【2021最新】格安SIMのおすすめランキング12選|料金や速度を比較!メリットやデメリットも

【2021最新】格安SIMのおすすめランキング12選|料金や速度を比較!メリットやデメリットも

BestOne編集部

格安SIMを取り扱う会社も増えたこともあり、どの会社を選べばいいのか、迷っている方も多いのではないでしょうか?今回は格安SIMのおすすめをランキング形式で紹介。安さだけではなく、スピードや使い勝手も含め、おすすめのポイントにも注目しています。乗り換えをご検討中の方はぜひ参考にしてください。

格安SIMとは
格安SIMのメリット
格安SIMのデメリット
格安SIMの選び方
格安SIMのおすすめランキング12選
格安SIMの利用方法について
格安SIMを使用したテザリングについて
まとめ

格安SIMとは

格安SIMとは
格安SIMとはNTTドコモやau、Softbankのような大手携帯電話会社より安い月額料金で契約できるSIMのことです。格安SIMを提供している会社を「MVNO(Mobile Virtual Network Operator)」と言い、大手携帯会社に通信設備を借りることでコストを抑えています

格安SIMを利用するための手続きは公式サイトからのネット申込、家電量販店、専門ショップで行うことができます。

格安SIMのメリット

格安SIMのメリットは「(大手キャリアと比べて)月額費用が安い」「料金プランがシンプルでわかりやすい」「機種選びの自由度度が高い」などが挙げられます。それぞれの詳細についてチェックしてみましょう。

月額費用が安い

月額費用が安い
「月額費用が安い」という点は、格安SIMのもっとも大きなメリットです。大手キャリアと比較して、月額の合計金額が5000円以上安くなることもけっして珍しくはありません。なぜ格安SIMはこのように月額費用を安くすることができるかというと、主に「通信設備費用を抑えている」「実店舗を持たず人件費などのコストをカット」といった背景があるためです。

格安SIMの回線は、基本、大手キャリアからのレンタルです。そのため維持費用などを抑えることができ、また実店舗を持たずネットだけで対応しているという点も大きなコストカットにつながっています。

料金プランがシンプルで分かりやすい

料金プランがシンプルで分かりやすい
「料金プランがシンプルでわかりやすい」という点についても、多くのユーザーに幅広くアピールできるポイントと言えるでしょう。大手キャリアのようにさまざまな細かいプランに分かれているという点は選択肢が広いとも取れますが、混乱するユーザーも少なくありません。格安SIMは各社シンプルでわかりやすい料金プランを提供しています。

機種選びの自由度が高い

機種選びの自由度が高い
格安SIMでもiPhoneなどの最新機種も利用することができ、機種選びの自由度が高いです。少し前のモデルであれば、SIMとセットで格安で販売されていることもあります。自分で機種を持ち込んで使用することも可能ですが、組み合わせによっては利用できないケースもありますので、各社の動作確認を事前チェックするようにしましょう。
SIMフリースマホおすすめ人気ランキング23選|最新モデルや価格が安い機種も紹介! - Best One(ベストワン) SIMフリースマホおすすめ人気ランキング23選|最新モデルや価格が安い機種も紹介! - Best One(ベストワン)>>

格安SIMのデメリット

多くのメリットがある格安SIMですが、デメリットがない訳ではありません。格安SIMのデメリットとしては「通信速度が遅く感じる場合がある」「自分で手続きを行う必要がある」「キャリアメールが使えない」という点が挙げられます。各デメリットについて、詳しい内容を下記でご紹介します。

通信速度が遅く感じる場合がある

通信速度が遅く感じる場合がある
格安SIMは、先にもご紹介したように大手キャリアの回線の一部をレンタルして利用しています。利用時間が混み合う時間帯では、通信速度が遅くなる傾向にあります。格安SIMのキャリア(会社)や地域によって速度は異なるため、契約時に事前確認するといいでしょう。

ただし、公表される速度値は理論値の場合が多く、実際の利用速度とは異なることがあります。実測値でない場合には、あくまで目安として参考にしてください。

手続きはすべて自分で行う

手続きはすべて自分で行う
格安SIMの場合、実店舗を持たずオンラインのみでの販売を行っていることが多いため、申込から端末の設定まで自分でやらなければなりません。設定は実際にやってみればさほど難しくはないのですが、「機械は苦手」と敬遠される方も少なくありません。

