富士フイルムのミラーレス一眼カメラと交換レンズ7選

富士フイルムのミラーレス一眼カメラは、初心者でもフィルムカメラで撮ったような鮮やかな色彩を表現できるのが魅力です。操作は簡単で、デザインはレトロかわいい、どこに行くにも手放したくないミラーレスです。

ミラーレス一眼カメラの特徴は?

ビックロ ビックカメラ新宿東口店 カメラコーナー
土肥 舞雪花さん
カメラ本体の中に鏡を持たないミラーレス一眼カメラ。その存在に熱い視線が注がれています。その理由は、コンパクトな取り回しで操作も簡単、しかもSNSとの親和性が高いということが挙げられます。
写真撮影
SNSに友人に自慢できるような投稿をするには、目の前の出来事をいかに早くアップできるかが重要。ミラーレスは指先一つでその要望に応えてくれます。さらにレンズの交換をしながら、様々な写真を撮ることができるので、スマホには決して真似のできないこだわりの一枚に仕上がります。

富士フイルムのミラーレス一眼カメラの特徴

フィルムメーカーとして一大ブランドを築き上げた富士フイルムのミラーレス一眼カメラは、そのノウハウを生かした色彩に世界中から多くの支持を得ています。
FUJIFILM X-A5
出典:Amazon.co.jp
画質だけではなく、昔からカメラを作り続けて来た富士フイルムらしいレトロ感あるデザインは、どんなファッションにもコーディネート可能な「オシャレカメラ」として人気です。

ミラーレス一眼カメラを選ぶ時のポイント

カメラの大きさ

カメラの大きさや重さは、持ち歩きがしやすいかどうかという観点で非常に重要です。富士フイルムのミラーレスには、大きさの違いはあまりありませんが、最上位機種のX-Pro2のみ、やや重い作りになっています。

また、ファインダー搭載モデルでは、上部の突起の有無に違いがあるので、店頭で実際に手に取って確認してみると良いかもしれません。せっかく買ったカメラも、撮りたいときに手元になくては使えません。まずは無理なく持ち歩ける大きさのカメラを選ぶべきでしょう。
カメラ

センサーサイズ

センサーは、カメラ全体の性能を決めるパーツ。富士フイルムのミラーレスのセンサーは全モデルAPS-Cという規格で統一されています。

この規格は高級デジタル一眼レフの画質を、コンパクトなボディーで再現することに最も適した規格で、美しく味わいのあるボケ味を再現することができます。

ファインダーの有無

ミラーレス一眼カメラは、その構造上、ファインダーがなくても撮影できますが、ファインダー付きのモデルも少なくありません。

ファインダーがないカメラのメリットは、その分コンパクトになること。一方、ファインダーがあるカメラは、日差しが差し込むような場所でモニターが反射してしまっても、ファインダーを覗き込むことでこれから撮ろうとする写真を、しっかり確認できるというメリットがあります。
X-Pro2
出典:Amazon.co.jp
富士フイルムのミラーレスでは、エントリーモデルのX-A5を除き、ファインダーは全てのモデルに搭載されています。上位機種に行くほどファインダーの性能がアップしていきますので、店頭で実機を手に取り確認されることをおすすめします。

フィルター機能

スマホアプリなどで加工を加えているという人に欠かせないのが、カメラの中で加工できるフィルター機能。

富士フイルムのミラーレスでは、フィルター機能は全てのモデルに搭載されていて、トイカメラ風やポップカラー、肌ソフト系など、基本のものは入っています。

特に、様々なフイルムの色彩を再現したフィルターは、フィルムで一時代を築いた富士フイルムらしく、とてもオシャレでやみつきになります。

自撮りできるかどうか

富士フイルムのカメラの中で、自撮りに対応して液晶モニターが180°回転するのは、エントリーモデルのX-A5と旧機種のX-A3の2つのモデルです。

その他の機種では、液晶モニターが90°まで回転し、角度をつけた撮影に有利なものもあるので、用途に応じて選ぶと良いでしょう。
X-A5
出典:Amazon.co.jp

手ぶれ補正機能

富士フイルムのカメラ本体には、手ぶれ補正機能は搭載していません。基本的に交換レンズ側の手ぶれ補正機能で対応することになります。

Wi-Fi機能

Wi-Fiは全モデル搭載されており、撮った写真をスマホで確認したり、ダウンロードすることができます。SNSに投稿したり、友人とシェアするときに便利な機能です。

初心者におすすめ!富士フイルムのミラーレス一眼カメラ

X-A5

エントリーモデルに位置する本モデルは誰でも簡単に、高画質を楽しむことできます。また、富士フイルムのミラーレスラインナップにおいて唯一自撮りに対応しており、スマホよりもう一段上のカメラを探しているという人におすすめです。

