無線LAN子機のおすすめ4選!通信の安定や規格アップに必須

無線LANはインターネットの回線を分配する役割を持つ親機と、それを受信する子機に分かれています。子機は親機からの電波を受け取る役割を担っており、子機の受信性能は回線速度に影響します。ここでは、おすすめの無線LAN子機をご紹介します。

無線LANの規格ってなに?

パソコン専門店 ドスパラ
無線LANの規格は全部で6種類ありますが、現在主流になっているのは、IEEE802.11ac(11ac)とIEEE802.11n(11n)の2つの規格です。それぞれの特徴をみていきましょう。
無線LANルーター

高速通信可能なIEEE802.11ac

現在高速回線として主流なのがIEEE802.11ac(11ac)と呼ばれる規格です。周波数帯は5GHzと2.4GHzの双方に対応しており、最大通信速度は6.9Gbpsと速いのが特徴です。5GHz帯は電波干渉に強く、集合住宅などの混線しやすい環境でも、安定して使用できるのがメリットです。しかし、障害物に弱いため、戸建て住宅では使いづらい場合があります。

一方の2.4GHz帯は障害物には強いものの、電波干渉に弱い周波数帯です。スマホなどの回線も2.4GHz帯が使われているため、混線による回線速度の低下などが起こりやすいというデメリットがあります。11acは、状況に応じて周波数帯を選択できるため、予算に余裕がある場合には、11acモデルを選ぶと良いでしょう。

11nは数年前の主流

IEEE802.11n(11n)という規格は、11acモデルに比べ価格が安く、無線LANルーターを探していると目にすることが多い規格です。2.4GHz帯による通信で、最大通信速度は600Mbpsです。混線に弱いものの、障害物には強いので、戸建て住宅で使用し、インターネットを閲覧する程度しか使わないというのであれば、11nモデルで十分でしょう。
無線LANルーターは使用環境を要チェック!おすすめの親機5選
無線LANルーターは使用環境を要チェック!おすすめの親機5選>>
無線LANの親機は家庭内LANを構築する時に役立ってくれるデバイスです。しかし規格が色々あるためにどれを選んでよいのかわかりにくい面もあります。そこで無線LANの親機の選び方をお伝えしていきます。

無線LANの子機とは?

無線LANの子機とは、パソコンなど受信したい端末に取り付けることで、親機から発せられる電波を受信する役割を担います。最近のパソコンなどには、受信機が内蔵されているモデルが多くなっていますが、回線が安定しないときや内蔵されていない機器を使用する場合には、子機を使用すると良いでしょう。
無線LAN子機

親機と同じメーカーの子機を選ぶのがおすすめ!

無線LAN子機を選ぶ時のポイントは、親機と同じメーカーのものを選ぶことです。メーカーを統一すると設定しやすい他、なにかわからないことがあったときにも、メーカーに気軽に問い合わせることができます。

メーカーが違うと、接続はうまくいっても安定しないなどということもあるので、特別な理由がない限り、メーカーは揃えておいたほうが安心でしょう。

受信しやすいアンテナタイプの無線LAN子機

大型アンテナ搭載モデルBUFFALO WI-U2-433DHP

大型のアンテナを搭載し、的確に親機からの電波をキャッチする無線LAN子機です。ハイゲインアンテナを搭載し、ビームフォーミング機能にも対応しているので、障害物が多い家の中でも使いやすいです。AOSS機能を使えばワンタッチ接続も可能。規格は11 ac/n/a/g/bに対応し、最大伝送速度は433Mbpsを誇ります。

BUFFALO 11ac/n/a/g/b 433Mbps USB2.0用 無線LAN子機 WI-U2-433DHP

ハイパワーでパワフルな性能を持つエレコム WDC-433DU2HBK (子機)

11ac/n/a/g/b規格に対応したハイパワーな無線LAN子機です。最大伝送速度も433Mbpsと高速です。セキュリティ機能としてWPA2-PSK(AES)/ WPA-PSK(TKIP)/ WEP(128/64bit)に対応。アンテナが可動式なので、電波を拾いながら良好な通信環境を維持しやすいのが特徴です。WPS機能に対応した親機ならばボタンを押すだけで設定できます。

エレコム Wi-Fi 無線LAN 子機 433Mbps 11ac/n/a/g/b USB2.0 ハイパワーアンテナ WDC-433DU2HBK

コンパクトな無線LAN子機

コンパクトなBUFFALO エアステーション 無線LAN子機 WI-U2-300DS

電波干渉にも負けない5GHzに対応している無線LAN子機です。規格は11n/a規格(5GHz)と11n/g/b規格(2.4GHz)の双方に対応可能です。またAOSSにも対応しているので、簡単にワンタッチセットアップが可能です。最大伝送速度は300Mbps。11n/a非対応のパソコンに搭載すれば、11n/aでの受信が可能になり、通信速度をアップできます。

BUFFALO エアステーション 11n/a/g/b 300Mbps USB2.0用 無線LAN子機 WI-U2-300DS

簡単セットアップが可能なWI-U2-433DMS (無線LAN子機)

USB2.0用のコンパクトな無線LAN子機です。AOSS機能搭載で簡単セットアップ。ビームフォーミング機能対応で遠距離や障害物が多い環境でも安定した動作が可能です。サポート規格は11 ac/n/a/g/b、最大伝送速度は5GHzで433Mbpsです。

BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U2-433DMS 11ac 433+150Mbps USB2.0

せっかく子機を使うのなら、接続しやすく、ストレスのない速度で通信できる環境を整えたいもの。子機を購入する際には、規格を確認し、可能な限り親機とメーカーを揃えるようにすると安心です。

コンパクトな子機は場所を取らないのがメリットですが、小さなものはなくしやすいという懸念点も。マウスやキーボードのレシーバーなどもある場合には、よく注意して使用しましょう。利用シーンや端末なども考慮しつつ、使いやすいものを見つけてくださいね。

無線LAN 子機の人気ランキングもチェック!

Amazonの売れ筋ランキング>>
楽天の売れ筋ランキング>>

この記事に登場した専門家

パソコン専門店 ドスパラ
ドスパラはゲームパソコンの「GALLERIA」を中心としたBTO(Build To Order)パソコンの専門店です。初心者はもちろん、上級者まで満足出来る豊富なラインナップを取り揃え、用途に合わせてカスタマイズ可能なパソコンをお求めやすい価格でご提供しています。また、デジタル雑貨の上海問屋を運営。便利なパソコン周辺機器を多数取り揃えています。
詳しくはこちら
おすすめ記事