また困った時に、ネット対応だけでは不安に感じる方もいらっしゃることでしょう。そのような方は、格安SIMでも実店舗が近くにある会社を選ぶことをおすすめします。

キャリアメールが使えない場合がある

キャリアメールが使えない場合がある
格安SIMの契約はキャリアメールが使いえない場合があるため、キャリアメールをメイン使用している方や、アカウント登録で使用している方は注意しましょう。もちろんLINEなどのメッセージアプリやフリーアドレスを使用している場合はあまり影響はありません。

※キャリアメールとは「@docomo.ne.jp」や「@ezweb.ne.jp」のように、大手キャリアのドメインを利用したメールアドレスです。

格安SIMの選び方

格安SIMの選び方を紹介します。料金プライ以外にもチェックした方が良い項目があるため、是非参考にしてみましょう。

回線の種類|大手携帯会社の回線に合わせる

回線の種類|大手携帯会社の回線に合わせる
格安SIMの契約は使用する機種と大手携帯会社の回線を合わせるようにしましょう。

格安SIMを扱っている会社は大手携帯電話会社の通信設備を借りているため、借り先によって「docomo回線」「au回線」「Softbank回線」と分かれています。利用するスマホがそれぞれの携帯会社で購入した場合、同じ携帯会社の回線は原則利用可能です。しかし、他の回線はSIMロック解除処理をしないと利用することができないため注意しましょう。

SIMフリースマホはどの回線でも利用できますが、組み合わせによって動作しない可能性もゼロではありません。事前に購入サイトなどで確認することをおすすめします。

▼申し込む回線によってプランの金額やオプションが違う

▼申し込む回線によってプランの金額やオプションが違う
同じ格安SIMのサービスでも回線によってプランの月額や留守番電話などのオプションの種類に違いがあります。受けたいサービスの申し込みが出来るかもチェックしてみると良いでしょう。また、格安SIMのサービスによっては3キャリア全てに対応していない場合もあるため注意です。

契約の種類|音声通話とデータ通信

格安SIMには大きく分けて「音声通話SIM」と「データ通信SIM」の2つの契約があります。それぞれの特徴をチェックしてみましょう。

▼音声通話SIM:電話もネットもしたい場合に

▼音声通話SIM:電話もネットもしたい場合に
音声通話SIMとは大手携帯会社から借りた電話回線を利用して通話できる機能がついたSIMのこと(インターネットも可能です)。自宅に固定電話がない場合や、スマホで通話もしたい方は音声通話SIMを選びましょう

データ通信SIMでもLINE電話の様なIP電話の技術を利用した通話が可能ではありますが、電話回線を利用した通話と比べると品質がかなり落ちます。そのため、重要な電話をする場合は電話回線が向いています。

※IP電話を利用したサービスの場合、110番や119番などの電話や、フリーダイヤルなど一部の電話番号には発信できないため注意。

▼データ通信SIM:2台持ちやネット専用に

▼データ通信SIM:2台持ちやネット専用に
データ通信SIMとはインターネットなどのデータ通信のみ可能なSIMのことです。電話機能がない分、費用が安いのが特徴。2台持ちやタブレット利用などにおすすめです。ただし、SMS(ショートメール)機が使えないため、本人確認(2段階認証など)で使用したい方は追加オプションで申し込みをすると良いでしょう。

速度制限|遅くなった場合の速度もチェック

速度制限|遅くなった場合の速度もチェック
スマホを利用していて気になるのは「速度制限」です。いざという時に速度制限がかかってしまっては、快適なスマホライフを送ることはできませんのでそのあたりについても契約前に確認しておきましょう。

データ容量は契約内容によって異なり、通常はご自身にあったデータ容量タイプで契約します。このデータ容量を使い切ってしまうと、通信速度の最大速度に制限がかけられてしまいます。この通信制限の最大速度が1Mbpsであれば、ネットサーフィン程度であればまだ快適にご利用いただくことができます。

通話プラン|かけ放題プランなどもチェック

通話プラン|かけ放題プランなどもチェック
通話をする方はかけ放題のサービスも確認しましょう。完全通話無料ではなく、○○分以内の通話が無料など、分ごとにプランが用意されている場合もあります。ほとんど通話をしない方でも1分当たりの通話料を加味して検討してみましょう。一般的に30秒/20円の計算になるため、かけ放題に加入した方が良い場合が多いです。

