レスポール・ジュニアの歴史・特徴とおすすめモデル6選

レスポールジュニアの歴史や特徴、レスポールスペシャルとの違い、ダブルカッタウェイとシングルカッタウェイの違いなどについて解説します。愛用しているミュージシャンやおすすめのレスポールジュニアについても紹介しています。

この記事に登場する専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら
レスポール・ジュニアの歴史
レスポール・ジュニアの特徴
レスポール・ジュニアを愛用するミュージシャン
おすすめのギブソン・レスポール・ジュニア
エピフォンからも発売されているレスポール・ジュニア
そのほかのメーカーのレスポール・ジュニアタイプ
手軽に始めるならギターレンタルも!
この記事に登場した専門家

レスポール・ジュニアの歴史

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
レスポール・ジュニアは、レスポールが発売された直後の1954年に発売されました。レスポールよりも安価に手に入る、いわゆるエントリーユーザー向けのステューデントモデルとして発売され、売れ行きは好調で、1955年にはテレビ映りを意識した"TVイエロー"カラーが登場します。

1958年には、シングルカッタウェイからダブルカッタウェイにシェイプが変更になり、1960年には生産が終了してしまいました。

ダブルカッタウェイとシングルカッタウェイ

レスポール・ジュニアには、ボディデザインに2つの種類が存在します。それはシングルカッタウェイとダブルカッタウェイと呼ばれるものです。

これらの大きな違いは低音弦側のネックとボディのジョイント位置。深くまでボディを掘り込んだダブルカッタウェイのジョイント位置は高い位置になり、それに比べるとシングルカッタウェイのはジョイント位置は低くなります。

ネックのジョイント位置の違いを原因にしてネックの強度に違いが出るために、サウンドには違いが現れます。ジョイントがハイポジションになるダブルカッタウェイの方がよりオープンで、それとは対照的にシングルカッタウェイはタイトなサウンドです。

シングルカッタウェイ

シングルカッタウェイ

ダブルカッタウェイ

ダブルカッタウェイ
出典:楽天市場

レスポール・ジュニアの特徴

レスポール・ジュニアはコストをカットするために、レスポールからトップ材及びアーチ加工、ネックバインディングを排除。指板インレイはドットに変更になり、ブリッジはチューンオーマチックとストップテールピースではなく、バーブリッジが採用されました。

最大の特徴は、リアに1基配されたP-90シングルコイルピックアップ。ギブソンにおいてスタンダードなハムバッキングピックアップよりも歯切れがよく、フェンダータイプのシングルコイルピックアップよりもファットなサウンドが特徴です。
レスポール・ジュニア
出典:楽天市場

レスポール・スペシャルとの違い

指板に巻かれるバインディングやインレイワークなどの細かな点の違いはありますが、最大の違いはピックアップの数。レスポールジュニアがP-90ピックアップをリアに1基配しているのに対して、レスポール・スペシャルはリアとフロントに1基ずつ。

2基のピックアップを持つレスポール・スペシャルは、サウンドバリエーションが幅広く、また1基のピックアップを持つレスポール・ジュニアはよりシンプルでダイレクトなサウンドが得られると言えます。
レスポール・スペシャル
レスポール・スペシャル>>

レスポール・ジュニアを愛用するミュージシャン

真島昌利(ザ・クロマニヨンズ)

ザ・クロマニョンズやザ・ブルーハーツでの活動があまりにも有名な真島昌利さんはレスポールジュニアを愛用するミュージシャンとして知られています。

チャックベリーなどのオールドスクールなブルース、ロック系ギタリストに大きく影響を受けたであろう味のあるコードバッキングを、パンクらしいビート感で弾き出すギタープレイが特徴的です。

Gibson Custom Limited Run 1958 Les Paul Junior Double Cut Lightly Aged TV Yellow

Gibson Custom / Limited Run 1958 Les Paul Junior Double Cut Lightly Aged TV Yellow

参考価格: 612,000

初めてのお買い物限定:1000円OFFクーポン配布中

612,000 (税込)

ビリー・ジョー・アームストロング(GREEN DAY)

モンスターバンド、グリーンデイのボーカル・ギターのビリー・ジョー・アームストロングは、メロディアスでありながらストレートなコードワークで、疾走感あふれる王道のパンクなギタープレイが特徴的。

バンドがトリオ編成でありながらも厚いアンサンブルを演出しており、その太いサウンドには定評があります。低音弦である6~4弦の7フレット以下でのパワーコードによるプレイがメインで、ハードロックやメタルのような高音域を使った早弾きはあまり多くはありません。

Epiphone LIMITED MODEL Les Paul Special

Epiphone LIMITED MODEL Les Paul Special SC (TVY)

参考価格: 40,700

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

40,700 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月26日 16:20時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

谷口鮪(KANA-BOON)

若い世代を中心に人気が爆発し、飛ぶ鳥を落とす勢いのロックバンド、KANA-BOONのボーカル・ギターの谷口さんはレスポール・ジュニアのダブルカッタウェイモデルを愛用しています。

自身のギターのサウンドは「コードの響きが美しく、バッキングらしいサウンド」とのこと。その言葉通り、一音一音の響きが美しく粒立ちのいいサウンドは高く評価されています。

