軟式野球のグローブの選び方と型付け方法、おすすめメーカー8選

軟式野球のグローブの選び方、おすすめのメーカー、型付け方法、お手入れ方法などをご紹介します。グローブは投手・内野手・外野手とポジションによって形が異なります。ミズノ、ローリングス、アンダーアーマーなどおすすめのメーカーもたくさんあるので、しっかりチェックして、最高のプレーができるグローブを見つけましょう!

軟式野球のグローブの選び方
軟式野球グローブのおすすめメーカー
グローブを買ったら「型付け」も忘れずに!
定期的にお手入れするのが長持ちの秘訣!
グローブ軟式の人気ランキングもチェック!
この記事に登場した専門家

軟式野球のグローブの選び方

アルペンミエルかわぐち店
目黒さん

1:まずは利き手をチェック!

グローブを選ぶ際はまず、右投げか左投げかを選びます。右投げ用と左投げ用でものが違ってくるので、これは最初に確認する必要があります。

左投げ用のグローブは下の画像のように、右手にはめる形になっています。
軟式野球の左投げ用グローブ

2:投手・内野手・外野手、ポジションから選ぶ

野球のグローブは、投手、内野手、外野手とポジションごとに適した形・機能が異なります。

投手用グローブ

ピッチャーは、球種によってグローブの中で握り方を変えますが、その握り方が相手打者に見えてしまっては、どんな球を投げるのかバレてしまいます。

なので、ピッチャー用のグローブのウェブ(親指と人差し指の間の部分)は、中が見えないようになっています。
軟式野球の投手用グローブ

内野手用グローブ

内野手は、打者が打った球をキャッチしてすぐ投げたり、細かいプレーが多いため、グローブも小ぶりで浅めのものが適しています。

内野手用のグローブのウェブは、柔らかく使えるよう、十字状に革がはられた「クロスウェブ」と呼ばれるタイプや、ネット状のタイプなど、隙間が広くなっています。
軟式野球の内野手用グローブ

外野手用グローブ

外野手用のグローブは、飛んできた球をキャッチしやすいよう、大きめで深い作りになっています。

ウェブは、ボールをキャッチした時の衝撃を吸収できるよう、また確実にキャッチできるよう、隙間が空いたネット状のタイプが多くなっています。
軟式野球の外野手用グローブ

オールラウンドタイプ

内野も外野もやる、ポジションが決まっていないといった場合には、ポジションを問わず使えるオールラウンドタイプのグローブもあります。

その中でも、内野の方が多いのであれば内野に適したクロスウェブを選ぶ、外野が多いのであればネットタイプを選ぶなど、多い方のポジションに近いウェブを選ぶといいでしょう。
軟式野球のオールラウンドタイプのグローブ

3:サイズを選ぶ

グローブを選ぶ際は、実際に手を入れてみてフィットするものを選ぶことが大事です。

手を入れたら、指先が余らないかをチェックしてください。指先にアソビがあるとグローブをきちんと扱えません。

もう1点、手首周りも隙間が空きすぎていないかチェックしてください。隙間があるとグローブがグラグラして安定しません。

軟式野球グローブのおすすめメーカー

ミズノ

ミズノでは、プロクオリティの「ミズノプロ」、学生向けの「グローバルエリート」、中学生向けの商品が多くそろう「ビクトリーステージ」などが人気です。

ミズノプロ

ミズノ 軟式用グラブ ミズノプロ フィンガーコアテクノロジー

グローバルエリート

ローリングス

ローリングス(Rawlings) 軟式用 HOH® GOLD

アンダーアーマー

アンダーアーマー(UNDER ARMOUR) 軟式グラブ 2018年春夏モデル

アシックス

asics(アシックス) 軟式野球用 グローブ ゴールドステージ スピードアクセル

ウィルソン

SSK

久保田スラッガー

久保田スラッガー 野球 軟式 グローブ(湯もみ型付け済) KSN-25PS Fオレンジ×タン 右投

ZETT(ゼット)

グローブを買ったら「型付け」も忘れずに!

