野球用アンダーシャツおすすめ10選|涼しい半袖丸首タイプや秋冬用モデルまで

野球のユニフォームや練習着の下に着るアンダーシャツには、半袖・長袖・ノースリーブ、丸首・タートルネックなど色々なタイプがあります。購入前に知っておきたいアンダーシャツの選び方や、野球規則、アンダーアーマーやデサントといった人気のブランドのおすすめアンダーシャツまで、まとめてご紹介します。

野球用アンダーシャツの選び方

アルペンミエルかわぐち店
目黒さん

ピタッとした動きやすいものがおすすめ

野球の場合、ユニフォームや練習着の下にはアンダーシャツを着ることになります。アンダーシャツにもタイプが色々ありますが、着圧がかかって体にジャストフィットする、それでいて動きやすい、下の画像のような「コンプレッションインナー」と呼ばれるタイプが主流です。

コンプレッションインナーの着圧効果は、ピッタリと体にフィットさせることで効果が出るものですが、汗をかくと脱ぎにくくなるので、ややゆるいものを選ぶ人もいます。
コンプレッションインナー

袖の長さは半袖・長袖・ノースリーブ・七分袖の4タイプ

アンダーシャツの袖は、長い順に、長袖・七分袖・半袖・ノースリーブ、主に4タイプあります。ピッチャーの場合、腕を冷やさないように長袖や七分袖を好む人もいますし、七分袖は腕周りが動かしにくくなるので嫌いという人もいたりします。どれを選ぶかは、季節によって使い分けたり、動きやすさを優先して選ぶといいでしょう。

首まわりは丸首・ハイネックの2タイプ

アンダーシャツの首周りの形状は、丸首とハイネックかの2タイプあります。

ハイネックのメリットは、暑い時期は首回りを直射日光から守れますし、寒い時期は防寒にもなります。また、アンダーシャツの色を首元からちょっとだけ見せるのがかっこいいということで、中学生・高校生以上にはハイネックが人気です。

逆に、ジュニアの子供たちは、首周りが窮屈なのを好まず、丸首を選ぶことが多いようです。
ハイネックのアンダーシャツ
ハイネックタイプ
丸首のアンダーシャツ
丸首タイプ

色はチームの指定を要確認!

色は、黒、紺、白、赤などの単色が主流です。練習用など指定がなければ、好きな色を選べますが、試合用は要注意!野球規則で、袖や首元などユニフォームから出る部分はチーム全員同じ色で統一すると決まっているので、指定色を事前にチームに確認しておきましょう。

要注意!中高生はロゴ見せ禁止!

ひとつ気を付けたいのは、中高生の場合、高野連規則によって、商標(メーカー名やロゴなど)を見せてはいけないことになっています。ユニフォームに隠れる胸元などにうっすらメーカーロゴが入っているものもありますが、メッシュタイプのユニフォームの場合、ロゴが透けてしまうことがあるので、注意してください。
高校野球

人気メーカーのアンダーシャツ

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)

ジャイアンツのユニフォームでもおなじみの「アンダーアーマー」は、アルペンでも人気だそう。アンダーアーマーのアンダーシャツは、下記の3つの種類があります。

  • コンプレッションタイプ:ピッタリ体に密着して動きをサポートしてくれるタイプ
  • フィットタイプ:コンプレッション機能を備えつつ、締めつけは少しゆるめのタイプ
  • ルーズタイプ:Tシャツのようなゆったり着るタイプ、長時間のトレーニング向き

いずれも吸汗速乾性と伸縮性を備えています。

コンプレッションタイプ

UNDER ARMOUR ヒートギアアーマーコンプレッションLSモック(ベースボール/長袖ベースレイヤー/モックネック/MEN)

3,500(税込)
2019年11月6日 18:41時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

フィットタイプ

UNDER ARMOUR ヒートギアフィッティドヘンリーロングスリーブ(ベースボール/ロングスリーブ/MEN)

5,184(税込)
2018年4月18日 21:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ルーズタイプ

UNDER ARMOUR テックTシャツ<ヒーターロゴ>(ベースボール/Tシャツ/MEN)

1,980(税込)
2019年11月6日 18:41時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

デサント

メジャーで大活躍中の大谷翔平選手とも、アンダーウエアやコンプレッションウエアでアドバイザリー契約を結んでいる「デサント」。「INFINITY」シリーズは、軽量ストレッチ素材を使用し、伸縮性にも富んだプロ仕様のアンダーシャツです。

また、保温性・伸縮性・吸水性に優れた起毛ストレッチ素材を使用した「ヒートエボリューション」シリーズは秋冬におすすめです。

オールシーズン用(INFINITYシリーズ)