データ使用量|現在の状況と照らし合わせるのが◎

データ使用量|現在の状況と照らし合わせるのが◎
格安SIMも大手携帯会社のようにデータ使用量のプランが分かれています。現在のデータ使用量を目安にプランを選ぶのが良いでしょう。またデータ使用が上限を超えた場合、どのぐらい通信速度が遅くなるのかや、追加オプションで料金さえ払えば改善できるのかもチェックすることをおすすめします。

乗り換え(MNP)|不通期間に注意

乗り換え(MNP)|不通期間に注意
乗り換えの場合、注意しなければいけないのが「不通の期間」があるかどうかです。格安SIMのサービスによってはMNPの手続き後、通信ができない期間が発生する場合があります。仕事やプライベートで不通の状況が発生することを避けたい方は必ず確認しましょう。

サポート体制|チャットやお問い合わせ先などの有無

サポート体制|チャットやお問い合わせ先などの有無
SIMの紛失や通信の不具合などのトラブルが発生した際のサポート体制も確認しておきましょう。サービスのほとんどがネット上でのやり取りになりますが、チャットや電話などでも対応してくれるケースがあるため、事前に知っておくと万が一の場合でも安心です。

キャンペーン|家族割やお得なセット購入

キャンペーン|家族割やお得なセット購入
格安SIMのサービスそれぞれで独自のキャンペーンや家族割などを実施していることがあります。スマホも一緒に購入したいときや、家族でまとめて乗り換える場合などはキャンペーンチェックしてみると良いでしょう。

格安SIMのおすすめランキング12選

ここからは格安SIMのおすすめをランキング形式でご紹介します。プランや価格などを比較してみてください。

オプテージ mineo

顧客満足度が高く独自のサービスを提供

2020年度の格安SIM満足度調査で高評価を得たmineo(マイネオ)。各地での高い通信速度と安定性に加え、24時間チャットサービスなどのサポート体制の充実、mineoユーザー同士でデータ容量をシェアできる独自サービスなどが高い評価を得ています。初めての格安SIMをご検討の際にも安心しておすすめできる格安SIMです。
音声通話SIMで3GBの月額目安 1,661円(au回線の場合) ※2021年2月より新プラン1518円(5GB)
通信速度 1.5Mbps
通話プラン:月額料金 mineoでんわ:10円/30秒、minioでんわ10分かけ放題:935円
MNP利用時の不通期間 最短30分~1時間
サポート対応 自動応答・メールフォーム・電話・Q&Aコミュニティ・故障修理受付窓口など
支払い方法 クレジットカード ※eo光ネット利用の方は口座振替も可

NTTCom OCN モバイルONE

NTTが提供する安心感の高い格安SIM

OCNモバイルoneはNTTコミュニケーションが提供しており、ドコモ回線での通信品質に高い評価も得ています。音声通話付きプランでは1GBから30GBまで、6種類のバランスのいいプランを提供している点も、高評価につながっています。ドコモ回線の格安SIMをお探しの方におすすめです。
音声通話SIMで3GBの月額目安 990円 ※OCN光モバイル割適用時は700円
通信速度 200kbps
通話プラン:月額料金 専用アプリ利用:11円/30秒、完全かけ放題:1100円
MNP利用時の不通期間 なし
サポート対応 よくあるご質問、ダウンロードコンテンツ、テクニカルサポート電話
支払い方法 クレジットカード

ソニーネットワークコミュニケーションズ nuroモバイル

個性的なサービスが魅力の格安SIM

ソニーの子会社である、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が展開している格安SIMです。特徴は他社にはない個性的なサービス。1か月の合計通信容量が500MB以下なら基本料0(ゼロ)の「0SIM」サービスや、翌月のデータを前借できる「データ前借り」サービスなど、ユニークなサービスを提供しています。音声通話付きでも基本月額料金700円からと、価格を抑えたプラン内容も魅力的です。
音声通話SIMで3GBの月額目安 627円
通信速度 200kbps
通話プラン:月額料金 nuroモバイルでんわ:11円/30秒、10分かけ放題オプション:880円
MNP利用時の不通期間 なし
サポート対応 サポートデスク、Q&A、
支払い方法 クレジットカード

