真を保存することができます。機種によっては内蔵メモリがないものもあり、その場合はSDカードのような外部メモリをセットして読み込みます。

外部メディア|接続可能なメモリは要チェック

ほとんどの機種ではSDカードなどの外部メディアに接続可能です。USBメモリやメモリースティックのようなものから、Bluetoothや無線LANなどを介して、遠隔で画像を転送できるものもあります。自分のカメラと同じメディアであればそのまま使用できるので便利ですし、無線LANがあることで送信も楽になります。

機能|音楽再生や目覚ましなども

写真以外にも、カレンダー機能や音楽が再生できるものもあります。お部屋のBGMを流したり、目覚ましやタイマーにしてもO.K。記念日を設定しておけば、あらかじめ指定した時間に思い出の写真や音楽を流せるので、場の雰囲気を盛り上げてくれることでしょう。インテリアとしてだけでなく、実用品としても活用できます。

リモコン|離れたところから操作できる。便利な人感センサーも

リモコンが付属されていれば、電源のオンオフが簡単にできて便利です。来客時にさっとオンにして写真を見せたり、逆に見られたくない写真を飛ばしたり……。また、人感センサーを搭載しているものは、近くに人が来たらオン、いなくなったらオフになり、省エネにも役立ちます。旅行中など電源を消し忘れて電気代がかさむなどのトラブルも防げます。

デジタルフォトフレームの人気ランキング

人気のデジタルフォトフレームのランキングをご紹介します。
型番:DP-850SH

FUJIFILM(富士フィルム)
デジタルフォトフレーム

見やすさにこだわったフォトフレーム

富士フィルムが見やすさにこだわって作った製品。映り込みを低減する加工をしているため、外などの光やライトの明かりを気にすることなく楽しむことができます。赤外線通信も搭載しているので、簡単に取り込めて便利です。記念日を設定できる機能があり、設定した日付になると画像と音楽で知らせてくれます。
インチ 8.5
解像度 800×480
メモリ容量 2GB
外部メディア SD/MS/xD/MMC/CF
型番:KD10FR-W AZ

恵安(keian)
デジタルフォトフレーム

10インチ、薄型でシンプルデザイン!

薄型ですが迫力のある写真や動画が楽しめます。また、デジタルフォトフレームをつけたい時間と終了したい時間を指定しておけば、自動で電源をオン、オフすることが可能。壁掛けにもでき、どこから見てもスタイリッシュなデザインは、結婚祝いや出産祝いのプレゼントにもおすすめです。
インチ 10
解像度 1024×600
メモリ容量
外部メディア SD/MMC/USBフラッシュ
型番:AKY-19

AKEEYO
LEDデジタルフォトフレーム

大きな液晶で動画と音楽も楽しめる

10.1インチの大きな液晶には高画質LEDバックライトが搭載されていて、とても見やすいのが特徴です。写真だけでなく動画や音楽の再生も可能で、カレンダー表示にも対応しています。電源のオンとオフを予約できる機能があるため、寝ている間の電気代なども気にならずに起きている間だけ写真を楽しめます。
インチ 10.1
解像度 1366×768
メモリ容量
外部メディア SD/SDHC/MMC /USBメモリ
型番:20-1

Jimwey
デジタルフォトフレーム

人感センサー機能搭載で操作も簡単

人感センサー機能搭載により、3メートル以内に人がいるかどうかを感知して写真や動画を再生します。電源を入れてメモリーカードを入れるだけで画像が表示されるために、初心者でも簡単に扱うことができます。自立スタンドによりどこでも画像を楽しむことができ、リモコン操作も可能です。
インチ 10
解像度 1024×600
メモリ容量
外部メディア SD/ MS /MMC /USBメモリ
型番:916575

Kenuo
デジタルフォトフレーム

広視野角でどこからでも見やすい

斜めからでもきれいに見ることができる広視野角で、壁に掛けても使うことができます。写真に加えて音楽や動画も再生でき、LEDバックライトにより思い出の写真を鮮やかに再生します。縦置きや横置きにも対応していて、置く場所を選ばない便利なデジタルフォトフレームになっています。
インチ 10.1
解像度 1024×600
メモリ容量
外部メディア TF/SD/MMC
型番:SMXC01

BUG HULL
デジタルフォトフレーム

低消費電力で多彩な機能が魅力

低消費電力なLEDを採用することで、明るく鮮明な画質を実現しました。カレンダーや時計に加えて目覚ましなどの多彩な機能により、生活になくてはならない一品です。画像のファイル管理や、お気に入りの画像を1枚だけ表示したり、スライドショーにしても楽しむことができます。
インチ 7
解像度 1024×600
メモリ容量
外部メディア MS/SD/MMC/USBメモリ
型番:MAYOGA-1

MAYOGA
デジタルフォトフレーム

電子書籍の閲覧もできる機種

デジタルフォトフレームで写真や動画を楽しめるのは当たり前という時代になりましたが、この機種はさらに電子書籍の閲覧も可能です。明るさの調整が可能で、写真や電子書籍など自分が見たい状況に合わせて見やすい明るさにすることができ、目への負担も軽減することができます。
インチ 10
解像度 1024×600
メモリ容量
外部メディア SD/SDHC/MMC /USBメモリ
型番:フォトパネル 04 ホワイト

docomo(ドコモ)
フォトパネル

高品質な製品で安心

ドコモと契約しなくても使用できるフォトフレームで、国内メーカーならではの高品質さが魅力です。SDに保存した画像を表示するほか、内蔵メモリもあるので持ち運びにも便利です。9インチというサイズは写真を楽しむには十分な大きさで、子供からお年寄りまで楽しむことができます。
インチ 9
解像度 800×480
メモリ容量 2GB
外部メディア SDHC/MMC
型番:DPFD720WI

