温泉卵器おすすめ人気ランキング6選|使い方は簡単!レンジは10分、お湯は20分で半熟卵に

絶妙なとろとろ加減が美味しい温泉たまごを自宅で簡単に作ることができる「温泉たまご器」。温泉たまご器は大きく分けて2タイプあり、時間を調節することで半熟たまごや固ゆでたまごができるものも!今回は6社の温泉たまご器をタイプ別にご紹介します。

温泉たまご器・タイプ別の選び方

「お湯タイプ」と「レンジタイプ」の2種類

お湯を入れて待つタイプ

お湯を入れて待つタイプ
出典:Amazon
容器に規定量の熱湯を入れ、放置することで温泉たまごを作るタイプです。電源コードが備わっているものはぬるま湯や水でもOK。

電子レンジやガスコンロなどを占領することもないのでお弁当作りなど同時進行で調理したい方にもおすすめ。出来上がりをブザーで教えてくれるなど、時間を気にせず放置できる商品もありますよ。

電子レンジを使うタイプ

電子レンジを使うタイプ
出典:Amazon
電子レンジを使うタイプは、温泉たまごはもちろん固ゆでたまごなどしっかりと火を通したいものを作る際におすすめ。お湯を入れて待つタイプや鍋で茹でて作るよりも速く出来上がるため、時間のない朝にぴったりです。

ただしゆで卵など固めのたまご作りに向いているため、時間やワット数などを調節する必要があります。

お湯を入れて待つタイプ人気商品4選

型番:EG-HA06

象印
温泉たまご器 マイコン式

白くて丸みのあるボディが可愛い!機能性も抜群

一度に1~6個まで作ることができる「象印 EG-HA06」は、温泉たまごの他に、半熟たまごや固ゆでたまごを作ることもできます。ボタン一つで好みの固さのたまごが出来る時間をセット。出来上がりはブザーで知らせてくれるため、自分で時間を計る必要もありません。
個数(個) 6
サイズ(mm) 215×200×235
重さ(g) 900
目安時間(分) 温泉卵・約30~35、半熟卵・約15~20、固ゆで卵・約30~35

丸辰
まろやか 温泉たまご器

無駄な機能なし!温泉卵を毎日食べたい方におすすめ

エッグスタンドにラジウム鉱石が配合されている「丸辰 まろやか 温泉たまご器」。こちらは一度に2個の温泉たまごを作ることができます。常温に戻した卵だけでなく、冷蔵庫から取り出したばかりの卵も使用可能です。
個数(個) 2
サイズ(mm) 14.8×126×102
重さ(g) 180
目安時間(分) 常温の場合2個・約20~22、冷蔵庫から出した場合2個・約25~30

アーネスト
温泉たまご器 たま5ちゃん

レシピ付きが嬉しい!ご家族が多い家庭に◎

「アーネスト 温泉たまご器 たま5ちゃん」は一度に最大5個の温泉たまごが作れる、大きめサイズの温泉たまご器です。内装と外装の間に設けられた断熱材と空気層の4層構造によって、より保温&保冷効果に適した作りになっています。本体の裏側に印刷された温泉たまごレシピで、温泉たまご料理のレパートリーも増えそうです。
個数(個) 5
サイズ(mm) 172×172×180
重さ(g) 610
目安時間(分) 約20

セイエイ
温玉ごっこ

夏は氷入れに!ひとつで二役の便利さが魅力

熱湯を注いで待つ「セイエイ 温玉ごっこ」。時間調節をすることでゆでたまごを作ることも可能です。サイズは2個用、4個用の2種類。本体が断熱容器になっているため、暑い夏にはアイスペール代わりとして使うのもおすすめです。

個数(個) 小2、大4
サイズ(mm) 小148×115×105、大170×140×125
重さ(g) 小220、大320
目安時間(分) 小6~15、大7~18(個数や卵の状態による)

お湯を入れて待つタイプ人気商品比較表

商品画像
セイエイ
アーネスト
丸辰
象印
商品名 温玉ごっこ 温泉たまご器 たま5ちゃん まろやか 温泉たまご器 温泉たまご器 マイコン式
特徴 夏は氷入れに!ひとつで二役の便利さが魅力 レシピ付きが嬉しい!ご家族が多い家庭に◎ 無駄な機能なし!温泉卵を毎日食べたい方におすすめ 白くて丸みのあるボディが可愛い!機能性も抜群
個数(個) 小2、大4 5 2 6
サイズ(mm) 小148×115×105、大170×140×125 172×172×180 14.8×126×102 215×200×235
重さ(g) 小220、大320 610 180 900
目安時間(分) 小6~15、大7~18(個数や卵の状態による) 約20 常温の場合2個・約20~22、冷蔵庫から出した場合2個・約25~30 温泉卵・約30~35、半熟卵・約15~20、固ゆで卵・約30~35
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる

電子レンジを使うタイプ人気商品2選

曙産業
レンジでらくチン!ゆでたまご

人数に合わせてサイズ選び。温泉卵以外に半熟卵なども

「レンジでらくチン!ゆでたまご」は、2個用、3個用、4個用とサイズのバリエーションが豊富で、家族の人数に合わせて最適なものを選べます。本体にハンドルがついており、加熱後に熱くなった部分に触れることなく、安全に卵を取り出せるのも嬉しいですね。
個数(個) 小2、大4
サイズ(mm) 小90×170×105、大145×150×135
重さ(g) 小140、大285
目安時間(分) 500~600W・約10~11、700W~800W・約9~10(個数にもよる)

コッコクック レンジでゆで卵

可愛さに毎日使いたくなること間違いなし!

「コッコクック レンジでゆで卵」はニワトリの形が可愛い、電子レンジ用のたまご調理器です。サイズは1個用、4個用の2種類で、4個用は卵型のものもあります。また、電子レンジでの加熱時間を調節することで、自分好みの固さのたまごを作ることができます。温泉卵の他に半熟と固ゆで卵も調理可能。

個数(個) 小1、大4
サイズ(mm) 小68×70×115、大147×141×140
重さ(g) 小68、大191
目安時間(分) 10分以内

温泉卵を使ったレシピ8選

温泉卵器で簡単に温泉卵が作れるとなれば、どんな料理に使えるのか気になりますよね。簡単・美味しい・見栄えが良い!そんなレシピを8選ご紹介しています。

温泉卵を使ったレシピはこちら!

とろとろ食感の温泉卵レシピを詳しく解説しているのでぜひチェックしてみてくださいね。
とろとろ~な温泉卵の作り方&温泉卵を使ったレシピ8選|All About(オールアバウト)
とろとろ~な温泉卵の作り方&温泉卵を使ったレシピ8選|All About(オールアバウト)>>
旅館やホテルの朝食に出る「温泉卵」はトロ~とした食感が美味しいですよね。いざ家で作ってみると卵が茹で過ぎて固くなったり、半熟感がなく生だったり、意外と難しい・・・。温泉卵を失敗なく簡単に作るレシピと温泉卵を使った料理を紹介します。
以上、6社の温泉たまご器をご紹介しました。こんなに簡単に温泉卵が毎日食べられるなんて、嬉しいですよね。「あと一品ほしい」を手軽に叶えてくれる、温泉たまご器をぜひ使ってみませんか?
おすすめ記事