DESCENTE(デサント) 野球 アンダーシャツ リラックスフィットインフィニティー 長袖 丸首

3,321(税込)
2018年4月18日 21:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

秋冬用(ヒートエボリューションシリーズ)

DESCENTE(デサント)ハイネック 長袖 リラックスフィット アンダーシャツ

3,947(税込)
2018年4月18日 21:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ミズノ

ミズノのアンダーシャツは、疎水糸と吸水加工糸の2種類を組み合わせた「ドライセル」という素材が使われていて、吸水速乾性に特徴があります。最新の「バイオギア」シリーズは、従来品よりストレッチ性、汗によるベタつき軽減効果がアップ!汗をかいても快適に保ってくれます。

さらに、体からの水分を利用して発熱するミズノ独自の「ブレスサーモ」という素材を使った秋冬用のアンダーシャツもあります。

オールシーズン用

ミズノ(MIZUNO) バイオギア(ハイネック・半袖) 12JA8C30

2,740(税込)
2018年4月18日 21:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

秋冬用(ブレスサーモシリーズ)

ミズノ ハイネック 長袖 ミズノプロ バイオギア ブレスサーモアンダーシャツ

4,147(税込)
2018年4月18日 21:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

アシックス

アシックスのアンダーシャツには、襟の前側の高さが2cm、後側が5.5cmと、前後で高さが異なる丸首とハイネックの中間のような、「デュアルネック」という襟口の形状に特徴があるタイプがあります。

(アシックス)asics 野球ウェア ボディレイヤーTF LS(長袖)・DN

3,000(税込)
2018年4月18日 21:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ZETT(ゼット)

ZETTでは、吸湿速乾性に優れ、軽量化を図った「ハイブリッドアンダーシャツ」が主力商品。襟や袖部分には肌触りのいい素材を、背中部分には通気性のいいメッシュ素材を使用し、より高い快適性能を実現しています。

ZETT(ゼット) 野球用 アンダーシャツ ローネック 丸首 半袖 ハイブリッド

2,105(税込)
2018年4月18日 21:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ティゴラ

ティゴラは、「一歩先を掴め」をキーワードにしたアルペンのオリジナルブランドです。優美・勇気の象徴である 「TIGER」が名前の由来になっています。吸汗速乾性や体の動きと瞬発力をサポートする伸縮性のほか、UVカット率90%以上を誇る素材を特徴としています。

ティゴラ(TIGORA) メンズ 野球 コンプレッションインナー ハイネック 長袖シャツ

2,545(税込)
2019年11月6日 18:40時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

刺繍を入れるのもおしゃれ!

ハイネックの襟部分など見えるところに、背番号や名前、イニシャル、ニックネームなどを刺繍して、ちょっとしたおしゃれを楽しんでいる人もいるようです。ただし、高校生は高野連の規則で、校名・校章以外はNGなので、気をつけてくださいね。

まとめ

野球は、上半身の使い方に特徴が現れるスポーツです。アンダーシャツの主な役割は、動きをサポートすることなので、伸縮性など動きやすさは特に重視して選びたいところです。それに加えて、丸首かハイネックか、袖の長さは半袖・長袖・ノースリーブ・七分袖、どれがいいかといったことは、季節や好みに応じて選んでいくといいでしょう。

今回はアンダーアーマー、デサント、ミズノなど人気メーカーの野球用アンダーシャツをご紹介しましたが、大体どのメーカーも、丸首・ハイネック、袖の長さ4タイプ、色も豊富にそろっています。もし、どれが自分に合っているかわからなければ、お店でスタッフの方に相談して、色々試着してみるのがおすすめです。
【ジュニア】野球用アンダーシャツの選び方とおすすめ7選 - PICUP(ピカップ)
【ジュニア】野球用アンダーシャツの選び方とおすすめ7選 - PICUP(ピカップ)>>
ジュニアの野球用アンダーシャツについて、野球にあまり馴染みのないパパ・ママにもわかりやすく解説します。アンダーシャツには、半袖・長袖・七分袖、丸首・ハイネック、冬用の防寒仕様のものなど、色々と種類があります。お子さんにぴったりの1着を選ぶためのポイントから、おすすめのシャツまでご紹介します。

この記事に登場した専門家

アルペンミエルかわぐち店
目黒さん
アルペングループの原点として、ウィンタースポーツ用品はもちろん、野球・サッカー・フィットネスなどあらゆるスポーツ用品や、アパレル、シューズなどのファッション用品など幅広い商品をお値打ち価格で提供している。豊富な知識を持つスタッフがお客様のスポーツライフをサポートしてくれる。
詳しくはこちら
あなたにおすすめの記事
関連記事