セイモアダンカンのベースピックアップおすすめ3選!

セイモアダンカン製ベース用ピックアップの特徴や音の評価、選び方について解説。プレシジョンベース、ジャズベース、その他のベース、それぞれに対しておすすめのモデルを紹介しながら解説しています。

この記事に登場する専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら
ピックアップのセイモアダンカン(SEYMOUR DUNCAN)ってどんなメーカー?
ピックアップの特徴・評価は?
ベース専門リペアマンがおすすめするダンカンピックアップの選び方
プレジションベースにおすすめのピックアップ
ジャズベースにおすすめのピックアップ
その他のベースにおすすめのピックアップ
ピックアップは初心者でも交換できる?
この記事に登場した専門家

ピックアップのセイモアダンカン(SEYMOUR DUNCAN)ってどんなメーカー?

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
1978年、カリフォルニア州はサンタバーバラにて創業したセイモアダンカンは、世界No.1の定番リプレイスメントピックアップメーカーです。多くのメーカーや個人ビルダーから信頼が厚く、セイモアダンカンピックアップが標準搭載されたモデルも数しれず。

カスタムワインドにも対応しており、メーカーが自社で生産せずとも自分にぴったりのピックアップを手にすることができます。もちろんミュージシャンからの信頼も厚く、名実ともにNo.1ピックアップメーカーといって差し支えのない存在でしょう。

ピックアップの特徴・評価は?

端正なバランス感覚

セイモアダンカンのピックアップは解像度が高く、細かいタッチまで100%サウンドに反映します。また、綺麗に整理されたトーンのバランスも良く、低音から高音まで大きなくせをつけずにマイキングすることが可能です。

以上の特性から全体的に比較的優等生的な印象を受けうるのがセイモアダンカン製ピックアップです。どのようなベースにもある程度マッチするので、ベースを選ばないメーカーであるとも言えるかもしれません。

細部までこだわったヴィンテージモデル

セイモアダンカンにはレギュラーラインのヴィンテージモデルの他に、ヴィンテージモデル専用のシリーズ"Antiquity Series"、"Antiquity Ⅱ Series"があります。完全なヴィンテージレプリカの製作を目指して作られたそれらのシリーズはヴィンテージピックアップのサウンド、ルックス、匂いに至るまで正確に再現されています。

セイモアダンカン本気のヴィンテージリイシューというだけあってそのクオリティは非常に高く、世界的に高く評価されています。

ディマジオとの違いは?

ディマジオと比べるとセイモアダンカンはよりハイレンジで癖がなく、スムースなサウンドであると言われています。ヴィンテージ、トラディショナル、そういった単語が似合うメーカーで、ベースとしてベーシックなサウンドをより高品位なものにしようとするならば、セイモアダンカンのピックアップを一度試してみる必要があるでしょう。

ESPが代理店を務めており、おそらく日本で最も入手しやすいリプレイスメントピックアップであるとも言えます。試しやすい環境が整っている点も大きなメリットだと思います。

ベース専門リペアマンがおすすめするダンカンピックアップの選び方

求めるサウンドに応じて

セイモアダンカンのスタンダードなレギュラーラインにはジャズベース用に大きく3種類、プレシジョンベース用にも同じく大きく3種類が用意されています。(たとえばジャズベースではSJB-1、SJB-2、SJB-3、といった具合)1,2,3,とナンバリングされ、1はヴィンテージサウンド、2はホットなモダンサウンド、3はパワフルなヘヴィサウンドという位置づけ。

また、その他にも例えばジャズベース用で言えばジャコのために巻いたものと同様のモデル、コイルをスタック上に組み合わせてノイズを減らしたモデル、アクティブサーキットを内蔵したモデルなどを展開。多様な種類の中から求めるサウンドにぴったりのモデルを選ぶことができます。

