Grassroots・Edwardsの初心者におすすめギター5選

世界的ギターメーカー、ESPの概要や音の評価、愛用しているアーティストについて解説。また、その関連ブランドであるGrassroots、edwardsから、初心者や中級者のギタリストにおすすめしたいモデルを紹介しています。

楽器製造から教育まで音楽ビジネスを総合的に展開するESPグループ
高い木材加工技術に裏付けられた先鋭的な造形美がESPの魅力
初心者におすすめしたいESPのギター
中級者におすすめしたいESPのギター
修理からオーダーメイドまで。ESPの都内直営店は御茶ノ水と渋谷にあります!
エレキギター ESPの人気ランキングもチェック!
おわりに
この記事に登場した専門家

楽器製造から教育まで音楽ビジネスを総合的に展開するESPグループ

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
1975年創業のESPは世界的に有名な日本のギターメーカーです。全国の主要都市に多数のギターショップを構え、またステージ制作、アーティストマネジメント、ギタークラフトに関する専門学校も傘下に持ちます。日本のメーカーとしては珍しく海外のミュージシャンとのエンドースメント契約が非常に多いのも特徴です。

楽器メーカーとしては自社ブランドのESPとその兄弟ブランドであるEDWARDS、GrassRoots、海外展開ブランドのE-II、トラッドなコンセプトのNavigator、傘下のブランドとしてSCHECTER GUITAR RESEARCHやKiller Guitars、およびLaklandやSeymour Duncanの輸入販売代理など、非常に多くのラインナップを保有しています。

高い木材加工技術に裏付けられた先鋭的な造形美がESPの魅力

サウンドもルックスも高評価のESP

創業期からオーダーメイドに強みを持つメーカーで、ESPでなければ作れない造形美に溢れています。

オーダーメイド生産で培われた長年の経験や加工技術からもたらされるハイセンスなデザインで、高いテクニックを持つメタル系のミュージシャンから特に高い評価を集めており、楽器としてのプレイヤビリティの高さも評価されている部分です。

当然ながらサウンドも高品位なものに仕上がっており、そのようなベーシックな部分を高いレベルで持った上に、尖ったルックスを持たせているのがESPギターの特徴です。

また、THE ALFEEの高見沢俊彦さんのエンジェルギターや、人気アニメ「機動戦士ガンダム」の武器をモチーフにしたビームライフルギターなど、特別な変形モデルの製作も得意としています。
出典:You Tube鬼ギターが出来るまで

世界中のトップアーティストとのリレーション

メタリカのギタリストであるジェームス・ヘッドフィールド、カーク・ハメットの両名、ジョージ・リンチ、チルドレン・オブ・ボドムのアレキシ・ライホ、デフトーンズのステファン・カーペンター、国内においてはGALNERYUSのSYUさんや、大村孝佳さんなど、やはりハードロック・ヘヴィメタル系のギタリストが好んで愛用しています。

一方で、LUNA SEAのSUGIZOさん、ガゼット、ナイトメア、シドなどのヴィジュアル系アーティストの愛用者も多く抱えています。

ヘヴィメタルやヴィジュアル系という音楽が持つイメージを視覚的に表現したような鋭角的な楽器のルックスもあり、伝統的にそれらのシーンのアーティストとのつながりが強く、長年にわたるリレーションシップの強さがうかがえます。
大村孝佳の使用機材をプロが解説! - PICUP(ピカップ)
大村孝佳の使用機材をプロが解説! - PICUP(ピカップ)>>
大村孝佳さんの機材や経歴、プレイヤーとしての特徴、本人の使用機材について解説。サウンドの再現におすすめのEDWARDS製ギターやリプレイスメント用のスピーカーユニットについて紹介しています。
SUGIZOの使用機材を、LUNA SEAの楽曲とともに紹介! - PICUP(ピカップ)
SUGIZOの使用機材を、LUNA SEAの楽曲とともに紹介! - PICUP(ピカップ)>>
LUNA SEA、X JAPAN、ソロワークと多彩な活動を展開するアーティスト「SUGIZO」。日本有数のロックバンドのステージで華やかなパフォーマンスをする一方で、アーティストとして常識にとらわれないこだわりの音作りという2つの魅力を持っているSUGIZOさんが、愛用するギターやエフェクターの一部をご紹介します。

初心者におすすめしたいESPのギター

GrassRoots G-FR-62GT See Thru Blue

ESPのエントリーユーザー向けブランド、Grass Rootsから発売されるモデルです。ESPの代表機種、FORESTをベースにしており、ルックスは非常に独特。フロイドローズと呼ばれるロック式のブリッジを採用しています。

弦はブリッジサドル部分とナット部分で完全にロックされており、チューニングの狂いが最小限に抑えられています。その強度は非常に強く、例えばヘッドがもげようとチューニングは狂いません(本当に)。激しいピッキングやチョーキング、アーミングを行うギタリストにとっては非常に心強いパーツであると言えます。

GrassRoots エレキギター G-FR-62GT See Thru Blue

参考価格: 49,799
49,799 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月1日 15:44時点 shopping.yahoo.co.jp: 2020年4月16日 11:46時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

