レスポール・カスタムおすすめモデル8選【エピフォン、ギブソンなど】|スタンダードとの違いと歴史!音作りに

レスポール・カスタムおすすめモデル8選【エピフォン、ギブソンなど】|スタンダードとの違いと歴史!音作りに

レスポール・カスタムの歴史や特徴、スタンダードモデルとの違いについて解説します。レスポール・カスタムを愛用しているミュージシャンや、彼らの愛用するスタイルのレスポール・カスタム、ホワイトや3PUのモデル、またギブソンやエピフォンから出ているモデルについて、おすすめも紹介します。

この記事に登場する専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら
レスポール・カスタムとは?
レスポール・カスタムを愛用するミュージシャン
おすすめのギブソン・レスポール・カスタム
エピフォンからも発売されているレスポール・カスタム
そのほかのメーカーのレスポール・カスタムタイプ
この記事に登場した専門家

レスポール・カスタムとは?

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん

レスポール・カスタムの歴史

ゴールドトップのレスポールの上位機種として1954年に発売されたレスポール・カスタムは、ブラックフィニッシュを多層のバインディングやゴールドカラーのピックアップカバー、ブリッジなどによって装飾されたエレガントなルックスのモデルです。

1960年には生産が中止され、1968年に再開。マホガニーだったボディ材は、再開後にはマホガニーバック、メイプルトップのラミネートボディに変更されました。

さらに1969年頃からはマホガニー・メイプル・マホガニーの3プライボディに変更になります。これは俗称「パンケーキ」として高い人気を誇ります。

レスポール・カスタムの特徴

レスポール・カスタム
大きな特徴は、ブラックもしくはホワイトのエレガントなフィニッシュ、多層バインディング、そしてヘッドの美しいインレイ、スプリット・ダイアモンド・インレイでしょう。

それらと並んで大きな特徴のエボニー指板ですが、これについては現在価格の高騰に伴ってギブソンではリッチライトと呼ばれる人口的な素材に変更されることが多くあります。リッチライトは人口樹脂のために品質が安定しており、またそのクオリティも非常に高いためにギブソンのギターにおいては安定したエボニーの代用材になっています。

スタンダードモデルとの違い

生産再開後のレスポールカスタムについて、ウッドマテリアルにおけるレスポールスタンダードとの大きな違いは指板です。

スタンダードではローズウッドが使われているのに対して、カスタムではエボニーが使われています。これによりサウンドはダークでタイトになり、ロックミュージシャンには特に人気を博しました。

また、1969年頃、ボディがパンケーキになったのとほぼ同時期に、ネックは3pのラミネートネックに。これもサウンドの変化に大きな影響を及ぼしました。

レスポール・カスタムを愛用するミュージシャン

ジミー・ペイジ

伝説的ロックバンド、レッド・ツェッペリンのスーパーギタリスト、ジミー・ペイジは、レスポール・カスタムの愛用者として知られています。

ブルースを基調にしながらも、先進的なハーモニーやキャッチーなリズムを取り入れたリフは、ロックギタリストのお手本ともいうべきもの。単純なギタープレイ自体の他にも、例えばテルミンを使った演奏やバイオリンの弓を使った演奏など、革新的な奏法を多く自らの音楽に取り込みました。

EPIPHONE ( エピフォン ) Les Paul Black Beauty 3PU

Epiphone Les Paul 3PU Black Beauty

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年4月22日 13:16時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

スラッシュ

LAメタルを代表するハードロックバンド、ガンズ・アンド・ローゼズのギターヒーロー、スラッシュはレスポール好きとして知られ、当然レスポール・カスタムも使用しています。

ブルージーでありながらもストレートな音選びで、ドライブ感を持つ早弾きがスラッシュのギタープレイの最大の特徴。またそのサウンドは、多くのフォロワーを生み出すほどにロック。ハードロックのお手本サウンドですね。

Epiphone by Gibson Les Paul Custom Pro

Epiphone by Gibson Les Paul Custom Pro (Ebony)

参考価格: 52,800

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

52,800 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月27日 02:28時点 rakuten.co.jp: 2020年6月8日 07:36時点 shopping.yahoo.co.jp: 2020年6月7日 19:48時点 paypaymall.yahoo.co.jp: 2020年6月7日 19:48時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

鮎川誠(シーナ&ザ・ロケッツ)

ロックバンド、シーナ&ザ・ロケッツでギターを担当していた鮎川誠さんもレスポール・カスタムの愛用者のひとりです。

ブルースを基調にしたロックギターが最大の持ち味で、人柄が滲み出るようなソウルフルなギタープレイは瞬く間に高い人気を獲得しました。本人の所有するレスポール・カスタムは1969年製。フレットレスワンダーと呼ばれる低いフレットが取り付けられており、独特の弾き心地が特徴です。