H.I.S.Mobile H.I.S.Mobile

大手旅行会社が提供する格安SIM

HISモバイルは大手旅行会社エイチ・アイ・エスと日本通信株式会社が共同出資している格安SIMになります。旅行会社が格安SIMを?と驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、旅行会社らしく海外用SIM「変なSIM」サービスも提供しているのがこちら。他にも従量制プラン「ビタッ!プラン」や国内通話完全定額制プランなど、新たなサービス提供で再度注目を集めている格安SIMです。
音声通話SIMで3GBの月額目安 790円
通信速度 200kbps
通話プラン:月額料金 HIS通話アプリ利用:10円/30秒、格安かけ放題プラン:2728円(※3GBの場合)
MNP利用時の不通期間 3日前後
サポート対応 ヘルプデスク、メール、電話、よくある質問、店舗(池袋・大宮)
支払い方法 クレジットカード

ビックローブ株式会社 BIGLOBE モバイル

プロバイダーとしても歴史の深い会社

最近ではスマホで音楽や動画を楽しむことが一般的になってきましたが、そこで気になるのがデータ容量です。プロバイダーとしても古くから人気のBIGLOBEが提供する「エンタメフリー・オプション」なら、そのような心配をする必要はありません。エンタメフリー・オプションなら動画・音楽関連のサービスを、データ容量を気にすることなく楽しむことができます。
音声通話SIMで3GBの月額目安 770円(2年目からは1320円)※ビッグローブ光と併用時は550円(2年目以降1100円)
通信速度 200kbps
通話プラン:月額料金 通話パック90:913円、10分かけ放題:913円、通話パック60:660円、3分かけ放題:660円
MNP利用時の不通期間 2時間程度
サポート対応 オンラインサポート、メール
支払い方法 クレジットカード ※データ通信専用のみ口座振替も可

ビックカメラ BIC SIM

端末の品揃えがバツグンの格安SIM

BICSIMは大手家電量販店であるビックカメラが提供する格安SIMです。とは言え、サービス内容はIIJmio(みおふぉん)とほぼ同じ。大きな特徴と言えば、家電量販店らしくSIMフリー端末の品揃えが豊富な点でしょう。他の格安SIMメーカーが約15種類以下なのに対し、BICSIMは約50種(2021年7月現在)。端末を選ぶ楽しさがあります。家族でシェアできるプラン内容も多いという点も特徴です。
音声通話SIMで3GBの月額目安 1,760円~
通信速度 128kbps
通話プラン:月額料金 みおふぉんダイヤル:10円/30秒、かけ放題(家族でも10分/誰とでも3分):660円、かけ放題(家族でも30分/誰とでも10分)830円
MNP利用時の不通期間 なし
サポート対応 サポートホーム、Q&A検索、よくある質問、IIJサポートセンター、IIJmioTwitterアカウント、メール
支払い方法 クレジットカード

日本通信 b-mobile

驚きの低料金!データ通信専用ならなんと月額190円

月額料金の安さで話題を呼んでるb-mobile。データ通信専用なら最低料金190円!音声通話付きでも月額1,078円からと、とても魅力的なプラン料金なのです。データ通信専用であれば、普段使いのスマホではなく、たまに使うタブレットなどのテザリング用として導入するという方法があります。データ容量は使った分だけ支払う従量課金制なのもうれしいポイントです。
音声通話SIMで3GBの月額目安 1,980円
通信速度 なし
通話プラン:月額料金 b-mobile電話11円/30秒、通話定額:550円
MNP利用時の不通期間 1時間以内(10~20時までに手続き完了の場合)
サポート対応 よくある質問、メール
支払い方法 クレジットカード

イオンリテール株式会社 イオンモバイル

ショッピングついでに気軽に契約・サポートが受けられる。

地方のお出かけスポットとしても名高いイオンモール。そのイオンモールで気軽に契約・サポートが受けられるのがイオンモバイルです。全国200店舗以上のイオンモールでサービスを受けることができます。プラン数も41種類(2021年7月現在)と大変豊富なのも特徴です。ご家族それぞれにあった最適なプランを選ぶことができるでしょう。
音声通話SIMで3GBの月額目安 1,298円
通信速度 200kbps
通話プラン:月額料金 イオンモバイル通話料半額サービス:11円/30秒、10分かけ放題:935円、5分かけ放題:550円
MNP利用時の不通期間 なし
サポート対応 チャット、よくある質問、イオンモバイルお客さまセンター、店舗
支払い方法 クレジットカード

インターネットイニシアティブ IIJmio(アイアイジェイ・ミオ)