おすすめのギブソン・レスポール・ジュニア

Gibson Custom Historic Collection 1958 Les Paul Junior DoubleCut

ギブソンの最高峰、ヒストリックコレクションから1958年の仕様をリイシューしたモデルがこちら。厳選された木材が贅沢に使われるヒストリックコレクションにあって、本モデルは重量が3kgを切っており非常に軽量。

重量はギターのサウンドに大きな影響を与える要素で、ギブソンの中でも特に高価なものには軽量な個体が多くあります。生産台数がごく少数のため、もしもぐっときた方は早めにチェックした方がいいかもしれません。

Gibson Custom Shop 1958 Les Paul Junior Double Cut Lightly

こちらもヒストリックコレクションから1958リイシューのモデルです。カラーはTVイエローで、わずかにエイジド加工が行われており、雰囲気はヴィンテージさながら。

ネックのジョイントや指板の接着にはボンドではなく接着材が使われているほか、ロッドはチューブレスで正しくヴィンテージをリイシューしています。このような点はレギュラーラインにはない、ヒストリックコレクションならではのポイントですね。

Gibson Custom Shop 1958 Les Paul Junior Double Cut Lightly (Aged TV Yellow)

参考価格: 379,000

初めてのお買い物限定:1000円OFFクーポン配布中

379,000 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

379,000 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2018年5月11日 15:20時点 rakuten.co.jp: 2021年4月8日 14:56時点 shopping.yahoo.co.jp: 2021年4月8日 14:55時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

エピフォンからも発売されているレスポール・ジュニア

Epiphone LIMITED MODEL Les Paul Junior

エピフォンから発売されている、モデルの由来通りのエントリーユーザー向けモデル。恐らくはコストカットのために、ネックジョイントはボルトオンのデザインが採られています。ピックアップはP-90タイプではなくハムバッキングピックアップです。

これらにより、従来のスペックよりもよりアタッキーでありながらも、ファットなサウンドの傾向を持ちます。価格を抑えながらサウンド面においてもわかりやすく扱いやすいよう配慮がされており、エントリーユーザー向けのモデルとしては最適ではないでしょうか。

Epiphone LIMITED MODEL Les Paul Junior (CH)

参考価格: 13,500

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

13,500 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月26日 15:16時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

Epiphone LIMITED MODEL Les Paul Junior

前述のものと同じモデルですがこちらはアルペンホワイトというカラーでフィニッシュされています。ギブソン独特の真っ白なフィニッシュで、非常に人気があります。

こちらのセットはギターにプラスして、伝統的なアンプメーカーVOXの小型アンプや、ギターとつなぐためのシールドケーブル、交換用の弦、クリーニングのためのクロスなど、最初に揃えたいアクセサリーが20点セットになっています。とりあえずギターを始めたいという方やプレゼント用にぴったりです。

Epiphone LIMITED MODEL Les Paul Junior (AW)【レスポールJr.&VOXアンプ20点入門セット】

参考価格: 79,800

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

79,800 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月26日 15:17時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

そのほかのメーカーのレスポール・ジュニアタイプ

Crews Maniac Sound/KEY KTR LS-02 Jr.

大手楽器店・KEY楽器と老舗楽器メーカー・Crews Maniac Soundのコラボレーションによるモデル。日本での製造にこだわりながら、コストパフォーマンスの高さにも定評があります。

ピックアップにはハムバッキングピックアップを搭載し、幅の広いサウンドメイクを可能にします。また、ブリッジはチューンオーマチックとストップテールピースを採用し、従来の一体型のブリッジよりも細かなセッティングにより、繊細なギタープレイをサポートします。

Edwards E-JR-100LT/DC

世界的なギターメーカー・ESP傘下のブランドとして、優れたハードウェアを搭載しながらも低価格を実現するコストパフォーマンスが大きく評価されるEDWARDSからリリースされているのがこちら。

ESPが日本の代理店を手がける世界的なピックアップメーカー・Seymour Duncan製のSP90-1を搭載し、高品位なサウンドを実現しています。弦の振動を電気信号に変換するピックアップは、最終的なサウンドに大きく影響を与えるため、ピックアップが高品位なものであるという点は大きなメリットだと言えます。

Edwards E-JR-100LT/DC (TV Yellow)

参考価格: 80,500

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

80,500 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月26日 16:20時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

手軽に始めるならギターレンタルも!

スターペグミュージック

じっくり試し弾きにぴったり

ギターの購入前にじっくり試し弾きしてみたい、初心者がいきなりギターを買うのはハードルが高いというときにおすすめなのがギターレンタル。アンプなどのギター関連機材もまとめてレンタルできるので手軽に始められます。弾きたいギターを見つけてレンタルを始めてみましょう!
ギブソンが初心者向けにリリースしたレスポール・ジュニアですが、そのシンプルな構造とストレートなサウンドによりロックミュージックを得意とするミュージシャンに高い人気を誇ります。

特にギター・ボーカルを担当するミュージシャンの愛用が目立ち、それは歌に寄り添う美しいサウンドが大きな魅力になることを示しています。シンプルなレスポールタイプのギターをお探しの方は是非一度試してみてください。シンプルだからこそ現れるギタープレイ、またボーカルがあると思います。

この記事に登場した専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら
企画・制作:BestOne編集部

※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。なお、記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

あなたにおすすめの記事