Gibson Custom Shop 1968 Les Paul Custom Lightly Aged/Ebony

Gibson Custom Shop 1968 Les Paul Custom Lightly Aged/Ebony

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2018年5月11日 16:26時点 rakuten.co.jp: 2018年5月11日 16:26時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

おすすめのギブソン・レスポール・カスタム

Gibson Les Paul Custom Alpine White

レスポールカスタム発売当初にはなかった白のフィニッシュ、通称"アルペンホワイト"カラーのレスポールカスタムがこちら。

ヒストリックコレクションのようにヴィンテージをリイシューするスタイルではなく、あくまで現代的なレスポールカスタムを最高のクオリティで組み上げたものです。ボディはワンピースの高品位なマホガニーをバックに、トップにはメイプルを配し、指板は人工樹脂であるリッチライトです。

Gibson Les Paul Custom Alpine White

参考価格: 429,840

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

429,840 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

69,080 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月26日 08:24時点 shopping.yahoo.co.jp: 2021年4月22日 13:20時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

エピフォンからも発売されているレスポール・カスタム

Epiphone Les Paul Custom PRO Ebony

エントリーユーザー向けのモデルをリリースするギブソン参加ブランドの「エピフォン」より発売されている、レスポールカスタムがこちら。

通称「ブラックビューティー」と呼ばれる、もっともクラシックなスタイルのレスポールカスタムをモチーフにしています。中身は非常に現代的で、特にハムバッキングピックアップのコイルを片方キャンセルして、シングルコイルのサウンドを出力するタップ機能は非常に利便性が高く、幅の広い音作りをサポートします。

Epiphone Les Paul Custom PRO Ebony

参考価格: 69,080

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

69,080 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月26日 08:24時点 shopping.yahoo.co.jp: 2020年6月7日 19:48時点 paypaymall.yahoo.co.jp: 2020年6月7日 19:48時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

Epiphone Les Paul Custom Pro Alpine White

レスポールカスタムといえばブラックビューティーが有名ですが、ランディ・ローズなどの現代的なギターヒーローの活躍により、アルペンホワイトのフィニッシュのものも人気が沸騰しています。

これだけの低価格でありながらもマホガニーバック、メイプルトップのボディに、マホガニーネックをセットネックによりジョイントしています。レスポール・カスタムらしいサウンドやルックスが正しく手に入る、正当な廉価版レスポール・カスタムだといえます。

Epiphone Les Paul Custom Pro Alpine White

参考価格: 79,800

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

79,800 (税込)

初めてのお買い物限定:1000円OFFクーポン配布中

70,180 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

67,100 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月27日 02:28時点 rakuten.co.jp: 2021年7月8日 07:55時点 shopping.yahoo.co.jp: 2021年4月22日 13:22時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

そのほかのメーカーのレスポール・カスタムタイプ

PhotoGenic LP-300/BK

エントリーユーザー向けに安価な価格のギターを展開するフォトジェニックブランドから発売されるレスポール・カスタムタイプがこちら。

ネックにはマホガニーに似た特製のナトーが、また指板にはエレキギター用木材としては定番のローズウッドが使われています。バインディングやヘッドインレイの雰囲気はかなりそれっぽく作られており、特にターゲットとされるエントリーユーザーにとっては非常に魅力的だと思います。

PhotoGenic LP-300/BK

参考価格: 25,560

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

25,560 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月26日 07:30時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

Tokai ALC62BB レスポールカスタムタイプ

日本のエレキギター作りの黎明期から存在感を示し、特にギブソンのスタイルでの製作については非常に高い評価を得ているトーカイ。そのトーカイが手がけるエントリーユーザー向けのレスポール・カスタムがこちらのアイテムです。

ボディはマホガニーバックにメイプルトップ、指板はローズウッド、そしてネックはメイプルです。ネックにメイプルを使うのはギブソンスタイルとしてはあまり多くはありませんが、ネック折れの事例が少なくないレスポールのネックにメイプルを使うのは、強度の面においては確実にポジティブな効果が得られます。

Tokai ALC62BB

参考価格: 53,568

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

53,568 (税込)

初めてのお買い物限定:1000円OFFクーポン配布中

- (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月26日 08:24時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
ギブソンが高級機種として展開したレスポール・カスタムは、そのエレガントなルックスとハードなサウンドにより、現在では非常に高い人気を持ちます。

愛用するギタリストにはやはり”ギターヒーロー”タイプのスーパーギタリストが多数挙げられ、彼らのギタープレイをみると自然にレスポールカスタムにしか出せないサウンドが耳に残ります。もしも新しいギターを探すときには、レスポールカスタムについても一度検討してみる価値があると思います。

この記事に登場した専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら
企画・制作:BestOne編集部

※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。なお、記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

あなたにおすすめの記事