ヴィンテージサウンドか、モダンサウンドか

セイモアダンカンのピックアップにはヴィンテージサウンドを再現したものからモダンなサウンドを求めたものまで非常に幅広くラインナップされています。

70年代から著名なプロミュージシャンのピックアップをまいていたセイモアダンカンはもはやその存在自体がヴィンテージであり、その製品にはヴィンテージのソウルが込められています。一方モダンピックアップは考えられる全ての構造を持ったモデルが展開され、当然ながらどれもが高い品質をもちます。

プレジションベースにおすすめのピックアップ

SPB-2

SeymourDuncan SPB-2 Hot BK

ヴィンテージモデルであるSPB-1、ヘヴィサウンドのためのSPB-3、この2つと並んでレギュラーラインを構成するのがSPB-2です。高い出力に設定されたSPB-2は指のタッチ1つ1つをセンシティブに拾い上げ、生々しくスピーカーを揺らします。非常にはっきりとした輪郭を持つため音程感が強く、アンサンブルをハッキリとしたベース音で支えます。プレシジョンベースのリプレイスとしては定番のモデルですね。
型番:SPB-2 Hot BK

SeymourDuncan PU ピックアップ

参考価格: 8,777

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

8,777 (税込)

初めてのお買い物限定:1000円OFFクーポン配布中

9,280 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

8,415 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

8,415 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月27日 03:18時点 rakuten.co.jp: 2021年7月6日 15:48時点 shopping.yahoo.co.jp: 2021年3月18日 15:37時点 paypaymall.yahoo.co.jp: 2020年6月7日 20:50時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

ジャズベースにおすすめのピックアップ

Antiquity Jazz Bass

Seymour Duncan Antiquity Jazz Bass Neck

セイモアダンカンの本気モデル、Antiquityのジャズベース用ピックアップです。レギュラーモデルも高く評価されていますが、そこと比較してもAntiquityは別格であると評価されています。

ざらっとして質感を持ったローエンドを持ち、絶妙な歪み感、プッシュ感でアンサンブルの中にベースを溶け込ませるサウンドを出力します。一音出すだけでそれがいい物であると認識させる説得力のあるピックアップですね。本商品はネック側のみのため、ブリッジ側も合わせてお使いください。

SeymourDuncan Antiquity Jazz Bass Neck

参考価格: 23,860

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

23,860 (税込)

初めてのお買い物限定:1000円OFFクーポン配布中

23,100 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

23,100 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

23,100 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月27日 03:20時点 rakuten.co.jp: 2020年3月30日 06:39時点 shopping.yahoo.co.jp: 2020年4月16日 11:52時点 paypaymall.yahoo.co.jp: 2019年12月25日 14:09時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

その他のベースにおすすめのピックアップ

SMB-4A

SeymourDuncan SMB-4A BLK

フェンダージャズベース、フェンダープレシジョンベースと並ぶ定番ベース、ミュージックマンスティングレイ用のリプレイスメントピックアップです。オリジナルのピックアップよりもホットな出力と派手なサウンドキャラクターを持ち、たとえパッシブで使ってもまるで厚化粧をしたようにパワフルで目立つサウンドが得られます。

ミュージックマンタイプのピックアップはもう1つ、SMB-4Dがラインナップされています。こちらはセラミックマグネットを使ったモデルで、よりタイトでツヤのあるサウンドが得られます。
型番:SMB-4A BLK

SeymourDuncan PU ベース用 ピックアップ

参考価格: 13,407

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

13,407 (税込)

初めてのお買い物限定:1000円OFFクーポン配布中

13,407 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

13,143 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

13,143 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月24日 04:25時点 rakuten.co.jp: 2021年7月6日 15:48時点 shopping.yahoo.co.jp: 2021年3月18日 15:37時点 paypaymall.yahoo.co.jp: 2021年3月18日 15:37時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

ピックアップは初心者でも交換できる?