ポジションやプレースタイルに合わせて、革を一度柔らかくして閉じ具合をグローブにくせ付ける作業を「型付け」といいます。

内野は浅め、外野は深めにすることが多いものの、自分がプレーしやすい閉じ具合を選ぶといいでしょう。
グローブの閉じ具合
ショップなどでプロに依頼すると、手揉み、湯揉み、スチーマーなどの方法で加工してくれます。ただ、ショップの人の手を入れて加工することになるので、一番おすすめなのは、自分の手で、テレビを見ながらでもボールをグローブに放り込む動作を繰り返す方法です。

型付けは、グローブを購入したらできるだけ早く、使い始める前にやるのがおすすめです。アルペンでグローブを購入すると、無料でその場で1時間程度でやってもらえます。

定期的にお手入れするのが長持ちの秘訣!

グローブは革でできているので、人間の皮膚と同じように乾燥したりします。定期的に汚れを拭き取って、オイルを塗って、潤いを与えてあげましょう。

オイルにはスプレータイプ、固形タイプなどいくつかタイプがあります。オイルの選び方、おすすめのオイル、グローブのお手入れ方法は下のリンクを参考に。
野球のグローブ・ミットの手入れ方法とおすすめオイル11選 - PICUP(ピカップ)
野球のグローブ・ミットの手入れ方法とおすすめオイル11選 - PICUP(ピカップ)>>
野球のグローブ、ミットは革製品なので、お手入れをする必要があります。基本のお手入れ方法は、汚れを落として、オイルで保湿をします。オイルにも固形、スプレー、リキッドなどのタイプがあるので、それぞれの特徴とおすすめのオイル、レザーローションをご紹介します。お手入れ方法についても詳しく解説します。
革製の硬いボールをキャッチするために頑丈にできている硬式野球用グローブと比べて、軟式野球用のグローブは薄く軽いなど、少し違いがみられます。

軟式野球も投手用・内野手用・外野手用・オールラウンドと、ポジションごとにおすすめの形が異なります。今回ご紹介した選び方を参考に、ご自身の手にしっかりなじむグローブを見つけてください。もしどれがいいか迷ったら、アルペンなどのショップでスタッフの人に気軽に相談してみるといいですよ!
硬式野球グローブ、投手・内外野手別の選び方とおすすめメーカー - PICUP(ピカップ)
硬式野球グローブ、投手・内外野手別の選び方とおすすめメーカー - PICUP(ピカップ)>>
硬式野球のグローブは、投手・内野手・外野手とポジション別に適した形状や機能が異なります。また、高校野球では色の規定があったり、選ぶ際も注意が必要です。硬式野球のグローブの選び方と、ミズノ、アンダーアーマー、アディダスなど、グローブの人気メーカー、型付け、メンテナンス方法まで詳しく解説します。
少年野球のグローブの選び方と人気メーカー・型付け・手入れ方法 - PICUP(ピカップ)
少年野球のグローブの選び方と人気メーカー・型付け・手入れ方法 - PICUP(ピカップ)>>
少年野球のグローブについて、小学校低学年・高学年それぞれの選び方と、ミズノ、アシックス、アンダーアーマーなど、グローブの人気メーカーをご紹介します。また、お手入れの仕方、中学・高校に上る前に確認しておきたいグローブの規定などの情報もお伝えします。野球少年のパパ・ママはぜひチェックを!

グローブ軟式の人気ランキングもチェック!

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: 野球用グラブ・ミット の中で最も人気のある商品です>>

この記事に登場した専門家

アルペンミエルかわぐち店
目黒さん
アルペングループの原点として、ウィンタースポーツ用品はもちろん、野球・サッカー・フィットネスなどあらゆるスポーツ用品や、アパレル、シューズなどのファッション用品など幅広い商品をお値打ち価格で提供している。豊富な知識を持つスタッフがお客様のスポーツライフをサポートしてくれる。
詳しくはこちら