GrassRoots G-MR-45R See Thru Blue

ESPの代表機種、M-Ⅱをベースにエントリークラスのギタリスト向けに販売されるのがグラスルーツの本アイテムです。2点支持の安定したトレモロユニットに、24フレット指板とモダンなスペックを持ちます。

ウッドマテリアルはアルダーをメイン材に、美しいフィギュアドメイプルをトップに配しています。基本的にはストラトキャスターのシェイプをモチーフにしているため、普段ストラトキャスターを愛用するギタリストであっても容易に馴染める仕上がりです。

GrassRoots エレキギター G-MR-45R See Thru Blue

参考価格: 44,550
44,550 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月1日 15:44時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

GrassRoots GR GR-TB-QM

フェンダーテレキャスターをモチーフにしたモダンギター。シェイプこそテレキャスターですが、2つのハムバッキングピックアップにトレモロユニットを搭載。

トップ材には美しいフィギュアドメイプルが配され、フィニッシュはシースルーレッド。非常にエレガントなルックスに仕上がっています。独自のデザインによりトラディショナルとモダンのいいとこ取りのようなギターになっている印象。やはり特にテクニカル系のギタリストにおすすめしたい1本ですね。

GrassRoots GR GR-TB-QM See Thru Red

参考価格: 28,600
28,600 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月1日 15:44時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

中級者におすすめしたいESPのギター

EDWARDS E-SN-125 Light Aqua

ESPがミドルクラス向けに展開するブランドがEDWARDSです。価格から考えると非常に高いスペックを持ちます。例えば、ピックアップにはESPが輸入販売代理を手がけるセイモアダンカン製を、ブリッジにはウィルキンソン製2点支持ブリッジ、ペグにはゴトー製のロック式ペグを採用しています。

モデル自体はESPの代表作、スナッパーをベースにしています。ストラトキャスターのようなバランス感覚を持ち、持ち替えも容易でしょう。これもハイテクニックなギタリストに人気のあるモデルです。

EDWARDS エレキギター E-SN-125 Light Aqua

参考価格: 113,468
113,468 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月1日 15:44時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

Edwards E-CY-165CTM Black Aqua

スルーネック仕様を採用したモダンギター。ボディ材はアッシュをメインに、美しいフィギュアドメイプルを採用、指板材にはエボニーが使われ、全体的にタイトでソリッドな方向を志向しています。

ハードウェアも豪華で、ブリッジはフロイドローズ、ピックアップはセイモアダンカン製。他のESPギターのデザインと共通して、高い演奏性と安定したチューニング、ハードなサウンドを目指したデザインですね。

Edwards エレキギター E-CY-165CTM Black Aqua

参考価格: 173,250
173,250 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月1日 15:44時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

修理からオーダーメイドまで。ESPの都内直営店は御茶ノ水と渋谷にあります!

ESPがメーカーとして直営するショップが東京都内と大阪で合計4店舗あります。その中でも渋谷のクラフトハウスと御茶ノ水のテクニカルハウスは長い歴史を持ち、ESPのヘッドショップとも呼べます。

アーティストが実際に使用した実機が展示されるイベントや、ギター制作を行う工房見学もでき、メーカーとしての魅力を生で見ることができます。オーダーメイドの経験豊かなスタッフも常駐しているため、既存製品のカスタムや自分のオリジナルモデルのオーダーの相談もその場で可能です。
渋谷ESPクラフトハウス>>
オーダーメイドもできる工房・ショップのESP CRAFT HOUSE! OFFICIAL CRAFT MAN により中古品もバッチリセットアップ! 調整・修理・改造等何でもお申付け下さい。アフターケアも万全!商品の詳細はメールお問い合わせ下さい。
ESPテクニカルハウス>>
ESP直営オーダーメイドショップとして1975年に誕生以来、アマチュア・プロ問わず、数多くのミュージシャンにESP製品をご利用頂いています。カスタム・オーダーメイドについてもお気軽にご相談ください。

エレキギター ESPの人気ランキングもチェック!

楽天の売れ筋ランキング>>

おわりに

ESPのエレキギターは世界的に高く評価されており、またその傘下のGrassroots、EDWARDSも一定の評価を獲得しています。

高い演奏性を持ちながら、エレガントなルックスを持つデザインを基本としており、特にハイテクニックなギタープレイを志向するギタリストにはおすすめしたいメーカーです。市場に出回る台数も多いために中古での流通も多く、新しいギターを探すときにはぜひ選択肢の1つに入れたいメーカーです。
ESPが販売代理店を担うセイモアダンカンのギターピックアップおすすめ4選! - PICUP(ピカップ)
ESPが販売代理店を担うセイモアダンカンのギターピックアップおすすめ4選! - PICUP(ピカップ)>>
セイモアダンカンのピックアップの特徴や概要、組み合わせ、選び方について解説。レスポール、ストラトキャスター、テレキャスター、それぞれにおすすめのピックアップや自分でピックアップを交換するときに役に立つアイテムを紹介しています。

この記事に登場した専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら

※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。なお、記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

あなたにおすすめの記事
関連記事