格安SIMの老舗的メーカー

現在のように格安SIMが一般的に普及する前からサービスを提供している、格安SIM界では老舗的存在のIIJmio。現在でもその存在感は健在で、新端末やOSのバージョンアップに伴う動作確認をいち早く行ってくれるのが魅力。老舗として以前より培ったノウハウを活かし、欲しい機能やサービスをバランスよく取り揃えているのも特徴です。
音声通話SIMで3GBの月額目安 1,078円(※4GB)
通信速度 300kbps
通話プラン:月額料金 通話定額10分:913円、通話定額3分:660円、30分かけ放題
MNP利用時の不通期間 なし
サポート対応 メール、公式Twitterアカウント、電話(サポートセンター)、よくあるご質問ページ、Q&A
支払い方法 クレジットカード

Softbank Y!mobile

自社回線と全国に店舗ありで大きな安心感

Y!mobileは自社回線による通信速度の安定性と全国に店舗を持っている点が大きな特徴となる格安SIMです。全国に店舗があるという点は、格安SIM初心者にもとても心強いポイント。また、Y!mobileユーザーは無料でYahoo!プレミアムの会員特典が利用できます。
音声通話SIMで3GBの月額目安 2,178円
通信速度 1Mbps(スマホベーシックプランM/R、シンプルM/Lの場合)
通話プラン:月額料金 スーパーだれとでも定額(S):1,870円、だれとでも定額:770円
MNP利用時の不通期間 なし
サポート対応 チャット、自動音声ガイダンス、遠隔サポート、
支払い方法 クレジットカード、口座振替

UQコミュニケーションズ UQmobile

auサブブランドの安心感と高品質

UQmobileは何年使用しても金額が変動しない分かりやすいプランになっています。契約年は○○円、2年目は○○円などの仕組みは採用していません。また、データ量の繰り越しやSNSのデータ消費なしなど嬉しいサービスも充実しています。料金プランからオプションサービスまでバランスの良い格安SIMがUQmobileの特徴です。
音声通話SIMで3GBの月額目安 1,628円
通信速度 500Kbps(データ無制限プランの場合)
通話プラン:月額料金 ぴったりプラン:最大120分/月
MNP利用時の不通期間 30分
サポート対応 UQあんしんサポート、電話、メール、チャット
支払い方法 クレジットカード、口座振替、自動振込(郵便局)

