Amazonプライムビデオの画質が悪い原因と設定の変更方法を解説

BestOne編集部

Amazonプライムは、月額500円(税込)で話題のドラマや映画等が見放題のサブスクリプションサービスです。パソコンはもちろんですが、対応デバイスが多くスマホがあれば簡単にいつでも動画を楽しむことができます。人気のAmazonプライムですが、急に画質が悪くなったり止まってしまうなどで悩んでいる方もいるのではないでしょうか。どうしてそのようなことが起きてしまうのか、その理由や画質の変更方法について解説します。

Amazonプライムビデオの画質は4種類
デバイスによって対応する画質が異なる
Amazonプライムビデオの画質が悪くなる原因
Amazonプライムビデオの画質が悪くなった時の対処法
Amazonプライムビデオの画質の設定・変更方法
まとめ

Amazonプライムビデオの画質は4種類

Amazonプライムビデオの画質は4種類
動画を楽しむのであれば安定した画面でゆっくりと見たいはずです。ところが視聴する動画によっては画質に問題があり、落ち着いて見られなくなるケースがあります。Amazonプライムビデオの画質は動画によって異なり、4種類の画像でそれぞれを見ること可能です。ここではこれらについて解説していきます。
Amazonプライムビデオを徹底解説」の記事では、Amazonプライムビデオの特徴や登録方法から解約までを初心者にもわかりやすく解説しています。これから動画サービスの利用を検討している方、CMでAmazonプライムビデオを見て登録しょうか迷っている、気になっている方はぜひチェックしてみてください。

SD

SD
アナログテレビの標準画質(DVDレベル)をSDと言い、Androidの標準画質でもあります。ほぼ全ての動画に対応しており、スマホやタブレットなどの画面ではほとんどブレがないため、小さなデバイスにおすすめです。またSDの場合にはデータ通信量を最小限度に抑えることができ、データを使いたくない人にもおすすめします。

HD

ハイビジョンと呼ばれることも多いHD(高精細度ビデオ)の解像度は1280×720。SDよりも画像が美しく、データ容量も少ないので比較的スムーズな再生が可能。Amazonプライムビデオ配信作品の、3分の2以上が対応しています。ただし、最新モデルのデバイスはワンランク上のフルHDのディスプレイとなっており、動画が拡大されることで画質の粗さが目立ちやすくなります。

フルHD

フルHD
HD画質の中で最高画質、「フルハイビジョン」と呼ばれるのがフルHDです。Blu-rayと同程度の鮮明な画質で「2K」とも呼ばれていました。動画を拡大しても鮮明な画像が継続することから、YouTubeのほとんどはフルHD対応です。

ただし、データ容量が大きいために通信環境によっては再生がスムーズにならないケースもあります。デバイスがフルHDに対応していない場合は、画像が粗く視聴に支障がでてしまうため注意が必要です。

UHD(4K)

UHD(4K)「ウルトラハイビジョン」は、画素数は3840×2160、829万4400画素の解像度の超高精度の画質です。大型テレビの普及に伴って大画面でも綺麗な映像が見られるUHD(4K)が開発されました。

WOWOWではUHD(4K)対応放送があり、SonyのXperiaなど、UHD(4K)対応のスマホも発売されています。ただしAmazonプライムビデオではUHD(4K)対応作品の配信はほとんどありません

デバイスによって対応する画質が異なる

デバイスによって対応する画質が異なる
Amazonプライムビデオは、再生端末によって対応している画質が異なります。以下の表を参考に、ご自分の端末がどの画質に設定されているのかご確認ください。
デバイス 画質
PC(Windows、Mac) SD、HD
iOS端末(iPhone、iPad) SD、HD
Android端末 SD、HD、UHD(モデルによって違いあり)
PS4 SD、HD(PS4 ProはUHDに対応)
Wii U HD
Fire TV、Fire TV stick SD、HD、UHD
Blu-rayプレイヤー SD、HD、UHD
Google Chromecast SD、HD、UHD(モデルによって違いあり)
Apple TV SD、HD(Apple TV 4KはUHDに対応)
以下の記事では高画質な動画を楽しむためのブルーレイプレーヤーの選び方や、もっと自由に好きな動画をみたい方のためのApple TV+をご紹介しています。Amazonプライムビデオとあわせて、こちらもぜひチェックしてみてください。
ブルーレイプレーヤーおすすめ人気ランキング25選 ブルーレイプレーヤーおすすめ人気ランキング25選>>
Apple TV+を徹底解説 Apple TV+を徹底解説>>

Amazonプライムビデオの画質が悪くなる原因

Amazonプライムビデオの画質が悪くなる原因
Amazonプライムビデオに登録したのに、画像が乱れたり止まったりしてしまうと楽しむことができません。画質が乱れ、悪くなる原因は、「接続環境」「一時的な通信環境の問題」「動画の読み込み時間」「早送りなどの乱用」が考えられます。それぞれの対応方法をチェックして、画像質の低下を防ぎましょう。

インターネットの接続が悪い

インターネットの接続が悪い
デバイスのインターネット通信が、有線であるのか無線であるのかによって接続環境には大きな差が生まれます。無線(Wi-Fi)は天候や障害物で不安定になりやすいので注意が必要です。画像が悪くなったと感じたら、一度、電源を落としWi-Fiを再起動したり、電波状況が良い部屋に移動したりするのもおすすめです。