標準でセットになっているレンズでマクロ撮影が可能なのも特長。レンズの先から最短5cmまで寄ることができるので、料理や小物を大きく撮影することができます。

ボディーカラーは、ブラウン・ピンク・シルバーの3色から選べます。

X-E3

よりこだわった写真を撮りたいという人におすすめなのが「X-E3」。エントリーモデルのX-A5に比べて、よりクラシックなテイストのデザインとファインダーが付いているのが特徴です。

Wi-FiやBluetoothなどの便利な機能はもちろん、ボディー上部のダイヤルを使えばマニュアルライクな撮影ができますので、フルオートにこだわらず、写真を勉強してみたい人にもおすすめです。

本格的に楽しみたい人におすすめ!フジフイルムのこだわりミラーレス一眼カメラ

X-T 20

上部が突起した、クラシックな外観の「X-T 20」は、ファインダーをのぞいて、いろんなものを撮ってみたくなるカメラです。

ある程度、自分で設定を決めながら撮れるようになるとさらに面白くなるのが写真というもので、このカメラはそんなマニュアルライクな楽しさを手軽に楽しませてくれるカメラです。もちろんフルオートで撮ることもできるので、初心者から上級者まで幅広く楽しめます。

X-Pro2

写真に強いこだわりを持った人や、カメラを真剣に勉強してみたいという人には、うってつけのミラーレス一眼カメラが「X-Pro2」です。Proという名が付く高性能に加え、かっこいいフォルムは上級者からも人気があります。

簡単フルオートも備えているので、これから写真を学んでいきたいという初心者も簡単に、きれいな写真を撮ることができます。

より撮影を楽しむなら交換レンズを!

ポートレートレンズ

ポートレートレンズには、「XF35mm F1.4 R」という単焦点レンズが用意されています。

富士フイルムのレンズらしい柔らかなボケ味と高画質をコンパクトなサイズで楽しむことができるレンズです。特に人物の撮影には重宝する一本です。

高倍率ズームレンズ

高倍率ズームレンズには、「XC50-230mm F4.5-6.7 OIS II」が用意されています。

遠距離の被写体も鮮やかに写し出してくれる、手ぶれ補正機能付きの望遠ズームで、特に運動会や旅行などで大活躍してくれるレンズです。

FUJIFILM 望遠ズームレンズ XC50-230mmF4.5-6.7OISII XC50230/F4.5-6.7OISIIブラック

マクロレンズ

マクロレンズには、「XF60mm F2.4 R Macro」が用意されています。

最短で距離をレンズの端から26.7cmを利用したマクロ撮影ができるレンズで、花や料理をドラマティックに撮ることができます。ポートレートレンズとしても使えますので、作品撮りに威力を発揮します。
富士フイルムのミラーレスにおすすめの交換レンズ5選 - PICUP(ピカップ)
富士フイルムのミラーレスにおすすめの交換レンズ5選 - PICUP(ピカップ)>>
富士フイルムのミラーレス一眼は色彩表現がとても美しく、交換レンズを合わせることによってその表現力は倍増します。富士フイルムらしい描写力が光るXFシリーズをはじめ、高い評価を得る「ツァイス」も選ぶことができ、使う誰もがその写真品質にうっとりします。
富士フイルムのミラーレス一眼カメラは初心者からこだわりを持つ上級者まで、幅広い層でその鮮やかな色彩を楽しめるようにラインナップを取り揃っています。

フィルムで培ったノウハウが凝縮されたフィルター効果は、心をくすぐるものばかり。また、いつでもカバンに入れて持ち出せるコンパクト設計の機種が多く、きっと日常に欠かせない存在になるカメラになるでしょう。

この記事に登場した専門家

ビックロ ビックカメラ新宿東口店 カメラコーナー
土肥 舞雪花さん
ビックロは、「それはそれは、素晴らしいゴチャゴチャ感」をコンセプトに、ビックカメラとユニクロがコラボした世界で唯一の店舗。家電だけでなくおもちゃ、自転車・ゴルフ用品などのスポーツ用品、生毛(うもう)ふとん、くすり、日用品、化粧品、お酒、メガネ、コンタクトレンズなど様々な商品を取り揃えている。また、仮想通貨「ビットコイン」が使えることでも話題。(ビックカメラのみ、ユニクロなど他テナントでは使用できません)
詳しくはこちら