楽天モバイル 楽天モバイル

自社回線で新たな層にもアピール

楽天モバイルは5G対応になっても月額の料金をそのままで使うことができます。もともと月額の料金プランが安いのが魅力でしたが、5Gになっても変わらないのは注目すべきポイントです。また、楽天ポイントも貯まりやすくなるため、楽天市場を良く利用する方にもおすすめ。
音声通話SIMで3GBの月額目安 980円(3GBまで)
通信速度 1Mbps(国内、海外は128Kbps)
通話プラン:月額料金 Rakuten Link(国内かけ放題):定額料金に込み
MNP利用時の不通期間 なし
サポート対応 チャット、公式アカウント(Facebook・Twitter)
支払い方法 クレジットカード、デビットカード、口座振替、楽天ポイント支払い
商品名 楽天モバイル UQmobile Y!mobile IIJmio(アイアイジェイ・ミオ) イオンモバイル b-mobile BIC SIM BIGLOBE モバイル H.I.S.Mobile nuroモバイル OCN モバイルONE mineo
商品画像
楽天モバイル
UQコミュニケーションズ
Softbank
インターネットイニシアティブ
イオンリテール株式会社
日本通信
ビックカメラ
ビックローブ株式会社
H.I.S.Mobile
ソニーネットワークコミュニケーションズ
NTTCom
オプテージ
特徴 自社回線で新たな層にもアピール auサブブランドの安心感と高品質 自社回線と全国に店舗ありで大きな安心感 格安SIMの老舗的メーカー ショッピングついでに気軽に契約・サポートが受けられる。 驚きの低料金!データ通信専用ならなんと月額190円 端末の品揃えがバツグンの格安SIM プロバイダーとしても歴史の深い会社 大手旅行会社が提供する格安SIM 個性的なサービスが魅力の格安SIM NTTが提供する安心感の高い格安SIM 顧客満足度が高く独自のサービスを提供
音声通話SIMで3GBの月額目安 980円(3GBまで) 1,628円 2,178円 1,078円(※4GB) 1,298円 1,980円 1,760円~ 770円(2年目からは1320円)※ビッグローブ光と併用時は550円(2年目以降1100円) 790円 627円 990円 ※OCN光モバイル割適用時は700円 1,661円(au回線の場合) ※2021年2月より新プラン1518円(5GB)
通信速度 1Mbps(国内、海外は128Kbps) 500Kbps(データ無制限プランの場合) 1Mbps(スマホベーシックプランM/R、シンプルM/Lの場合) 300kbps 200kbps なし 128kbps 200kbps 200kbps 200kbps 200kbps 1.5Mbps
通話プラン:月額料金 Rakuten Link(国内かけ放題):定額料金に込み ぴったりプラン:最大120分/月 スーパーだれとでも定額(S):1,870円、だれとでも定額:770円 通話定額10分:913円、通話定額3分:660円、30分かけ放題 イオンモバイル通話料半額サービス:11円/30秒、10分かけ放題:935円、5分かけ放題:550円 b-mobile電話11円/30秒、通話定額:550円 みおふぉんダイヤル:10円/30秒、かけ放題(家族でも10分/誰とでも3分):660円、かけ放題(家族でも30分/誰とでも10分)830円 通話パック90:913円、10分かけ放題:913円、通話パック60:660円、3分かけ放題:660円 HIS通話アプリ利用:10円/30秒、格安かけ放題プラン:2728円(※3GBの場合) nuroモバイルでんわ:11円/30秒、10分かけ放題オプション:880円 専用アプリ利用:11円/30秒、完全かけ放題:1100円 mineoでんわ:10円/30秒、minioでんわ10分かけ放題:935円
MNP利用時の不通期間 なし 30分 なし なし なし 1時間以内(10~20時までに手続き完了の場合) なし 2時間程度 3日前後 なし なし 最短30分~1時間
サポート対応 チャット、公式アカウント(Facebook・Twitter) UQあんしんサポート、電話、メール、チャット チャット、自動音声ガイダンス、遠隔サポート、 メール、公式Twitterアカウント、電話(サポートセンター)、よくあるご質問ページ、Q&A チャット、よくある質問、イオンモバイルお客さまセンター、店舗 よくある質問、メール サポートホーム、Q&A検索、よくある質問、IIJサポートセンター、IIJmioTwitterアカウント、メール オンラインサポート、メール ヘルプデスク、メール、電話、よくある質問、店舗(池袋・大宮) サポートデスク、Q&A、 よくあるご質問、ダウンロードコンテンツ、テクニカルサポート電話 自動応答・メールフォーム・電話・Q&Aコミュニティ・故障修理受付窓口など
支払い方法 クレジットカード、デビットカード、口座振替、楽天ポイント支払い クレジットカード、口座振替、自動振込(郵便局) クレジットカード、口座振替 クレジットカード クレジットカード クレジットカード クレジットカード クレジットカード ※データ通信専用のみ口座振替も可 クレジットカード クレジットカード クレジットカード クレジットカード ※eo光ネット利用の方は口座振替も可
最安価格

格安SIMの利用方法について

格安SIMはスマホに挿し込むだけでは利用することができません。利用するにあたり、チェックするポイントがあるため参考にしてみてください。

SIMカードのサイズ|スマホに合ったSIMにする

SIMカードのサイズ|スマホに合ったSIMにする
SIMカードのサイズは「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3種類です。格安SIMの契約時、SIMカードのみ申し込む場合は、念のために事前にスマホの対応SIMサイズを確認するのが良いでしょう。万が一、スマホに対応していないサイズにしてしまうと、改めて再発行する必要があります。

APN設定|スマホ内の事前設定も必要

APN設定|スマホ内の事前設定も必要
スマホに契約をした格安SIMを入れるだけでは通信機能が使えません。「APN設定」というスマホ内の設定が必要です。契約した格安SIM事業者の指示に従って設定を進めましょう。またAndroidとiPhoneで操作が違うため、説明書なども混合しないように注意してください。

格安SIMを使用したテザリングについて

格安SIMを使用したテザリングについて
格安SIMを使用したテザリングは基本的には可能です。基本的にはスマホが通信が可能な状態であればテザリングを使うことができます。しかし、格安SIMのサービスによって使えない場合もあるため、事前に確認が必要です。また、テザリングはデータ通信量とスマホのバッテリーを多く消費するため注意しましょう。

まとめ

格安SIMの選び方やおすすめランキングを紹介しました。格安SIMの契約では、料金プラン以外にもデータ使用量の把握やサポート体制のチェックなども重要になってきます。契約後に困ることがないように、事前にチェックして最適な格安SIMを選んでください。
企画・制作:BestOne編集部

※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。なお、記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

あなたにおすすめの記事
おすすめタグ