無線から固定回線に変更するのはもちろんですが有線の場合にはADSLから光回線に変更するのもおすすめです。回線速度の速い「光」に設定することで接続が安定し、画像の乱れや画質が安定することもあります。

インターネットの一時的な切断や通信制限下での使用

インターネットが一時的に切断されるのは、ネット環境だけでなくデバイス側に問題があるケースも考えられます。OS、ブラウザのバージョンが更新されていないと速度の低下や表示ができないなどの不具合が起こります。

また、デバイスに低速制限がかかっていると通信が不安定になり一時的に切断されます。デバイスのバージョンアップを確認し、不要なものを削除するなどデバイスの環境を整えましょう。その後、無線(Wi-Fi)や有線に接続し安定した通信で視聴すると回復することが多いです。

再生後すぐの読み込み時間

再生後すぐの読み込み時間
動画の再生を始めても、なかなか始まらずに画面がフリーズしてしまうことがあります。再生後すぐは回線速度が安定しないなど回線自体の問題もありますが、デバイスにキャッシュが増えすぎてストレージを圧迫し動画再生に支障が出ている可能性が考えられます。

Amazonプライムビデオだけでなくアプリ全体のキャッシュが溜まりすぎている場合には、クリーニングでキャッシュ削除を行います。また、Amazonプライムビデオのシステムに問題が発生しているケースもありますので、少し時間をおいて再生しましょう。

早送りやスキップの多用

早送りやスキップの多用
Amazonプライムビデオでは、見たい場面まで早送りしたり、連続ドラマの場合にはスキップで飛ばしたりすることも可能です。ただしそれらを多用することによって、画面が割れたりフリーズしてしまうことも。これは、インターネット回線の設定ではなくAmazonプライムビデオのシステム上の問題であるため、しばらく時間をあけてからアクセスしてみましょう

Amazonプライムビデオの画質が悪くなった時の対処法

Amazonプライムビデオの画質が悪くなった時にどのようにすれば良いのか、その対処法を誰にでもわかりやすくFAQでご紹介します。
Amazonプライムビデオの画質が悪くなった時の対処法

Amazonプライムビデオの画質が悪い時にはじめに確認することは?

Amazonプライムビデオの画質が悪くなった時には、順番に対処法を1つ1つ試しましょう。

まずはインターネットの接続や設定が正しいのか、有線か無線のどちらを使っているかを確認します。無線の場合、電波が不安定になりがちですのでWi-Fiルーターの設置場所を変えたり、電源を入れ直したりするなどして接続をチェックしてみましょう。有線の場合、無線よりも安定していますがADSL回線より光回線の方が早く画像にブレがありませんので変更をおすすめします。
Amazonプライムビデオの画質が悪くなった時の対処法

インターネット環境がない場所でもAmazonプライムビデオは楽しめる?

Amazonプライムビデオの動画は、ダウンロードができます。一度インターネット環境下でダウンロードしておくことでオフライン再生が可能になり、画質低下や動画停止の影響を受けません。ダウンロード方法は以下のようになります。

<動画のダウンロード方法>
  1. Amazonプライムビデオアプリを開く
  2. ライブラリをタップ
  3. 「今すぐ観る」下の「ダウンロード」をタップ
  4. 下部の項目「ダウンロード」アイコンからオフライン再生可能
Amazonプライムビデオの画質が悪くなった時の対処法

インターネットの接続環境に問題がないのに画質が悪いときはどうする?

利用しているデバイスの初期設定が、SDなど低画質で設定されている場合には設定変更しないと画質はよくなりません。その場合にはAmazonプライムビデオの画質変更の設定をすれば問題は解決します。

Amazonプライムビデオの画質の設定・変更方法

Amazonプライムビデオの画質設定方法を解説します。PCとスマホアプリ版で操作方法が異なるので、まずはPCからご紹介します。

画質設定方法【PC版】

  • 標準画質:1時間あたり約0.34G
  • 高画質:1時間あたり約1.40G
  • 最高画質:1時間あたり6.84G

PC版の場合は、動画を再生後画面の右上に表示される「歯車」マークから変更できます。画質によって1時間あたりの通信量が変わるため、高画質にする場合はWi-Fiの接続を忘れないようにしましょう。

画質設定方法【スマホアプリ版】

  • 中:1時間あたり約0.6G
  • 高:1時間あたり約1.8G
  • 最高:1時間あたり5.8G

スマホアプリ版は、動画再生前に「マイアイテム」の設定から変更できます。ストリーミング再生時の画質の質を設定できます。最高、高、中の3段階から選択できるため、画質を変更したい場合は設定しておきましょう。

1.ストリーミング再生・ダウンロードを選択

1.ストリーミング再生・ダウンロードを選択

2.ストリーミングの質を選択

2.ストリーミングの質を選択

3.画質設定を選択

3.画質設定を選択

まとめ

Amazonプライムビデオの画質が悪い原因、その解決策や画質設定方法について解説しました。画質の低下はデバイスの通信制限やインターネット接続によって起こります。画質が悪いなと感じた場合には、デバイスの状態、回線の状態を確認してみましょう。また、画質変更によって解決する可能性もありますので、本記事を三個にぜひお試しください。
企画・制作:BestOne編集部

※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。なお、記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

あなたにおすすめの記事
DVD・ブルーレイソフトランキング
おすすめタグ