初めてピックアップ交換をする方でも、その作業自体は可能です。ただし、その際には配線すべき点をあらかじめ全て計画し、適切にワイヤリングを取り回す必要があります。また、さらに気をつけたいのははコイルの扱いと位相のマッチングです。

ピックアップを構成するコイルは非常に細いワイヤーによって巻かれているため、驚くほど簡単に断線してしまいます。また、位相はミスマッチになるとサウンドはやせ細り、メーカーの意図したパワフルなサウンドは絶対に得られません。複数のピックアップを使うときには必ず考慮すべきポイントです。

交換に必要なアイテム

goot 電子工作用はんだこてセット X-1200

gootはベース業界でいうフェンダーのようなメーカーで、はんだごてを選ぶときには必ず選択肢に入るメーカーです。必要十分な性能の上に耐久性が素晴らしく、数年単位で使える商品です。私が実際の仕事で使っているものはほぼ同等ののモデルですが、5年ほど壊れずに仕事を助けてくれています。

もしも長く使う気でいるのなら、はんだごてを置くための台も合わせて購入することをおすすめします。あるのとないのとでは作業の効率が全く異なってくるでしょう。
型番:X-1200

太洋電機産業 goot 電子工作用はんだこてセット

参考価格: 833

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

833 (税込)

初めてのお買い物限定:1000円OFFクーポン配布中

835 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

982 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月24日 04:25時点 rakuten.co.jp: 2021年7月6日 15:56時点 shopping.yahoo.co.jp: 2021年3月18日 15:37時点 paypaymall.yahoo.co.jp: 2021年3月18日 15:37時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

Sanwa アナログマルチテスター AP-33

私が普段抵抗値を測ったり、断線の判断をするために使っているのはさらに安価なデジタルテスターですが、今回こちらをおすすめするのはピックアップの位相をチェックできるからです。前述した通り、ピックアップ同士のマッチングには位相は非常に重要な要素です。

チェック方法は簡単で、リード線にテスターを当てた瞬間針が右に動くか左に動くかをチェックするだけ。この方向を合わせれば位相がミスマッチになることはありません。
型番:AP-33

三和電気計器 Sanwa アナログマルチテスター

参考価格: 2,636

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

2,636 (税込)

初めてのお買い物限定:1000円OFFクーポン配布中

2,500 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

2,658 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

2,880 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月24日 04:25時点 rakuten.co.jp: 2021年7月6日 15:49時点 shopping.yahoo.co.jp: 2021年3月18日 15:37時点 paypaymall.yahoo.co.jp: 2021年3月18日 15:37時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
Geek IN Box -店頭でのピックアップ交換のご案内
Geek IN Box -店頭でのピックアップ交換のご案内>>
ピックアップの交換に初めてトライした結果失敗し、ベースが一時的に故障してしまうという事例は少なくありません。その失敗の後のリペアの依頼をいただくことも少なくはありません。自分のベースは自分でリペア、カスタムできることに越したことはありませんが、もしも心配でしたらぜひ当店にご相談ください。目の前で交換方法を解説しながらリペアを行うことも可能です。また、ピックアップの交換だけではなく、電装系パーツ全体で、もしくは弦振動も含めてサウンドをトータルでデザインすることが可能です。ぜひ一度ご相談ください。
今回は定番のリプレイスメントピックアップメーカー、セイモアダンカンのピックアップについて解説しました。ヴィンテージタイプからモダンなタイプまで、多種多様ななモデルが展開されているのがセイモアダンカンの大きな特徴。

ESPの公式Webページの中にはそれぞれのモデルについて詳細な解説がされています。他にもポピュラーなメーカーだけあって多くのレビューがされているので、交換を検討するときにはそれらをチェックして、自分にぴったりのモデルを選びたいですね。
ESP | Seymour Duncan | Pickup
ESP | Seymour Duncan | Pickup>>

この記事に登場した専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら
企画・制作:BestOne編集部

※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。なお、記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

あなたにおすすめの記事