SONY(ソニー)
デジタルフォトフレーム S-Frame

4000枚の写真と40曲の音楽が楽しめる

内蔵メモリが豊富で約4000枚の写真と40曲の音楽を楽しむことができます。スライドショーは10パターン用意されていて、間隔などを好みで選ぶことが可能です。デザインもおしゃれで、どのような部屋にもマッチして、写真の縦や横の判別も自動で行ってくれるために使いやすいです。友人や大切な方へのプレゼントにもぴったり。
インチ 7
解像度 800×480
メモリ容量 2GB
外部メディア SD/MS/MMC/USBメモリ
型番:QLC12DZXC002BA

Vinteky
デジタルフォトフレーム

横置きだけでなく縦置きも可能

多くのデジタルフォトフレームは横置きが基本になっていて、縦の写真が小さくなってしまいます。しかし、この機種であれば縦置きも可能ですので、撮影した写真の魅力を存分に感じることができます。イヤホン端子もありますので、音楽を楽しんだり目覚ましとして使うなど様々な使い方ができる機種です。
インチ 12
解像度 1280×800
メモリ容量
外部メディア USBドライブ、MMC、SD、MS、SDHC
型番:DGW

MUHEN
デジタルフォトフレーム

MP4などの多彩な形式に対応

写真はJPEGやBMPに対応し、音楽再生はMP3やMP2など複数の形式に対応しているため自分が保存している形式をそのまま使うことができます。動画に関してもMP4や3GPに対応していて便利です。音楽再生とスライドショーは同時に再生できますので、視覚と聴覚で楽しめます。
インチ 10.1
解像度 1024×600
メモリ容量
外部メディア TF/SD/MMC
型番:D720

SONY(ソニー)
デジタルフォトフレーム S-Frame

高画質・操作性の高さが魅力

高画質を楽しめるだけでなく、縦・横・壁掛けに対応している利便性の良さもポイントです。音楽も流せることでスライドショーも、より楽しめる要素といえます。内臓メモリーには約4000枚を保存することができ、リモコンやUSBケーブルでパソコンに接続する
インチ 7
解像度 800×480
メモリ容量 2GB
外部メディア SD/MS/MMC/USB
型番:frame-7-BK

Onlydroid
デジタルフォトフレーム

人感センサーで省エネを実現

2メートル以内に人がいるかどうかを感知して作動するのでとても省エネです。バックライトにはLEDを採用し、明るさとコントラストの強弱がつけられます。離れたり、斜めからでも見やすい液晶で家のどこに置いても使いやすいです。カードを入れるだけで写真や動画を再生できる簡単設計です。
インチ 7
解像度 1024×600
メモリ容量
外部メディア SD/USBメモリ
型番:DF0013

MRQ
デジタルフォトフレーム

様々な角度からでも自然で高画質

こちらの商品の特徴は、「In-Plane Switchingパネル」を使用していることで、様々な角度からでも高画質な画像を楽しむことができることです。便利な機能として、自動でONとOFFができる人感センサー、時計やカレンダーなど、普段使いとしてぴったりなデジタルフォトフレームです。
インチ 10.1
解像度 1024×600
メモリ容量
外部メディア

商品比較表

商品画像
MRQ
Onlydroid
SONY(ソニー)
MUHEN
Vinteky
SONY(ソニー)
docomo(ドコモ)
MAYOGA
BUG HULL
Kenuo
Jimwey
AKEEYO
恵安(keian)
FUJIFILM(富士フィルム)
商品名 デジタルフォトフレーム デジタルフォトフレーム デジタルフォトフレーム S-Frame デジタルフォトフレーム デジタルフォトフレーム デジタルフォトフレーム S-Frame フォトパネル デジタルフォトフレーム デジタルフォトフレーム デジタルフォトフレーム デジタルフォトフレーム LEDデジタルフォトフレーム デジタルフォトフレーム デジタルフォトフレーム
特徴 様々な角度からでも自然で高画質 人感センサーで省エネを実現 高画質・操作性の高さが魅力 MP4などの多彩な形式に対応 横置きだけでなく縦置きも可能 4000枚の写真と40曲の音楽が楽しめる 高品質な製品で安心 電子書籍の閲覧もできる機種 低消費電力で多彩な機能が魅力 広視野角でどこからでも見やすい 人感センサー機能搭載で操作も簡単 大きな液晶で動画と音楽も楽しめる 10インチ、薄型でシンプルデザイン! 見やすさにこだわったフォトフレーム
インチ 10.1 7 7 10.1 12 7 9 10 7 10.1 10 10.1 10 8.5
解像度 1024×600 1024×600 800×480 1024×600 1280×800 800×480 800×480 1024×600 1024×600 1024×600 1024×600 1366×768 1024×600 800×480
メモリ容量 2GB 2GB 2GB 2GB
外部メディア SD/USBメモリ SD/MS/MMC/USB TF/SD/MMC USBドライブ、MMC、SD、MS、SDHC SD/MS/MMC/USBメモリ SDHC/MMC SD/SDHC/MMC /USBメモリ MS/SD/MMC/USBメモリ TF/SD/MMC SD/ MS /MMC /USBメモリ SD/SDHC/MMC /USBメモリ SD/MMC/USBフラッシュ SD/MS/xD/MMC/CF
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる
デジタルフォトフレームは写真を楽しむ以外にも、音楽や動画にアラームといった機能が付属している製品もあります。また、結婚祝いなどにも活用できるのでおすすめです。ケーブルがあればTVやパソコンに接続できる点や、置く場所やどこで見るのかという点を重視しながら、選び方とランキングから探すと自分に合ったものを見つけることができるでしょう。
おすすめ記事